朝晩の冷え込みが山々を紅く、黄色く染めあげる驚き。

降るようにそそぐ、ヒグラシの鳴く声。

早春、ひそやかに開く花から匂い立つほのかな香り。

言葉にならない響きを、音にならない静けさを、なぜか人は歌にこめようとします。

大妻中野合唱部が、40年を超える歳月で培ってきたハーモニーが目指したのも、

声にならない、言葉にならない思いを、祈りを、届けることでした。

 

全日本合唱コンクール全国大会。

各都道府県から選ばれた代表合唱団のメンバーたちが、2017年10月最後の週末、

大阪フェスティバルホールに集いました。

大妻中野合唱部も、NHK全国学校音楽コンクールに続いて、中学校・高校そろっての

出場!学校数の多い、激戦の東京支部から、代表として中学高校が一緒に出場できる

喜び、それは言葉が追いつかないくらい大きなものです。

近づく台風で開催さえ危ぶまれた全国大会。

コンクールの悪天候には慣れっこの大妻中野合唱部にとっては、ある意味お馴染みの

大会風景だと言えるでしょう。

 

オペラハウスのような素晴らしいステージを前にするどの合唱団にも、この舞台にこめて

きた思いがあり、ここまでに積み上げてきた努力があったことは、疑いようもありません。

どのステージもどのハーモニーも、訓練に訓練を重ねてきた温度、明るさ、厚みに満ちています。

晴れやかなステージで高校生は壮大な年月を歌う『百年後』、中学生は生のエネルギーに

あふれる『森へ…』を堂々と歌い上げました。

 

初めて立つステージでしたが、雨雲の彼方に輝く太陽に届け!とばかり、大妻中野の「声」を

響かせることが出来たと思います。

 

数多くの学校がしのぎを削るこのコンクール、結果発表は何と、夜。

高等学校B部門 銅賞

中学校同声部門 金賞 をいただくことが出来ました。

中学生はNHK全国学校音楽コンクールで惜しくも届かなかった金色に輝く賞を手にし、感無量!

ここまで必死で頑張ってきた努力が報われました。

 

このコンクールをもって、今年度大妻中野合唱部が出場する大会はすべて終了。

次は、3月になかのZEROホールで開催される「第40回定期演奏会」に向けて、全員力を

合わせた練習がスタートします!

 

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.