平昌オリンピックの報道を見ていると、アスリート達がお互いをたたえ合い、いたわり合って

ハグを交わす姿が頻繁に見受けられます。

30秒程度のハグを交わすだけで、1日のストレスを3分の1近く軽減できる、という学説も

あるのだとか。触れ合うことでよりよく生かし合えるのが、生き物の特性なのかもしれません。

 

大妻中野生も友だち同士、先輩後輩でしょっちゅうハグを交わしています。

もしかしたら、海外留学生との交流が妻中的ハグ文化の発生源なのかもしれない…。

厳寒の姉妹校を訪れてくれた4人の交換留学生と、今日はお別れのフェアウェルパーティー。

バディ同士はもちろん、夏にSt.Andrewsを訪れた生徒、一緒にランチを楽しんだ生徒、部活や

クラスで教え合ったりふざけあったりした生徒。

目と目が合うと、自然に両腕が広がり、笑顔のハグ!

会場がどんどんハッピーなムードに満ちていきます。

 

一緒に居た時間は、決して長いものではありません。

でも、自分の中に確かな熱と重みを持って積み重ねられる記憶は生涯色あせないもの。

2018年冬、と刻印された輝くメダルと、もしかしたら同じくらい貴重な宝物です。

この短い時間が、自分の将来を照らす光になるかもしれない。

これから進む地図に、未発見だった新しいルートが加わるかもしれない。

 

新しい出会いの場は、そのすべてが違う世界のドアへとつながっています。

つないだ絆で交わすハグは、さらなる人の和を求めて広がる続けます。

次は春休みのコリブリ交換留学。

フランスの地では、いったいどんな素敵な思い出と強いハグが妻中生の明日を彩って

くれるのでしょうね。↓左側 :夏休みSt,Andrewsでのパーティー 右側:大妻中野 パーティー後のバディ達

 

 

 

文化祭はとっくに終わったというのに、なぜか学校内のあちこちで筒状に丸められた

模造紙が見受けられます。

書かれている内容は「ジェンダー」「貧困」「環境保全」「食文化」…テーマが多岐に

渡っていて、どれも創意工夫に富んだもの。いったい何に使うのでしょう?

 

高校2年生「総合」授業(7組GLCはGISⅡ)の一貫として、自分たちの関心事を1枚の

ポスターにまとめ、友人や後輩、先生方の前で制限時間を有効に使ったプレゼンテー

ションをする、という試みが大量の巻紙を生み出していたのでした。

水曜日、6時間目のLHRを利用し、メインアリーナいっぱいに広がるプレゼンチーム。

本日のプレゼン相手は、3つ下の中学2年生です。

 

 

身振り手振りをまじえて情熱的に語りかけるチームあり、クラブの後輩たちから

羨望の目で見つめられ、恥じらいながらもキッチリ発表を進めるチームあり…。

テーマが多種多様なことも、会場をぐるぐる回って聴きたいブースを選ぶ

楽しみになっています。

最初は物怖じしていたのに、いざ語り始めると積極性や人

なつっこさが前面に出る高校生。

いつもは垣間見ることが出来ない「学びに向かう先輩」の姿を見て、新鮮なギャップを

味わう後輩たち。それを見て、生徒たちの新たな表情を発見し、嬉しい成果を得る教員団。

学年を超えたアクティブラーニングが、生徒たちの可能性を大きく広げてくれることが分かります。

こんな機会をまた、もちたいな、そう思わせてくれた活気あるセッションでした!

校内を行き交う妻中生にマスク姿が目立つ今日この頃。

インフルエンザはもちろん、ちょっとした風邪にだって、出来れば感染したくありません。

大切な入試をひかえた受験生ならなおのことです。

これまで必死で努力してきた成果が試されるそのとき、くしゃみが止まらなかったら…。

鼻が詰まって上手く思考がまとまらなかったら…。高い熱でボーッとしてしまったら…。

入学試験日はキッチリ決まっています。

ここぞ!という日にベストコンディションでいられることもまた、受験という闘いの一面だ、

というシビアな現実。仕方ありませんが、どうにかなるものなら…と思ってしまいますね。

 

認定試験をいくつか受験し、その中でスコアの良いものから2つが志望校に送られる…

そんな入試が可能だとしたら、どうでしょう?

