Another new updated exchange student report arrived from Australia.  Yuka Saito, an exchange student who is now enrolling at St. Andrew's Catholic College in Cairns, Australia, informs you of her latest story about her Aussi life:

 

Hi, everyone! I’m Yuka Saito.   Now I will write about my special experience that I had last week.  

 

Last Thursday, we had a swimming carnival. It is the festival where you can participate in swimming in a race. We went to a public pool near the school. It was bigger than I thought of. There was a canteen at the public pool, so I bought a slushy and hot chip. I was surprised when I saw some students swimming with their sports uniforms on. Although I didn’t participate in the swimming race, I really had a good time.

 

Also, last Sunday, my host family took me and Nanaka to a lake to swim. The water was clean and blue. It was really nice and cold. After that, we ate hamburgers and chips, and went to see a waterfall. I enjoyed them a lot, but I got sunburn, and it really hurts!

 

There are only 6 more weeks by the time I get back to Japan. I will try my best not to regret the time in Australia.

 

こんにちは、斉藤友花です。先週体験したことを書きたいと思います。先週の木曜日、スイミングカーニバルがありました。挙手制でレースに参加できるというものです。私たちは学校の近くにある公共のプールに行きました。想像していたのよりもおおきかったです。キャンティーンがあったので、スラッシーとフライドポテトを買いました。少数の生徒が体育着のまま泳いでるのを見たときは驚きました。私はレースには参加しませんでしたが、とても楽しい時間を過ごすことができました。

 

また、日曜日には私のホストファミリーが大瀧さんと私を湖に連れて行ってくれました。湖はとても綺麗で、そして青かったです。水温は意外と低くて気持ちよかったです。その後は、昼食としてハンバーガーを食べて、滝を見に行きました。すべてとても楽しかったですが、日に焼けてしまい、肌がとても痛いです。

 

帰国まであと6週間ですが、悔いの無いようベストを尽くしたいと思います。

2018/02/22

文化祭はとっくに終わったというのに、なぜか学校内のあちこちで筒状に丸められた

模造紙が見受けられます。

書かれている内容は「ジェンダー」「貧困」「環境保全」「食文化」…テーマが多岐に

渡っていて、どれも創意工夫に富んだもの。いったい何に使うのでしょう?

 

高校2年生「総合」授業(7組GLCはGISⅡ)の一貫として、自分たちの関心事を1枚の

ポスターにまとめ、友人や後輩、先生方の前で制限時間を有効に使ったプレゼンテー

ションをする、という試みが大量の巻紙を生み出していたのでした。

水曜日、6時間目のLHRを利用し、メインアリーナいっぱいに広がるプレゼンチーム。

本日のプレゼン相手は、3つ下の中学2年生です。

 

 

身振り手振りをまじえて情熱的に語りかけるチームあり、クラブの後輩たちから

羨望の目で見つめられ、恥じらいながらもキッチリ発表を進めるチームあり…。

テーマが多種多様なことも、会場をぐるぐる回って聴きたいブースを選ぶ

楽しみになっています。

最初は物怖じしていたのに、いざ語り始めると積極性や人

なつっこさが前面に出る高校生。

いつもは垣間見ることが出来ない「学びに向かう先輩」の姿を見て、新鮮なギャップを

味わう後輩たち。それを見て、生徒たちの新たな表情を発見し、嬉しい成果を得る教員団。

学年を超えたアクティブラーニングが、生徒たちの可能性を大きく広げてくれることが分かります。

こんな機会をまた、もちたいな、そう思わせてくれた活気あるセッションでした!

2018/02/22

本校グローバル・リーダーズ・コースの生徒たちは、さまざまに自主活動を行っています。その一つ、英語Paperの自主作成、発行を紹介します。"Good Vibes", スタイリッシュであることにこだわった作品です。

 

Otsuma Nakano Global Leaders Class students are always committed to independent works in and outside school.  One of their such kind of activities are to produce independent paper magazine.   Ayaka Okada and Akane Takahashi, from junior students of GLC of Otsuma Nakano, are now introducing their paper called "Good Vibes."   Its contents are "Best Burgers in Tokyo," "Valentine's Day around the World," and " Movie Recommendation", which looks so intriguing, informative and stylish.  I hope you enjoy reading their great work.  

 

Please click the following.

