現在4,900以上ある日本の高等学校で、フランス語を履修できるのは、大妻中野を含め、約150校。

日本で高校生の毎日をエンジョイしながらフランス語を学んでいる高校生はおよそ1万人だそうです。

フランスで日本語教育を行う学校は約30校。

日本のフランス語教育とくらべると、5分の1ほどしか門戸が開かれていないなか、8千人近くの高校生が

日本語学習に取り組んでいるのだとか。

 

多言語を学ぼう!と試みる学校のなかで、日本の29校、フランスの31校が加盟するのが日仏高等学校間

ネットワーク「コリブリ」です。

○ 日仏両国の友好関係を深める

○日仏両国の教育的交流を促進する

○日本におけるフランス語教育・およびフランスにおける日本語教育を支援する

○多様化する異文化への理解を深めさせ、視野の広い人間を育成する

2005年に策定された「コリブリ憲章」の条項2、日仏高等学校間ネットワークを運営していく目的が上記のように

掲げられています。

 

履修単位としてフランス語を習得できるシステムが早くから確立されている大妻中野では、コリブリ交換留学

制度を積極的に活用し、生徒たちがダイレクトにフランスの言語文化とふれ合える場を重要視してきました。

今年もやってきた、コリブリ交換留学受け入れ期間!

Bertille、Hortense、Aida、Alyette、Mailys。

笑顔のチャーミングな5人の留学生が3週間、大妻中野生活を満喫します。

 

それぞれのバディとシェアする大妻中野の制服に袖を通し、キョロキョロしながら廊下を歩く留学生たち。

彼女たちに話しかけたくてたまらない妻中生の筆頭は、やはり、コリブリ経験者やフランス語履修者でしょう。

英語とフランス語を取り混ぜながら、コミュニケーションを取っています。

それを遠目でじっと見ている中学生たち。

グローバルリーダーズコースは中学生もフランス語必修ですから、おぼえたばかりのフランス語を試したくて

当然です。早く話しかけないと、3週間は本当にあっという間ですから気をつけて!

 

毎年毎年、強い絆とあつい友情が生まれるコリブリ交換留学。

今年の5人は、どれくらい素敵な思い出をつくることが出来るでしょう?

彼女たちの日本滞在は始まったばかり。素晴らしい日々を過ごせますように!

2017/10/17

10/14(土) 第3回学校説明会・第4回海外帰国・GLC説明会をもちまして、「大妻中野ってどんな学校?」

というお声を受けて行う、大規模な説明会は終了となりました。

たくさんの方がご来場くださいましたこと、心より御礼申し上げます。

 

ここから大妻中野にて行う大きな説明会は、実際の入試問題を踏まえ、小学6年生のみなさまを対象とした

「入試問題説明会」に切り替わります。

入試問題説明会11/14(土)12/2(土)1/6(土) の3回実施    3回ともすべて同内容で行います

 

まだ大妻中野にお越しでない受験学年のみなさま、小学5年生以下で大妻中野について知りたい!と

お考えのみなさまは、

0/27(金)11/17(金)開催のアフターアワーズ説明会

11/26(日)開催のオープンデーミニ説明会あり)

その他、外部説明会をご利用ください。

11/3(祝)、首都圏模試センターさんの主催にて行われます

【私立中コラボフェスタ 新入試体験】に、大妻中野も参加いたします!

入試について、一足早く情報を!とお求めのみなさま、是非お越しください。

詳細は↓首都圏模試Webサイトにて

私立中コラボフェスタ

たくさんの方のご来場をお待ち申し上げております!

 

 

2017/10/14

Amat Victoria Curam!(重ねた努力は勝利を導く)

決戦の時が近づくほどに、心と身体は「平常」を見失い、「われ」を忘れてしまいまいます。

緊張のあまり、自分自身でさえ制御できなくなりそうな自分を、一番近くで抱きとめてくれる、自分の掌。

大妻中野合唱部のメンバーが大切なメッセージをお互いの掌に書いてステージに向かうようになったのは、

一体いつの頃からだったのでしょうか。

 

2017年10月7日土曜日、NHKホール。

電車に乗れば30分とかからずに到着できるこの場所を、部員たちはどれほど遠く感じていたことでしょう。

テレビでなら何度も目にしてきた、お馴染みの、憧れてやまないステージに立つために必要なのは、

お金でも時間でもありませんでした。

ただ、ひたむきに努力しつづけること。

不安でも辛くても怖くても苦しくても、ただ、ひたすらに歌と向き合うこと。

「Amat Victoria Curam」本番前、この言葉をお互い掌に書き合い、励まし合ってきた日々。

 