戦々恐々で勝負の一日にかけるのではなく、ベストスコアを更新するために、コツコツ

努力を続けていけばいいのです。英語4技能による外部検定試験を活用する入試では、

1回の試験で出せる瞬発力より、受験生が高校の3年間、真摯に努力を積み重ねてきた

軌跡が評価の対象になるのですから。

4技能入試の合格者は入学後、成績的にふるわないのでは?と危惧する声も大学側で

少なからずあがったそうです。

しかし、予想に反して?入学後も意欲的に学業に取り組み、優れた成果を残す学生は

圧倒的に4技能入試合格者が多かったとか。それならば、大学側が4技能入試を歓迎

しない理由がありません。

 

私たちには見えづらい大学の裏側も差し挟みながら、変化する大学入試と求められる

英語の技能についてレクチャーしてくださるのは、本校の教育アドバイザーで大妻女子

大学教授・服部孝彦先生。

「残念ながら、外部検定試験は受験費用が高いです!外食はひかえましょう!」

会場がいっぱいになるほど集まってくださった保護者のみなさまから、思わず笑いが

巻き起こります。実際先生が検定試験にトライなさったエピソードも交えながら、非常に

内容の濃いお話をうかがうことが出来ました。

 

最後に本校父母後援会会長から、「娘さんをお育てになった父親として、反抗期の

わが子に対応する術など、アドバイスがあれば…」と質問があがると、朗らかな笑顔で

「僕だって大変でしたよ~」と、反抗期ゆえのエピソードをご紹介。そのお話の最後に、

「でもね、先日突然娘から品物が届いたんです。何かと思ったらバレンタインのチョコ

ですよ。…25年目にして初めての経験です!ああ、伝わっていたんだな、と思えました」

会場は笑い声と、表情がひときわ明るくなった保護者のみなさま(とくに男性)の笑顔で

みたされ、盛り上がりのうちに終了となりました。

改革のさなかには、疑問や不安がつきものです。できるだけ早期から、詳しい情報を

学校とご家庭とで共有し合い、よりよい6年間を過ごしていただきたい…日々私たちは

そう考えながら妻中生の学びを見守っています。

留学してみたい!と考える妻中生のほとんどが思い浮かべる留学先、といえば、

姉妹校・提携校のあるオーストラリア、ニュージーランド、アメリカがまず挙げられます。

次いで、イギリス、カナダ…やはりあがってくるのは英語圏。

「英語圏に留学するより、グンと負担の少ない留学先があるよ!」という情報を聞けば、

選択肢は変わるでしょうか?

 

「ふらんすへ行きたしと思へども ふらんすはあまりに遠し

せめては新しき背広をきて きままなる旅にいでてみん。」

 

今から105年前、1ヶ月に及ぶ船旅を経なければたどり着けないフランスを思い、こんな

詩を残した萩原朔太郎。100年後、空の旅ならわずか12時間ちょっとでフランスの地を

訪れることが出来るなんて、想像も出来なかったことでしょう。

 

留学生の受け入れに熱心なフランスでは、英語圏で学生生活を送るのと比較すると、

ずっと費用の負担が少なく、しかも多種多様なプランを選んで充実した学びを得られる

システムが出来上がっているそうです。

フランス語授業の特別編として、現地からゲストをお招きし、行われた2/15の特別授業。

サンドニ・インターナショナルスクールから副校長先生がお越しになり、リセの学習や

多彩な学びのプランについて説明なさると、「留学」という切り口ではフランスをとらえて

いなかった生徒たちも、思わず関心を持ってしまいます。

 

先日開催された「SGHフォーラム」にもゲストとしてご参加くださった、元フランス政府

留学局日本支局長、ファビアン・ルディエ氏も、改めてフランス語を学ぶメリットを詳しく

語ってくださいました。英語だけを軸とした語学力より、フランス語という軸をもうひとつ

持っていることで、世界に描ける弧がずっと広く、ずっとダイナミックになること。

Artsの本場で学ぶことは、より深い教養や発想力を自分にもたらしてくれること。

実際にテクノロジーの分野で、デザイン性と技術力とが合わさったMade in Franceの

製品が高い評価を得て、めざましく発展し続けていること。

 

日本独自に磨かれたデザイン性、ジャポニズムに今、熱い視線が注がれています。

「Japonismes2018」と銘打って2018年7月から2019年2月まで、フランス各地で

日本の生活文化や芸術を紹介する試みがスタートする予定!

