海外短期留学

2011 オーストラリア セントアンドリュースセミナー Day12

2011 セントアンドリュースセミナーレポート Day12,  4th
August, 2011

 

 今日は珍しく雨。ときどき降っては止む、を繰り返しています。日本人にとっては憂鬱な雨ですが、ここケアンズでは恵みの雨です。最高気温は25度、最低気温は17度です。

P8040769_800x600

 

 今日のファーストランチの時間は雨の直後でした。地面は濡れていますが、雨は止んでいるので、外に出るように指示されています。教室や階段などにたまっている生徒は叱られていました。外の空気を吸うことでリフレッシュしてきなさい、ということなのでしょう。

P8040768_800x600

 様子を見ていると、何とも面白い光景が。濡れたベンチに平気で座るセントアンドリュースの生徒と、立って食べている本校の生徒。こちらの制服は洗える素材というのもあるのでしょうが、細かいことは気にしないわ!というオーストラリア人の様子と、制服が濡れるのはちょっと…という日本人の様子の違いが興味深かったです。

P8040770_800x600

 

 今日はまた日本語の授業を見学させてもらいました。先日見せてもらった学年より下だったので、ベーシックな内容でした。動詞の終止形(行きます→行く、など)と、理由を尋ねる文を学習していました。

 今回は日本人6人、オーストラリア人6人のクラスだったので、ペアになって練習していました。「なぜ帽子をかぶっているのですか?」という質問に、「日本では帽子をかぶらないの?!」と、制服に帽子がないことに驚きの様子。こちらでは政府が決めているとのことでした。

P8040771_800x600

 

 当たり前に話している日本語ですが、改めて質問されると難しいもの。私も日本語教育が専門ではないので、思わず考え込んでしまうこともありました。生徒もどう説明していいか、頭をひねっていました。よい経験ですね。

 

日本語の担当の先生は、言葉だけでなく、文化や考え方の違いも学んでほしいとおっしゃっていました。日本では人と同じようにふるまうことがよいこととされていますが、こちらでは人と違うことをするのがカッコイイ!と思っている、など、違いを楽しんでほしいとのこと。まさにこの研修の目指すところです。日本の生徒にとってだけでなく、こちらの生徒にもよい機会になればうれしいのですが、大妻中野の生徒は良い意味でショックを与えられているでしょうか?

 

 明日はいよいよ最終日!最後まで元気に頑張りましょう。

一覧へ戻る