早稲田通り沿いにそびえる、大妻中野、8階建ての高層棟は真ん中が空いた、四角い

ドーナツのような構造になっています。

エレベーターに乗ってドーナツの「輪」にあたる廊下を眺めていると、各階それぞれの

フロアーが一望できて、ちょっと壮観なのです。

朝から雨が降ったりやんだりの25日。

エレベーターから眺める廊下の様相が、いつもとずいぶん違っています。

お馴染みの先生がたがどのフロアーにも全然見当たらず、「ここは本当に大妻中野?」と

思わず確認したくなるほど、校内を歩く大人の国際色が、あまりにも豊かなのでした。

 

今日、10月25日は学校をあげてのEnglishDay。

中学1年生から高校2年生まで、それぞれ少人数チームに分かれ、ネイティブの先生の

先導で英語漬けの時間割をこなすのです。

軽いアイスブレークでお互いの距離を縮めたら、ゲームあり、授業あり。笑いあり、真剣な

ThinkingTimeあり。

習ったとおりの定型文でなく、すぐ伝えたい、生きた英語。

使用するチャンスが多ければ多いほど、言語は自分の中に根付きます。

今日使ったフレーズ、またどこかで思いだして活かせますように!

 

妹学年たちが英語を駆使している間、最高学年の高校3年生は、やはり受験勉強?

せっかく学校中が特別ゲストを迎える日ですから、一番上のお姉さんもお客さまをお迎えします。

高校3年生のゲストは、いろいろな大学からお越しです。さすが受験生ですね。

アリーナに臨時の相談ブースを設け、大妻中野スペシャル受験相談会。

 

外は寒い雨でしたが、新たな出会いで生徒たちの心にはひと筋の光がまた、新しい方向から

差し込んだのではないでしょうか。

←相談会も熱気にあふれます

2017/10/26

雑貨屋さんや輸入物のお菓子が並ぶコーナーを見ていると、『楽しいムーミン一家』のキャラクターが

そここで可愛い姿を見せています。

日本でポピュラーになってなんと、もう50年近くの歳月を数えようとしているのだそうです。

そのムーミン一家シリーズで、主人公のムーミントロールをしのぎ、根強い人気を誇るのが、孤独を

愛する旅人、スナフキン。彼の言葉に「大切なのは、自分のしたいことを、自分で知ってるってことだよ」

というのがあります(『ムーミン谷の夏祭り』より)。

自分が本当に何をしたいか、って、案外自分自身ほどわからないもの。

特に、「好きに選んでいいんだよ」「ゆっくり見つけていいんだよ」とやさしく言われてしまうと、余計に

見つからなくなるものかもしれません。

 

女子教育で日本最大の規模を誇る大妻学院。

そのパワーを実感できるのが、年に数回行われる「高大連携講座」です。

大学の先生がお越しくださり、実際の授業をゼミ形式やアクティビティを交えて楽しく行ってくださると、

思わぬ発見や、自分でも知らなかった楽しさに気付きます。

「天女の羽衣、と言われる生地ですが、化繊なんですよ」

頼りないほど軽やかで、はかなげな生地を手渡された妻中生からもれる感嘆の声!

羽衣、というネーミングがピッタリの、玉虫色に輝く薄い薄い生地。

化学の力で天女の装いが出来上がるなんて、何だか不思議です。

 

衣食住をめぐる人の営み。

文学や音楽を愛する心の動き。

専門的な見地から語ってもらえる場が折を見て隙を見て用意されているというのは、すごくありがたい

ことだなあ、と実感します。なぜなら、あるきっかけが誰かの心に響くタイミングは、予測不能だから。

いつか、この日が「きっかけ」だったと、未来の妻中生たちが思い出す、そんな機会をたくさん設けて

いたい、と高大連携授業のたび、感じずにはいられません。

 

2017/10/24

It’s our great pleasure to share the new report from New Zealand with you all.  Wako Miyazawa, an exchange student who are now enrolling at New Plymouth Girl’s High School, has updated her study report on her kiwi life there.  We surely hope you can enjoy reading it with us.