Good_Vibe.Vol.2

 

2018/02/21

今年から新しく始まったイギリスでのターム留学。これまでの本校の中長期留学プログラムは、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの提携校でのもの。いよいよ今年からイギリスの古都カンタベリーでの留学がそれに加わります。
 
601年に修道士アウグスティヌスが初代カンタベリー大司教に就任以来、イングランドの歴史やキリスト教の中心地となったカンタベリーにある学校、The Archbishop's School での留学生活です。本校の高校1年生、西上友理さんが、世界遺産カンタベリー大聖堂がある歴史ある街、カンタベリーでの留学生活をレポートしてくれます。
 
The life in England – Report 1 -
 
Hello everyone!!  I am Yuri Nishigami, an exchange student from Otsuma Nakano High School.  I am currently studying at The Archbishop's School in Canterbury, UK. It's my great pleasure to report my life in England.
 
First of all, I woudl like to to tell you that England is a really beautiful country and at the same time it is a comfortable place without awful weather. Everyone here is so kind and gentle. And also, food is not so bad as it is mentioned! Its delicious! I love it.
 
I am happy to introduce my host family.  My host mother, Ms.Izolde, is really good at cooking. And she is so kind and teaches me many things like how to get to the town, which is the place she recommends and how to get a bus. There are many markets there where we can buy things with cheap price! She is a very reliable person. 
 
And my host father, Mr. Mike, is a really funny man. He is always joking and making me laugh. What's more, he sometimes shows me some movies. I watched “Coco", which is a Disney movie. Do you know “Coco”? It was great. I recommend it to you.
 
Secondly, I’ll talk about my school life. My school buddy, Alex, is a really intelligent girl. She knows a lot of things and every story that she talks is really interesting.  She told me that she would like to become an English teacher. I think she will be a perfect English teacher because she teaches me very well. It’s really hard for me to understand History lesson, because in History lesson, we use a lot of old English. But Alex teaches me such old English easily enough for me to understand. So, actually I can keep up with the history class. And now I also want to introduce my school friend Teea , Masami, Claire and Tina.
 
Teea talks many enjoyable things. She is a Romanian. So, she sometimes talks about her life in Romania. It's quite interesting. Yesterday, I went to a theater with her and watched “Black Panther″an action movie. It was really cool and amazing. Also, she helps me with makeup. She is a professional! I want to acquire how to make up before I get back to Japan.
 
Masami is a really kind girl. She is half Japanese and half English. So she can speaks English and Japanese! I respect her. Last weekend she invited me to her church. While we were in the church, she got into the water!It was shocking for me. Teea told me, this is a kind of Catholic ceremony. I felt a big difference from many religions.
 
Claire is a charming girl. she is half Chinese and half English. she is talkative and always makes me laugh. In recent days I'm having lunch with them. So it sounds very international.
 
Tina is funny and cheerful. When I came to my school on the first day,I was so nervous but she talks to me friendly. Then I feel relieved. I’m filled with a feeling of gratitude to her.  In addition, she looks really surprised at my electronic dictionary.  Alex told me that in England people only use a paper dictionary. So this would be her first time to watch electronic one.  I was really surprised because in Japan everyone uses electronic dictionary.
 
England is really interesting about culture, religion, foods, stationary, and weather, which look all different from Japan. I do my best for my study and enjoy this precious time in England. 
 

2018/02/20

Another new report from New Zealand has come to us. Otsuma Nakano has three different exchange educational partner schools in New Zealand, which are New Plymouth Girls' High School, Sacred Heart Girls College, and St. Mary's School.  Miyu Asajima, an Year 10th student of Otsuma Nakano, is now studying at St. Mary's School as a pioneer exchange student for its school.  She is not staying with her host famliy, but she is now staying at the dormitory of St. Mary's with her fellow international student roommate.  Her report goes as follows:
 
Hello! I am Miyu Asajima, an exchange student from Otsuma Nakano, currently studying in New Zealand.  I came to New Zealand three weeks ago. I am getting used to living here with my kiwi friends.  I would like to introduce my school life as an exchange student. 
 
My school where I go to now is St. Marys School.  There is a dormitory with this school.  Of course some students whose homes are close to school go back home every day.  Some students are staying at the dormitory only on weekdays and others stay at the dormitory only three days a week, which sounds very interesting to me.  However, we, international students, basically stay at the dormitory and once every two weeks, we stay with our host families at their homes.
 
