金賞  3年6組   6年3組

銀賞  2年2組   2年5組   5年5組  6年6組

銅賞  1年1組   1年4組   5年1組  5年2組

 

学期末恒例、「清掃点検」総合成績です。

授業教室や廊下・お手洗いまで生徒が清掃する大妻中野では、学年に比例して

面白いくらい清掃の効率も上がっていきます。

素早く、しかしキッチリと。

宮澤校長先生から、金賞は金のホウキ、銀賞は金のチリトリ、銅賞は金の小ボウキ、を

受け取る各クラスの整美委員たちは、はにかむような笑いをこらえながら、金のお掃除

グッズと賞状とを手にクラスの列へ。

文化祭や合唱コンクールが行われる2学期は、清掃の成果が見せづらい、難易度高めの

学期です。それでも、次は頑張ろう!という意気込みは変わりません。

 

終業式終了後、成田空港からカナダへ旅立つ中学2年生。翌々日からオーストラリアへ

旅立つ高校生。ニュージーランドやタイへ向かう生徒たちも、すでに気持ちは海の向こうへ

飛んでいきそうな勢いでしょう。

いろいろな挑戦や楽しみがあふれている夏休み。

平和大使としての活動が本格的に始まる重松舞子さんが、「戦争体験者の話をじかに

聴くことが出来る最後の世代」として担うべき役割を改めて仲間たちと共有するスピーチを

行ってくれました。

それぞれに過ごす「夏」の様相は違っていることでしょう。

でも、気温に負けないくらいアツい夏を越え、妻中生全員がさらに充実した気持ちで2学期を

迎えて欲しいと願っています!

 

 

いいかい、本当にいいものはね、やはり太陽の方を向いているんだと思うよ。

 

直木賞作家・北村薫さんの『朝霧』という小説の中に、こんなフレーズがあります。

生きていく中で、ちょっと下を向きたくなったり、暗がりに魅力を感じたりすることは

誰しも経験すること。でも、本当に人が素直な気持ちで心惹かれるものは、明るい

太陽の方向をまっすぐに向いている…思わずハッとさせられる言葉です。

 

真っ直ぐ日の光に向かう花、といえば、その名の通り「向日葵(ヒマワリ)」。

海の日、中野区で行われる「ひまわりコンサート」は、まさに人が太陽の方向へと

まっすぐ進むためのサポート活動を応援する催しです。

今年度は近くの東亜学園さんを舞台に、中野区のさまざまな団体が日頃の活動

成果を近隣のみなさまにご披露しました。

 

大妻中野からは、ダンス部・チアリーディング部・合唱部の3部活が参加。

日頃お世話になっている中野のみなさまとふれあえる、貴重なステージです。

会場じゅうに飾られたひまわりに負けないくらい!思い切り輝く笑顔をお届けしました!

太陽の光に包まれて、笑って過ごせる毎日。

リズムやステップ、ハーモニーがあれば、毎日はますます楽しいものに変わります。

「Arts」の力、日差しに負けないパワーを感じていただけたでしょうか?

 

 

「昔の私、キャベツ?だったんです。」

昨年の冬、この「自分=キャベツ」トークで心を鷲づかみにされた高校GLCの生徒たちは

冒頭のひと言でたちまち目を輝かせます。

 

夏休み、海外研修や部活動、ボランティアなど多種多様なイベントでアクティブに活動する

妻中生に向け、バリエーション豊かに用意されたグローバル講演。

ジャケット姿の男性陣に次いで登場してくださったのが、白いワンピースとハイヒール姿が

まぶしいボーク重子さん。

まさに先日、お嬢さんのスカイ・ボークさんが全米『Distinguished Young Women(傑出した若い女性)

コンクール(日本のマスコミでは「最優秀女子高生」と報じられました)で見事グランプリ!という

ホットなニュースを伴っての登場です。

 

華やかでハツラツとした元気さにあふれるボークさんは、まさに国際社会で成功をおさめた女性

そのもの!腕や手をフルに動かしながらお話しくださる様子も、実に堂々としています。

こういう方は、最初から才能とチャンスに恵まれた、「陽の当たる坂道」をスキップで上へ上へと

順調にのぼってきたのだろうな…自分とは違うんだろうな…。

思わずネガティブに自己嫌悪しそうな聴き手の心を裏切ってくれるのが、ボークさんの軽妙な

「キャベツ」トークです。

固い外葉の中に閉じこもって、狭い視野と型どおりの価値観を疑おうともせず、挫折を何度も

味わった経験談。中高生が大好きな恋愛の話題を随所にはさみこみながら、ヨーロッパ、バリ、

中国、アメリカと世界を股にかけて活動域を広げていくバイタリティには圧倒されます。

 