 

Hi!I’m Wako.  Here in New Zealand, we had 2 weeks holiday between term 3 and term 4. So, I joined the South Island trip during 11 days from 2th to 12th of October.  This trip was targeted at the international students studying in New Zealand like me, and I got this trip information from my Girls’ High teacher, so I decided to participate. From here New Plymouth, I flew to Christchurch with my Girls’ High friends called Wanda and Margan.  They are both from Germany. This trip was very internationalized, and we had 40 students from all over the world. For example, there were students from Japan, Italy, Germany, Switzerland, Sweden, China, Chili, Argentina, Denmark, Norway, France, and New Zealand.  From this diverse of the participants, you can see that it is very international, right?   Also, they are all from many different parts of New Zealand.

 

We started our trip from Christchurch and we came back to the place at the end of this trip. During the flight to Christchurch, I had a very mixed feeling nervous, excited, anxious… I couldn’t stay in my seat without doing nothing, so I decided to make my goal of this trip. My goal was… to express my opinion and to communicate with many people in English about various kinds of topics.  

 

At the first night, I became friends with Shirly who is from China, Ida who is from Sweden, and Arisa who is from Japan.  Not only these girls we played Uno together with 15 girls after dinner.  I had great fun because we were all talking in English, introduced ourselves, presented their country’s features, cultures, and talked about New Zealand’s good points. I was very impressed about talking New Zealand’s good points because there were some kinds that I didn’t even notice. For example, the girl who is from Argentina said she was surprised that everyone in New Zealand is drinking the tap water.  She said in Argentina, they can drink it though it is not common to drink the tap water.  But I didn’t even notice this because drinking tap water is also common in Japan, so I didn’t realize it. 

 

Talking in English with your international friends is really fun because you can learn many things, but it is also difficult to be able to communicate with them. This is because they are all from different countries, so that they all have different English accents. Some of them had really strong accents and I couldn’t understand what they are saying until I said good bye to them in Christchurch. I am so sorry… I am sure that because of my English ability. I tried to understand it but in case that I couldn’t understand them, I always asked a person next to them.  This helped me to understand what they said.  

 

During this trip, we went to many places. For example, Queenstown, Kaikoura, Motueka, Wanaka, and Milford Sound etc.… Also, I did many activities too. I did canyon swing, jet boat ride, kayaking, swam with dolphins and…skydiving!!!  Wow, I can’t believe that I have them even now. I think you know about skydiving and kayaking, but how about canyon swing and jet boat? Canyon swing is the world’s biggest swing and you will step out from 109 meters and you will have 60 meters free fall, 200 meters swing. At first, I was trying to do the bungy jump, but when I saw the video, I definitely decided not to do it. It was too scary for me. But I was still interested in canyon swing and Shirly said she was going to do the canyon swing too, we decided to do it together.  Here is the photo of the canyon swing.   After we had done it, I grabbed the pamphlet of canyon swing and it says “scarier than Trump’s presidency”. Maybe this is true. If you are interested in canyon swing, please search canyon swing on the internet. You can see how scary it is although it is not me!

Jet boat is a speed boat which goes more than 80 km per hour.  I am not a person who likes those kinds of things, so I was really scared of it. We were divided into 2 groups and I was the later one. I had the opportunity to take the first group photo, so I took it. But for me, this was not a good idea because you can see how fast it is!After I had lunch, it was our turn to do it. Yes, it moved so fast. I’m not joking. You can feel that it is 80 km per hour. We did three 360 spins and I was holding the bar front of me during all the time because I didn’t want to drop down. And the driver was trying to pretend to crush into the rock to add more thrills for everyone. When it was finished, I was glad that I came back. If you cannot believe me, just try it, I am sure that you will fell same.  Here are the pictures of the jet boat.

For dolphin swim, we went to the place called Kaikoura. But since this activity was in the very early morning, it was freezing cold. We woke up at 4 30am and then the bus left the accommodation at 5 10am. We wore the swim suit on our togs and we also borrowed the globes, swimming hat and the fins. We went to the spot that we can swim with dolphins by boat, of course. The boat was shaking because of the strong wind and it was like riding on the natural roller coaster. For me, it was so scary, and I was holding the bar in front of me during the whole time. And then the girl who is from Switzerland called Julia sat with me and talked to me very kindly. She was 18 years old and she was like my kind older sister. (I don’t have older sister) Thanks to her, when we saw the dolphins, I was able to swim with them too. 

