- GLCの国際交流・文化発信プログラム -
 
本校GLCの文化発信プログラムの1つとして、アメリカ・メリーランドにある私立幼児初等中等教育一貫校・Garrison Forest Schoolと本校との交流プログラム – Preschool Learns about Japan – が実施されています。
 
アメリカのプレスクールの子どもたちが、本校のGLC(グローバル・リーダーズ・クラス)中1の生徒の作った英語による日本文化紹介で日本の文化を学び、本校の生徒にその学びをフィードバックする交流プログラムです。
 
どうぞ、以下のGarrison Forest Schoolでの紹介をご覧ください。 本校GLCはさまざま機会を通して、世界各地に私たちの文化を発信していきます。
 
Here is a link to a report for GLC 1-6 Alpha girls greeting exchange with the little ones from Garrison Forest School. 
 
 
We’re looking forward to our February exchange! 
Hope you all have a wonderful New Year!! 

 

 

2017/12/28

2学期も今日でおしまい!明日の連休から、待ちに待った冬休みのスタートです。

クリスマスの雰囲気をあじわうべく、今日ばかりは生徒も急いで帰宅するかな?と

思いきや、重たげな楽器を抱えてCosmosアゴラへ向かう生徒の一団が…。

 

日頃は狭いスタジオで練習しているポピュラーミュージック部にとって、今日は

まさに晴れの舞台!カフェテリアいっぱいに重低音を響かせ、ボーカルが高らかに

歌い上げます。

合唱部の発声練習や吹奏楽部のパート練習、ダンス部やチアリーディング部の

BGMとはまた違った音が溢れる校内は、なんだか新鮮!

誰かがCosmosアゴラに近づくと、サッと扉を開けて出迎えてくれる下級生たち。

今日の演奏に対する気構えが感じ取れます。

 

アコースティックギターやアンプ、ドラムセットは一目見て誰もが「カッコ良い!」と

言ってしまう、どの世代も共通に憧れる音楽器材。

青春時代に制服を着てバンドを組んだ経験は、きっと、数年後、十数年後の未来、

クリスマスが来るたびにキラキラ輝く思い出としてよみがえるのでしょうね。

2017/12/22

今年で4回目になる早稲田大学との交流プログラムが

早稲田大学レジデンスセンターのWebサイトにアップされました。

   ↓

https://www.waseda.jp/inst/rlc/other/2017/12/08/2864/

 

約30名の早稲田留学生たちとの交流風景が垣間見えます。

2017/12/22

It is great for us to introduce the latest report from Wako Miyazawa, a 10th grader of Otsuma Nakano High School, who is now studying overseas in New Zealand for one year exchange program.    We surely hope all of you can share her wonderful happy holiday note from the hot summer country.  Here we go:

 

Hello everyone!!  I’m Wako. It’s been nearly 1 month since I updated my report, but I feel as if only 1 week had passed since then!!   

 

We had the senior graduate ceremony on November 4th and it was very different from Japanese graduate ceremony. For example, in Japan, I think most of our teachers wear the clothes called “suits” but here all of the teachers were wearing the special cloak. One of my friends explained to me that during the old days, the cloak was one of the symbol of rich. And nowadays it changed to the suitable way to wear in such an important event.  We sang three songs, and it included one of my favorite song called “Wherever I go”. This is one of my favorite English song because when I listen to the song, it brings back old memories and I feel like I have to move on.  This shows exactly How I would feel when I have to say good-bye to someone.

 

By the way, we are doing lots of fun things in ELA.  All the senior girls except international students who stays here for 1 year or shorter than that have to do the test called NCEA. But I have been staying here for 1 year, so instead of taking NCEA, I have been having ELA class in the morning. In ELA, we are making photo album on our laptop computer. First we made our plan of making it and I decided to make my 1 year exchange album.  And one of my best friend, Wanda, with who I went to south island the other day, is making the 1 year exchange album too.  We are talking all the time while making the album. It is so fun because we are talking about many things in English. 

