「世界中の人と瞬時につながることが出来るよ」

「地球上のあらゆる場所を指先で検索して見られるよ」

情報機器や通信手段が発達した現在、知るためのツールに不自由する、なんて、

むしろ至難の業だと言えます。

でも、その「知る」はあくまで頭の中でのこと。肌で感じたり、目の当たりにする実感は

やはり直面しなくては得られません。

タブレットやスマートフォンさえあれば、なんだか世の中と通じた気になってしまえる

現代だからこそ、実感のインパクトは大きいのかもしれません。

 

2017年度国際ユース作文コンテスト。

155カ国から15,000を超える作品が集まった中で、高校2年生の海野樹さんによる

『知識と本物』が、若者の部において、最優秀賞に次ぐ、優秀賞を獲得しました!

 

高校1年生で参加したオーストラリア短期留学の経験によってわかった、アタマで「知る」

自然と実際の自然とのギャップ、さらに、日本人のあり方…。

どんなところに発見があるかわからないから、きっかけは出来る限り多く設けたい。

出会いや気づきが言葉として昇華していく過程を、今後も数多く見守りたいと思います。

↓海野さんの作品はコチラから

国際ユース作文コンテスト

セントアンドリュース短期留学記念写真より

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.