Now it is the time for St. Andrew’s Catholic College to welcome their Term 2 for 2017.  As for Otsuma Nakano exchange program there, new students have kicked off their study at St. Andrew’s.  We are more than proud to introduce Kanna Kuramoto, who is one of the exchange students for Term 2, and the first report on her outstanding Aussi life in Cairns.

 

Hello, everyone!  This is Kanna Kuramoto from Cairns, Australia.  I have spent one week in Cairns since I came here.  In Cairns, it is often raining.  It makes me feel a little blue, but after the rain, there is a rainbow arching over the sky, so I can see beautiful view. Even though I have stayed here for only one week yet,  I can share my interesting Cairns life with everyone! Here we go!!

 

My buddy is Hannah, who came to Otsuma Nakano High School to join our student exchange program for three weeks.  She is in Year 10, so I am taking the classes of Year 10, too.  I can usually understand the contents of each class with the help of my dictionary for looking up my unknown words, but it is very hard to listen to fast English words and sentences spoken by teachers.  I listen to lectures very carefully in every class.  Especially, Religion class and English class are so difficult to me. In the Religion class, during first 10 minutes to 20 minutes, we do “Meditation”.  It is called MEISOU in Japanese.  A teacher plays meditation music and students close their eyes and lie down on the floor.  At first when I saw such a sight, I was surprised at it, and thought “what happened?!”.  But because Hannah told me that it was meditation, I could understand that action. Now the time of “meditation” becomes my relaxing time. (hahaha!)

 

In the English class, I learned how to update the presentation. The teacher gave me my own homework.  It is a reading task. I have to read a book written in English, and after reading I have to write an essay about the book.  I was told that I should hand in the essay in the final week of studying abroad, so now I’m reading that book with looking up my unknown words.  It is very happy task for me to do. The book was chosen by Hannah and her friend, Lauren. They chose a book very earnestly. In the library, they argued each other like “This book’s English is too difficult” or ”This story is too heavy”, and so on.  It made me happy, and I thank them for choosing the book.  

 

I want to write much more things on this report, but if I write all things, this report will be very long, so I end this report here.  I need to practice much more to be a native speaker, so I’ll absolutely continue to do my best with positive thinking mindset and smile!!!

 

Thank you for reading this report.  See you in two weeks!!

皆さんこんにちは!ケアンズに留学中の倉本栞汀です!私は今、ケアンズに来て1週間が経ちました。ケアンズでは、雨がよく降っています。それは少し残念ですが、雨が降った後にはいつも大きな虹がかかってとても綺麗なので、雨の天気でもいい景色を見ることができます。私はまだケアンズに来て1週間ですが、この1週間での楽しい経験を紹介していきます!Here we go!!

 

私のバディは以前大妻中野に3週間留学に来ていたHannahで、彼女は10年生のため、私も10年生の授業を受けています。授業の内容はわからない言葉を調べながら勉強するとわかるのですが、先生の話を聞くのがとても難しく、いつも先生の早いスピードの英語を必死になって聞いています。特に、宗教の授業と英語の授業が難しく感じました。宗教の授業では、授業の最初の10〜20分、”meditation”という、”瞑想”をします。先生がパソコンから瞑想用の曲を流し、生徒は横になって目を閉じます。最初、生徒みんなが椅子から降りて寝転がった時は”何が起きたんだ?!”とびっくりしましたが、Hannahが瞑想だということを教えてくれました。今では、meditationの時間は私のリラックスタイムです。笑

 

英語の授業では、先生が私に私用の宿題を用意してくれました。それは、本を1冊選んで読み、それについてのエッセイを書くというものでした。提出するのは留学の最後の週と言われたので、わからない言葉を調べたりしながら、楽しく読んでいます。本は、Hannahと彼女の友達のLaurenが真剣に選んでくれました。図書室で、”この本の英語は難しすぎる”や”この話は重い”などと話し合いながら選んでくれ、私は彼女たちに感謝しました。

 

まだまだ書きたいことはたくさんありますが、長くなってしまうのでここまでにしておきます!私がネイティブスピーカーになるにはまだまだ練習が必要です。これからも、明るく笑顔で、全力を尽くします!!!

