大きな机の上一面に並べられた、色とりどりの文房具。

その数、鉛筆=837本、ノート=126冊。

生徒集会で呼びかけたING(Infinity Next Generation)の声に、全校生徒が

応えてくれた成果です。

短期間で想像以上にたくさん集まった文房具を前に、部員たちの顔は喜びと

達成感であふれています。


妻中生心づくしの文房具は、この夏休みINGの手でレソト王国の大使館へ

直接届ける予定です。

もちろん、支援活動はこれでおしまいではありません!

文化祭ではフロンティアチームを通じ、古着(子ども用)を難民へと届ける

“届けよう、服のチカラプロジェクト(ユニクロ)”を実施します。

こうした取り組みの1つ1つから、日本で、そして世界で、新しい笑顔が

また新たに生まれることを期待したくなりますね!

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.