中学生・高校生女子の関心事として外せないのが「オシャレ」。

待ちに待った夏休み、勉強と部活動とで忙しい学期中は着る機会も少ない

夏の私服たちが活躍する絶好のチャンスです!

あふれんばかりの素敵な色柄、デザインに目移りする一方で、「こんなに

たくさんの服…シーズンが終わったらどこへ行くんだろう…?」なんて疑問が

浮かんできます。流行のサイクルが早い昨今ならなおさらですね。

 

生徒たちにもおなじみのUNIQLO・GUを擁するファーストリテイリングさんと

大妻中野・フロンティアチームによるコラボ企画「服のチカラプロジェクト」が

9月の文化祭を目指して進行しています。

「難民に服を届ける」。言葉にすれば簡単なことのようですが、支援という

行為の成功とはどんなことか、企業が行う支援とはどうあるべきか、行動を

起こす前に知るべきこと、考えるべきことが山のようにあるのです。

 

妻中フロンティアは自ら発信してこそ、動いてこそ、活動意義のあるチーム。

今日の授業も、ただ講義を静聴するだけでは終わりません。

お互いの意見を交わし会い、次につなげます。2ヶ月後の文化祭、いったい

どんなコラボ企画を私たちは目にすることが出来るでしょうか?

2018/07/19

自分を大切に思ってくれる人がいる。

自分の味方になってくれる人がいる。

そう感じることが出来たなら、明日に希望が持てるはず。

 

“社会を明るくする運動”は、前を向いて歩いていこうとする心を地域ぐるみで

後押しする取り組みです。

中野区・上高田地区では、地域の小・中・高校生による演奏やダンスを通じて、

地域のみなさまのつながりを強めることで、このサポート活動を周知していく

「ひまわりコンサート」を毎年海の日に開催しています。

 

会場となった大妻中野COSMOSアゴラには、多くの方々が照りつける太陽に

負けず、集まってくださいました。初々しい演奏、心に響く演技・演奏、それぞれが

たくさんの笑顔に見守られながら繰り広げられます。

地域のあたたかさを実感出来るコンサート、きっと今後も中野区・海の日の風物詩として

続いていくことでしょう。

2018/07/16

土曜日だというのに、通勤・通学ラッシュ以上に混み合うりんかい線にゆりかもめ。

乗客の大半を占めているのは高校生です。

東京ビッグサイトにて開催された『夢ナビライブ2018』。

都内はもちろん、全国各地から有名大学が参加する、学びの一大イベントです。

 

各大学の講義ライブあり、大学担当者と直接話せるスペースあり、大学の学びに

興味を持てる「きっかけ」が盛りだくさん、高校生の熱気が会場中にあふれます。

「楽しかった!」「難しかったけど、面白かった!」

「なりたい職業に関する話が聴けて良かった!」

大妻中野からは高校1年生・2年生が全員参加。

期末試験が返却され、今後の目標設定をするのにピッタリの時期、「進学」を意識

したイベントは、まさにうってつけのタイミングと言えます。

 

志望校選びの際、「夢なびで受けた講義が予想外に面白かったから!」「何気なく

ブースに行ったとき話してくれた大学の方が、すごく魅力的だった!」と、きっかけを

語る上級生は少なくありません。

猛暑日の太陽が照りつける中、素敵な進路と運命の出会いを果たした妻中生は

いたでしょうか?お土産話が楽しみです。

2018/07/14

Kia Ora! I’m Yuki Fushida from Sacred Heart Girls College.

 

Two months have passed since I came to New Zealand.  Recently there were a lot of serious things, so I will write a longer report than usual.  I would be happy if you could read all of my report.

 

Now I will write about the dinner party with foreign students living in New Plymouth, about the change of the host family and about this weekend and the return home of my Japanese friends.

 

My host mother is pregnant.  She often gets out of shape, so we can’t communicate 100% good enough.  I sometimes felt it was hard.  So, Ms. Teffrey found a new host family for me.  Of course, I love my host family. But I would like to make this opportunity for me to study abroad more meaningful, so I decided to change my host family.

 

A new host family has a 9-year-old daughter.  My new host mother is really kind! I think it will be very good. The host sister is a little shy, but she is very cute.  I learned many from this experience. If I have some troubles, I should talk to a lot of people.  In addition, I can feel that my family is always supporting me and a lot of friends worried about me in Japan.  And I became very brave.

