月食の今夜、みなさんの食卓では、カツ丼のいい匂いがただようのでしょうか?

それとも、消化にいい食べ物をほどよく味わって、明日以降の体調管理に備える

作戦でしょうか?

 

2月最初の1日は、みなさんにとってファイトの日。

「Fight!」と妻中ネイティブのWillie先生に声を掛けると、Willie先生はおかしそうに

「Woh!コワーイ!」と返します。なぜでしょう?英語の辞書を引くとわかります。

「Fight」の項には、闘い・争い・ケンカといった物騒な言葉が並んでいますから。

 

確かに、2月1日は家族みんなが「入試」と闘う日。

それくらい、みなさんと、みなさんを応援する人たちにとっては重大な1日です。

「がんばる」という言葉は、「眼張る」、つまり、しっかり目を見張ること、目を付ける

こと、から来ているとする説。それから、「我を張る」、つまり、強い自分を押し通す

ことから来ているとする説が由来にあるといわれます。(諸説あります)

みなさんは、これまで努力してきた強い自分を押し通す。応援してくれる人たちは

最後までみなさんを見守るために目を見張る…。

精一杯、手を取りあって、「がんばって」ほしい!

そんな気持ちを込めて、大妻中野合唱部から「ガンバレ」の歌声を贈ります。

 

説明会で一度でも耳にしてくださったことがある方にはお馴染みの『fight』。

メッセージの後、フルコーラスでお聴きいただけます!

明日の朝、勇気を出すために、これまでの「エール」①~⑪、どうぞご覧ください!

2018/01/31

Here comes an updated report from New Zealand.   Wako Miyazawa, a year 10th Otsuma Nakano student, who is a one-year-long exchange student studying at New Plymouth Girls' High School in New Zealand, Wako Miyazawa, get her excellent report into all of you about her super summar vacation there in New Zealand.  Her report is as follows:
 
Hello everyone. And happy new year!  How was your winter vacation??
 
Last year I had a kiwi Christmas here.  In New Zealand, Christmas is one of the biggest events. I think in Japan, Christmas Eve is more popular than Christmas day, right?  However, we don’t do many things on the Eve. Actually I had a normal lunch and dinner that day. But when I woke up the next day, everything was very busy and went fast, so I felt more tired than normal at the end of the day. When I first woke up and went to the iving room, there were many presents under the Christmas tree! Some of them were from my host grandfather and grandmother and relatives. And I got presents from my host family and host grandmother! My host family's present to me was the game called LIFE and from my host grandmother, she gave me a nice, cute bag which has the shape of New Zealand. After we had breakfast in our home, we went to their grandparent’s house to have morning tea and then, we went to my host father’s aunt’s house to have lunch together. There were more than 30 people there to celebrate Christmas day. We stayed there for about 5 hours of fun, eating so much foods, drinks and sweets.  We went back to my host grandparent’s again to have dinner. After that which we had too many things, we finally got back to our home. I met numerous people, but they were all kind so I didn’t fell isolated or lonely. We had barbecues for lunch and dinner!
 
From the 27th of December to the 3rd of January, we went to the place called Tutukaka for vacation. We went there by car, from here to Tutukaka. It is about six hours drive from here to Auckland and from Auckland, it took approximately four hours. we went to Auckland on the first day and then we stayed in their grandparent’s house. We drove to Tutukaka the next morning. When we arrived, we soon started to make our tent. It was my first time to make tent but it wasn’t as difficult as I expected and it took less time than I thought. My host family and me went there first and then their grandparents came because they had work. 
 
During this holiday, we went to beaches every day. This is the picture of the beach. I learned how to bodyboard from my host father. At first I was scared of the big waves but I got used to it every time we go there so at last, I became addicted and now, I am doing it in New Plymouth beaches. I wanted to tell you exactly what it feels like and what it looks like but it is difficult to say in words. I guess one of the closest example is the camera short which is close to the edge of water in the movie called Titanic. That scene is short and it is only about 20 sec but the camera shot is good enough to explain what it looks like from body board. There are few points to do well on body board. First you should stand on accurate place where the waves break. When the waves stared to break, you paddle the water strongly, also use your legs to kick and add some speeds. And then this is the most difficult point, you never let your board. Just stick on it and balance on it. if you master all of these points you become experts in body board.  Some people said they prefer to do body surfing so I tried it but when the waves came, all that I remember was like in the washing machine.  
 
