舞台芸術を間近で味わったとき、多感な心には何が、どんな風に響くのでしょうか?

自分もいつか、スポットライトの下に!という憧れが生まれるのか、

それとも、演出や脚本で世界を創りたい!といった創造性を刺激されるのか、

もしくは、多くを受けとめ、論じることで芸術を護り残す情熱を広めるのか・・・

 

出会わなければ生まれない感情があります。

きっかけはどこに潜んでいるのか、誰にも分かりません。

年に1回学校の友だちと鑑賞する舞台芸能。

今年はバレエ『白鳥の湖』です。

 

生徒たちに新たなきっかけを与えてくれるのは、優雅に舞うバレリーナでしょうか。

会場を包み込む、バレエ音楽の旋律でしょうか、その演奏そのものでしょうか。

照明かもしれません、衣装かもしれません、ストーリーの構造かもしれません。

観測史上最も早い梅雨明けを迎えた6月29日。

東京文化会館で観た『白鳥の湖」は、一体どんな光を、未来へのきっかけを

生徒たちにもたらしたでしょう。受けとめた感動が、新たなエネルギーを生み、

素敵なことが、いつか始まる。そんな未来が楽しみです。

 

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.