 

I did the skydiving too. My 6 friends did it too and we were all in the same airplane and I was the third one who jumped out of the plane. It wasn’t that scary comparing to canyon swing and jet boat. I just couldn’t believe it. But when I was falling, I could feel that I was really falling because of the speed. And I couldn’t breathe well. But when the parashot open, I literally felt that I was alive, not dead. And the view was spectacular. I can’t even explain how beautiful it was. I am proud of staying in this beautiful country.  These are the pictures of the skydiving suit and airplane.

The end of this trip, we went back to Christchurch airport.  On the way back there by bus, we wrote our thank you card to the staff and drivers secretly. When I was writing this, I thought even we are from different countries, we all wanted to tell them thank you and how wonderful this trip was and without being advised by anyone.  When we entered the car park in Christchurch airport, I suddenly remembered my emotion very clearly. And I couldn’t’t stop crying. I finally realized that this is the end of this trip and we cannot meet all together again even we desire.   Before the trip starts, I was really nervous and worried about many things. For example, if I cannot make I friends or if I cannot feel this trip would be fun, what can I do with it? But I didn’t have to worry at all because these 11 days were my best 11 days in my life and when I get very old, I am sure that will remember about this trip and I will miss them so much.

On the way home, I was thinking about what made this trip wonderful. And then I noticed that although the activities and the view were spectacular, the staff, drivers and all the students who participated in this trip were amazing. They were all nice and I love their character. If there was a person who didn’t participate in this trip… I am sure that my beautiful memory was half or even less than half. And I can say to you that I achieved my goal with excellence. I swear that I tried hard and even they don’t understand what I was talking about I tried my best, I used my body language, I drew pictures.  I couldn’t do more than this. Margan said that Wanda and I were talking all the time, even we were very tired.

 

Now, I am afraid of forgetting this trip. I am writing my diary every day, but I cannot write all of them. I want to remember all my memories of what I did, how I felt, my friends, the view from the bus, the song we sang until I get very old.

 

Lastly, I would like to tell millions thank you to my mom and my dad of paying for this tour money, which was not cheap one.  I really had amazing experience from this trip and I am sure that this will be my treasure in the rest of my life. And also thank you for reading my report everyone! I know that some of my Japanese friends also read my report and they give me their feedback. How nice it is! Without you guys, I won’t be here, and my kiwi life and my trip couldn’t be this good.  Nearly my study abroad is half past.  I feel it is so sad and I want to stay here more… 

皆さんこんにちは。 宮沢和子です。ここニュージーランドではターム3とターム4の間に二週間の休みがありました。この休みを利用して、私は10月2日から12日までの11日間の南島のトリップに参加しました。このトリップは私のようなニュージーランドにステイしている留学生を対象としたプログラムで私はガールズハイの先生から情報をもらい、今回参加することにしました。

 

ここニュープリマスからクライストチャーチまでは私のガールズハイの友達のワンダとマーガンと一緒に飛行機で行きました。二人ともドイツ人です。このトリップは本当にインターナショナルで40人の生徒が世界中から参加しました。国は、日本、イタリア、ドイツ、スウェーデン、スイス、中国、チリ、アルゼンチン、デンマーク、ノルウェー、フランスそしてニュージーランドです。すごくインターナショナルですよね? そしてみんなニュージーランドの色々な地域から来ていました。私たちはこのトリップをクライストチャーチから始めてまた最後に戻ってきました。クライストチャーチまでのフライトの時間中、私の中に混ざった感情がありました。緊張しているけれど楽しみで楽しみだけれど心配で不安で… 何もしないまま席にじっと座って居られなかったので私はこのトリップの終わりのゴールを考えました。自分の意見をはっきり言い、たくさんの人と様々なトピックについて英語でコミュニケーションをすることです。

 

ドキドキの一日目… 私は中国人のシェリーとスウェーデン人のアイラと日本人のありさと友達になりました。この子たちだけではなく夕食の後15人の女の子たちと皆でウノをして遊びました。 私にとっては本当に最高の時間でそれはなぜかというと、皆と英語で自己紹介をしたりそれぞれの国の特徴や文化などを発表したりニュージーランドの素晴らしい点について話し合ったりしたからです。私はニュージーランドのいいところについて話し合っていた時に私が気づかなかった点で感動したことがありました。 アルゼンチンから来た子の話なのですがニュージーランドに来てまず最初に彼女が驚いたのは皆何も考えずに水道水を飲んでいることだったそうです。アルゼンチンでは水道水は飲めるらしいのですが、あまり一般的ではないらしくほとんどの人はペットボトルの水を飲んでいると言っていました。これは確かに良いところなのですが、私は日本という水道水が飲める国から来ていたのでこのようなことに気が付きませんでした。