Nコン全国大会のステージは、合唱を志す子どもたちにとって、まさに夢の舞台です。

ステージで精一杯歌った部員たち。息を詰めて見守ったOGや後輩たち。

ひとりひとりの熱い思いが、お互いを思う気持ちが、重なり合って、積もり積もって、合唱部を今日、

ここまで導いてくれました

 

「金賞は、関東甲信越ブロック代表、大妻中野高等学校!」

その瞬間、部員たちの目からあふれた涙は、これまで流してきたどの涙より、頬を熱く伝ったことでしょう。

信じて努力すれば、その手に勝利は導かれる。

だから、また、次なる自分たちの夢に、そしてあとに続く後輩たちの夢に向かって、大妻中野合唱部は

努力し続けます。

みなさま、あたたかいご声援をありがとうございました。

次に向かう全国の舞台は、大阪。10月最後の日曜日、全日本合唱コンクールの舞台に挑みます。

どうぞ見守ってください!

 

 

 

 

 

 

2017/10/10

日本全国47都道府県から、小学校 約900校、中学校 約1,200校、高等学校 約500校。

夏の予選で幕が上がる「NHK全国学校音楽コンクール」。

今年で84回目。格式はもちろん、知名度も抜群の伝統ある「Nコン」ステージには、なんと

総数で2,500を超える合唱団が挑むのです。

メンバーを募るところから始まる合唱団、何校かで力を合わせて結成された合唱団、

初めての挑戦でひたすら手探りの合唱団、出場校の数だけ色あせないドラマが

あったことでしょう。

今年で結成45年目を迎える大妻中野合唱部にとって、Nコンはクラブの歴史に欠かす

ことの出来ない、まさに夢の舞台だといえます。

 

高校生の自由曲『~序・泣いているきみ~』に込められているドラマ。

“なみだは、人間の作る、いちばん小さな海です”

現役合唱部員だけで150人をゆうに超える大妻中野合唱部。

数千にもおよぶ過去からの合唱部員たちは、いったいいくつの海を泳いできたことでしょう。

そうしてあふれた涙が、たくさんの思いを生み出して、今の合唱部があるのだと実感します。

 

“生きる理由がわからないというなら  その理由を僕があげよう” 

“君がいなくなると僕は困る だからそこにいてほしい”

 

“いつか君が僕を守ってくれたから  次は僕が 誰かを守りたい”

中学生の自由曲は、『僕が守る』。

コンクールを目指し、ひたすら練習に練習を重ねる日々。

いったい何のために歌うのか、なぜ自分は歌っているのか、そんなことさえわからなくなる

真っ暗な瞬間が、どの部員にも一度は襲いかかります。

そんなとき、歌う理由を、自分の存在意義を認めてくれる仲間たち、後輩たち、先輩たち。

だから、今度は自分が誰かのために。

 

中学生も高校生も、「夢」のテーマのもとで立つことが出来た全国大会の舞台。

このステージまで、日本全国にどれほどの海が生まれ、どれほどの思いがあふれてきたか、

それを考えよう。自分に出来る限りの力で、このステージを歌いきろう。

中学生、高校生ともども、ありったけの思いを込めて課題曲・自由曲を演奏しきることが

出来た、そう思います。

 

応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

次は10月28日。大阪に開催される全日本合唱コンクール全国大会に挑みます。

たくさんの方からエールを頂戴し、中高ともども、気持ちを新たに努力を重ねる所存です。

あたたかなご声援をよろしくお願い申し上げます。

2017/10/10

おなじみになりましたラオス通信、今回は第4号をお届けします。  

We would be grateful to let you know the Newsletter from Laos – the 4th issue.  

 

ラオス通信は、本校数学科・小浦あす貴教諭によるラオスでの活動の紹介です。 小浦教諭は、2016年6月から、JICA(独立行政法人国際協力機構)の組織「青年海外協力隊」に参加し、ラオスで現地の子ども、学生たちへの教育活動で活躍しています。本校のグローバル教育の一端を担うこの「ラオス通信」をぜひ、ご覧ください。

It's our great pleasure to introduce this special notes from Laos by one of the staff at Otsuma Nakano, Asuki Koura, a math teacher, who is currently particiapting in JICA volunteer working program in Laos.  Since June, 2016, she has been making committment to the education for local students there.   She said, " I am here because I would like to believe in my own eyes to take a look at what "global" is like.  Also I am sure that my first hand experience in this country far from Japan would really tell what global understanding means to be."  It would be great if you could click the followings and share the photos.

学校通信_H29_10月号Extra_ラオス通信04_171004

 

2017/10/04
ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.