皆さんは、USCANJ (U.S. College Alumni Network of Japan) というボランティア団体をご存知でしょうか? アメリカの大学の卒業生によるネットワークです。3月25日(土)午後、この USCANJが主催する海外カレッジフェアが、豊島岡女子学園中学校・高等学校を会場にして開催され、本校を含め、都内の女子校15校から約600名の生徒・保護者・先生が参加しました。 このカレッジフェアの前半は講堂において全体会が行われ、College Introductionと参加大学によるPanel Discussionが行われました。その後、後半は、食堂に設けられたそれぞれの個別大学ブースでの説明会が行われました。

 

参加した大学は、Wisconsin, Temple, Princeton, Middlebury, Columbia, MIT, Bryn Mawr, Brown, Bates の9大学が、全体会で、それぞれの大学の卒業生など担当の方による説明とパネルディスカッション、個別ブースでの説明には、この9大学に、Cornell, Stanfordの2大学が加わりました。

 

世界的にも有名なアメリカの名門大学がまさに一同に会しての説明会になりました。参加した生徒、保護者の熱心な質問に個別会場は熱気に包まれていました。 

 

例えば、MIT。卒業生により設立され、現存する企業は、30,000社。460万人の雇用。年間売上、1.9兆ドル(約192兆円)、世界で10番目の国と同等の経済規模というお話に、力が沸いてきます。

本校でも、グローバル・クラスの開設以来、海外大学への関心が大いに高まっています。ある大学のパネリストの方の「アメリカの大学では、どれだけカラフルな高校時代を過ごしたか、それを評価します」と。また、「コミュニケーション能力とは、周りを巻き込むリーダーシップのことです」と。こうした大学の卒業生に大きな刺激を受けて、気持ちも新たにした生徒も多かったようです。

.

2017/03/30

大妻中野合唱部よりお知らせです。

 

高校合唱部が、NHK総合『うたコン』に出演することになりました。

 

生放送の番組ですので、詳細な出演時間等をお知らせできませんが、

もし、お時間が許すようでしたらご覧くださいますと幸いです。

 

『うたコン』放映予定日・時間を以下に記します。

NHK総合 

4月4日(火) 19:30~20:43(予定)

↓番組情報はこちら

うたコン

2017/03/30

Here comes a very moving and interesting report from New Zealand.  Naoka Yoshizawa shares with you all her very emotional and exciting time for her to spend with many local and international people including her friends from Japan. 

 

Hello. This is Naoka Yoshizawa. How have you been?  The weather is getting to be the one for Autumn and summer is already gone in New Plymouth.  This summer was not nice as much as I expected because of the weather.  As the end of this studying abroad program is coming as well, I can’t believe that I have already spent 11 months in New Zealand.  I should prepare for going back to Japan. I would like to share my busy last week and this week with you all.

 

On Tuesday last week, Ayaka, who was studying abroad with me in Term 2, and her sister visited us!!! It was amazing to see them again in New Plymouth. They stayed for 4 days in New Zealand. On Tuesday night, we had dinner at Teffrey’s house with Haruka and Shoka. We ate Nachos and it was great!  On Thursday, they went to town with NPGHS’ students and me!  We went to Centre City for shopping and got some Gelato.  On Friday, we had farewell dinner for them with some international students in NPGHS at the restaurant in town. We didn’t have enough time to spend time with them because they had flight at night on Friday. It was great opportunity to see each other for international girls in NPGHS and Ayaka. And I guess it was good that her sister experienced a lot of things even though it was short time. Hopefully I am sure that they enjoyed their time with friends in New Plymouth.

 

From Friday to Sunday last week, we had a big event in New Plymouth called WOMAD. It means “World Music, Art and Dance festival. There were a lot of groups of singers and dancers from New Zealand and other countries performing on the stage and there were a lot of various countries foods as well!!  I have been there because everyone told me to go and it will be good memory for me. The ticket was a little bit expensive but it was good. There is no event which is like WOMAD in Japan, so it was a quite new thing for me.