Some subjects of the study at St. Mary's seem to be simple. For example, even though I do not understand English, I can easily dicipher mathematics. I can do fractions, addition, and subtraction now.
 
Also, the number of the students in my school is very small. In one class, there are at most approximately 15 students. Sometimes the number of people in one class is as small as 5!  So, in St. Mary's school, all of the students are very close and friends with each other although their year are different from each other.
 
When the school is over, I go to a supermarket nearby with my friends and go to buy a cake and ice cream to eat at night. Sometimes we have our dinner outside.
 
I remember that I cried on the first day when I came here because I didn’t understanding everything here, but now I have friends and teachers help me with anything. I am gradually getting used to the school life here.  I would like to do my best. 
 
Thank you for reading my report!  See you again soon.
こんにちは。私の名前は浅島美優です。私はニュージーランドに留学しています。私がニュージーランドへ来てから三週間過ぎました。私は学校について紹介したいと思います。
 
私の学校の名前はセントメアリーといって寮がある学校です。学校の近くに家がある人は毎日家へ帰ります。他にも一週間に3回寮に滞在していたり、平日だけ寮に滞在したりしている人もいます。私たちインターナショナルステューデントは二週間に一回ホームステイをします。
 
こちらの勉強はとても簡単です。特に数学は英語が理解できない私でも解くことができます。今は分数の足し算と引き算をやっています。そして私の学校は全校生徒の人数がとても少ないです。一つの授業は多くても15人程で受けます。しかしいつもは5人ほどです。人数が少ない分、学年の垣根を超えてみんな仲が良いです。
 
学校がおわると友達といっしょに近くにあるスーパーマーケットへ行き、夜食べるお菓子やアイスクリームを買いに行きます。そのまま外で夕ご飯を済ませることもあります。
 
最初に来た時は本当にわからないことだらけで泣いてしまったこともありましたが、友達や先生が助けてくれ、だんだんと慣れてきました。
 
ご覧いただきありがとうございました。これからも頑張ります。

2018/02/19

A new report from an exchange student, Mizuki Motoue, who is currently joining New Plymouth Girls' High School, has arrived to us.  It's super to share it with you all.
 
Time goes fast! Two weeks have passed since I came to New Zealand. I couldn't go to a lot of places because it was just two weeks but now I can go to more places such as Auckland, Waitara. I would like to report about New Zealand and Maori things.
 
At the second night whenI was here, I visited Pukekura park to see the festival of light. Pukekura park is a huge park and it has a bridge, lakes, trees and so on. Various places were decorated with light and were very beautiful. I had visited there two years ago but its visit had been in winter and at noon with the same host family. At the time they said "We don't have the festival now but if you come here in summer, you can see the beautiful light festival !" So I have been really looking forward to seeing the festival and I had a great time!
 
I went to Waitara to make a traditional Maori bag. Karen, a flax weaving teacher, harvests (picks/cuts) the flax (Harakeke) and dyes it. At the class she showed me how to weave it and helped me to make a traditional Maori bag called a Konae. Konae is similar to a Kete, which is a bigger bag. Konae has two corners but Kete has four corners and more like the bottom of a box.
 
Waitangi Day is the national day of New Zealand, and commemorates the signing, on 6 February 1840, of the Treaty of Waitangi. I had four holidays , weekend and two holidays. I went to Auckland in the holidays by car. I had about five hours to go there, ate fish and chips and a whitebait fritter for dinner at Mokau.  Auckland is the biggest city and has the biggest population in New Zealand. 
 
On the first day of visiting Auckland, we went to War Memorial museum to look Maori culture (whare(house) and waka (canoe)) . After look museum, we went to an outlet shopping centre and I ate sushi for lunch. It was nice, in avocado and salmon. There was a sushi sandwich too but I couldn't eat. After I bought many clothes, we went to One Tree Hill. It is a very important place in Auckland for Maori and other New Zealanders. It used to be a Maori pā site (fort) in the 1700’s.
 
On the second day, I got on a bus to go to Ponsonby which is a small suburb that has some shops. I went to Japanese restaurant and ate Unagi don, It was nice.
 
We got back home once and we went to Mission Bay Reserve, which is a beach that has the view of Rangitoto Island. It is a volcano. On the way, I looked Auckland Habour Bridge. 
 
