「13歳で結婚する」

これは、うらやましいことでしょうか?かわいそうなことでしょうか?

思わず「うらやましい!」と感じる女の子が少なからずいる。これは、日本の現実です。

結婚という言葉が、あたたかい家庭の幸福や安心のイメージに直結しているからこそ、

日本の女の子たちは、13歳で純白のドレスに身を包む幸せな想像をするのでしょう。

実際に13歳で結婚している女の子たちは、もっと過酷な現実に直面しているのですが、

日本に暮らしている私たちに、その現実を知る機会は多くありません。

 

マララ・ユスフザイさんのノーベル平和賞受賞をきっかけに大妻中野での応募がスタート、

今年も多くの妻中生に新しい本との出会いを与えてくれた「プラン・インターナショナル

夏休み読書感想文コンクール2017」。

中学1年生の三谷明日香さんが、中学生の部で見事特別賞を受賞しました!

 

13歳で結婚すること。

小さなころから女性の幸福な結婚生活を見慣れている自分たちが「結婚」に抱くイメージと

世界のどこかにいる13歳の花嫁が直面している現実との隔たりはどれほどか。

素直な言葉でつづられた文章から、さまざまな驚きや考察が感じ取れます。

11月19日(日)渋谷の国連大学で行われた表彰式。

審査委員長、および課題図書の翻訳もなさっている作家の角田光代さんとともに、全国各地

から集まった中学・高校の受賞メンバーが言葉を交わしました!

 

↓授賞式の模様・受賞作品はコチラからご覧いただけます

プラン・インターナショナル夏休み読書感想文コンクール表彰式

 

一冊の本と出会い、想像すること。

その想像が、何らかの行動につながること。

マララさんも、日本に暮らす女子中学生も、13歳で花嫁になる女の子たちも、ひとりの少女です。

知ること、考えることから、何かが変わる。誰かが、自分が、何かを変える。

コンクールという機会を通じて、本を読み、内容を受けとめる側にいた妻中生たちの心には、

きっと何かが生まれ、育っていることでしょう。

 

 

 

レーズンとむきエビ、鍋で炊いたご飯。

牛モツとトマト。

それから大量のナッツ!

なんだか異国のムード漂う食材の取り合わせ…。

それもそのはず。これは「地理」の授業で行う調理実習なのです。

 

人を、土地を知るには、まず食べ物から。

興味がある国や地域の食べ物を作ってみよう!というコンセプトで生徒たちが思い思いに

ピックアップしてきたリストにイスラム圏のカラーが感じられるのは、やはり、知らないことが

多い分、歩み寄る楽しみが大きいからでしょう。

 

いざ調理がスタートしてみると、そこはさすが高校生!

手際よく多種多様なメニューが仕上がっていき、余った食材も互いにアイデアを出し合って

いつの間にか気の利いた「まかない」に姿を変えられています。

フライパンやオーブンをフル稼働させ、オリエンタルなスパイスのいい香りが調理実習室に

満ちあふれたら、さあ、お待ちかねの試食タイム!

味わってみると、行ったことのない異国の地がグッと親しみ深く、近づいて感じられます。

 

食べ物が、「人」を生かす。人を作る。ならば「食」から「人」に歩み寄ってみよう!

きっかけは何でもいいのかもしれません。まず相手に興味を抱くところから、新しい関係が

生まれるのだから。

今日味わったメニューを、日本と違う空の下で再び頬張る日。

そんな日が遠からずやってくるかもしれないな、と色とりどりのお皿を前に、思わず楽しい

期待を抱いてしまう午後の調理実習室です。

 

 

 

 

1,500人近くの大妻中野生に通学時間を尋ねると、60分以上を通学に要している生徒が

少なくありません。つまり、学校のある中野が「地元」でない生徒が大多数なのです。

学校生活の中で、地元、中野の街に親しむ機会は意外と少ないもの。

見えるところ、見えないところ、さまざまなところで大妻中野は地元のみなさまに支えられて

います。交通安全運動、火災防止活動、清掃活動…数え上げれば驚くほどです。

 

中野の街って、どんななんだろう?と妻中生たちが考えるのと同じように、大妻中野って、

どんな学校なんだろう?と地元のみなさまも考えていらっしゃることでしょう。

11月の第3日曜日、近隣の桃園第2小学校で「昭和ふれあいコンサート」が開催されました。

今年で3年目となるこの催し。

地域の方々に大妻中野の様子を知っていただく貴重なイベントです。

子どもたちから大人まで、多種多様な方々が出演するステージに、合唱部とダンス部も

練習の成果を披露する機会をいただきました!