もし、この時期にフランス留学をすることが出来たら、「ジャポネ」として誇らしい

気持ちで街を闊歩することが出来るかもしれませんね!

中高ともに紺色に染まる冬の校内。

セルリアンブルーの制服が廊下を行き交うと、今年も交換留学の季節が来たな…と

実感します。

南半球はオーストラリア、St.Andrews Catholic Collegeから、真冬の東京にやってきた

4人の留学生たち。今年は副校長のルーカス先生もいっしょに訪れてくださいました!

校長のマクマスター先生も、今回いらっしゃったルーカス先生も、堂々たる長身。

壇上でご挨拶なさる姿は文字通り見上げるようです。

 

姉妹校としての交流が始まってから、赤道をへだてた2校の間には、年数分以上に

深いつながりが出来上がっています。

昨年訪れた留学生の名前が副校長先生のお話に登場すると、パッと顔を明るくさせて

反応する生徒の姿。交換留学に参加した生徒が、バディの名前を聴いたから?

それだけではありません。同じHR教室でいっしょに学んだ生徒。部活動にトライする

彼女たちをサポートした生徒。短い滞在でも、たくさんの絆が生まれ、それが年を追う

ごとに嬉しい友情の記憶として重なっていくのです。

St.Andrewsでも状況は似ているようで、妻中を訪れる先生方が話題になさる妻中生は

その年その年の思い出として、確実に名前を覚えていただけるような足跡を海の向こうで

残しているのだ、ということが分かります。

 

この冬は、寒さに肩を寄せ合う彼女たちの間に、どんな素敵な思い出が刻まれること

でしょう。そして、次の年、その次の年、どんなエピソードとして語り継がれ、後輩たちに

楽しみを与えることでしょう。交換留学in妻中、始まったばかりです!

2月13日火曜日、正午過ぎ。

なかのZEROホールに続々と集まってくる妻中生たち。

手袋をはめた手に、英語の単語帳を持っている姿も、決して少数ではありません。

なぜ英語の単語帳か。

尋ねるまでもなく、大学入試を念頭に置いて、英語の語彙力を伸ばす目的でしょう。

 

でも、ここに集まってきた妻中生は、学校の中でさまざまな言語への興味、英語圏

以外の言語文化圏への関心がすごい勢いで高まっている現実も、知っています。

同級生のロッカーに入っているフランス語のテキスト。

廊下や教室のあちこちで楽しげにやりとりされる、覚えたてのタイ語。

おなかが空く放課後に漂ってくる、エキゾチックな食べものの匂い。

 

本日開催されたSGHフォーラムは、タイ・チェンマイやオーストラリアから駆けつけて

くれた姉妹校の生徒たちも加わり、国際色豊かに展開しました。

フランス大使館や山梨学院大学など、多方面からのゲストもお迎えし、大ホールの

スクリーンに在校生渾身のVTRが映し出されて、フォーラムの始まり始まり!

スピーチ、フィールドワーク報告、パネルディスカッション…盛りだくさんの企画です。

妻中生も姉妹校の生徒たちも、世界に向かう興味関心を語る表情がそれぞれ実に

イキイキしています。

 

日本語は、聴ける話せる書ける読める私たち。

英語も、日本語に近いレベルで使いこなせたら、きっと嬉しいでしょう。

でも、世界のすべてが英語でまかり通ってしまうとしたら…それはちょっとつまらない。

だって、単一の言語には、単一の可能性しか見いだせませんから。

 

他の言語を知り、他の文化に触れることで、世界観が広がります。

広い視野で周りを見られるようになると、自然に自分自身を深く見つめられるように

なっていくから不思議です。そして、自分を深く見つめ直した目は、次第に周りへと

目線を移し、深いところから世界を見つめはじめます。

広い視野、深い思慮をもつひとの内側には、輝くような教養がやどっているはず。

 

スピーチを担当したり、パネリストとして登壇したり、裏でフォーラムの運営を支えたり

総合司会としてフォーラム全体をプロデュースしてくれた生徒たち。

今日のこの短いご報告では、彼女たちの挑戦がどれほどの労力を経て、ここまで

たどりついたか、どれほどの熱をもって可能性を広げてきたかをお伝えしきれません。

 

明日以降、「SGHフォーラム・Making」として、このフォーラム実現までの道のりを

お伝えしていく予定です!乞うご期待!