February 6th, we went home. I was a little tired but it was still fun!!
 
I definitely appreciate your reading my report.  See you again!!
ニュージーランドに来て2週間が過ぎました。以前来た時は2週間の滞在で色々なところに行きましたが今回はオークランドやワイタニなど、それ以上色々な場所に行けることが嬉しいです。今回は私が2週間で過ごしたニュージーランドやマオリのことを書きたいと思います。
 
ニュープリマスに着いて次の日の夜、私はプケクラパークに行きました。そこではプケクラパークで行われていたライトフェスティバルに行きました。2年前に訪れたことがありますがその時は冬で、前回と同じホストファミリーに今は冬だけどもし夏にきたら綺麗なライトフェスティバルが見れるわよ!と言われていて、とても楽しみだったので嬉しったです。プケクラパークには橋や湖、森などがあり全てが光で飾られてとても綺麗でした。
 
私はワイタニというニュープリマスの隣の街にマオリの伝統的なバスケットを作りに行きました。Flaxと呼ばれる植物を染めて乾かし、編んで作ります。私が作ったのはKonaeと呼ばれる角が2つあるバスケットで、Keteと呼ばれるものは角が4つあり、Konaeより大きいのが特徴です。染めた植物を編むので完成した時には手が青くなっていました。
 
ワイタンギデーとはマオリ族とイギリスの間で条約が結ばれた日で毎年2月6日は祝日となり土日と合わせて4連休をとる人が多いらしいです。私もホストファミリーとオークランドに車で5時間かけて行ってきました。その途中でフィッシュアンドチップスと、シラスと卵のフリットを食べました。ニュージーランド発祥の食べ物で塩がついた焼いたパンと一緒に食べるととても美味しかったです。
 
オークランド初日、マオリ文化の様々な文化を見るためオークランド戦争記念博物館に行きました。マオリ族の船や家、使っていた物など沢山のものがありマオリの文化をより深く知ることが出来ました。博物館のあと、アウトレットに行き、お昼にお寿司を食べました。中身はアボカド、マグロ、サーモンで美味しかったです。寿司サンドイッチというメニューもありましたがよく分からなかったので食べませんでした。次見たら必ず試したいと思います。
 
アウトレットで沢山買い物をした後ワン・トゥリー・ヒルという標高186mの死火山の上にある記念塔に登り、オークランドの街を一望しました。1700年代にはマオリ族の砦として使われていた場所で、春には桜が咲きとても綺麗で沢山の人がお花見をするらしいです。
 
次の日の午前、私達はバスに乗りショッピングに行きました。バスは日本とあまり変わりませんでしたが全員降りる時にThank Youと言って降りるので日本ではなかなか見ないと思い、感動しました。
 
その日のお昼は日本食レストランに行き、鰻丼を食べました。鰻丼の上に大量のサラダをあり驚きましたが美味しかったです。午後にはミッション・ベイというビーチに行きました。そこから見えるランギトト島という火山島はニュージーランドで比較的新しい火山島らしいです。
 
ワイタンギデーの2月6日、家に帰ってきました。4日間の日程は移動が多く疲れましたが、それ以上に楽しかったです!

2018/02/18

校内を行き交う妻中生にマスク姿が目立つ今日この頃。

インフルエンザはもちろん、ちょっとした風邪にだって、出来れば感染したくありません。

大切な入試をひかえた受験生ならなおのことです。

これまで必死で努力してきた成果が試されるそのとき、くしゃみが止まらなかったら…。

鼻が詰まって上手く思考がまとまらなかったら…。高い熱でボーッとしてしまったら…。

入学試験日はキッチリ決まっています。

ここぞ!という日にベストコンディションでいられることもまた、受験という闘いの一面だ、

というシビアな現実。仕方ありませんが、どうにかなるものなら…と思ってしまいますね。

 

認定試験をいくつか受験し、その中でスコアの良いものから2つが志望校に送られる…

そんな入試が可能だとしたら、どうでしょう?