 

このレポートを読んでくれてありがとうございました。私は絶対に成長してみせますよ!では、また次のレポートで!

2017/04/24

「チェンマイはEMセンターです!」

「アメリカは英語室です!」

「オーストラリアは?」

オリエンテーリングでもしているかのような土曜の放課後。

聞こえてくる外国の地名は、すべて大妻中野が提携する海外教育機関がある国々のものです。

1学期が終了すれば夏休み。

長いお休みの期間、英語圏で語学力を磨くもよし、アジアの地方都市が発展を目指す様子に

触れて、知見を深めるもよし、他校の学生とリベラルアーツを学ぶもよし!

 

今日は夏休み、充実の時間を過ごすためにノックするドアを検討する、説明会開催デー。

チェンマイ(タイ)スタディツアー

ニュージーランド・ニュープリマスガールズハイスクール短期留学

アメリカ・セントジョセフ大学短期留学

オーストラリア・セントアンドリュース短期留学

カナダ体験学習

HLABサマースクール

選択肢の多さに改めて驚かされるバリエーション!

聴き手のメモをとる手がせわしなく動き続ける光景にも、真剣さがにじみ出ています。

 

やりたかったこと、やってみたいことを実現する夏。

今から夏休みの計画で頭がいっぱいになりそうです。

もちろん、部活動にも一生懸命な妻中生。

どれほどのエネルギーがこの夏、大妻中野を起点にはじけ出すか、楽しみでなりません。

 

 

 

2017/04/22

「Hello!」

廊下に突如現れたお客さまを見かけた中学1年生が、にこやかに英語でご挨拶。

実は、本日のお客さまは日頃よくお見えになるオーストラリアやアメリカからの

ゲストではなく、まだまだ寒さ厳しいスウェーデンから、はるばる日本の大妻中野へ

いらしてくださった方々なのでした。福祉大国スウェーデンで、特にアートに力を入れて

活動している中高特別支援学校「ヘヴィク」からのスペシャルゲストです。

スウェーデン語だと、英語の「Hello!」はHej(ヘイ)とか、Hejsan(ヘイサン)とかが

近いのだそう。どことなく似ているような似ていないような…。

 

言葉こそ違っても、興味をひかれたときに目がキラキラ光るのは、どこの国の方も

みなさん同じです。

全員で起立し、号令とともにキッチリ礼をしてスタートする授業の始まりかたにも、

生徒たちの大きなペンケースに詰まった、色とりどりのペンや付せん紙などの

バリエーションにとんだ文房具にも、ゲストが大きく目を見開いていらっしゃるのが

ありありと分かります。途中でたちよった購買でも、こまごまと並べられた商品の

数々に、楽しげな歓声が上がりました。

そして何より、大妻中野の自慢ポイント!とも言うべき充実のICT環境には本当に

みなさんが驚きを隠せなかったようです。

電子黒板に映し出される文章や画像、動画。

生徒たちが持つタブレットが先生と生徒との双方向授業を可能にしている様子。

日本の学校って、面白い!そう感じていただけたでしょうか?

 

大妻中野が合唱や器楽、美術、ダンスなど、さまざまな活動で積極的に取り入れて

いるArtsの取り組み。アール・ブリュットを通じてお世話になっている愛誠学園さんと

ともに、ヘヴィク校と新しいArtsの輪を広げてみたい!生まれたばかりの交流に期待が

ふくらむ春の一日になりました。

2017/04/20

「先生!仮入部にいっぱい1年生が来てくれました!」

「いいなあ~。うちも頑張って来てもらわないと!」

 

試合前でもないのにお昼休み、ユニフォーム姿の運動部が廊下にあふれる理由はひとつ。

中学1年生の教室をまわって、クラブの勧誘をするためです。

“Otsumanakano”のロゴ入りの、各クラブそれぞれに工夫を凝らしたユニフォーム。

文化系のクラブは自慢の楽器や入魂の作品を手に教室をまわります。

 

入れ替わり立ち替わり現れる先輩たちに、1年生の目は釘付け。

仮入部期間はまだまだ続きます。

面白いこと、楽なことばかりじゃない、だからこそ、部活を経験する良さがある。

1年生にも、自分たちが味わったような感動を経験して欲しい!