 

After the ELA class, I have no plans, so I usually go to town or ride my bike. And about 2 weeks ago, I went to cinema with Wanda to watch the movie called “The murder on the orient express”. I had read the book before in Japanese, so it was easy to understand. This book was written by Agatha Christie and this is the best mystery novel ever I suppose.

 

2 weeks ago, my host dad and I went to a rugby game. Before the day when we went, my host mom asked me whether  I am interested in rugby. And then she said, “Would you like to go and watch a rugby game tomorrow?” I knew the most of the rules and I was interested, so I was very excited to go. As the result, the team that we supported called Taranaki lost the game. It was a bit disappointing because it was a close game, but finally we lost at the end of the game. And it was held in New Plymouth where I live, so not only us but there were many disappointed people. But it was a good experience for me because even in Japan, I had never been to a sport game before, so I didn’t know what it is like. There were lots of hot Taranaki fans and they were shouting all the time during the game. The person next to me was one of the hot Taranaki fan and he seems to be so quite and my host dad said to me that I was lucky because he doesn’t look like such a crazy shouting guy. But as soon as the game starts, he stood and began to shout. And at the end, as you can imagine, he was very upset and disappointed. 

 

On this Monday, I went to Merrilands primary school to teach Japanese. It was close from my home, so I walked there. I went to 6 different classes and at first,  I was nervous. However, they were very friendly and listening to me, so I was able to make some friends there. Some of them showed me around the school in lunch time. When I finished talking about Japan, lots of the students asked me many types of questions. One of the girls said she cannot believe that we have Christmas in winter in Japan. So, I said to her that I cannot believe that I am going to have Christmas in summer.

 

I am having wonderful time here. Thank you for all of you who read this report, hope you enjoyed it!!

 

みなさん、こんにちは。和子です。前回のレポートから1ヶ月が経っていますが、この期間が、私にはほんの1週間に思えるほど、時間の流れを速く感じています。

 

11/4は、学校の卒業式がありましたが、日本のものとの違いを大きく感じました。例えば、殆どの日本の先生は、こんな日にはスーツを着ると思いますが、ここニュージーランドでは、特別なマントを羽織っていました。友達曰く、昔、マントは、お金持ちの象徴だったそうです。そこから、現在では、大事なイベントの日には、人々はこれを着ることが好ましいという風になったとのことです。 私たちは、この日、3曲の歌を歌いました。そのうちの1曲は、私が英語の歌でもっとも好きな曲である、『wherever I go』も含まれていました。この歌を聴く時は、私は懐かしい気持ちになり、そして頑張って前を向いて進もう!という気持ちになります。それと同時に、この歌は、私にさようならを言う日を想像させます。。。

 

ところで、私は今、ELAクラスで沢山の楽しい作業をしています。1年もしくはそれ未満の滞在のインターナショナル生以外のシニア生たちは、NCEAという、大変大きなテストを年末に受けなければなりません。1年留学の私は、このテストは受けないので、ELAの授業をとっているのですが、この授業では、今、ノートパソコンでアルバムの作成をしています。まずは、どんなアルバムにするかを考えました。私はテーマを1年留学に決めました。一番の仲良しのドイツ人のワンダも同じテーマに決めたようです。私たちは、作業の間中ずっと、沢山の話をしています。だから、とても楽しい時間です。

 

午前中のELAのクラスが終わると、私は、自由時間になるので、私は街へ行ったり、自転車に乗ったりして過ごしています。先日はワンダと映画『オリエント急行殺人事件』を観に行ってきました。日本語で読んだことのあったストーリーだったこともあり、映画の内容はとてもよく分かりました。アガサクリスティー作のこの話は、1番のミステリー作品だと私は思います。

 

