It is great for us to introduce the latest report from Wako Miyazawa, a 10th grader of Otsuma Nakano High School, who is now studying overseas in New Zealand for one year exchange program.    We surely hope all of you can share her wonderful happy holiday note from the hot summer country.  Here we go:

 

Hello everyone!!  I’m Wako. It’s been nearly 1 month since I updated my report, but I feel as if only 1 week had passed since then!!   

 

We had the senior graduate ceremony on November 4th and it was very different from Japanese graduate ceremony. For example, in Japan, I think most of our teachers wear the clothes called “suits” but here all of the teachers were wearing the special cloak. One of my friends explained to me that during the old days, the cloak was one of the symbol of rich. And nowadays it changed to the suitable way to wear in such an important event.  We sang three songs, and it included one of my favorite song called “Wherever I go”. This is one of my favorite English song because when I listen to the song, it brings back old memories and I feel like I have to move on.  This shows exactly How I would feel when I have to say good-bye to someone.

 

By the way, we are doing lots of fun things in ELA.  All the senior girls except international students who stays here for 1 year or shorter than that have to do the test called NCEA. But I have been staying here for 1 year, so instead of taking NCEA, I have been having ELA class in the morning. In ELA, we are making photo album on our laptop computer. First we made our plan of making it and I decided to make my 1 year exchange album.  And one of my best friend, Wanda, with who I went to south island the other day, is making the 1 year exchange album too.  We are talking all the time while making the album. It is so fun because we are talking about many things in English. 

 

After the ELA class, I have no plans, so I usually go to town or ride my bike. And about 2 weeks ago, I went to cinema with Wanda to watch the movie called “The murder on the orient express”. I had read the book before in Japanese, so it was easy to understand. This book was written by Agatha Christie and this is the best mystery novel ever I suppose.

 

2 weeks ago, my host dad and I went to a rugby game. Before the day when we went, my host mom asked me whether  I am interested in rugby. And then she said, “Would you like to go and watch a rugby game tomorrow?” I knew the most of the rules and I was interested, so I was very excited to go. As the result, the team that we supported called Taranaki lost the game. It was a bit disappointing because it was a close game, but finally we lost at the end of the game. And it was held in New Plymouth where I live, so not only us but there were many disappointed people. But it was a good experience for me because even in Japan, I had never been to a sport game before, so I didn’t know what it is like. There were lots of hot Taranaki fans and they were shouting all the time during the game. The person next to me was one of the hot Taranaki fan and he seems to be so quite and my host dad said to me that I was lucky because he doesn’t look like such a crazy shouting guy. But as soon as the game starts, he stood and began to shout. And at the end, as you can imagine, he was very upset and disappointed. 

 

On this Monday, I went to Merrilands primary school to teach Japanese. It was close from my home, so I walked there. I went to 6 different classes and at first,  I was nervous. However, they were very friendly and listening to me, so I was able to make some friends there. Some of them showed me around the school in lunch time. When I finished talking about Japan, lots of the students asked me many types of questions. One of the girls said she cannot believe that we have Christmas in winter in Japan. So, I said to her that I cannot believe that I am going to have Christmas in summer.

 

I am having wonderful time here. Thank you for all of you who read this report, hope you enjoyed it!!

 

みなさん、こんにちは。和子です。前回のレポートから1ヶ月が経っていますが、この期間が、私にはほんの1週間に思えるほど、時間の流れを速く感じています。

 

11/4は、学校の卒業式がありましたが、日本のものとの違いを大きく感じました。例えば、殆どの日本の先生は、こんな日にはスーツを着ると思いますが、ここニュージーランドでは、特別なマントを羽織っていました。友達曰く、昔、マントは、お金持ちの象徴だったそうです。そこから、現在では、大事なイベントの日には、人々はこれを着ることが好ましいという風になったとのことです。 私たちは、この日、3曲の歌を歌いました。そのうちの1曲は、私が英語の歌でもっとも好きな曲である、『wherever I go』も含まれていました。この歌を聴く時は、私は懐かしい気持ちになり、そして頑張って前を向いて進もう!という気持ちになります。それと同時に、この歌は、私にさようならを言う日を想像させます。。。

 

ところで、私は今、ELAクラスで沢山の楽しい作業をしています。1年もしくはそれ未満の滞在のインターナショナル生以外のシニア生たちは、NCEAという、大変大きなテストを年末に受けなければなりません。1年留学の私は、このテストは受けないので、ELAの授業をとっているのですが、この授業では、今、ノートパソコンでアルバムの作成をしています。まずは、どんなアルバムにするかを考えました。私はテーマを1年留学に決めました。一番の仲良しのドイツ人のワンダも同じテーマに決めたようです。私たちは、作業の間中ずっと、沢山の話をしています。だから、とても楽しい時間です。

 

午前中のELAのクラスが終わると、私は、自由時間になるので、私は街へ行ったり、自転車に乗ったりして過ごしています。先日はワンダと映画『オリエント急行殺人事件』を観に行ってきました。日本語で読んだことのあったストーリーだったこともあり、映画の内容はとてもよく分かりました。アガサクリスティー作のこの話は、1番のミステリー作品だと私は思います。

 

2週間前、私とホストファザーは、ラグビーゲームに行ってきました。行く前日、ラグビーに興味ある?明日、ラグビーの試合行ってみる?とお母さんに聞かれました。ラグビーのルールは大体分かっていたし、興味があったので、とてもワクワクしました。私たちが応援しているタラナキチームは、試合の最後で、ほんのわずかな差で負けてしまい、残念でした。タラナキチームは、我々が住むここニュープリマス地元の地域のチームのため、今回の負けは、私たちだけでなく、多くの人たちが残念がっていました。でも、私は日本でもスポーツ観戦はしたことがなかったのでどんなものなのか全く知らなかったこともあり、なおさら大変良い経験になりました。タラナキの熱狂的沢山のファンが、試合の間中、叫んでいました。私の隣にいた男性は、大変大人しそうな人だったため、ホストファザーが、彼は叫びそうにないから、ラッキーだね!と言っていたのですが、試合が始まるや否や、やはり彼も立ち上がって叫び始めました。ですから、もちろんご想像通り。。。タラナキが負けた瞬間は、彼も本当にがっかりしていました。

 

今週月曜日、私はメリーランド小学校で日本語を教えてきました。家からとても近い学校だったので、歩いて行きました。6のクラスに行き、はじめは緊張もしたのですが、皆フレンドリーで、一生懸命に私の話に耳を傾けてくれたので、友達もできました。私の日本の話を終えると、沢山の人たちが私にさまざまな質問をしてきました。ひとりの女の子が、日本ではクリスマスが冬にあることが信じられないと言ったので、私も、もうじきここで夏のクリスマスを迎えることが信じられないよ、と言いました。

 

私はここで充実した素晴らしい時間を過ごしています。  レポートを読んでくださった皆さま、ありがとうございます。

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.