 

On Thursday this week, we had country walking at the lunch time. It was the event for international students in NPGHS to show their own cultures to all of the school.  We were wearing Yukata and had the national flag walking around the school.  A lot of students in school were interested in us because it looks very different from European culture. In NPGHS, there are many international students from a lot of countries and we are usually sharing our own cultures and how different they are, such as school lunch time and daily routines at the intervals or lunch time.  It is good for us that the school accept a lot of international students because we can learn not only that one country culture but also the other countries’ cultures sharing some of our experience about studying overseas.

 

I have 2 more weeks left to stay here. I just want to spend time actively as much as I can and spend time with friends and host family. I also must be ready for going back to Japan and changing my life style. I think this studying abroad will be my biggest and the most wonderful choice and experience for me. I’m thankful to all people who support me and take care of me and give me this opportunity. Especially for the teachers in Otsuma and NPGHS, my best friends and my family.

 

Thank you for reading. See you next time!

ニュープリマスでは夏が過ぎ去り、秋が来ています。今年の夏は私が考えていたよりも天気が良くなかったため、あまりよくありませんでした。そして、この留学も終わりに近づいています。私は、11か月もニュージーランドで過ごしているということが、信じられません。私は、日本に帰る準備しなければなりません。それでは、活気のある私の先週と今週の生活をシェアしたいと思います。

 

先週の火曜日にターム2で一緒に留学していた、岡田あやかさんと、妹がニュープリマスに遊びに来ました!ニュープリマスでまた会えたことはとても素晴らしかったです。二人は、4日間ニュージーランドに滞在していました。火曜日の夜にテフリーの家ではるかとしょうかと一緒に夕食を食べました。私たちは、ナチョスを食べました。とても美味しかったです。木曜日には、NPGHSの生徒と私でタウンに行きました。センターシティーで買い物をして、ジェラートを食べました。金曜日には、何人かのNPGHSのインターナショナルスチューデントと一緒にタウンにあるレストランでフェアウェルディナーを食べました。二人のフライト時間が金曜日の夜だったので、一緒に過ごすことができる時間が十分でなかったので残念です。NPGHSのインターナショナルスチューデントの生徒とあやかと会えたことは、とてもいい機会でした。とても短い時間だったけれど、あやかの妹はたくさんのことを経験できたと思います。二人がニュープリマスでの時間を楽しんだと願っています。

 

金曜日から先週の日曜日まで、ニュープリマスではWOMADと呼ばれる大きなイベントがありました。WOMADとは「世界のミュージック・芸術・ダンスの祭典」という意味です。ニュージーランドやほかの国からの歌手やダンサーたちがステージでパフォーマンスしていました。また、たくさんの国のご飯もありました。みんなが私にそのイベントに行くように言ったので、私はそのイベントに行ったのですが、そのイベントは私にとって良い思い出になりました。チケットは少し高かったのですが、イベントは良かったです。WOMADのようなイベントは日本にないので、私にとって新鮮でした。

 

今週の木曜日には、お昼ごはんの時間に、カントリーウォーキングがありました。このイベントはインターナショナルスチューデントがそれぞれの国を学校へ見せるというイベントでした。私たちは、浴衣や国旗を持って、学校の周りを歩きました。ヨーロッパの文化からの違いによって、学校ではたくさんの生徒が興味を持っていました。NPGHSではたくさんのたくさんの国から来ているインターナショナルスチューデントがいて、それぞれの国の文化(たとえば、ランチタイムや1日のルーティンの違いなど)をインターバルの時間やランチタイムの時間にいつもシェアしています。学校がたくさんのインターナショナルスチューデントを受け入れているのは、私たちにとって、とてもいいことです。なぜなら、私たちはほかの国の文化をシェアできるだけでなく、ほかの国の文化を私たちが海外で経験してきたことをシェアすることができるからです。

 