 

チェンマイでの服装は、年間を通して夏服で問題ありません。

ただし、標高の高い盆地にあるため、昼夜の寒暖の差が大きい(10度前後)です。

11月から3月くらいまでは、薄手の長袖カーディガンが必要になるでしょう。

 

タイの観光ガイドでチェンマイのところを読むと、こんな記述が…。

チェンマイ、2月の平均最高気温は約32℃、平均最低気温も約18℃。

妻中生が訪れた夏休みには、チェンマイと東京の気温差、さほど感じませんでしたが、

とりわけ冷え込みの厳しい2018年東京の冬には、チェンマイからのゲストはなおさら

ビックリでしょう。有名メーカーの薄くて暖かいダウンジャケットを即購入!という方が

いらした、というのもうなずける話です。

 

13日、火曜日に開催される大妻中野SGHフォーラムに、タイ・チェンマイから駆けつけて

くださったゲストのみなさま。もちろん、東京を訪れるのは初めて、という方ばかりです。

そこで、チェンマイStudyツアー参加メンバーがガイド役を務め、2月11日、OneDay東京

観光を決行しました!行き先はスカイツリー・浅草・上野。あえての大定番コースです。

電車に乗る経験のないみなさんには、複雑怪奇に展開する鉄道・地下鉄網がまず衝撃。

(外気の寒さに対する驚きは、終始つきまとい続けます。)

冬晴れの空にそびえるスカイツリーや、インパクト抜群の雷門に歓声を上げるなかでも、

関心を寄せるポイントにはお国柄がにじみます。

 

寺社に奉納する「絵馬」を見ては「コレは何?何のためのもの?」と熱心に見入っていたり、

身体の悪い部分に煙を当てるコーナーでは、いつまでもそこから離れず、煙を浴び続けたり…。

上野・不忍池では、水面から顔を覗かせる植物に、「SeaWeed(海藻)か?」との質問。

「Lotus(蓮)ですよ」と答えると、仏教の国の方だけに感慨もひとしおだったようです。

 

ドラッグストアに立ち寄れば、見慣れないパッケージのテスターに興味津々!

開けては匂いを嗅いでみたり、肌に塗ってみたり…。

日進月歩の発展を遂げている真っ最中のチェンマイから飛び込んでみれば、

きっと、東京はモノとヒトと情報であふれかえっているように見えることでしょう。

少しでも日本の雰囲気が伝わっていれば、幸いです。

 

平昌オリンピック開幕!

厳寒の開会式でしたが、入場してくるどの国・どの地域の代表選手の表情も一様に

晴れやかな笑顔!スポーツの祭典で全力を尽くそう!という気概が感じられました。

 

開会式を見ていて、あることにお気づきになった方、どれくらいいらっしゃるでしょうか。

入場してくる国と地域の順番、一体どういう法則なんだろう?

アルファベット順でもないし、ましてやアイウエオ順であるはずもないし…。

今回のオリンピックは、開催国の公用語、ハングル語の言語順だったのです。

ハングル語の「カナダラ順」で選手団が入場する中、日本チームの騎手、葛西紀明選手が

登場したのは、62番目でした。

 

面白いことに、オリンピックの入場順は常に開催国公用語順、とも限らないそうです。

日本開催の五輪では、世界全体の「わかりやすさ」を考慮してか、アルファベット順。

中国開催の北京五輪では、開催国を簡体字表記した画数順。

スペイン開催のバルセロナ五輪では、開催地であるカタルーニャ自治州でスペイン語

よりカタルーニャ語の利用が一般的であることから、IOCの第1公用語・フランス語の

言語順で入場、とされたのだとか。

言語、という切り口で眺めてみても、オリンピックが楽しめますね。

 

以前にもふれましたが、オリンピックの第1公用語はフランス語です。

夏季冬季、2年に一度世界のどこかで開催される国際的イベントで利用される言語を

学んでおけば、思わぬところで役に立ちそう…(実際役に立つことは言うまでもありません)。

オリンピックを見すえて、が最大の理由ではありませんが、フランス語を学んで、使える

ことの国際社会におけるメリットを鑑み、大妻中野では何年も前からフランス語を履修

科目として習得できるシステムを整えています。

 