2週間前、私とホストファザーは、ラグビーゲームに行ってきました。行く前日、ラグビーに興味ある?明日、ラグビーの試合行ってみる?とお母さんに聞かれました。ラグビーのルールは大体分かっていたし、興味があったので、とてもワクワクしました。私たちが応援しているタラナキチームは、試合の最後で、ほんのわずかな差で負けてしまい、残念でした。タラナキチームは、我々が住むここニュープリマス地元の地域のチームのため、今回の負けは、私たちだけでなく、多くの人たちが残念がっていました。でも、私は日本でもスポーツ観戦はしたことがなかったのでどんなものなのか全く知らなかったこともあり、なおさら大変良い経験になりました。タラナキの熱狂的沢山のファンが、試合の間中、叫んでいました。私の隣にいた男性は、大変大人しそうな人だったため、ホストファザーが、彼は叫びそうにないから、ラッキーだね!と言っていたのですが、試合が始まるや否や、やはり彼も立ち上がって叫び始めました。ですから、もちろんご想像通り。。。タラナキが負けた瞬間は、彼も本当にがっかりしていました。

 

今週月曜日、私はメリーランド小学校で日本語を教えてきました。家からとても近い学校だったので、歩いて行きました。6のクラスに行き、はじめは緊張もしたのですが、皆フレンドリーで、一生懸命に私の話に耳を傾けてくれたので、友達もできました。私の日本の話を終えると、沢山の人たちが私にさまざまな質問をしてきました。ひとりの女の子が、日本ではクリスマスが冬にあることが信じられないと言ったので、私も、もうじきここで夏のクリスマスを迎えることが信じられないよ、と言いました。

 

私はここで充実した素晴らしい時間を過ごしています。  レポートを読んでくださった皆さま、ありがとうございます。

2017/12/19

We have the great pleasure to share the following new report regarding another 1 year exchange program in the United State.   Kotone Furukawa, a 10th grader of Otsuma Nakano High School, has been enjoying her staying in Kansas, America and studying at the local high school there.  She has been made an effort to be commited with volunteer works in the United States.   It would be wonderful if you readers could give us feedback of her report.  Her report is as follows:

 

Hi, my name is Kotone Furukawa. I have been staying in Kansas, United States for four months to study English and experience American culture here.  I experienced doing 3 volunteer works and I would like to talk about two of them that I experienced so far.

 

Firstly,  the third biggest holiday for Americans should be Halloween!!  I volunteered for helping kids to enjoy the Halloween night.  Some parents get worried to send their children out for trick or treat because sometimes there are people that kidnap children.  So, instead of going out to treat or treat,  they come to “Hallelujah Night”, which is the biggest event for our school.  Every year more than 600 kids come to Hallelujah Night and play games, enjoy free food and get some candies. I had really awesome time playing games with little kids and making kids smile.

Secondly, the next volunteer that I experienced was to serve food to the homeless people. In Wichita, Kansas, the place where I live, there are more than 500 homeless people. What I did was to serve free food to the homeless people at the park. There are some places where the State Official serves food for them, but they don’t get enough or they didn’t get food for few days long.

 

More than 60 people came to eat the food and I enjoyed talking with them about how they lived.  In particular, I got very interested in listening to what happened to them past times. I had a awesome time communicating with homeless people there, which made me feel good to be there for them.

 

Both volunteer works were really fun and I learned lots of things. Volunteer works are not just for helping people, but it makes my life richer and better to be there helping someone and making smile is the best thing for volunteers.  On the upcoming Christmas Eve, I am planning to volunteer for serving free food at the church for the people that don’t have money to celebrate Christmas. 

 

I have 6 months until I go back to Japan, so I would like to experience lots of volunteers.   I wish you in Japan to have happy holidays!! 

 

2017/12/18

12月15日(金)、大妻女子大学千代田キャンパスで、「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」エントリーに向けてのワークショップが開かれました。大妻女子大学国際センター、大妻女子大学英語教育研究所、大妻中野中学高等学校国際部の共同主催のプログラムです。大妻女子大学の学生をはじめ、大妻中野からも「トビタテ!」にチャレンジしたい中高生、そして留学へ関心の深い多数の保護者が参加しました。

 

まず、大妻女子大学大学院教授・英語教育研究所所長の服部孝彦教授から、「トビタテ!」のプロジェクトの本質とその求めている留学生像とは何か、そして、その本質を踏まえて、どのように留学計画書を作成していけばよいのか、についてレクチャーがありました。文部科学省のSGH(スーパーグローバルハイスクール)企画評価会議の一員であり、英語教育や大学入試改革の有識者会議でも活躍されている服部先生からの非常に判りやすいアドバイスに、生徒たちと保護者の方々は熱心にメモを取り、耳を傾けていました。