戦々恐々で勝負の一日にかけるのではなく、ベストスコアを更新するために、コツコツ

努力を続けていけばいいのです。英語4技能による外部検定試験を活用する入試では、

1回の試験で出せる瞬発力より、受験生が高校の3年間、真摯に努力を積み重ねてきた

軌跡が評価の対象になるのですから。

4技能入試の合格者は入学後、成績的にふるわないのでは?と危惧する声も大学側で

少なからずあがったそうです。

しかし、予想に反して?入学後も意欲的に学業に取り組み、優れた成果を残す学生は

圧倒的に4技能入試合格者が多かったとか。それならば、大学側が4技能入試を歓迎

しない理由がありません。

 

私たちには見えづらい大学の裏側も差し挟みながら、変化する大学入試と求められる

英語の技能についてレクチャーしてくださるのは、本校の教育アドバイザーで大妻女子

大学教授・服部孝彦先生。

「残念ながら、外部検定試験は受験費用が高いです!外食はひかえましょう!」

会場がいっぱいになるほど集まってくださった保護者のみなさまから、思わず笑いが

巻き起こります。実際先生が検定試験にトライなさったエピソードも交えながら、非常に

内容の濃いお話をうかがうことが出来ました。

 

最後に本校父母後援会会長から、「娘さんをお育てになった父親として、反抗期の

わが子に対応する術など、アドバイスがあれば…」と質問があがると、朗らかな笑顔で

「僕だって大変でしたよ~」と、反抗期ゆえのエピソードをご紹介。そのお話の最後に、

「でもね、先日突然娘から品物が届いたんです。何かと思ったらバレンタインのチョコ

ですよ。…25年目にして初めての経験です!ああ、伝わっていたんだな、と思えました」

会場は笑い声と、表情がひときわ明るくなった保護者のみなさま(とくに男性)の笑顔で

みたされ、盛り上がりのうちに終了となりました。

改革のさなかには、疑問や不安がつきものです。できるだけ早期から、詳しい情報を

学校とご家庭とで共有し合い、よりよい6年間を過ごしていただきたい…日々私たちは

そう考えながら妻中生の学びを見守っています。

2018/02/17

留学してみたい!と考える妻中生のほとんどが思い浮かべる留学先、といえば、

姉妹校・提携校のあるオーストラリア、ニュージーランド、アメリカがまず挙げられます。

次いで、イギリス、カナダ…やはりあがってくるのは英語圏。

「英語圏に留学するより、グンと負担の少ない留学先があるよ!」という情報を聞けば、

選択肢は変わるでしょうか?

 

「ふらんすへ行きたしと思へども ふらんすはあまりに遠し

せめては新しき背広をきて きままなる旅にいでてみん。」

 

今から105年前、1ヶ月に及ぶ船旅を経なければたどり着けないフランスを思い、こんな

詩を残した萩原朔太郎。100年後、空の旅ならわずか12時間ちょっとでフランスの地を

訪れることが出来るなんて、想像も出来なかったことでしょう。

 

留学生の受け入れに熱心なフランスでは、英語圏で学生生活を送るのと比較すると、

ずっと費用の負担が少なく、しかも多種多様なプランを選んで充実した学びを得られる

システムが出来上がっているそうです。

フランス語授業の特別編として、現地からゲストをお招きし、行われた2/15の特別授業。

サンドニ・インターナショナルスクールから副校長先生がお越しになり、リセの学習や

多彩な学びのプランについて説明なさると、「留学」という切り口ではフランスをとらえて

いなかった生徒たちも、思わず関心を持ってしまいます。

 

先日開催された「SGHフォーラム」にもゲストとしてご参加くださった、元フランス政府

留学局日本支局長、ファビアン・ルディエ氏も、改めてフランス語を学ぶメリットを詳しく

語ってくださいました。英語だけを軸とした語学力より、フランス語という軸をもうひとつ

持っていることで、世界に描ける弧がずっと広く、ずっとダイナミックになること。

Artsの本場で学ぶことは、より深い教養や発想力を自分にもたらしてくれること。

実際にテクノロジーの分野で、デザイン性と技術力とが合わさったMade in Franceの

製品が高い評価を得て、めざましく発展し続けていること。

 

日本独自に磨かれたデザイン性、ジャポニズムに今、熱い視線が注がれています。

「Japonismes2018」と銘打って2018年7月から2019年2月まで、フランス各地で

日本の生活文化や芸術を紹介する試みがスタートする予定!

もし、この時期にフランス留学をすることが出来たら、「ジャポネ」として誇らしい

気持ちで街を闊歩することが出来るかもしれませんね!

