森村桂さんの旅行記『天国に一番近い島』が出版されたのは、なんと、今から52年前の

1966年。日本人の中にニューカレドニアという島の存在が印象づけられてから半世紀、

大妻中野にとって、この島は観光地以上の意味を持つ場所になりました。

 

世界遺産にも登録されている壮大な珊瑚礁に囲まれた島は、フランスの海外領土。

フランス語を学びたい妻中生の短期留学先として、年々注目度が高まっています。

中間テスト明けの大妻中野に、美しい島国から学びを求めて2名の高校生が訪れて

くれました!

2人とのご縁は、3月に大妻中野生がまず素晴らしい大自然ととフランス語圏での

生活とを満喫したコリブリ交換留学です。

グランヌメア高校からはオリアンヌさん、ラ・ペルーズ高校からはサロメさん。

日本という母国とは毛色の違う島国、しかも大都会東京で過ごす3週間、いったい

どんな日々になるでしょう?楽しみですね!

↑空港にて                すっかり仲良しのバディと↑

 

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.