We went to port to see ships because my host brother loves ships, cars and helicopters. My host father explained to me that some of them are very expensive that it is more then $1,000,000,000. I knew it is expensive though I didn’t even think it is that expensive.
 
During this holiday, I am taking an IELTS extra class. IELTS is an international English test and the four skills are required reading, writing, listening and speaking. Because we need four skills, some people says it is more accurate than Toeic or Toful. This test is very useful if you are planning to go to an oversea university and AO exam in Japan too. I tested all of my four skills at first, I had a little bit of confidence but almost all of the things doesn’t go well at your first time as you expect right?? And unfortunately, this wasn’t any exception. I had a lower score than I expected but after that, we had many classes and I learned how to write essays and so many things.
 
I am still in summer holidays, so I go to beach and do body boarding often. I sometimes go to town and do some shopping with my friends.
 
And in the recent days I feel that my way of thing has changed a lot. For example, some things I didn’t notice it when I was in Japan were very important for my lives. I was thinking that young people must go to college. I didn’t have any exact reason for this because I just thought this is how it goes and most of the Japanese people are going to university after they graduate their high school. But now, I don’t think we must do. I met many people who didn’t go to university in here and they all look happy and satisfied what they are doing. I learned that going to college is not the only way to live greatly. But I still what to go to university to learn English and also many other things to have wider chose for my life when I grow up. This was a great opportunity to think why I want to go to university and what  to learn from there.
 
And do you know why my way of thing has changed? It is definitely because I came to New Zealand and met so many people not only kiwi people but also international people. Those hundreds of people helped me when I needed help and when there is a thing that I couldn’t understand or confused they explained to me until I get it. They taught me what are the things that we need for life and we don’t need so many things.   
 
And this Saturday, three girls from Otsuma Nakano came for term study abroad!  I hope they like here and enjoy their time. So please look forward for their first reports too! Thank you for reading my long report.  I hope you enjoyed it!!
皆さんこんにちは、そして明けましておめでとうございます。冬休みいかがでしたか。
 
私は去年、こちらのクリスマスを体験しました。クリスマスは一番大きなイベントの一部です。日本ではクリスマスイブがメインになりつつあると思いますがこちらではイブは何も特別な事はしません。実際私も普通のお昼ごはんと夕食を食べました。しかし、次の日起きてみると全てが速く忙しく感じました。なので夜は疲れ切っていました。朝、クリスマスツリーの下には沢山のプレゼントがありました。 それらのいくつかはホストファミリーの祖父母、親戚からでした。そして私もプレゼントをホストファミリーとそのおばあちゃん達から英語バージョンの人生ゲームと可愛いお洒落なニュージーランドの地図が描かれているバックをいただきました。それからモーニングティーを食べにおじいちゃんとおばあちゃんの家に、そして今度は親戚の人の家にお昼を食べに行きました。 親戚の人の家には30位の人たちがクリスマスを祝福しにいました。そこには5時間ほどいてそれからまたおじいちゃんとおばあちゃんの家に夕食を食べに行きました。この日1日皆食べて食べて食べ過ぎてやっと家に戻りました。私は沢山の人に会ってほとんど初めて会った人たちだったのですが皆さんとても優しかったのでクリスマスだったけれど寂しいなどとは感じませんでした。お昼と夕食、両方バーベキューでした。
 
12月の27日から1月の3日まで私はtutukakaという場所にいました。そこまでは車で行きました。オークランドまではここから6時間、オークランドからtutukakaまでは4時間かかりました。最初の日、私たちはまずオークランドまで行き、ホストマザーの方のお父さんの家に泊まりました。次の日の朝、車でキャンプ場まで行き、ついてすぐにキャンプを立て始めました。私達が最初にキャンプ場に行ったのはお母さんのお父さん達は仕事があったためです。テントを作るのは初めてのことでしたが、思うほど難しくなく、時間もかかりませんでした。まず、ホストファミリーと私がそこに着き、そして祖父母は仕事の後、到着しました。
 
