日本全国47都道府県から、小学校 約900校、中学校 約1,200校、高等学校 約500校。

夏の予選で幕が上がる「NHK全国学校音楽コンクール」。

今年で84回目。格式はもちろん、知名度も抜群の伝統ある「Nコン」ステージには、なんと

総数で2,500を超える合唱団が挑むのです。

メンバーを募るところから始まる合唱団、何校かで力を合わせて結成された合唱団、

初めての挑戦でひたすら手探りの合唱団、出場校の数だけ色あせないドラマが

あったことでしょう。

今年で結成45年目を迎える大妻中野合唱部にとって、Nコンはクラブの歴史に欠かす

ことの出来ない、まさに夢の舞台だといえます。

 

高校生の自由曲『~序・泣いているきみ~』に込められているドラマ。

“なみだは、人間の作る、いちばん小さな海です”

現役合唱部員だけで150人をゆうに超える大妻中野合唱部。

数千にもおよぶ過去からの合唱部員たちは、いったいいくつの海を泳いできたことでしょう。

そうしてあふれた涙が、たくさんの思いを生み出して、今の合唱部があるのだと実感します。

 

“生きる理由がわからないというなら  その理由を僕があげよう” 

“君がいなくなると僕は困る だからそこにいてほしい”

 

“いつか君が僕を守ってくれたから  次は僕が 誰かを守りたい”

中学生の自由曲は、『僕が守る』。

コンクールを目指し、ひたすら練習に練習を重ねる日々。

いったい何のために歌うのか、なぜ自分は歌っているのか、そんなことさえわからなくなる

真っ暗な瞬間が、どの部員にも一度は襲いかかります。

そんなとき、歌う理由を、自分の存在意義を認めてくれる仲間たち、後輩たち、先輩たち。

だから、今度は自分が誰かのために。

 

中学生も高校生も、「夢」のテーマのもとで立つことが出来た全国大会の舞台。

このステージまで、日本全国にどれほどの海が生まれ、どれほどの思いがあふれてきたか、

それを考えよう。自分に出来る限りの力で、このステージを歌いきろう。

中学生、高校生ともども、ありったけの思いを込めて課題曲・自由曲を演奏しきることが

出来た、そう思います。

 

応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

次は10月28日。大阪に開催される全日本合唱コンクール全国大会に挑みます。

たくさんの方からエールを頂戴し、中高ともども、気持ちを新たに努力を重ねる所存です。

あたたかなご声援をよろしくお願い申し上げます。

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.