 

A dinner party was held with foreign students who live in New Plymouth the other day.  There were a lot of foreign students who come from China, Korea, Chile, Malaysia and Europe.  Their English was really good. And they speak in English like native speakers.  So, I thought I have to study English much harder so that  I could talk with them more!  It was very fun to communicate and connect with others in English.  It has motivated me to learn English with people who speak different languages.  In addition, I can learn that there are people who are interested in Japan and who can speak three languages.

 

Now the next topic is about my weekend.  Last Saturday, I moved to a new family.  I cleaned my room in the morning, and I cleaned it more than the time I came. And also at the time of parting with the host family, the 3-year-old host sister says "Bye Sis!"; and I thought that “she thought I was like her sister". In addition, the 7-year-old host sister gave me long hug. Then I scream "I'll miss your cooking" and the host father was laughing. I cried gently and almost cried in the car of Ms. Teffrey.

 

Then, I went to watch a rugby game with my new host family because I did not watch a live rugby game before. So, I was excited very much. The player looked very painful.  Then, I went for bowling with my friends.  I talked more than when I played in the first week.

 

I went to the city center with my host family on Sunday. I met my last host mother when I came here last year.  I was very interested that my last host mother and my new host mother were known each other.

 

I went to the airport to see of my Japanese friends who studied abroad with me.  My friends came too by surprise. The Japanese friend wept bitterly very much, and the surprise was a great success.  I have cried right before the friend passed through the gate. Then the friend "Do you best! Don't worry.”  I thought I would like to do my best!  I strongly promised to do it.

 

That's all for now.  Thank you for reading. 

こんにちは!セイクレッドハートガールズカレッジに留学中の伏田有希です。私がここに来てから約2ヶ月が経ちました。最近大変なことが沢山あったのでこのレポートはとても長くなると思いますが、最後まで読んで頂けると嬉しいです。

 

このレポートではホストファミリーの変更についてとニュープリマスに住む留学生との食事会についてと、日本人の友達が帰国した後どのように1人で頑張ろうかについて書こうと思います。

 

私のホストマザーは妊婦さんです。彼女は体調を崩すことが多いです。なので、私に100%尽くすことができません。私はそれによって辛い思いをすることが多々ありました。そしてテフリー先生が新しいホストファミリーを見つけて下さりました。もちろん今のホストファミリーも大好きなのですが、せっかくの留学をより充実したものにしたいと思って変更を決めました。

 

新しいホストファミリーは、9歳の娘さんがいます。新しいホストマザーはとても優しい方で、上手くやっていけそうだと思いました。ホストシスターは少しシャイですが、とても可愛いです。私はこの経験から自分の悩みは人に打ち明けることが大切だと学びました。また同時に日本には心配してくれる家族や、友達が沢山いるということを改めて感じました。そしてとても心強くなりました。

 

先日、ニュープリマスに住んでいる留学生達との食事会がありました。そこには、中国や韓国やチリやマレーシアやヨーロッパから来た留学生が沢山いました。彼らの英語はとても堪能で、まるで自分の母国語のように話していました。私は自分の英語力の足りなさが情けなくなって、もっと喋れるようになりたいと強く思いました。

違う言語を話す人と英語でコミニュケーションを取るということがとても楽しくて、英語を学ぶモチベーションにも繋がりました。また3ヶ国語話せる子や日本の文化が好きな子が何人かいて、とても興味深かったです。

 

これから土日に起こった出来事について、書こうと思います。土曜日は私の引っ越しの日でした。午前中、自分の部屋を掃除して、私が来たときよりも綺麗にしました。そして前のホストファミリーとの別れの時、3才のホストシスターが “Bye Sis!” と言ってくれて、「私のことをお姉ちゃんのように思ってくれてたんだなと思って泣きそうになりました。また7才のホストシスターがしがみつくようにハグしてくれてとても嬉しかったです。そして、テフリー先生の車の中から “I’ll miss your cooking” と叫んだときのホストファザーの笑顔が優しくて泣きそうになりました。そのあと新しいホストファミリーとラグビーを観に行きました。私は生でラグビーを観たことが無かったので、とてもワクワクしました。選手たちは想像以上に痛そうでした。そのあと友達とボーリングに行きました。最初の週に遊んだときよりも沢山話したり、盛り上がることができて、自分の成長を感じました。

 

日曜日は、センターシティにホストファミリーと行きました。去年来たときのホストマザーに会って、今のホストマザーと前のホストマザーが知り合いだったことを知ってとても面白かったです。また前のホストファザーの高校時代の友達が私の仲の良い友達のお父さんだったり、その仲の良い友達が習っているニットボールのコーチが今の私のホストマザーで、とても興味深いなと思いました。