休暇中は、毎日ビーチに行きました。これはビーチの写真です。私はお父さんからボディーサーフィンを教えてもらいました。最初は大きな波が怖かったけど、毎日やっているうちに慣れて、しまいには、サーフィンをしたくてたまらないほどになりました。そして今は、近所のニュープリマスビーチでもやっています。ボーディーボーディングをしている時にどのように感じるか、どのような景色が見えるのかを正確に書きたかったのですが言葉で表すのは凄く難しいです。一番近い例はタイタニックに出てくる20秒間ほどの水面にそって速いスピードでカメラが捉えてるシーンだと思います。
 
ボディーボードにはいくつかコツがあります。1つめは波がちょうどできるところに立つことです。波が出来始めたら腕と足を使って力強く漕ぎます。そして次が一番難しいポイントなのですが絶対にボードを離してはいけません。バランスをとるだけで手を話してはいけないのです。これらをマスターすればとても良いボディーボードをすることができます。そして何人かの人はボディーボードよりもボディーサーフィンの方がもっとスリルがあって面白くていいと主張しているので一回だけ私も試してみましたが、まるで洗濯機の中の服の気分になったようでした。
 
 
私たちは、弟が船と車とヘリコプターなどの乗り物が好きなので、船を見に港に行きました。私のホストのお父さんは、そのうちのいくつかは非常に高価で、$ 1,000,000,000以上のものがあると教えてくれました。私は高価だとは思っていたけど、はるかに想像は超えていました。
 
この休暇中、私はIELTSのクラスを受講しています。 IELTSは国際的な英語テストであり、読解、筆記、聞取り、会話の4技能が必要なテストです。 4つのスキルが必要なので、トイックやトフルよりも正確に判定されるという人もいます。この試験は、海外の大学や日本の大学のAO入試を目指す予定がある場合には非常に有効であるとのことです。私は4つのスキルのすべてを最初にテストしましたが、少し自信がありましたが、最初から全てがうまくいく訳ありません。残念ながら、私も例外ではありませんでした。私が期待したよりもスコアが低かった訳ですが、その後、沢山のクラスを受講し、エッセイなどの書き方も学びました。
 
まだ私の夏休みは続いているので、ビーチへ行き、ボディサーフを頻繁にやっといます。時々、町に行って友達と買い物をしたりもします。
 
そして最近、私自身自分の考え方が大きく変わった事を実感しています。例えば日本で当たり前だと思っていたことがこちらに来て実はとっても大事だったりしたことにも気がつきました。そして若い人たちは高校を卒業した後は必ず大学に行くべきだと思っていました。特にこれといった理由もなくほとんどの人が大学へ行くからなどと考えていました。でも今は行かないことも選択の1つだと考えるようになりました。こちらに来て私は沢山の大学へ行かなかった人たちに会い、それて彼らは皆今の自分に誇りと自信を持って生き、幸せそうに見えました。でも私はこのような沢山の素晴らしい人たちに会って来たけれどやっぱり大学に行きたいという思いが強くなりました。大学に行って、自分の大好きな英語、そして沢山の事を学びたいと思うようになりました。これはとても私にとってなぜ大学へ行く必要があるのかを考える良い機会でした。
 
そしてなぜ私の考え方が変わったか分かりますか? それはニュージーランドに来て沢山の国籍が違う人たちにあって刺激を受けたからです。彼らは私が助けが必要な時に助けてくれ、分からなかったり混乱していることは私が分かるまで1から説明をしてくれました。そして彼らは私に人生において本当に必要なものはそんなに多くはない事を教えてくれました。
 
そして、いよいよ、今週の土曜日には、ターム留学生の3人が、ここ、ニュープリマスにやってきました!皆すごく緊張していて私が最初に来た時のことを思い出しました。早く慣れてこちらの生活を楽しんでほしいです。次回のレポートはターム留学の生徒からだと思います。お楽しみに!