 

小学校の雰囲気に懐かしい気分がよみがえるのか、緊張しながらも終始笑顔の生徒たち。

ご来場のみなさまからあたたかい拍手をいただき、誇らしい気持ちでステージをつとめます。

日頃お世話になっている中野の街と交流出来る機会をもっと増やしていけたら、6年間を

過ごす学校への思いに、新たな厚みが加わるかもしれませんね。

冷たい風が吹く寒い日曜日でしたが、その分、地域のみなさまのあたたかさを感じることが

出来ました。中野区のみなさま、どうもありがとうございました!

…5人お揃いで買ったペンをなくしたら、4人が話しかけてくれなくなった。

…借りた本を汚してしまい、謝って返したけれど、陰で悪口を言われるようになった。

…発表会があるので遊びの誘いを断ったら、みんなが私だけ誘ってくれなくなった。

 

気にしすぎだよ。そんなの、「いじめ」とは言わないんじゃない?

あなたにも悪いところがあったんだから、自分ばっかり被害者みたいに言っちゃダメだよ。

子ども同士なんだから、いずれわかり合えるでしょ。人生は長いんだから大丈夫。

 

「大丈夫」の判断は、いったい何を基準にすればいいのでしょうか。

弁護士の真下麻理子先生はおっしゃいます。

「心身の苦痛が発生したら、その時点で“いじめ”です」。

大妻中野で道徳の時間、定期的に取り入れているのが、弁護士の先生による「いじめ防止授業」。

2013年の「いじめ防止対策推進法」制定後、法的見地から大人たちが腰を据えて「いじめ」と向き合う

流れが大きなものになっていこうとしています。

法という切り口から弁護士の先生方が語りかける言葉、それは子どもたち、大人たちそれぞれにとって

これまで持っていた意識を覆されるくらい意外なものです。

その意外さこそ、子どもたちが改めて「いじめ」を見つめ直すきっかけになるのだと確信します。

 

ピアニストが突き指をすること。

歌手が声帯を傷めること。

調香師が鼻風邪を患うこと。

突き指も声のかすれも鼻風邪も、大多数の人にとっては些細なトラブルに過ぎません。

何がその人にとって大きな問題となるか、何がその人の「核」をなしているか、それは本当に一人ひとり

違って当たり前なのです。だって、その「核」こそが、その人個人の尊厳なのだから。

 

世の中で取りあげられる「いじめ」は、すでに問題が肥大化し、爆発した段階のものばかりです。

ならば、取りあげられない小さな問題、くすぶっている問題は「いじめ」にあたらないのでしょうか。

種が芽吹き、枝葉が伸び、花が咲き、次の種をまき散らす前に、まず種そのものを生み出さないこと。

そのために私たちは何を知り、何を学ぶべきか。

 

今年1月、真下先生がTED(Technology Entertainment Design)×Himiに登壇され、プレゼンテーションを

なさいました。↓

 

いじめを語る上で大人が向き合うべきこと

 

お互いを思いやり、他人の成功を自分のことのように喜べる人に。他人の痛みは自分の痛みのように

感じられる人に。誰かのためにすすんで手を差しのべられる人に。

大妻中野生の心は、真下先生の目指すものに寄り添い、より豊かさを増しながら成長しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

1台の車が、ただ、1週間駐車されています。…特に何も起こりません。

その車のフロントガラスに、ヒビを入れます。

…まもなく、フロントガラスは砕かれ、車中の物品やパーツが盗み出されてしまいます。

ほんのちょっとの「乱れ」が、人の心を揺らがせ、治安の乱れを引き起こす……これが

「窓割れ理論」です。

 

たとえばタバコの吸い殻ひとつ。

たとえばペットボトル1本。

「これだけならいいだろう…」とだれか一人が放置したゴミが、「他の人もやっているんだ」

「自分だけじゃない」という言いわけを引き出し、あれよあれよという間に見事なゴミの山が

築かれてしまう…。汚い場所なら、何をしたっていいだろう。そんな気持ちまで呼び込んで

しまい、いつしかその場所は犯罪の温床に…。

 

みんなが笑顔で気持ちよく暮らせる街をつくりたい!