「Mistake」は「Learning Opportunity」!(間違いは、学びの機会)

※Chanceが偶然訪れた「機会」とすると、Opportunityは努力によって得る「機会」「成果」に近いニュアンス

アメリカ・チェイニー元副大統領夫人が教えてくれたというこの言葉は、妻中生の心を大きく

後押ししてくれたことでしょう。ポジティブな言葉を味方につけて、自分を前へ前へと進ませる

こと。大きすぎる夢は小さく区切って「夢の赤ちゃん」をたくさん作り、ひとつひとつかなえて

いくこと。キャベツの外葉をはがしたら、すがすがしい空気と広く澄んだ青空が待っているはず!

この夏大きく翼を広げたい妻中生に、ボークさんから素敵な「お中元」をいただきました!

今、ここにある「幸せ」って、果たしていつまで保証されるのでしょう?

「20年後の自分が、幸せだと思う人?」

メインアリーナに勢揃いした中学生たち。

ステージ上から問いかける福原先生の言葉に応える手は少なく、そしてポツポツと挙がる

様子も、おずおずと弱々しく…。

 

それもそのはず、この問いかけまでに、リアルタイムで世界と触れあっている福原先生から

世界基準で衰退している日本経済の話や発達著しい人工知能によって、これまでの生活が

一変するであろう未来の話、めまぐるしく変化する世界情勢の話…呆然とするほど大量の

情報が提供された直後の質問なのですから。

「今のまま」が永遠に続くはずがない。

そんなこと、アタマでは誰でも分かっています。

でも、現実に「今ある幸せ」の姿が様相を変えようとしているなら、まずそれを知らなければ。

おそれずに、正面から向き合い、考えなければ。

新しく生まれる幸せ。

出会うには、どこに向かえばいいのか。手に入れるには何をなせばいいのか。

 

「マイノリティを受け容れてこなかった日本は、これからなにをすべきですか?」

こう問いかけた中学生に、福原先生は

「今、こうして声を上げたこと、これがすでに、何か始まっていることでもあるんだよ」

と、熱のこもった声で応えます。

アタマにある考えがパッと「浮かぶ」時点でまず何かが始まっている。

あとは、ともった明かりを消さないこと。消さないために、もっと明るく輝かせるために、何か

アクションを起こすこと。より効果的なアクションのために学び、考えること。

 

どれだけ人工知能が発達しようとも、プログラミングを仕掛ける側は常に人間であるはず。

より幸福な未来のために。20年後、30年後も自分が幸福だとと実感できるために、今

何を学び、何を知るといいのか…。

中学生にとっては素敵に長い夏休み。

じっくり考えることが出来る時間を前に、福原先生は果てしなく広がる水平線を、その先に

広がる新しい地平線を示してくださいました。

 

~2週間あるから、だんだん英語を使えるようになればいいかな?なんて、もったいないですよ!

 最初からドンドン積極的に英語で話しかけましょう。

 みんな最後には「最初の方でしゃべらなかった時間が、思い返すともったいなかった…」って

 言うんですから!

~むこうでは基本的に“自分のことは自分で”ですよ。

 食器を洗ったり洗濯したり、おうちでしている人、どれくらいいますか?

寄り添う保護者のみなさんが、可笑しそうになさる様子が、肩や背中の動きから伝わります。

 

中学2年生はカナダ体験学習、中学3年生はニュージーランド短期留学、そして高校1・2年生は

オーストラリアとアメリカ、2箇所への短期留学、そして、学年をまたいで参加するタイ・チェンマイ

研修旅行。この夏も大妻中野から世界へ、たくさんの妻中生たちが飛び立ちます。

 

「先輩が行っていたので興味を持ちました。」

「姉が行って、すごく楽しそうだったので、私も行くんです!」

「上の娘が体験して、英語に興味を持つようになったので下の娘も…」

「アメリカやヨーロッパでないところに行ってみたいくて!」

動機も期待もいろいろですが、すぐそこに迫ってきた旅立ちの日に向けて、目を輝かせる様子は

どの学年も同じ。新しい経験がどんな風に自分の刺激になるか、見たこと聴いたことが、どれだけ

自分の糧になるか。楽しみなことを数えればキリがありません。

 

選択の幅が広ければ広いほど。

与えられるチャンスが多ければ多いほど。

可能性の翼は力強く羽ばたきます。

期待の大きさに比例するかのように、準備のメモがビッシリ書き込まれた事前説明書。

数週間後には、思い出と学びであらゆるメモリーがパンパンになっていることでしょう。

素晴らしい夏が、もうすぐ訪れます。

カナダ体験学習 / NZ短期留学 / オーストラリア短期留学

 

ピアノを習いに行きました。

先生は楽譜を手渡し、四分音符や八分音符、フォルテやピアニシモの説明を

しつこくしつこく繰り返します。何かしゃべると叱られ、ひたすら楽譜の解説が

続きます。さて、ピアノは上手くなるでしょうか?