大切なのは、「身近で使えるフランス語」をマスターすることと、フランスの文化に親しみ、

言語を入口として異国の文化や歴史に興味関心を抱ける心を育てること。

コリブリ交換留学やフランス映画に親しむ活動など、生きたフランス語が運用できる学びを

大妻中野では、進めています。

本日(2/10)の朝日新聞にも、その取り組みが紹介されました。

 

英語を学ぶ中高生は、もはや珍しい存在ではありません。

でも、フランス語、となるとグッとその学習者は少なくなります。楽しみながら学び、フランスを

近い存在としてとらえるチャンス、2020年の東京五輪で思う存分活かせますように!

 

 

2月13日(火)なかのZEROホールにて開催される「SGH FORUM」でも、

フランス語学習に関するプレゼンテーションを行う予定です。

 

首都圏の中学入試は一段落。

でも、高校入試や大学入試をひかえ、星に願いを…と夜空を見上げる受験生は

勝負の時に向けて必死で闘っていることでしょう。

例年なら、澄んだ冬の夜空を見上げ、輝く星に合格祈願をしたいところですが、

なにせ今年は厳寒の冬。

まれにしか経験できないような大雪にも見舞われ、星空を見上げることさえ

ままなりません。

 

澄み切った夜空にきらめく無数の星を眺めていると、目の前の悩みや不満が

ちっぽけなものに思えてくるから不思議です。寒さは相変わらず厳しいですが、

先日の月蝕のときに見上げた空を、折にふれて眺める時間を持ちたいですね。

 

大妻中野生が年間を通じてお世話になっている「なかのZEROホール」には、

立派なプラネタリウムが併設されています。もうすぐ妻中生活1年を迎える

中学1年生は、毎年この時期にプラネタリウムを訪れ、中野区の誇る星空を

満喫することが出来るのです。

 

来年度、中学2年生の校外学習で5月、新潟を訪れる生徒たち。

新潟の夜空を見た先輩たちは、一様に「星がすごいです!東京とは全然違い

ます!キレイ!」と絶賛します。

ZEROホールプラネタリウムは、映像の素晴らしさももちろん、ナレーションを

担当なさるスタッフさんの「語り」が実に見事です。

その見事な語り口で「5月の新潟で見える星」までご紹介くださるところが、

長いお付き合いあればこそ、の素敵なおはからい。

今日から見てみたくなる東京の夜空と、5月が楽しみになる新潟の夜空。

両方を満喫した生徒たちは、足どりも軽く学校へと戻ってきました!

2月9日は「2(ふ)+9(く)」で福の日だそうです。

肉の日(29=ニク)とか風の日(29=吹く)とか諸説ありますが、大妻中野にとって

この日は正真正銘「福の日」に間違いありません。

毎年この日に、4月からシルバーグレーのスカーフでセーラー服を彩る予定の新入生が

初めて大妻中野に集う日。それが2月9日なのです。

フレッシュな笑顔、はじけそうな期待感と緊張感。大妻中野の新しい歴史を作る仲間を

迎える日。それはまぎれもなく、「福」の日ですよね。

 

正門から校舎に向かう明かり庭に貼り出された合格発表は、毎年在校生たちに新鮮な

気持ちを与えます。「ああ、また1年経ったんだ!」「とうとう私も先輩になるんだ!」

どんな後輩が入って来てくれるんだろう。

いい先輩、いい学校だって思ってもらえたらいいな。

お姉さんたち、一番下の妹を迎える準備は万端です!

入学式を前に、ちょっとだけ、妻中のみんなから贈る歓迎のメッセージをお届けします。

4月になったら、是非、何百倍ものボリュームで妻中を味わってくださいね!

ここに掲載できなかったクラブが、「妻中生から受験生に贈るエール」で入試直前、

みなさんを応援してくれています。もし、ご覧になったことがない方は、ぜひご覧ください!

合格したあとで聴く「エール」もいいものですよ!

小学6年生のみなさん、本当に合格おめでとうございます。

保護者のみなさま、長い期間本当にお疲れさまでした。

これからはじまる妻中物語、みなさんといっしょに歩んでいけたら、これ以上嬉しいことは

ありません。4月の入学式で、再びみなさんと対面できることを楽しみにしています!

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.