 

その後、一緒に留学していた日本人の友達を空港まで見送りに行きました。私はサプライズで現地の友達にも来てもらいました。その日本人の友達は大号泣していて、サプライズは大成功でした。その友達がゲートをくぐる直前に私も泣いてしまいました。そしたら、その友達が「頑張れ〜!大丈夫だよ!」って言ってくれて、頑張ろう!!と心に強く誓いました。

2018/07/13

英検、TOEFL、TOEIC、TEAP…英語の検定にはずいぶん種類があるけれど、

本当に「使える」のはどの検定だろう…。

せっかく英語を学ぶのだから、資格やスコアで自分の技能を証明できると

今後も学ぶ励みになるはず!どの検定に挑戦しよう…。

 

情報があふれている世の中だからこそ、自分に必要な情報を選び取ることが

難しくなっています。

たくさん存在する検定試験、そのなかでも、世界でもっとも受験者が多い検定試験

「IELTS」(International English Language Testing System)。

今年は大妻中野を会場として、IELTSを実施する準備も進行しています。

いったいどんな試験なのか、どんな風に役立つのか…公式テストセンターから

ゲストを招いて説明会が開催されました。

 

期末テスト後ですが、すでに新しいチャレンジに向けて意欲充分の中学生・

高校生が集まり、熱心にメモを取りながら、聴き漏らすまいと情報収集しています。

目標意識を持って、手応えを得ながら学ぶことの充実感は、頑張る人なら誰でも

知っているはず。この夏は、新しい可能性を切り拓くために、新たな学びに

手を伸ばして欲しい!学びへの熱気を感じるテスト後の午後でした。

2018/07/10

Here comes another final report from Nanaka Watanabe, an exchange student participating in the term 1 exchange at Sacred Heart Girls’ College.  It is our pleasure to share the following report with you all.

 

Kia Ora tatou!!  I’m Nanaka Watanabe from Sacred Heart Girl’s college. I have less than one week before I return to Japan and this will be my last report from New Plymouth. In this report, I’ll share some vents and my memories in New Plymouth.

 

New Zealand has an important indigenous culture, which is Maori culture. We have had a lot of chances to see Maori culture here in New Zealand.  The classrooms in my college are decorated with Maori culture displays.  “Kia Ora tatou”, which I wrote at the beginning of this report, is Maori language and it means “Hi everyone”.  I visited Owae Marae with my host family last week.  At the Marae, we received a traditional welcome and we learned about Maori culture. The welcome was really powerful and cool. That was a really nice experience for me to learn cultures which I didn’t know.  Moreover, I think it is important for us to know Japanese culture and share it with the world.

 

A few days ago, I had dinner with all of the international students who currently stay in New Plymouth. There were a lot of students of the same as us from Philippines, China, and South Korea.

 

Talking with them was so fun. Moreover, we communicated with each other in English because our own cultures and language were so difficult. I was surprised at the differences between us. Some students can speak more than three languages!!  I was also interested in various things about them and I want to challenge a lot of things.

 

The days have past very quickly, and I have to return to Japan next week. I’m very sad to say good bye to my host family, friends and teachers who gave me a lot of memories and experiences. I particularly tried to treasure these conversations during this study abroad program.  In these days, electronic equipment is really useful, so it can translate many languages. However, I think communication is the one thing which only people can make.

 

I got to feel that greetings and keeping smile are really important to make new friends and also to talk with people who meet for the first time. My English skill is getting better and I got to able to enjoy talking with them. I got high motivation to talk with friends using English because it is so fun. I want to keep on giving it  the best try for my future.

 

I sometimes gave up talking to my Kiwi friends from myself, because I was afraid that they would not understand my English.  Then I regret for it and worried about it.  However, I was helped by my host family, friends, teachers and their kindness.  From now on, I would like to try hard to keep my mind positive.

 

The photos are taken at Marae. The other one is one of my favorite pictures.

This is my last report from New Plymouth. Thank you for reading my reports for more than two months. I’ll try hard to achieve my dreams.