まわる教室は変わっても、伝える言葉は変わっても、先輩たちの思いは常に同じ。

頑張るって、いいことだよ。仲間って、いいものだよ。

今年の1年生に一番人気のクラブ、果たしてどこになるでしょうか?

 

2017/04/18

校歌を歌う妻中生が下を向いている風景。

4月、まだ校歌をマスターしていない中学1年生限定の、希少な眺めです。

今はメロディを聴きながら歌詞を追いかけるので精一杯!の1年生。

初めて合い服に袖を通す5月には、しっかり前を向いて大きく開けた口から、見事な歌声が響いてきます。

 

これからドンドン妻中生らしく、ということが盛りだくさんの1年生。

でも、すでに妻中生らしさが板につき始めたところもあるのです。

妻中らしさの筆頭と言えば、何はともあれ元気で明るい挨拶の声。

朝、正門で仲間を迎える生徒会のメンバーと元気よく挨拶を交わすところから、1年生の妻中らしさは

全開です。廊下を行き交うときも、移動教室に迷いつつ、気持ちの良い挨拶は忘れません。

 

挨拶が出来たら、ぜひ「お辞儀」もきっちり丁寧に!

小笠原流礼法の先生に、美しい礼の仕方を教わり、おっかなびっくりチャレンジ!

ピンと伸びた背筋がちっともブレない先生の仕草を目の当たりにすると、なんとか自分も綺麗な所作を

身につけたい!と思わされてしまいます。

妻中にいるから出来ること、妻中だからこそ身につくことをひとつずつ。

初めてづくしの日々が一段落つくころ、どんな風に成長してくれるか、とても楽しみです!

2017/04/17

「大妻中野の特徴ってなんですか?」と尋ねられると、答えはいろいろ。

でも、妻中生に尋ねても、保護者のみなさまに尋ねても、必ず答えの中に入るのは

「部活動がさかんですね!」のひと言でしょう。

放課後になれば、各クラブのユニフォームが颯爽と移動する姿で廊下が俄然華やかに。

歌声、楽器の音、BGMのリズム、と各フロアーは音で満たされます。

 

自分らしい妻中ライフを創るのに、大妻中野では部活動が欠かせない要素。

新しく妻中ライフを創っていく中学1年生が、大好きな居場所を見つけていく準備の期間が

今日からスタートします。

各クラブがしのぎを削り魅力をアピールするクラブ紹介。

1部活3分!という制限時間の中、それぞれに工夫を凝らした演出が続きます。

どのクラブも可愛い後輩を迎え入れたくて一所懸命です。

次々と現れる先輩たちの凜々しい姿、1年生の目にはどんな風に映るのでしょう?

明日からは、昼休みにHR教室をまわるプレゼンテーションがスタートし、仮入部も始まります。

今年の人気ナンバーワンは何部になるでしょうか???

2017/04/13

Now we would like to express our sincere thanks to all of you for sharing the reports from New Zealand by Otsuma Nakano exchange students.  This is the final report for Term 1, 2017.  They will get back to Japan in a several days, but we are sure they left her hearts in New Plymouth.

 

Hello everyone!!!!  This is Haruka Hirata.  This report will be the last report from New Zealand.  Three months have passed by so fast, but I could enjoy a lot.  Actually, this week the weather was so terrible and so cold.  It means that winter is coming soon.  I would like to share my kiwi life with you.

 

At first, I want to share my classes which I am taking.  English class is the hardest class for me.  But fortunately, my English teacher and my host mother are acquaintances, so I can ask some questions to him so easily.  On Thursday, I played volleyball during PE class.  Everyone played very well so we could start a game soon, which made me so surprised, but I could enjoy a lot!!!  During classes, I was too busy to understand the classes at first, but now I can understand them easier than before.