 

インターナショナルな友達と話すのは沢山のことを学べるので本当に楽しいのですが一方でコミュニケーションをとるのは本当に難しいです。皆違う国から来ているので皆違う英語のアクセントがあります。何人かは本当に強い英語のアクセントを持っていて中には私がクライストチャーチでさようならをするまで全く聞き取ることができなかった人までいました。私がその国のアクセントに慣れていないことが最大の原因であったと思います。 でもどんなに聴き取れなくても聞き取ろうとは常にしていました。それでもどうしても何を言っているのか分からない場合はその人の隣に立っている人に聞いていました。それで何とか何について話しているのか分かりました。

 

このトリップ中、私たちは本当に沢山の場所に行きました。例えばクイーンズタウン、カイクラ、モッチュエカ、ワナカ、ミルフォードサウンドなどなどです。沢山のアクティビティもさせてもらいました。キャニオンスイング、ジェットボードライド、カヤック、野生のイルカと一緒に泳いだり,それから……スカイダイビングも!今でもこれら全てをやったことが信じられません。皆さんはスカイダイビングやカヤックについてはどこかで見聞きしたこともあると思いますがキャニオンスイングやジェットボードはいかがでしょう。

 

キャニオンスイングは世界最大のスウィングで109メートルの高さから飛び降り、60メートルのフリーフォールがあってから200のスウィングをします。最初はバンジージャンプに挑戦する予定だったのですが動画をバスの中で見てから絶対にやめようと思いました。私には怖すぎると思ったからです。しかし動画を見終わった後でもキャニオンスイングには興味があり、シェリーもする予定だと言っていたので一緒にすることにしました。これがキャニオンスイングの写真です。

 

終わった後記念になると思ってパンフレットをもらい、開いてみたら… ‘トランプ氏が大統領になった時より恐ろしい’と書かれていました。興味がある方はぜひインターネットで、キャニオンスイングを調べてみてください。

 

ジェットボートは時速80キロ以上で走るスピードボートです。私は速い乗り物が苦手なので本当に怖かったです。私達は2グループに分けられ、私は二番目のグループになりました。 なので最初のグループの写真を撮ることができました。でも私にとってはこれは良い選択ではありませんでした。なぜかというとどれだけ速いのか自分の目ではっきり見ることができるからです。ランチの後は私のグループの番でした。予想通り本当に速かったです。時速80キロを本当に肌で感じられました。360°のスピンを3回しましたが私はずっと目の前のバーを握っていました。運転手の人が岩にぶつかるぎりぎりのところでよけたりしていてさらにスリルを与えていました。終わった後、本当に戻って来れて良かったなと思いました。もし信じられないなら一度試してみてください。

 

イルカと一緒に泳いだ場所はカイクラと呼ばれるところです。しかしこのアクティビティは朝にあったため、凍えるほど寒かったです。4時半に起き、5時十分に宿を出ました。水着の上からスウィムスーツを来てさらに帽子、足ビレ、手袋を身につけました。勿論ボートでその場所まで行きました。ボートは強い風で上下に激しく揺れていてまるで自然のジェットコースターに乗っているようでした。私にとってはこれもとても怖くて目の前のバーを終始握っていました。するとジュリアというスウェーデンから来た女の子が喋りかけてきてくれました。彼女は18歳でまるで優しいお姉ちゃんみたいでした。彼女のおかげで私も皆と同じように野生のイルカと泳ぐことができました。

 

私はスカイダイビングもしました。私の6人の友達と同じ飛行機に乗り、私は3番目に飛び降りました。キャニオンスウィングやジェットボートに比べるとそこまで怖くなかったです。ただ雲の中を通ってきたことが信じられませんでした。でも落ちている時はスピードのおかげで自分自身が落ちていることをはっきり感じられました。そして息が思うようにできませんでした。でもパラシュートが開いてスピードが落ちた時、死んでない、生きているなぁと思いました。景色は言い表せないほど素晴らしかったです。この美しい国に滞在していて幸せだなあと心の底から思いました。これがスカイダイビングのスーツと飛行機の写真です。