私は、ニュープリマスを飛び立つまであと2週間しかありません。私は、友達やホストファミリーとできるだけ多くの時間を積極的に過ごしたいです。また、日本に帰る準備をすることと、生活スタイルを変えなければなりません。この留学は私にとって、最も大きく、最も素晴らしい選択・経験となると思います。私を支え、私に関わって下さったすべての方々、またこのような素晴らしい機会を下さったことに感謝いたします。特に大妻中野の先生方、NPGHSの先生方、友達、家族には感謝しています。

レポートを読んで下さり、ありがとうございます。では、次のレポートも楽しみにしていてくださいね!

2017/03/27

Now we have received the updated report from Australia, which shows us how amazing her staying and studying there as an exchange students have been.   It would our great pleasure to share her report by Kyoka Maeda in Cairns, Australia.

 

Hello! This is Kyoka Maeda from Cairns in Australia!

 

I feel that I want to stay here longer as time goes by. My life here is enjoyable so much, and I am living a full life.  Although it has become my last report, I am happy if you enjoy it!

 

Last Saturday, my host family took me to the creek. The creek was colder than the water in the pool, and it took me time to get used to it, but I felt great since it was a very hot that day. At the creek, there was a hand swing, easily installed to the tree. We enjoyed playing with it.

 

Also, I went to the movie night which was held at school during night. The movie was shown on the big screen in the gymnasium. I went there with my host sister and her friend. Everyone brought in cushions. We brought in a big bean bag. There were people who brought in beddings, and I was surprised.  They sold ice cream, pop corns and soft drinks and it was very comfortable. The movie was very interesting and it was a great time.

 

At school, we did calligraphy during Japanese class. I wrote some models with Ayaka, who came to Australia together, such as 「希」(wish),「夢」(dream),「幸」(happiness),「友」(friend),「愛」(love) and「笑」(smile) and everyone wrote their favorite ones. When we asked them if they have a Chinese character they want to write, one of them said 「餅」(rice cake), which was kind of unique. There were some words they did not know if its word has a Chinese character for it or not, so it was fun to introduce how each Chinese character is structured and the meaning of it. 

 

Not only calligraphy, but we also made a presentation in English. I usually have some chances to make a presentation in front of Japanese people, but I hadn’t had chances to do it in front of people who use English as their mother language, so I was a bit nervous. I spoke about the disastrous earthquake of East Japan and nuclear power generation. There are only few earthquakes and there are no nuclear power plants in Australia, so I think it was not a familiar topic for them.  However, everyone listened to me empathically, so I was glad.

 

Also, during a period, which is similar to Home Room period in Japan, we celebrated the students’ birthdays during term 1.  We brought some cakes and snacks and had them. I had a chance eating authentic lamingtons there, which was delicious. It was my first time to have it. I brought some wasanbon sugar sweets which I brought from Japan. It was gone immediately, and everyone said that it was good. I was happy to share the Japanese taste, and I felt pleasant. 

 

I have been staying here since the end of January, and I learned a lot of things during this two months. The most surprising thing here was that some places does not have street lights. But

many rear reflectors are embedded in the road, and it is light enough because of it. Rear reflectors are also used for road signals. When it is not cloudy, the stars are very beautiful, and I tend to look at the stars when I get out at night. Unfortunately, most of the days here were cloudy, and only had the chance to see them few times, but I felt more special because of that. 

 

It was raining almost every day, since I came here. It was raining while moving to other class rooms, so I got very wet.  At first, I didn’t like getting wet. We usually use umbrellas even if it rains a little in Japan, but I think people enjoys getting wet here.  As time goes by, I got used to it and I rode bikes, and swam in the rain which was pretty good. 

 

The school area is very big compared to tall Japanese schools, and it takes a long time to move to other class rooms.  Even though it is very far to the bus stop from our class room, the departure time is early, so we always run. At first, I was surprised at the time table which

has no recess between every period, but I became used to it right away, and now it is natural for me.