2018/02/16

中高ともに紺色に染まる冬の校内。

セルリアンブルーの制服が廊下を行き交うと、今年も交換留学の季節が来たな…と

実感します。

南半球はオーストラリア、St.Andrews Catholic Collegeから、真冬の東京にやってきた

4人の留学生たち。今年は副校長のルーカス先生もいっしょに訪れてくださいました!

校長のマクマスター先生も、今回いらっしゃったルーカス先生も、堂々たる長身。

壇上でご挨拶なさる姿は文字通り見上げるようです。

 

姉妹校としての交流が始まってから、赤道をへだてた2校の間には、年数分以上に

深いつながりが出来上がっています。

昨年訪れた留学生の名前が副校長先生のお話に登場すると、パッと顔を明るくさせて

反応する生徒の姿。交換留学に参加した生徒が、バディの名前を聴いたから?

それだけではありません。同じHR教室でいっしょに学んだ生徒。部活動にトライする

彼女たちをサポートした生徒。短い滞在でも、たくさんの絆が生まれ、それが年を追う

ごとに嬉しい友情の記憶として重なっていくのです。

St.Andrewsでも状況は似ているようで、妻中を訪れる先生方が話題になさる妻中生は

その年その年の思い出として、確実に名前を覚えていただけるような足跡を海の向こうで

残しているのだ、ということが分かります。

 

この冬は、寒さに肩を寄せ合う彼女たちの間に、どんな素敵な思い出が刻まれること

でしょう。そして、次の年、その次の年、どんなエピソードとして語り継がれ、後輩たちに

楽しみを与えることでしょう。交換留学in妻中、始まったばかりです!

2018/02/14

2月13日火曜日、正午過ぎ。

なかのZEROホールに続々と集まってくる妻中生たち。

手袋をはめた手に、英語の単語帳を持っている姿も、決して少数ではありません。

なぜ英語の単語帳か。

尋ねるまでもなく、大学入試を念頭に置いて、英語の語彙力を伸ばす目的でしょう。

 

でも、ここに集まってきた妻中生は、学校の中でさまざまな言語への興味、英語圏

以外の言語文化圏への関心がすごい勢いで高まっている現実も、知っています。

同級生のロッカーに入っているフランス語のテキスト。

廊下や教室のあちこちで楽しげにやりとりされる、覚えたてのタイ語。

おなかが空く放課後に漂ってくる、エキゾチックな食べものの匂い。

 

本日開催されたSGHフォーラムは、タイ・チェンマイやオーストラリアから駆けつけて

くれた姉妹校の生徒たちも加わり、国際色豊かに展開しました。

フランス大使館や山梨学院大学など、多方面からのゲストもお迎えし、大ホールの

スクリーンに在校生渾身のVTRが映し出されて、フォーラムの始まり始まり!

スピーチ、フィールドワーク報告、パネルディスカッション…盛りだくさんの企画です。

妻中生も姉妹校の生徒たちも、世界に向かう興味関心を語る表情がそれぞれ実に

イキイキしています。

 

日本語は、聴ける話せる書ける読める私たち。

英語も、日本語に近いレベルで使いこなせたら、きっと嬉しいでしょう。

でも、世界のすべてが英語でまかり通ってしまうとしたら…それはちょっとつまらない。

だって、単一の言語には、単一の可能性しか見いだせませんから。

 

他の言語を知り、他の文化に触れることで、世界観が広がります。

広い視野で周りを見られるようになると、自然に自分自身を深く見つめられるように

なっていくから不思議です。そして、自分を深く見つめ直した目は、次第に周りへと

目線を移し、深いところから世界を見つめはじめます。

広い視野、深い思慮をもつひとの内側には、輝くような教養がやどっているはず。

 

スピーチを担当したり、パネリストとして登壇したり、裏でフォーラムの運営を支えたり

総合司会としてフォーラム全体をプロデュースしてくれた生徒たち。

今日のこの短いご報告では、彼女たちの挑戦がどれほどの労力を経て、ここまで

たどりついたか、どれほどの熱をもって可能性を広げてきたかをお伝えしきれません。

 

明日以降、「SGHフォーラム・Making」として、このフォーラム実現までの道のりを

お伝えしていく予定です!乞うご期待!

 

2018/02/13
ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.