 

About 2 weeks ago, I made sushi and soba with my host mother!!!  We invited my host father's parents as well.  Actually, it was the first time to make sushi at home because I always only buy and eat.  So, when my host mother said to me "You are Japanese, so of course you know how to make sushi??" I was so confused actually.  But I could make amazing dinner and everyone said, "it's awesome" so I felt so happy!!!

 

Last weekend, I went to Mt. Taranaki with my host family.  Unfortunately, on the day it was not good weather, so I couldn't see the mountain because of clouds.  But I saw an amazing waterfall.  Actually, I like to be in the nature, so when I visited there, I felt so happy.  I don't have enough time by the time we go back to Japan, but if I have an opportunity, I want to go somewhere as well!!!!

 

On Friday, I went skating with some international students at night!!!  It was the first time to do skating, so it was so hard for me.  But everyone helped me, so I could enjoy a lot with them.   I slipped and fell over several times. Almost all my friends who went there could skate, so it was so hard to catch up with them.

 

Fortunately, it was really good weather on my last weekend in New Plymouth!!! On Saturday, I went to the Pukekura park with my host family!!  Everyone says that Pukekura park is the most famous park in New Plymouth.  The day was the last Saturday in New Plymouth for me, so it was good because I had a good time with my host family!!

 

On Sunday, I went to south Taranaki, which is called Hollards garden!!!  It was the last holiday for me in New Plymouth.  I could see a lot of beautiful flower and views.

 

I have only about 1 week until I go back to Japan.  It means I don't have enough time to talk and play with my host family.  When I didn't have any plans, my host family always took me somewhere.  We have a baby in my host family, so it's a little bit hard for me to talk about my kiwi life with my host mother.  But after she went to bed and during cooking, I could talk so much.  Over all I want to say a big thank you to my host family.  If I didn't have them, I couldn't do anything.  Actually, when I was tired and not good, I always got so much energy from my host children.  I had some problems with them several times, but after getting back to Japan, I definitely miss them.

 

I've heard that the next girl who will come to New Plymouth from Otsuma for 1 year will stay with the same host family as me.  So, I'm teaching some Japanese words to my host mother.  My host mother is interested in Japan, so it's good opportunity for her I think.  I want the next student to have a good time as well!!!!

 

I have to leave here next Friday.  I really think I don't want to leave because I love New Plymouth and people who I met here!!!  But I will try to change my life style in order to get back to Japan.  I would like to say a big thank you to everyone for giving me a chance to join this exchange program and especially thanks to Otsuma and Girls high teachers, my family and my friends who helped and supported me.  I couldn't do anything without them.  I want to do everything as much as I can in the rest of my kiwi life!!!

 

Thank you for reading my report!!!!

皆さんこんにちは!平田晴佳です!!早くもこのレポートがニュージーランドからの最後のレポートとなってしまいました。この3ヶ月はとても早く感じましたが、たくさん楽しむことができました!今週はとても酷い天気の上に寒く感じる日が多かったです。冬がもうすぐ訪れる兆候だと思います。これから私のキウイライフを紹介していきたいと思います!

 

最初に、私が選択している授業についてです。英語の授業が1番私にとって難しいです。しかし幸いなことに、私の英語の先生とホストマザーが知り合いだったのでとても簡単に質問などをすることができました!木曜日には、体育の授業中にバレーボールをしました!キウイの子達は、すぐに上手にプレーをすることができていたのでゲームがすぐに始められました。日本ではないことなのでとても驚きましたが、たくさん楽しむことができました!最初は、授業の内容を理解するのに忙しかったけれど、今は前より簡単に理解することができるようになったので少し余裕も出てきました!