2018/01/30

1月のカレンダーが残り2日になりました。

月末が怖い、とか次の月が来なければいい、とか思う気持ちは、文字にすると同じでも

夏休みの終わる8月末とは大違い。今まで経験したこともないような緊張感や切迫感で

変に気分が高揚したり、反対に気持ちが沈んだりしているかもしれません。

 

1時間は60分。1日は24時間。

生まれてきてから今まで、同じように時計は時間を刻んで、同じように毎日を過ごして

きたはずなのに、「受験」という魔物を前にすると、1日はやたらに長く感じたり、アッと

いう間に終わったりしてしまいます。

 

1年前、みなさんとまったく同じ環境で、コントロール出来ない時間感覚に向き合って、

見事に合格を果たした中学1年生から、励ましのメッセージをお届けします。

366日前には、想像するしかなかったセーラー服の自分。

入学式に袖を通して、スカーフを付けて…あれからもう、1年の月日が流れようとして

いるなんて、みなさんを迎えるこの時期にならなければ、実感することも出来ないくらい

新しい刺激に満ちた1年を過ごした先輩たち。

みなさんも、春からは優しく明るい先輩たちと一緒に、大妻中野の時間感覚を満喫して

くださいね!お待ちしています!

2018/01/30

Now it's our great pleasure to share the kicking off report from mid-summer Australia, which is about one of Otsuma Nakano 
 
exchange programs for Year of 2018.  Nanaka Otaki, one of the new exchange students who are studying at St. Andrew's Catholic College, our sister school in Australia, for Term 1, 2018.  She seemed to be excited to experience Australia Day, 26 January, which is the day to reflect on what it means to be Australian, to celebrate contemporary Australia and to acknowledge their history.  Her report is as follows:
 
Hello! This is Nanaka Otaki from Cairns in Australia. It’s been one week since I arrived here and I have already learned a lot. The weather here is unpredictable and it’s been raining on and off all week. Today, I would like to write about what I have experienced through my 1st week here in Cairns!
 
At school, I am studying with the year 10 students, which is very different from our studies in Otsuma Nakano High School. One of the class that surprised me was hospitality. Hospitality is a class where we learn how to cook, and to acquire hospitality management skills. I was surprised to see how a lot of students are already working. 
 
My host family is a family of five and a dog. They’re very kind and fun! This weekend, we went to Cairns Hartley’s Crocodile Farm which is a farm with whole lots of animals. I got to hold a koala which I was really looking forward to and they were so so cute!!! I also touched a crocodile for the first time and it was quite nice than I had expected. 
 
Also luckily, I got to celebrate Australia day which was on January 26th. It was an amazing experience getting to eat Australian meals with Australian music.
 
Thank you so much for reading my report and I hope you enjoyed it!! I would like all of you to expect my update. 
こんにちは!オーストラリアのケアンズに留学中の大瀧菜々花です。到着してから1週間が経ちもうすでに沢山のことを学びました。ケアンズの天気は予測不可能と言っていいほど雨が降ったりやんだりです。今日はこの1週間の中で私が経験したことを書こうと思います!
 
学校ではyear10の生徒たちと勉強をしていて、大妻中野との違いをたくさん発見します。私が驚いた中の一つは、ホスピタリティという授業です。家庭科のように料理をしたり、あるいはおもてなしのことも学んだりするそうです。私は、ほとんどの生徒がもうアルバイトをしていることに驚きました。
 
私のホストファミリーは五人家族で一匹の犬がいます。家族はとても明るく優しいです!週末にはケアンズハートリーズクロコダイルファームというたくさんの動物がいるところへ行きました。私がとても楽しみにしてたコアラを抱っこすることができました。とっっても可愛かったです!さらに、人生で初めてワニを触り、想像してたより気持ち悪くありませんでした。
 
また幸運ながら、1月26日にはオーストラリアデイを祝えました。オーストラリアの音楽を聴きながらオーストラリアの歴史的食べ物を食べ、とてもいい経験になりました。
 
最後まで読んでくださりありがとうございます!楽しんでくれたら嬉しいです!