 

このトリップの最後にクライストチャーチの空港に戻りました。バスの中で私たちはスタッフにバレないようにこっそりセンキューカードを書きました。このカードを書いている時、私達は皆違う国出身で誰に指示されたわけでもないけれどそれでもスタッフに感謝の気持ちを伝えたかったのだなと思い、どこの国の人でもしゃべる言葉が違ってもこういう点では変わらないなと思いました。クライストチャーチの駐車場に入った時、私は涙が止まらなくなってしまいました。このトリップが始まる前の心境を細かく思い出したからです。それでやっとどんなに会いたくなってもこの人たち全員と会うことはもうないのだなと気づきました。このトリップが始まる前、私は沢山のことを不安に思っていました。例えばもし友達ができなかったら、もしこのトリップが楽しいと思えなかったらどうしようと。でも全然そんなことを心配しなくて良かったのです。それはこの11日間は私の人生の中で最高の時間で、いつか私が歳をとって自分がしてきたことを思い出した時、このトリップは間違いなく含まれていると思うからです。それでこのトリップを思い出した時、私が何歳であっても皆に会いたくなると思います。家に帰る道で何がこのトリップをここまで素晴らしくしたのかを考えました。それで気づいたのです。アクティビティや景色は言い表せないほど美しかったけれどそれよりスタッフ、運転手さんそして全ての生徒が本当に素晴らしかったのだと。 彼らは本当に皆優しくて面白くて… 彼らの人柄が大好きです。もし誰か1人でも私の知っている人でこのトリップに参加しなかったら…楽しさも半減していたことだと思います。 そして自分で考えたゴールを私は達成できたと言えます。もし相手が私の言っていることが分からなかったとしてもジェスチャーを使ったり絵をかいたりして何とか伝えようとしました。私の今ではベストフレンドの一人であるマーガンは私とワンダはどんなに疲れていてもずっとしゃべり続けていたと言っていました。今はこのトリップを忘れてしまうのではないかと不安です。

 

私は日記を英語で毎日欠かさず書いているけれどそこに書いても書いても書ききれないことで溢れているなあと感じています。全てのことを細かく書こうとすればするほど止まらなくなります。私は何歳になっても自分が何をしてその時何を思ったか、友達のこと、バスから見た景色、一緒に歌った歌、今覚えている全てのことを覚えていたいです。

 

そして最後に私の母と父にこの場をお借りして感謝の気持ちを書かせてください。直接言うのはやはり恥ずかしいので… 私は今回本当に沢山の普通では経験できないような貴重な経験を沢山させてもらいました。この経験は今後の人生に大きく影響すると思うし、一生の宝物になったと自信をもって言い切ることができます。ありがとうございました。そして、このレポートを読んで下さった全ての皆様に感謝します。私の日本にいる友達の何人かは毎回レポートがアップされるたびに評価を送ってくれていて…本当に毎回嬉しいなぁと思って読んでいます。半年が過ぎましたが、本当に沢山の人に支えてもらいここまで頑張ることができました。本当ありがとうございます。今では毎日がすごく楽しくて日本に帰りたくないなと心から思っているくらいです。 あと半年間も温かい目で見守って下さったら嬉しいです。

 

 

2017/10/23

この夏、全国から選ばれた高校生平和大使22名が、スイス・ジュネーブの国連本部に赴きました。

日本中から彼らが集めてきた21万4300筆の署名(過去最高数)を届けること。

そこで、唯一の被爆国に生まれ、これからの未来を担う高校生から、核廃絶の願いを発信すること。

これが大使たちの大きな目的です。

 

ところが今年、例年行われていた高校生平和大使によるスピーチは行われませんでした。

夏休みが明けて、「スピーチ出来なくて残念だったね」と声をかけると、東京代表として選出された

高校2年の重松さんはこう答えてくれました。

「スピーチが出来なかったのは残念です。でも、たくさんの人に出会って、ものすごくいろいろな刺激を

受けて、多くのことを学びました。知らなくてはいけないこと、やりたいことがたくさんあるんだ!と実感

できたので、どんどんそれを発信したいです!」

 

ジュネーブで出会った、パレスチナ出身の女性が語ってくれた人権侵害の実態。

大使として活動する中で新たに知り得た、核の脅威。

人の心を最もつよく動かすのは、生身の人間が語る、ナマの言葉であること。

だから、自分たち若者がナマの言葉を聴き、語り継がねばならないこと。

彼女たちの中にある「熱」は、スピーチの成否などにとどまってはいなかったのです。

 

今週発行の「朝日中高生新聞」に、高校生平和大使の記事が掲載されました。

小さな紙面では語り尽くせないほど、大使たちの頭の中には数々のメッセージがわき上がっています。

どんな変革も、まず、誰かが強く思うことから。

今、まさに勢いよくあふれ出している強い気持ちが、世界中に届きますように!