 

2週間ほど前に、寿司と蕎麦をホストマザーと一緒に作りました!ホストファザーの両親も招き、ディナーを楽しみました。日本では買って食べるというだけだったので、寿司を作るというのは初めてのことでした。さすがにホストマザーに「あなたは日本人だからどうやって寿司作るかもちろん知ってるよね?」と言われた時は戸惑ってしまいました(笑)ですが、皆美味しかった!と言ってくれた上、自分でも上手くできたと思っていたのでとても嬉しかったです!

 

先週末には、Mt. Taranakiにホストファミリーと行きました!残念ながら、良い天気でなかったので雲のせいで山をみることはできませんでした。ですが、とても素晴らしい滝をみることはできました!私は自然の場所にいることが好きなので本当に良い経験になりました!残り少ないですが、機会があればまたどこか自然の美しい所に行きたいと思っています!

 

金曜日には、一部のインターナショナルの子達と夜にスケートに行きました!私にとって初めてのスケートだったので、上手に滑ることが出来なかったのですが、皆優しく助けてくれたのでたくさん楽しむことができました!何回か滑って転ぶこともありました(笑)一緒に行ったインターナショナルのほとんどの子たちが滑ることができたので、私は追いつくのにとても必死でした。

 

私にとってニュープリマスでの最後の週末は幸運にもとても良い天気でした!!土曜日にはホストファミリーとpukekura parkに行きました!みんながpukekura parkはニュープリマスで1番有名な公園だと言っています。私にとって最後の土曜日をホストファミリーと過ごすことができてとても嬉しかったです!

 

日曜日には、ホストファミリーとHollards gardenと呼ばれる南の方のタラナキに行きました!最後の休日だったので、遠くに行くことができた上、たくさんトークしたり美しい景色を見れたりして楽しかったです!!

 

あと日本に帰るまで1週間もありません。つまりホストマザーとトークしたり、ホストチルドレンと遊んだりする時間もあまりないということです。私が何もプラン無い休日は、ホストファミリーが必ずどこかに連れて行ってくれました。実際、私のホストファミリーには赤ちゃんがいるのでホストマザーだけと話すのは決して簡単ではありませんでした。けれど子供達が寝た後や、ホストマザーと一緒に料理をしてる時などにたくさん話すことができました!とにかく、ホストファミリーには感謝の気持ちで一杯です!もし私がホストファミリーと上手くいなかったりしたら、何もすることができなかったとも思います。私が疲れていたり、あまり気分良くない時も、いつもホストチルドレンからたくさんの元気をもらっていました。最後まで全く問題がなかったわけではありませんが、日本に帰った後は絶対に寂しくなると思います。

 

次のterm2から1年ニュープリマスに来る子が同じホームステイだということが決まっています。それを聞いた時から、日本語を少しホストマザーに教えています!彼女は日本にとても興味を持ってくれているので、とても良い機会だと思います!1年だとまた違う経験もできると思うので私のホストファミリーとたくさん楽しんでほしいです。

 

今週の金曜日に私達はニュープリマスを離れなければなりません。私はニュープリマスとここで会った人全員が大好きなので、本当に離れたくないという気持ちが強いです。ですが、日本に帰るために生活スタイルも変えていかなければなりません。私のterm1の留学に携わってくださった方々皆に感謝の気持ちで一杯です。特に、大妻中野とガールズハイの先生方、家族、私を支えてくれた友達には本当に感謝しています。もし皆さんが私を支えてくれなかったら、何もすることはできませんでした。残りの私のキウイライフでは、やりたいこと全てにトライしていきたいと思います!!

 

レポートを最後まで読んでくださりありがとうございました!!!

2017/04/12

慌ただしい登校時間。

あちこち振り返り振り返り、見回し見回ししながら廊下を歩く姿の足もとは、赤い上履き。

入学したばかりの1年生です。

4月11日は登校2日目。

ちょっと教室を出てお手洗いまで歩くにも、迷うのは当然です。

1時間目の対面式、ちょっと緊張しながら中学2年生・3年生の先輩たちとご対面。

妻中経験豊富な先輩たちの姿をしっかり見せてもらうと、今後への期待も高まります。

 

その後はクラスごとに新年度恒例、中学1年生の校内見学ツアー!

