世間の中学生、高校生はまだ夏休みの宿題消化のラストスパートにかかっている

かもしれない8月29日(火)。

大妻中野では一足早く2学期が始まります。

 

始業式の壇上に並んだいくつものトロフィーや盾、賞状は妻中生たちが夏休みの間

頑張って取り組んだ活動の成果です。

そして、ステージを前に並ぶ日焼けした笑顔は、充実の夏を過ごした何よりの証。

中学生として過ごす初めての夏だったり、部活動の最高学年として責任を背負う

成長の夏だったり、受験生として自分と向き合う闘いの夏だったり…、学年ごとに、

所属する部活ごとに、過ごした夏の色はまったく違うことでしょう。

でも、夏が妻中生たちの中に残していった味わいは、ほぼ違わないはず。

今しかない日々。今だからやれること。

日焼けした腕を長袖の制服が隠すころには、この夏に得たありとあらゆるものたちが、

グンと自分を成長させてくれたことに気付くことでしょう。

 

学校で過ごす時間が最も長い2学期。

どんな学びと、どんな喜びと出会うことが出来るでしょうか?

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.