 

昭和(と、相当部分の平成)の英語教育を、テレビでお馴染みの安河内哲也先生は

こんなたとえ話を用いて笑い飛ばし、英語の期末試験を終えたばかりの妻中生たちを

グングン惹きつけます。

言葉は使ってみてこそ、失敗を経てこそ、身につくもの。

長調や短調がわからなくても、おっかなびっくり鍵盤を押してみればピアノは音を

奏でてくれるのですものね。続けていくつか鍵盤を押せば、でたらめでもメロディが

生まれます。そこまで来たなら、もっと上手にピアノを弾きたい!という無邪気な欲求が

芽生えて来るのは、間違いなく自然な流れ。

きっと、習い手はみずから楽譜を開き、学び始めるでしょう。

 

初めはなんとも心もとない、情けない発音だとしても。

大きな声で、失敗さえ楽しみながら、自信を持って、英語に親しむ。

 

The only way to do great work is to love what you do.

If you haven't found it yet,keep looking.Don't settle.

「学び方」の実践で取りあげられたスティーブ・ジョブズの言葉。

最初の一文があまりにも有名ですが、今日、妻中生の心に深く刺さったのは、たぶん

うしろの2文の方かな?会場の雰囲気から、そんな感じがしました。

なにか素敵なこと、、すごいことをしたい!という気持ちは、すべての妻中生が持って

いるはず。でも、何をすればいいのか、どうしたらいいのか分からない…。

 

安河内先生の楽しくてパワフルな講演と、ジョブズの印象的な名言。

おそるおそる触れてみた鍵盤が、いつか流れるような旋律を奏で始めるように、

今日ドキドキしながら発した英単語が、いずれ流暢なイントネーションで唇からあふれだす。

そんな日は、きっと遠くないに違いありません。

「今日は1学期最後のGIS(Global Issue Study)ですね。本当なら、今学期の振り返りをしたいのですが、

今だからこそやりたいことがあるので、そちらを優先します。」

高校2年生GLC(Global Leaders Coarse)の土曜日3時間目、4時間目は世界を取り巻く問題について

考えたり、自ら発信する手法について模索する時間。2年目を迎えたGIS授業はいっそう充実度が増し、

GLC生徒たちが持っていた伸びしろの大きさに、むしろ大人の側が驚いています。

 

電子黒板にパワーポイントが映し出されると同時に、席を立って教壇に向かう生徒が一人。

重松舞子さん。

第20代高校生平和大使に選ばれた、東京都代表です。

全国から数多くの応募がある中、22名の代表メンバーに選出された重松さんは、先月18日、広島で

開催された平和大使の結団式に参加してきました。

大使に選ばれるまでに持っていた気持ち、結団式で全国から集まった大使たちとふれあって生まれた

気持ち、今後に向けて大きくふくらむ夢と希望…。

まずクラスメイトと共有したい胸の内を発表し、そこから授業として掘り下げていくことになったのでした。

 

シンプルなパワーポイント画面を前に、切々と語る重松さん。

クラスメイトはすごい勢いでメモを取りながら、食い入るように聴いています。

「ビリョクだけど、ムリョクじゃない」

高校生平和大使のスローガンは、すべての平和活動に通じます。

ひとり一人の力は小さいものでも、それがゼロでない限り、つなげて、重ねて大きくすることが可能です。

私たち、東京に住む高校生には何が出来る?

「戦争」の記憶を直接聴くことの出来る最後の世代。

この立場を、どうすれば活かせる?

以心伝心、とは、このようなことを言うのでしょうか。

クラスメイトの反応は目を見張るほど素早く、アツいものでした。

次々に展開される「平和」を考えるためのアイデア。そのどれもが、高校生だからこそ出来る、現実的で

意味深いものばかり。本気で投げかけられた言葉は、本気でしか受けとめようがないのだと分かります。

 

第20代高校生平和大使の活動は、まだスタート直後です。

5年前、妻中から生まれた第15代平和大使に続き、ふたたび妻中に吹き込まれた平和活動のエネルギー。

今ある情熱を、もっと大きく、もっと深く、もっと遠くへ。今後の活躍を是非お楽しみに!

↓6/18(日)広島で行われた平和大使結団式の模様です。

ニュースでも紹介されました!

