Cosmosアゴラにこのポスターを貼ったとき、後ろで

眺めていた妻中生が思わず声を上げました。

「13歳で結婚?14歳で出産?え?恋は、まだ知らないって

どういうこと?」

 

恋愛があって、その先に結婚があって・・・というイメージは

あくまでも、ほんの一部の女の子だけのもの。

世界には、自分達の日常からまったく想像も出来ないような

毎日を送っている「女の子」が大勢いるのです。

 

この夏、大妻中野の中学生は、マララ・ユスフザイさんや、

発展途上国に暮らす女の子に関する書籍を読み、読書

感想文を書きました。

そのご縁から、10/11の国際ガールズデーイベントのために

インドから来日したプリヤンカさんをお招き出来ることになり、

本番より1日早い、大妻中野ガールズデーが実現したのです。

 

「女の子だから」という理由だけで、学ぶ権利や未来の

可能性を奪われてしまう同世代の女の子たち。

自ら学ぶことを望み、働きながら勉学にも励む18歳の

プリヤンカさんのお話を、集まった妻中生たちは食い入る

ように聴いています。

本やテレビ、インターネットで何となく見聞きし、知ったような

気持ちになっていた遠い国の現実。今、こうして目の前で

語られて初めてそれが心に突き刺さる・・・。

プレゼンテーション後の質疑応答コーナーでは、中学生高校生を

問わず、活発に質問の手が上がりました。

 

世界中の、すべての女の子が幸せであるために、

「Because I am a girl.」の前に来るフレーズを、絶対に

ネガティブなものにしないために、、

「わたし」に出来ること、「わたしたち」に出来ることを少しずつ

見つけたい、見つけなければ!

心の中に小さなタネが根付き、見る間に根を張る情景が

目に見えるような気がした、大妻中野ガールズデーでした。

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.