 

次に、Japan Study Abroad Foudationの中野太郎氏による「トビタテ!」の詳細な説明がありました。大学生コース、高校生コース、それぞれの特徴も踏まえ、計画書にはどのようなことを盛り込むか、実際に書類審査をする企業の方々の視点についてのアドバイスなど、さまざまな観点からのレクチャーです。「トビタテ!」の申請に限らず、大学生は、就職活動で必要とされる知識やスキルへ、高校生は大学入試(AO入試など)に求められる志望理由書の作成へ、それぞれに役立つお話となりました。

 

最後に、「トビタテ!留学JAPAN」高校生コース第3期生として、トビタテ!で留学した大妻中野高等学校1年生の長崎碧さんから、自身の体験からの「トビタテ!」についてのプレゼンがありました。彼女の「トビタテ生」としての「エヴァンジェリスト活動」の一環でもあります。

 

長崎さんは、「トビタテ!」とは、「留学奨学金」を得るだけではなく、「優れた友・志を同じくする仲間」そして「未来に繋がるチャンス」の3つを与えてくれるものだと説明。「トビタテ!」を「将来、自分のブランドを立ち上げる起業」という夢の具体的な一歩として捉えて、応募し、採用されました。「トビタテ!」からもらった「チャンス」で、これから企業の方々にもアプローチして、自分の夢の実現に進んでいきますと力強く語ってくれました。

 

 

2017/12/17

「帰国子女って、英語が出来るから、うらやましい!」

「帰国とか留学とかって、受験でもお得なんでしょう?いいなあ~。」

 

これらの言葉を、誇らしい気持ちで受けとめられる海外帰国生はどれくらい存在するのでしょうか。

日本の小学校で学ばなかったから…「純ジャパ」の同級生たちが経験したような中学受験勉強を

したことがないから…そもそも英語圏からの帰国ではないから、日本人学校の出身だから、海外

帰国生といっても英語が堪能なわけではないから…。

海外での生活経験があります!という経歴の陰に、自信を持てない要素やむしろ弱点と言うのが

適切かもしれない要素を抱え、不安な気持ちで学業に取り組む海外帰国生はけっしてめずらしく

ないのです。

 

日本語で学ぶ難しさに苦しむのは私だけ、わが子だけなのかもしれない…。

英語だけ出来たって、他の科目が不安定では何の意味もないかもしれない…。

英語も出来ない帰国生なんて、実はデメリットだけなのかもしれない…。

海外帰国生、帰国生保護者のみなさんは多かれ少なかれ、こんな不安とともに過ごしています。

そんなモヤモヤした気持ちに「あなただけじゃない!」「きっと大丈夫!」と救いの手を差しのべて

くれるのが、大妻中野で続けられている「帰国生懇親会・帰国生保護者会」です。

 

AO入試、英語資格試験を利用した入試、推薦入試…。

大学入試のあり方が変化しつつある昨今、大学が求めるのは「入学してから伸びる、大学にとって

財産となる学生」です。それは、中学生・高校生の日々をカラフルに過ごし、豊かな経験や広い視野、

深い思考力を身につけてきた子どもたちそのものだと言えるでしょう。

 

今日開催した懇親会は、さまざまな海外経験(幼少時の海外在留/中学入学後の海外転勤⇒帰国/

学校の制度を利用した海外留学)を経て大学入試に挑んだたくさんの帰国・留学OGから体験談を

聴く時間を長めに確保した構成です。

参加した在校生・保護者のみなさんが自分のヒントを見つけやすいよう、OGたちも入試の形態から

在学中の勉強方法まで、赤裸々かつ丁寧に語ってくれました。

2時間を超える懇親会が終わっても、OGたちの前には質問したいことで盛りだくさんの中学生・高校生、

保護者のみなさんがたが列をなし、熱心な相談会が繰り広げられます。

 

不安だ心配だと尻込みしている毎日に、ハッピーなことは訪れません。

思い切って相談してみるだけ、ちょっと経験者の言葉に耳を傾けてみるだけで、視界は一気に開けます。

寄り添える人に必ずめぐり会える場所。

そういう場所が、人が、母校にあるって、ちょっと嬉しいことですよね。

新年度を前に、新入帰国生対象の懇親会も開催予定です!