 

 

平和大使 ニュース②

朝から静かに降る雨の中、校名ロゴの入った大きなスポーツバッグやリュックを抱え、
有明コロシアムに集まる子どもたち。
全国中学校高等学校ダンスドリル選手権大会2017。
各地区から全国大会に出場するチームが決まる地区大会のラストが、24日・25日に
有明で開催される関東大会です。

大妻中野ダンス部高校2年生が、これまで頑張ってきた活動の成果を発揮するのが
このダンスドリル選手権大会。

ONDC(大妻中野ダンス部)はリリカル部門2位を頂戴しました!
8月に開催される全国大会では、支えてくださるみなさまのお気持ちをパワーに、
いっそう磨きをかけた演技をお見せできるよう、努力を重ねます!

体育着に着替えて、お気に入りのメモ帳とお気に入りのペンを用意してね!
土曜日3時間目のGIS(グローバルイシュースタディ)前、GLC生徒たちに
こんな指示を出しました。
GISの「しかけ」に慣れている高校GLCメンバーは「今日は何を仕掛けられ
るのかな?」という表情で文房具を選び始めます。

今日はCosmosアゴラでの特別授業。
何故か裸足、、の若い女性が出迎えてくださり、授業スタート!
スライドにはYOGAの文字。
なるほど、裸足のスタイルに納得です。

生きて、活動することのすべてがYOGA につながっている、というお話の
あと、自分の体質や性格をアーユルヴェーダの3タイプに当てはめてみます。
「今、コレか!と思ったものが、違うタイミングで見てみると変わっている
こともあります。身体や心の状態は変化しますからね。」
6月24日は新月。
この日を起点に心身がシフトチェンジされていくので、このタイミングで
お気に入りのものに触れ、願いごとや希望を書いたり言ったりするのが
すごく効果的なのだそうです。
「お気に入り」のしかけ、こういうことだったのですね。

いつもは机と椅子が整然と並ぶCosmosアゴラにヨガマットを敷き並べ、
さあ、メインのヨガレッスンです。
呼吸を整えたり、ときには友達同士で手を取り合ったり、みっちり身体を
動かしました。
自分の身体のタイプ・リズムを知り、より自分らしく快適に過ごすこと。
その人その人で違ったタイプ・リズムがあることを知り、互いに認めあい
ながら、よりよく過ごし合うこと。
全身で学ぶからこそ感じ取れるものがあったことでしょう。
この新月を境に、妻中生たちはまた、新たな成長を遂げ、いっそう頼もしく
成長していくに違いありません。

体育祭の余韻がなんとなく残ったままの学校内。

先週まで、体育の時間は少しでも美しいダンスを体育祭のフィールドで披露すべく、練習に練習を

重ねる時間でした。指先まで気持ちを込めて、表情も華やかに…そうやって少しずつダンスは

美しいものに仕上がっていきます。込めた気持ちの向こうに宿るのが、美しさなのかもしれません。

 

「礼儀にかなった言葉は、美しい容貌を超えて美しいもの。作法の整った動作は、美しい服装を

超えて美しいもの」大妻コタカ先生はこんな風におっしゃっています。

そうした思いが詰まっているのが、「日常の五心」です。

□ 「はい」という素直な心

□ 「すみません」という反省の心

□ 「おかげさまで」という謙虚な心

□ 「私がします」という奉仕の心

□ 「ありがとうございます」という感謝の心

これらの言葉を、自然と発することが出来る人ならば、きっと、どんな人にとっても美しい人でしょう。

 

今朝はお世話になっている中野区のみなさんと、新井薬師駅前の美化活動を行うマナーアップキャンペーン。

生徒会メンバーを始め、生活委員の中高生が協力し合って地域美化のお手伝いをしました。

生徒会長として初めてこの活動に加わった高校2年生の有坂さんの感想をご紹介します。

「大きなゴミがあったら大変だろうな…と思っていましたが、実はレジ袋の切れ端や小さな煙草の吸い殻など、

落としても気にならないようなゴミほど、拾うのが大変でした。“このくらい、大丈夫だろう”という気持ちの方が

あとあと大変なことになるんだなあ…と実感しました。」

 

誰の目にも明らかな大きいゴミならば、少しばかり気合いを入れてパッと拾い、ゴミ箱へ!というのが案外

スムーズです。地面にくっついた小さなゴミは、拾うぞ!という気持ちで摘まんで取らなければ、きちんと

ゴミ箱に落とし込まなければ、キレイに片付きません。

その分、やりきった爽快感は大きく、笑顔は晴れやかになることでしょう。

確かに「私がします」奉仕の心、の先には美しさが生まれていくのです。

地域のみなさんと交流出来る貴重な時間、梅雨の晴れ間の太陽の下、大切なことをたくさん学びました。

 

 

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.