皆さん、こんにちは!セイクリッド・ハート・ガールズ・カレッジに留学中の渡辺菜々香です。帰国まで1週間を切り、これが私の最後のレポートになります。このレポートでは最近の私の出来事、ニュープリマスでの思い出話を書きたいと思います。

 

ニュージーランドにはマオリという大切にされている文化があります。教室にもマオリの飾りがされていたりと、マオリの文化を肌で感じる機会がとても多く感じます。私がこのレポートの初めに言った「Kia Ora tatou」もマオリ語で「みなさんこんにちは」という意味です。私は先週、ホストファミリーと一緒にマラエを訪れました。そこで私たちは伝統的な歓迎の儀式を受けたり、マオリの文化について学びました。その歓迎はとても迫力がありかっこよかったです。他の国の文化を学ぶ、とても良い経験になりました。

 

先日、ニュープリマスに来ている留学生と一緒に食事をしました。そこにはフィリピンや中国、韓国などの国から来た私たちと同じ年ぐらいの生徒がたくさん来ていました。彼らと話すのはとても楽しく、母国語も文化も全く違うのに英語という言語を使ってコミュニケーションを取ることが出来ることにとても刺激を受けました。また、何人かの友達は3カ国以上を話すことか出来ていて、自分との世界の差にとても驚きました。私も彼らのように色んなことに興味を持って、チャレンジしよう思います。

 

 時間が経つのは早いもので帰国するまで1週間を切ってしまいました。多くの経験、思い出を作ってくれたホストファミリー、友達、先生方とお別れするのはとても悲しいです。この留学で私が特に大切にしていたことはコミュニケーションです。電子機器などが発達し、多言語を機械に任せることも可能な今ですが、コミュニケーションは私たち人間にしか取ることのできないものだと思います。ここでの生活をする中で、新しい友達を作るのにも、初めてあった人と話をするにも、挨拶をすることと常に笑顔でいることはとても大切なのだなと感じました。私の英語力も上達し、自分から話しをしたり質問したりして会話を楽しむことができるようになりました。英語という言語を使って、友達と会話をする事の楽しさはとても刺激の受けるもので、これからも自分の将来に向かって頑張ろうと改めて思いました。

 

自分の英語が伝わらないことを恐れて、自分から話しかけることを諦めてしまったりする時もありました。しかし、生活をしていく中でホストファミリー、友達、先生方、たくさんの人の優しさに救われてポジティブな気持ちを持って頑張ることな出来たと思います。

 

写真はマラエの建物と私のお気に入りの写真です。 これがニュープリマスからの最後のレポートす。約2ヶ月間読んでいただきありがとうございした。 帰国後も自分の夢に向かって頑張ります。

2018/07/02

大きな机の上一面に並べられた、色とりどりの文房具。

その数、鉛筆=837本、ノート=126冊。

生徒集会で呼びかけたING(Infinity Next Generation)の声に、全校生徒が

応えてくれた成果です。

短期間で想像以上にたくさん集まった文房具を前に、部員たちの顔は喜びと

達成感であふれています。


妻中生心づくしの文房具は、この夏休みINGの手でレソト王国の大使館へ

直接届ける予定です。

もちろん、支援活動はこれでおしまいではありません!

文化祭ではフロンティアチームを通じ、古着(子ども用)を難民へと届ける

“届けよう、服のチカラプロジェクト(ユニクロ)”を実施します。

こうした取り組みの1つ1つから、日本で、そして世界で、新しい笑顔が

また新たに生まれることを期待したくなりますね!

2018/07/01

舞台芸術を間近で味わったとき、多感な心には何が、どんな風に響くのでしょうか?

自分もいつか、スポットライトの下に!という憧れが生まれるのか、

それとも、演出や脚本で世界を創りたい!といった創造性を刺激されるのか、

もしくは、多くを受けとめ、論じることで芸術を護り残す情熱を広めるのか・・・

 

出会わなければ生まれない感情があります。

きっかけはどこに潜んでいるのか、誰にも分かりません。

年に1回学校の友だちと鑑賞する舞台芸能。

今年はバレエ『白鳥の湖』です。

 

生徒たちに新たなきっかけを与えてくれるのは、優雅に舞うバレリーナでしょうか。

会場を包み込む、バレエ音楽の旋律でしょうか、その演奏そのものでしょうか。

照明かもしれません、衣装かもしれません、ストーリーの構造かもしれません。

観測史上最も早い梅雨明けを迎えた6月29日。

東京文化会館で観た『白鳥の湖」は、一体どんな光を、未来へのきっかけを

生徒たちにもたらしたでしょう。受けとめた感動が、新たなエネルギーを生み、

素敵なことが、いつか始まる。そんな未来が楽しみです。

 

2018/07/01
ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.