2018/01/29

とうとう、勝負の週が明けました。

今週は受験生のみなさんにとって、生涯忘れられないくらい長くて濃密な1週間に

なるのでしょうか。それとも、あっという間に過ぎ去る忙しい1週間になるのでしょうか。

 

今は、目の前の数日しか見えないのが当たり前です。

けれど、息抜きにちょっとだけ、その後の数年間のお話をさせてください。

みなさんが今、必死になって頑張っているのは、この後の6年間を最高の時間にする

ため、ですよね。

(目的も忘れてしまいそうなくらい、大変かもしれません。もしも目的を忘れてしまって

 いたら、この機会に思いだしてくださると嬉しいです)

 

このあとに続く6年は、みなさんが、おそらく一生のうちでいちばん大きく、めまぐるしく

変化する、成長する6年になるでしょう。

入学したときには想像することさえ出来ないくらい、いろいろなことにめぐり会えます。

大妻中野で生徒会を運営しているメンバーたちは、そんな貴重な経験を積んだ結果、

「学校」をつくる、というチャレンジを選びました。

人前で堂々と話す姿なんて、何かを企画して必死で取り組む情熱なんて、ランドセルを

背負っていたあの頃、本人はもちろん、周りの誰が想像できたでしょうか。

 

この1週間を乗り越えたら、あなたの前に、ちょっと困ってしまうほどたくさんの自由な

時間が、ありとあらゆる可能性がプレゼントされます。

だから、楽しみにしながらこの数日を前向きな気持ちで過ごしてくださいね。

みなさんの努力が今も、まだ明けていないプレゼントをグレードアップさせている、

まさにその真っ最中なのですから!



2018/01/29

入試前、最後の週末が終わろうとしています。

相変わらず寒気がしっかりと居座って、全身の筋肉が縮こまってしまいそうですね。

 

カチコチに固まった表情は、気持ちまでカチコチにしてしまいます。

あと数日。アタマもカラダもやわらかく保ちたいところです。

まずは、鏡を見てみてください。

眉毛がハの字に下がっていませんか?

口がへの字に曲がっていませんか?

眉を持ち上げ、口角を上げてみましょう!

笑顔を作ってみると、自然に気持ちも朗らかになっていくはずです。

 

たくさんの人を前に公演を行う部活動さかんな大妻中野。

最大の運動部であるダンス部にとって、笑顔はダンスをより魅力的に見せる最高の

アイテムです。どんなに練習が厳しくても、気持ちがくじけてしまいそうでも、ひとたび

踊りの態勢に入れば絶対に笑顔!

そこから大勢のお客さまを惹きつける素敵な演技がうまれてくるのです。

来年、初めての後輩を迎える大妻中野ダンス部(ONDC)から、受験生のみなさんに

笑顔とハッピーをお届けします!

冒頭の練習風景は高校1年生と2年生。

今年のダンス部テーマは、「Passion」!情熱の赤でみなさんの気持ちを燃え立たせます!

2018/01/28

大妻中野中学校を受験してくださるみなさまへ

 

もうすぐ2月がやってきます。

これまで頑張ってきたことが試される日が近づいてきましたね。

カレンダーを目にするたびに、受験に関するニュースを耳にするたびに、

いろいろな思いがわき起こってくることでしょう。

大妻中野では、みなさんが大事な闘いに思いっきり全力で臨めるよう、

学校全体で試験の準備を進めています。

 

人生の大切な勝負のステージとして、たくさんの学校から大妻中野を

選んでくださったみなさん。

みなさんに校長の宮澤より、応援メッセージをお届けいたします。

 

健闘と、幸運を祈って!

「妻中だより」にて、大妻中野生からの応援メッセージも同時に掲載しています。

入試まで毎日メッセージが追加されますので、ぜひご覧ください!