 

Also, I noticed that a lot of Japanese things are used in foreign countries. It was my first time to see Japanese cars abroad, so I was surprised to see them used here. Another thing which surprised me was how popular pokemon is. My host brother, who is five years old, loves pokemon, and he often watches it on television. He asked me, “How do you say Pikachu in Japanese?” on the other day, and everyone in our host family laughed.  In school, there are a lot of Japanese comic books translated in English, and I was surprised when I saw it for the first time. I was happy to see things from my country being penetrated in foreign countries for real.

 

I have been here for two months, which is a short time, but I was able to meet many wonderful people such as teachers who teach us funny lessons, friends who are enjoyable and always nice, and my lively and bright host family who always helps me when I have trouble, and always gives me energy. Many teachers and my family helped me before coming here. A lot of people helped me during this two months.  I am full of thanks to everyone. This

was my first time to visit Cairns, but now it is one of my most favorite places. I wish I can visit here again.

 

Finally, I would like to make use of this valuable experience in the future. I only have one week left, but I would like to enjoy the rest of my stay!  Thank you for reading my report!  See you!

オーストラリアのケアンズに滞在中の前田響佳です!

 

月日が経つにつれ、まだここにいたいという気持ちが強くなっている毎日です。それだけここでの生活が楽しく、毎日が充実しているのだと思います。最後のレポートとなってしまいましたが、楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

先週の土曜日、私のホストファミリーが川に連れて行ってくれました。その川はプールの水よりも冷たく、慣れるまで時間がかかりましたが、その日はとても暑かったので気持ち良かったです。川には木に取り付けられただけの簡単なハンドスイングがありました。それを使って遊び、とても楽しかったです。

 

また、学校で夜間に行われているムービーナイトに行ってきました。体育館の大きなモニターに映画が映しだされます。ホストシスターと彼女の友達と私の三人で観に行きました。みんなクッションなどを持ち込みます。私たちは大きなビーンバッグを持ち込みました。中には布団なんかを持ち込んでいる人もいました。そこではアイスやポップコーン、ソフトドリンク等が売っていて、とても快適でした。映画もとても面白く、とても充実した時間でした。

 

学校では、日本語の授業で書道をみんなでやりました。「希」「夢」「幸」「友」「愛」「笑」など色々なお手本を一緒にオーストラリアに滞在中の小林さんと一緒に書き、みんなにも書いてもらいました。みんなに書いてほしい字はあるかと訊いたところ、「餅」という珍しい字も出てきました。中には彼らがその言葉に漢字があるとは知らない字などもあり、どのような意味をもつ漢字でその言葉が構成されているのかを紹介するのも楽しかったです。

 

書道だけではなく、英語でプレゼンテーションをしました。普段日本人にプレゼンテーションをする機会はよくあるのですが、普段普通に英語を使っている人たちの前で話すのはあまりないのでとても緊張しました。私は東日本大震災と原発の問題の話をしました。オーストラリアには原子力発電所がないので、あまり馴染みのある話ではなかったのではないかと思います。また、オーストラリアは地震も少ないので、東日本大震災の話も同じようだったと思います。みんな親身になって聴いてくれたので嬉しかったです。

 

また、日本でのホームルームのような時間には一学期中に誕生日があった人たちをお祝いしました。みんなでケーキやお菓子などを持ち寄って食べました。そこでは本場のラミントンを食べることが出来ました。ラミントンを食べるのは初めてで、とても美味しかったです。私は日本から持ってきた和三盆糖のお菓子を持ち寄りました。一瞬で箱が空っぽになり、みんな美味しいと言っていました。みんなと日本のお菓子の味を共有することができてとても嬉しかったです。

 