特別教室から購買やお弁当の購入場所まで、妻中ライフを楽しむためのスポットを

実際に見て回ります。

あいにくの雨模様だった入学式に続いて、今日も太陽はもったいぶって現れません。

新1年生が高層棟からスカイツリーを眺めるのには、もう少し時間が必要ですね。

今は新鮮そのものの妻中ライフ。

いつか親しみ深く、いずれ懐かしく変わるまでに、どれほどの思い出を刻めるでしょうか。

赤い上履きがすぐに履き古されるくらい、学校内を活発に歩き回ってくださいね。

 

2017/04/12

It is our great honor to introduce the following outstanding remarks from Dr. Rhona Free, the President of the University Saint Joseph to Otsuma Nakano Junior and Senior High School, in particular, the incoming students for 2017, on our school website.  The University of Saint Joseph is one of our educational partner schools and universities in the world, which provides Otsuma Nakano students with the great opportunities to study with the faculty and the students of the University at the campus in Hartford, Connecticut, America.

 

As the president of the University of Saint Joseph in Connecticut, I extend thanks to the administration and teachers from Otsuma Nakano. We have a wonderful partnership that has internationalized the curriculum on our campuses, creating opportunities for our students to share in learning, travel, and friendships.  Students from Otsuma Nakano enliven our campus with their curiosity, energy and eagerness to share in our American culture when they visit us. They are wonderful students and we look forward to hosting many of them in the future and to having our USJ students travel to Otsuma Nakano to learn and study in Japan.  I wish all Otsuma Nakano students good luck and send best wishes for their great success.

 

Dr. Rhona Free, President of the University of Saint Joseph

4月9日の入学式に寄せられた本校の海外教育パートナー校の1つ、アメリカ、コネティカット州セント・ジョセフ大学学長、ローナ・フリー博士からのメッセージを以下に紹介します。

 

アメリカ・コネティカット州、セント・ジョセフ大学の学長として、大妻中野中学校・高等学校の校長先生を始め、教職員の皆様に感謝を申しあげます。本学セント・ジョセフ大学と大妻中野中学校・高等学校は、教育パートナーとして国際的なカリキュラムを策定し、学生、生徒達がその学びを共有する素晴らしい機会を作っています。これまでも、大妻中野の皆さんがアメリカの本学を訪問し、その好奇心に満ちたエネルギッシュな学びでアメリカの文化を吸収し、本学にも活力を与えてくれました。本学は、これからも大妻中野の皆さんが私たちのキャンパスに来てもらうことを楽しみにしています。さらに本学の学生が大妻中野で学ぶことも期待しています。大妻中野の生徒の皆さんの皆様の活躍と将来の大いなる成功を心から祈念しております。

 

セント・ジョセフ大学 学長 ローナ・フリー

 

2017/04/10

中野の桜は今、まさに満開。

この日曜日は大妻中野を出入りする人の群れが、中野の街に違った彩りを加えました。

あいにくの雨模様、真新しい制服を気遣って開く、傘の花。

午前中は小さな身体にやや大きめのセーラー服、午後は伸びた手脚にピッタリ映える

ブレザー姿。胸元を飾る「入学おめでとう」の花飾りが心を浮き立たせます。

 

「入学おめでとうございます。私たちはみなさんの入学を、心から楽しみにしていました!」

このフレーズを今日、学校内で幾度耳にしたことでしょう。

でも、この言葉こそ、大妻中野の本音です。

新中学1年生234名、新高校1年生216名。

この1人1人を起点に、どれほど多くの出会いが生まれることか。

その出会いのひとつひとつから、どれだけ多くのドラマがつむぎだされることか。

大妻中野を満たす、気持ちのいい挨拶の声。

今日生まれた新しい「こんにちは!」は、新しい笑顔につながる近道です。

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。

大妻中野はみなさんとの出会いを、本当に心からお待ちしておりました!

 

雨上がりの週明けから、一緒に、笑顔の虹をたどって未来へ進みましょう!

2017/04/09
ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.