2017/10/19

現在4,900以上ある日本の高等学校で、フランス語を履修できるのは、大妻中野を含め、約150校。

日本で高校生の毎日をエンジョイしながらフランス語を学んでいる高校生はおよそ1万人だそうです。

フランスで日本語教育を行う学校は約30校。

日本のフランス語教育とくらべると、5分の1ほどしか門戸が開かれていないなか、8千人近くの高校生が

日本語学習に取り組んでいるのだとか。

 

多言語を学ぼう!と試みる学校のなかで、日本の29校、フランスの31校が加盟するのが日仏高等学校間

ネットワーク「コリブリ」です。

○ 日仏両国の友好関係を深める

○日仏両国の教育的交流を促進する

○日本におけるフランス語教育・およびフランスにおける日本語教育を支援する

○多様化する異文化への理解を深めさせ、視野の広い人間を育成する

2005年に策定された「コリブリ憲章」の条項2、日仏高等学校間ネットワークを運営していく目的が上記のように

掲げられています。

 

履修単位としてフランス語を習得できるシステムが早くから確立されている大妻中野では、コリブリ交換留学

制度を積極的に活用し、生徒たちがダイレクトにフランスの言語文化とふれ合える場を重要視してきました。

今年もやってきた、コリブリ交換留学受け入れ期間!

Bertille、Hortense、Aida、Alyette、Mailys。

笑顔のチャーミングな5人の留学生が3週間、大妻中野生活を満喫します。

 

それぞれのバディとシェアする大妻中野の制服に袖を通し、キョロキョロしながら廊下を歩く留学生たち。

彼女たちに話しかけたくてたまらない妻中生の筆頭は、やはり、コリブリ経験者やフランス語履修者でしょう。

英語とフランス語を取り混ぜながら、コミュニケーションを取っています。

それを遠目でじっと見ている中学生たち。

グローバルリーダーズコースは中学生もフランス語必修ですから、おぼえたばかりのフランス語を試したくて

当然です。早く話しかけないと、3週間は本当にあっという間ですから気をつけて!

 

毎年毎年、強い絆とあつい友情が生まれるコリブリ交換留学。

今年の5人は、どれくらい素敵な思い出をつくることが出来るでしょう?

彼女たちの日本滞在は始まったばかり。素晴らしい日々を過ごせますように!

2017/10/17

Amat Victoria Curam!(重ねた努力は勝利を導く)

決戦の時が近づくほどに、心と身体は「平常」を見失い、「われ」を忘れてしまいまいます。

緊張のあまり、自分自身でさえ制御できなくなりそうな自分を、一番近くで抱きとめてくれる、自分の掌。

大妻中野合唱部のメンバーが大切なメッセージをお互いの掌に書いてステージに向かうようになったのは、

一体いつの頃からだったのでしょうか。

 

2017年10月7日土曜日、NHKホール。

電車に乗れば30分とかからずに到着できるこの場所を、部員たちはどれほど遠く感じていたことでしょう。

テレビでなら何度も目にしてきた、お馴染みの、憧れてやまないステージに立つために必要なのは、

お金でも時間でもありませんでした。

ただ、ひたむきに努力しつづけること。

不安でも辛くても怖くても苦しくても、ただ、ひたすらに歌と向き合うこと。

「Amat Victoria Curam」本番前、この言葉をお互い掌に書き合い、励まし合ってきた日々。

 

Nコン全国大会のステージは、合唱を志す子どもたちにとって、まさに夢の舞台です。

ステージで精一杯歌った部員たち。息を詰めて見守ったOGや後輩たち。

ひとりひとりの熱い思いが、お互いを思う気持ちが、重なり合って、積もり積もって、合唱部を今日、

ここまで導いてくれました

 