2018/01/27

氷点下の気温に驚く朝が、もう何日も続いています。

積もった雪がカチンコチンに凍って、ちょっと歩くのにも注意が必要ですね。

学校への行き帰り、塾に行っている人は特に暗くなった帰り道、気をつけて、

勝負の日まで安全に過ごしてください!

 

こうして勝負だ闘いだと言っていると、ついつい「勝たなくっちゃ」「成功しなくちゃ」と

自分を追い込んでしまいます。

自信を無くしたり、後ろ向きになったりしてしまうかもしれません。

でも、よく考えてみてください。

「中学受験をする!」と決めたときには、知りもしなかった言葉を、今のあなたは

たくさん知って、覚えて、書けるようになっています。

受験を決めたことで出会った先生や友だちと、新しい人間関係を築いたり、今まで

考えたこともなかった時間の使い方ができるようになっていることでしょう。

 

受験という選択肢を選んだことによって、あなたを構成する要素はすっかり変化し、

たくさんの経験や知識が、あなたをますます人間力に満ちた味のある小学生に

育ててくれているはずです。

すべてのことが、自分を育てる材料になる。

今年度、部活の歴史を塗りかえるくらい輝かしい功績を残したソフトテニス部から、

頑張っているみなさんに、ポジティブな空気をおすそわけします!

2018/01/27

遠方から通学してくる生徒も少なくない大妻中野。

帰り道の危険も考え、最終下校時刻を中学生17:30、高校生18:00としています。

(大学受験生・受験準備生である高校生は、申請すれば19:00まで残って学習できる制度あり)

部活に熱中して遅くなってしまったり、ついつい図書館で本を読みふけってしまったりする

生徒たちに向けて、下校時刻が近づくと流れてくる下校アナウンス。

馴染みのある先生の声にすっかり慣れていた下校アナウンスに、ここ最近、生徒の声が

加わるようになりました。しかも、英語です。

 

English Volunteer Assembly、略称EVA(エヴァ)は、生徒たち自身によって結成された、

学校内での英語利用を促す有志グループです。

EVAが掲げるコンセプトは、「正しい英語を習得する」こと、でしょうか?

それは絶対にありません。

英語がもっと自分に近い言葉になるように。生活の一部として親しめる言語になるように。

日常生活をちょっとずつ英語に近づける、それが彼女たちの掲げるコンセプトです。

 

受験生のみなさん。

今は「正しく覚える」こと「速く処理する」こと「徹底的に確かめる」ことに向かって必死に

なっていることでしょう。

ラストスパートが終わったら、もう一度、知ること、分かること、学びによって可能性が

広がることの楽しさを味わいなおせる日がやってきます!

今の自分に出来ない何か。

未知の楽しみにドンドン笑顔でチャレンジしていく自分を夢みて、1日1日を過ごしてください!

※EVAのメンバーは海外帰国生や留学経験者ばかりではありません。

 英語に近づいてみたい、妻中に通うすべての生徒に扉が開かれ、実際に学年を問わず

 たくさんの生徒が活動しています。EnglishCookingの様子から伝わったでしょうか?

2018/01/26

華やかな成功のうしろには、常に「成功しないかもしれない」リスクが隠れています。

でも、リスクを恐れて動き出せなければ、成功の喜びもありません。

 

色あざやかでスタイリッシュなユニフォームが人目を引くチアリーディング。

可愛らしいかけ声とともに繰り出される技の数々に、思わず見入ってしまいます。

けれど、見映えのする技、派手な技ほど、上手くいかなかったりケガをしたりという

リスクが常につきまとうもの。

大技で見事に成功したい!観てくれる人に元気をあげたい!

そう思えばこそ、チアリーディングのプレイヤーたちは基本的な手順の確認や

基礎練習を欠かしません。

 

はじけるような笑顔の内側に、しっかりとした下準備があるから、安心して演技に

集中することが出来るのでしょうね。去年、大妻中野の入試を経験し、満面の笑顔で

合格を決めたチアリーディング部の中学1年生が、「合格の下準備」を伝授します!

2018/01/25
ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.