安全安心な街で、楽しい学校生活を送って欲しい!

中野のみなさんはいつもそんな風に考えてくださっています。

今日は、中学生徒会の生活委員が協力し合い、毎朝毎夕たくさんの妻中生が利用する

新井薬師前駅周辺の清掃活動に加わりました。

 

キレイにするぞ!という目で眺めてみると、いつも誰かの努力で街の美観が守られている

ことに気がつきます。そして、「自分だけならいいだろう」「みんなもやっているのだから」の

言いわけが、どんな影響を及ぼすのかが実感できます。

安全安心で美しい街づくり、これからも協力してキレイな中野を守っていこうと思います。

 

 

焼きそばと、ティラミスと、カップケーキ、バナナ餃子、スフレ…。

ちょっと驚く取り合わせですね。

調理実習室のホワイトボードには「Don't speak Japanese!」

この夏から発足したEVA(English Volunteer Assembly)によるEnglish Cookingが

気持ちの良い秋晴れの東京を見渡せる、8階の調理実習室にて行われました。

お互いに調べあい、すべて英語でメモしてきた材料とレシピ。

「日本語を使った人は、食べちゃダメ!」の厳格なルールのもと、時には真剣に、

時には笑いも交えながら調理が進みます。

 

英語に親しむなら、まず日常的な活動から!

中高合わせて50名以上の有志が集うEVAでは、生活の中に英語を取り入れ、

自然に英語と親しむためのアクションを試行錯誤しながら実行中です。

先生方の声で行われていた下校時間のお知らせが、この秋からEVAメンバーの

軽やかな英語の発音にチェンジ。さて、次は何をやってくれるだろう?と、思わず

楽しみになってしまいます。

歴史上の大きな変革も、最初は誰かの小さなアクションから。

生徒の呼びかけでスタートした運動は、さて、一体どんな進化を妻中にもたらして

くれるのでしょうね。乞うご期待!

「世界中の人と瞬時につながることが出来るよ」

「地球上のあらゆる場所を指先で検索して見られるよ」

情報機器や通信手段が発達した現在、知るためのツールに不自由する、なんて、

むしろ至難の業だと言えます。

でも、その「知る」はあくまで頭の中でのこと。肌で感じたり、目の当たりにする実感は

やはり直面しなくては得られません。

タブレットやスマートフォンさえあれば、なんだか世の中と通じた気になってしまえる

現代だからこそ、実感のインパクトは大きいのかもしれません。

 

2017年度国際ユース作文コンテスト。

155カ国から15,000を超える作品が集まった中で、高校2年生の海野樹さんによる

『知識と本物』が、若者の部において、最優秀賞に次ぐ、優秀賞を獲得しました!

 

高校1年生で参加したオーストラリア短期留学の経験によってわかった、アタマで「知る」

自然と実際の自然とのギャップ、さらに、日本人のあり方…。

どんなところに発見があるかわからないから、きっかけは出来る限り多く設けたい。

出会いや気づきが言葉として昇華していく過程を、今後も数多く見守りたいと思います。

↓海野さんの作品はコチラから

国際ユース作文コンテスト

セントアンドリュース短期留学記念写真より

11月11~12日、全国から選ばれた86チーム172名による第11回全日本高校模擬国連大会に、

大妻中野高校平和学習同好会から2チーム4名が挑みました。

今大会の議題は「ジェンダー平等」。

LGBTを含めた性差別是正に向けた国際社会における新たな枠組みを、多数決ではなく

コンセンサス(全会一致)で作り上げることが今大会の最大の目標で、その議論にどれだけ

貢献できるかが入賞の決め手となります。

出場メンバーは夏休み期間から、一次課題のレポート作成や二次課題のリサーチなど、

約三ヶ月に渡る準備を重ね本番に備えてきました。

大会本番では、エジプト大使、イタリア大使として、国益優先と国際協調の狭間のなかで

多くの大使と個別に交渉をし、議論の落とし所を探る努力をしました。

「入賞」の目標は次年度の持ち越しとなりましたが、来年につながる大きな一歩となりました。

この経験を活かして、今度は3月に校内で核廃絶を議題とした模擬国連セッションを行う予定です。

 

 

 

 

立ち姿の美しさ、樹木としての上質さで広く愛されるケヤキの木。

華やかさばかりを誇示するのでなく、上品な質の良さが認められ、幸運、長寿、健康などの

「木言葉」を持つこの木が、大妻中野同窓会の名前だというのは、なんだか嬉しいものです。

 