「金賞は、関東甲信越ブロック代表、大妻中野高等学校!」

その瞬間、部員たちの目からあふれた涙は、これまで流してきたどの涙より、頬を熱く伝ったことでしょう。

信じて努力すれば、その手に勝利は導かれる。

だから、また、次なる自分たちの夢に、そしてあとに続く後輩たちの夢に向かって、大妻中野合唱部は

努力し続けます。

みなさま、あたたかいご声援をありがとうございました。

次に向かう全国の舞台は、大阪。10月最後の日曜日、全日本合唱コンクールの舞台に挑みます。

どうぞ見守ってください!

 

 

 

 

 

 

2017/10/10

日本全国47都道府県から、小学校 約900校、中学校 約1,200校、高等学校 約500校。

夏の予選で幕が上がる「NHK全国学校音楽コンクール」。

今年で84回目。格式はもちろん、知名度も抜群の伝統ある「Nコン」ステージには、なんと

総数で2,500を超える合唱団が挑むのです。

メンバーを募るところから始まる合唱団、何校かで力を合わせて結成された合唱団、

初めての挑戦でひたすら手探りの合唱団、出場校の数だけ色あせないドラマが

あったことでしょう。

今年で結成45年目を迎える大妻中野合唱部にとって、Nコンはクラブの歴史に欠かす

ことの出来ない、まさに夢の舞台だといえます。

 

高校生の自由曲『~序・泣いているきみ~』に込められているドラマ。

“なみだは、人間の作る、いちばん小さな海です”

現役合唱部員だけで150人をゆうに超える大妻中野合唱部。

数千にもおよぶ過去からの合唱部員たちは、いったいいくつの海を泳いできたことでしょう。

そうしてあふれた涙が、たくさんの思いを生み出して、今の合唱部があるのだと実感します。

 

“生きる理由がわからないというなら  その理由を僕があげよう” 

“君がいなくなると僕は困る だからそこにいてほしい”

 

“いつか君が僕を守ってくれたから  次は僕が 誰かを守りたい”

中学生の自由曲は、『僕が守る』。

コンクールを目指し、ひたすら練習に練習を重ねる日々。

いったい何のために歌うのか、なぜ自分は歌っているのか、そんなことさえわからなくなる

真っ暗な瞬間が、どの部員にも一度は襲いかかります。

そんなとき、歌う理由を、自分の存在意義を認めてくれる仲間たち、後輩たち、先輩たち。

だから、今度は自分が誰かのために。

 

中学生も高校生も、「夢」のテーマのもとで立つことが出来た全国大会の舞台。

このステージまで、日本全国にどれほどの海が生まれ、どれほどの思いがあふれてきたか、

それを考えよう。自分に出来る限りの力で、このステージを歌いきろう。

中学生、高校生ともども、ありったけの思いを込めて課題曲・自由曲を演奏しきることが

出来た、そう思います。

 

応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

次は10月28日。大阪に開催される全日本合唱コンクール全国大会に挑みます。

たくさんの方からエールを頂戴し、中高ともども、気持ちを新たに努力を重ねる所存です。

あたたかなご声援をよろしくお願い申し上げます。

2017/10/10

おなじみになりましたラオス通信、今回は第4号をお届けします。  

We would be grateful to let you know the Newsletter from Laos – the 4th issue.  

 

ラオス通信は、本校数学科・小浦あす貴教諭によるラオスでの活動の紹介です。 小浦教諭は、2016年6月から、JICA(独立行政法人国際協力機構)の組織「青年海外協力隊」に参加し、ラオスで現地の子ども、学生たちへの教育活動で活躍しています。本校のグローバル教育の一端を担うこの「ラオス通信」をぜひ、ご覧ください。

It's our great pleasure to introduce this special notes from Laos by one of the staff at Otsuma Nakano, Asuki Koura, a math teacher, who is currently particiapting in JICA volunteer working program in Laos.  Since June, 2016, she has been making committment to the education for local students there.   She said, " I am here because I would like to believe in my own eyes to take a look at what "global" is like.  Also I am sure that my first hand experience in this country far from Japan would really tell what global understanding means to be."  It would be great if you could click the followings and share the photos.

学校通信_H29_10月号Extra_ラオス通信04_171004

 

2017/10/04
ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.