 

 

2017/12/16

自分が言いたいことって、相手にどのくらい確実に伝わるのでしょう?

思い入れの強さや、強調したいポイント、共有したい考えを適切に伝える難しさは

いつも私たちにとって悩ましい問題です。

 

何もない空間で、聴衆を前に丸腰のトークを繰り広げる、なんてことになったら、

誰でも尻込みしてしまいます。

どんな技術が、どんな工夫があれば、より「語る」ことのハードルを下げ、相手に

よりよく自分の思いを伝えることが出来るでしょうか。

 

妻中の外国語教育アドバイザーとして、常日頃からアツい授業を展開してくださる

大妻女子大学の服部孝彦教授に、本日は英語でプレゼンテーションをするスキルを

磨く講座を開いていただきました。

□ PhysicalMessage(アイコンタクト・ジェスチャー・笑顔など)

□ VerbalMessage(声の抑揚・節回しなど)

□ SpeechMessage(問題提起・論理的筋道など)

□ VisualMessage(チャート・グラフ・イメージ画像など)

パワーポイントはプレゼンテーションを容易にする力強い味方。

VisualMessageとしてのスライドが数枚あるだけで、プレゼンテーションは驚くほど

やりやすくなるのです。

 

「○○と△△の違い」というお題をいただき、レクチャーを受けた生徒たちは、まず

自分の話すべき内容に関するパワーポイントを作成します。

画像ばかりにこだわって、言葉をおろそかにしてはいけない!と、電子辞書から、

ネイティブの先生から、知恵を拝借して作業を進める生徒たち。

【「琴」と「箏」の違いとは】

【「大統領」と「首相」の違いとは】

【ユニバーサルスタジオ「Japan」と「Singapore」の違いとは】

【ダイエットに「成功する人」「しない人」の違いとは】…

中学3年生から高校2年生まで、それぞれに個性あふれる楽しいテーマが出揃います。

 

緊張の面持ちで、ぎこちない笑顔の生徒。

ユーモアをさし挟みつつ、会場から笑いを引き出す生徒。

ひとつひとつ工夫された発表に、服部教授が与えてくださるアドバイスがまた、ウィットに

富んでいて、当事者でない生徒も思わず聴き入ってしまうのです。

純粋に楽しいのに、確実に力がつく時間。

彼女たちが得たスキルが、教室で、部活で発揮されるとき、また新しい意欲が生まれる

だろうな、と嬉しい期待がふくらみました。

2017/12/14

「中学校時代でいちばん心に残った思い出は何ですか?」

そんな問いかけに「合唱コンクール!」と答える。

これは日本全国どこでも、決して珍しいことではないでしょう。

けれど、答えたのが妻中生だったら、その答えには他の人よりちょっぴり、いえ、相当の濃さと

熱さ、涙と笑いをこめずにはいられないはずです。

だって、大妻中野の合唱コンは、中学校生活の中でも群を抜いてスペシャルな行事だから。

 

クラスごとに設定される合唱コンクール委員。

その委員たちと全中学生とを取り仕切って、この一大行事を生徒自ら企画・運営していく

合唱コンクール実行委員会幹部たち。

先輩たちが歌ってきた各学年の課題曲に思い入れがあるのはもちろんのこと。

各クラスの自由曲を選ぶところから、すでにヒートアップした話し合いが繰り広げられます。

課題曲自由曲それぞれの指揮者伴奏者にのしかかる、重すぎるほどの重圧。

くじけそうになりながら頑張る姿、陰で涙を流す姿は、もはや大妻中野、冬の風物詩です。

 