年に1回開催される、けやき会同窓会。

今年度も様変わりした新校舎に驚きを隠せないみなさまがたくさん集まってくださいました。

学生時代は黒板を背に見上げていた懐かしい先生と同じテーブルに着き、思い出話に

花を咲かせます。

 

在校生も朝から「どんな先輩たちがいらっしゃるんだろう…」と気になっている模様。

お昼を過ぎたあたりから、カフェテリアの周辺には興味を隠せない表情で来校なさる先輩方を

眺める姿がチラホラ…。

校舎こそ様変わりしても、先輩方が培ってきた大妻中野の雰囲気はしっかりと在校生たちに

受け継がれています。変わらぬ学校の空気を伝えよう、と合唱部・ダンス部の在校生たちが

ステージで日頃の練習成果をご披露するひと幕も。

 

弾けるような笑顔やリズミカルな動きに思わず手拍子を打つ手が強くなったり、懐かしい校歌の

響きに、知らず知らず涙を流してしまったり…。

後輩たちの「おもてなし」に贈られたあたたかな拍手からも、卒業生のみなさまが母校に向けて

くださる思い入れの深さを感じずにはいられません。

 

天に向かって美しく、高くのびるケヤキの木。

みっしりと詰まった木目に絆の強さを思うこの木のように、大妻中野で出会う人と人とが強く

深い関係を続けてゆけるよう、願いたいと思います。

 

アイルランドグリーンのリーフレットが配布され、ひとまず内容を確かめ始めた

生徒たちが「へぇ、ハロウィンってアイルランドで生まれたんだ!」「セント・

パトリックデーって何のお祝い?」「ワンダイレクションってアイルランドだよね!」

などなど、お互いのアイルランドに関する認識を交換しあいます。

 

昨年はルクセンブルクから、今年はアイルランドから。

「EUがあなたの学校にやってくる!」講演会イベントという貴重な機会に恵まれ、

2年連続でEUからのゲストを大妻中野にお迎えすることが出来ました!

 

「アイルランド共和国 大使館書記官兼領事でいらっしゃる クリス・グリーンさん!」

紹介の後で壇上に現れたグリーンさんを見て、アリーナ中が静かにざわつきます。

180㎝を軽く超える長身のMr.Vickersを見慣れている筈の妻中生にも、2メートル

近い(198㎝だそうです!)グリーンさんの存在感はインパクト充分!

一緒に登壇する通訳の松下さんが小柄なこともあいまって、まるでステージ上に

フラッグが立っているかのようです。

 

日本人がうっかりイングランドと混同しがちなアイルランドの紹介に始まり、EUという

組織の現在について、大きな身体を折るようにしながら語ってくださるグリーンさん。

妻中生から出た「EUは核兵器について、どんなスタンスを取っていますか?」という

質問には、「そうですね…たくさんの国が集まっているので、スタンスがまとまっている

とは言えません。でも、最終的に核廃絶を、という考えは同じです」と、言葉を選んで

いらっしゃるのが伝わる答え。

「ひとつになる」ということの難しさがにじみ出ています。

難しいからこそ、やる価値があり、やりがいがある。そう考える人が多いから、こうして

日本の高校を訪れるイベントが企画されるのでしょう。

 

講演会の後、高校2年生の代表生徒がグリーンさんに大妻中野を紹介するちょっとした

プレゼンテーションを行いました。ニュージーランド留学をした生徒がカヌー体験について

話すと、「僕もやったけど、コレは怖いね!」と意気投合!英語室にある名作『スイミー』の

絵本を見つけ、「日本では小学校の教科書に載っていますよ」なんて話が弾むなど、

文化交流の糸口はちょっとした共通点から見つかるのかもな…と感じさせられます。

通訳の松下さんに、外国語と付き合う職業について、アドバイスをたくさんいただいたり、

海外で学ぶ手法についてヒントを与えていただいたり、過ごした時間は充実そのもの!

 

人生が変わるきっかけは、どこに潜んでいるか誰にも予想できません。

だからこそ、きっかけになる材料と出会うチャンスは多ければ多いほど人生をカラフルに

出来る可能性は広がるはず。いつか、の未来で「そういえばあの時が…」と実感できる

機会を増やすために、今後もバリエーション豊かに多くののゲストをお迎えする予定です!

 

 

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.