12月12日(火)合唱コンクール当日。

なかのZEROホールにて、朝のリハーサルから長い1日が幕を開けます。

昨年のリニューアル工事期間を経て、再び戻ってきたZEROホールの舞台。

今年は中学2年生・1年生ともに、初めてのZEROホールです。

各学年・各クラスが繰り広げる魂のこもった演奏。

気迫に満ちたステージに思わず涙を浮かべる保護者の方もいらっしゃいます。

上級生は後輩たちの初々しい様子に懐かしさを募らせながら、下級生は先輩たちの情感

豊かで表現力にあふれる歌声に憧れを抱きながら、進行していくコンクール。

長い1日の締めくくりは審査発表。

悔しい涙は次、何かに傾けるエネルギーに。嬉しい涙は生涯誇れる心のアクセサリーに。

たくさんの笑いと涙が来年、また新たな思い出を刻んでくれることでしょう。

 

【審査結果】

中学1年生 学年金賞 1年5組 ~自由曲:HEIWAの鐘

           銀賞 1年3組 ~自由曲:COSMOS

中学2年生 学年金賞 2年5組 ~自由曲:未来へ

           銀賞 2年4組 ~自由曲:春に

中学3年生 学年金賞 3年6組 ~自由曲:虹

            銀賞 3年1組 ~自由曲:プレゼント

総合優勝          3年6組

総合準優勝         2年5組

合唱コンクール実行委員会のみなさん、お疲れさまでした!

 

 

 

 

2017/12/13

「ベトナムには、無糖のお茶って…なかったんですよ。」

何気なく語られたひと言に、妻中生たちの興味がグッと引きつけられた感触。

育ち盛りの女の子ですから、食べ物飲み物には思わず反応してしまいますね。

ちょうど妻中生たちのお父さん世代にあたるご年代でしょうか。

キリンホールディングス株式会社、グローバル人事室の森澤さんが語るベトナムは、さすが

飲料メーカー!という切り口で「アジアの甘いお茶」という不思議なイメージを駆り立てます。

「ぼくが小さい頃には、日本でも麦茶にお砂糖を入れたりしていたんですけどね。今の日本で

お茶にお砂糖って、ちょっと変な感じがしますよね?」

 

キリンホールディングスがベトナムの企業を買収し、海外展開をいっそう加速させようとした

数年前。現地企業に入り込む難しさを思い知らされたのは、味覚文化が違う!なんて文字通り

甘い部分ではなかったそうです。

学校で「道徳」を学ばない教育事情。何がダメなことで、何がいいことか、の価値観を揃える

ことからのスタート。ウソはいけない。他人を信用する。もちろん、自分も信用してもらう。会社の

備品は私物ではない。日本では当たり前のことが当たり前でない、それは決して現地の文化が

劣っているのではなく、ただただ「違う」のだ、と認識する。

「ダメ」なのではない。「今はまだ」できない・わからないのだ、と考える。

 

この言葉に大きく反応したのは、高校生の背中です。

委員会活動や部活動で後輩たちを指導する立場として、感じるものがあったのでしょう。

何年も、難しい現場で、多種多様な人々と向き合っていらっしゃった人事担当の方だからこそ

語れる、実感のこもった言葉には説得力があります。

 

「自分は何者か」を知る手がかりとしてチャレンジしたキャリア指向性のワークシート結果には、

中学生高校生ともお互いの結果に興味津々!同じ学校に通う、同じ世代でも、自分と他人とは

考え方・感じ方が違うのだ、という事実は、目の当たりにするからこそ感慨深いもの。

国が、文化が、経済状況がかわれば、みんな違って当たり前。

だからこそ、相手を思いやること、共感すること、物事の本質をつかむこと、が必要なのです。

 

4日間にわたる期末試験が終わったばかりの妻中生たち。

それでも、手にしたメモ用紙には森澤さんの言葉がところせましと書き留められています。

今、妻中生たちが自動販売機やお店のレジで手にする「世界のKitchenから」。

数年後、数十年後には、そのKitchenに立つ自分がいるのかもしれない…。

机の上の四角い紙に向いていた気持ちが、一気に解放感あふれる世界へ、未来へと広がりました。

2017/12/09
ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.