一月の末からここに滞在して、この二か月で沢山のことを学びました。 ここに来てまず一番に驚いたのは、一部の道路に街灯がないことです。街灯がないからと言って真っ暗なわけではありません。道路には沢山の反射板が埋め込まれていて、それだけで十分明るくなります。道路に埋め込まれているだけでなく、標識なども同じように光っています。曇っていないときは星がとても綺麗で、夜外に出るとついつい空を見上げてしまいます。残念なことに曇っていることが多く、何度かしか綺麗な星空は見えませんでしたが、その分特別感を感じました。

 

ここにきて最初の一か月はほぼ毎日雨が降っていました。学校でも教室間の移動の時はいつも雨が降っていてビショビショになりました。最初は雨に濡れることに対して抵抗がありました。日本では少し雨が降ると当たり前のように傘をさしていますが、ここの人は雨に濡れることに抵抗がなさそうです。時が経つにつれて私も雨に濡れることに少し抵抗がなくなり、雨の中、自転車で外に出たり、プールに入ったりします。それはとても気持良いです。

 

縦に大きい日本の学校とは違って校舎はとても広く、教室間の移動には時間がかかります。学校からバスで帰るときは教室からバス停までがとても遠いにもかかわらず、発車時刻が早いのでいつも走っています。休み時間のない時間割も最初は驚きましたがすぐに慣れ、今ではそれが当たり前のように感じます。

 

また、日本のものが海外でも沢山使われているということをここにきて実感しました。海外で日本車が走っているのを見るのは初めてで、ここで使われていることに驚きました。他にもポケモンがここでもとても人気だということも知りました。私の五歳のホストブラザーもポケモンが大好きで、テレビでよく見ています。先日彼に「日本語でピカチュウって何て言うの?」と訊かれ、ホストファミリー全員で笑いました。学校の図書室には英訳された日本の漫画が沢山置いてあり、初めて見たときは驚きました。実際に自分の国のものがこうやって海外にも浸透していることを見ることが出来てとても嬉しかったです。

 

二か月という短い時間ではありましたが沢山の素敵な人と出会うことが出来ました。毎日面白い授業をしてくれる先生、一緒にいて楽しくいつも優しくしてくれる友達、そして困った時にはいつも助けてくれて、いつも私に元気をくれる明るくにぎやかなホストファミリー。出発前には沢山の先生方や家族などに支えてもらいました。本当に沢山の人たちに助けてもらった二か月間だったと思います。皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。ケアンズは今まで一度も尋ねたことのない場所でしたが、今では大好きな場所の一つです。いつかもう一度ケアンズに来られたらいいなと思っています。

 

最後になりましたが、この貴重な体験で得られたものを今後の自分に活かしていけたらいいなと思います。残り一週間となってしまいましたが残された時間を楽しみ抜きたいと思います。私のレポートを読んで下さってありがとうございました!さようなら!

 

2017/03/26

竹に節目がなくては、ズンベラボーでとりとめがなくて、風雪に耐える

あの強さも生まれてこないであろう。

竹にはやはり、節がいるのである。

同様に、流れる年月にも、やはり節がいる。(中略)

常日頃考えられないことも考えてみたい。

 

中学校の卒業式、学年主任から保護者のみなさまへに向けたご挨拶のはじめに、「自身の卒業式」

というエピソードが語られました。

子どもの卒業式として親御さんがとりわけ強く記憶に残しているのは、「幼児」の枠を越えていく

保育園・幼稚園の卒園式。そして、義務教育が終わる中学校の卒業式なのだと。

子どもの人生において、大きな「節目」となる卒業のときは、どうしたって強く印象的な記憶として

残るものなのでしょう。

 

冒頭に挙げたのは、松下幸之助さんの言葉です。

ズンベラボーでとりとめのない毎日を過ごすとしたら、身体の成長はさておき、心を成長させることが

果たして可能でしょうか。ある節目を迎えた、という喜びが心の中に新たな意欲や責任感、目標を

見出させ、次の節目に向かわせる。節目を迎えるからこそ抱く感慨が、感謝の情や反省の念を生み

人としての幅を広げてくれる。強くしなやかに生きていくために、私たちは節目を設けるのかもしれません。

 

中高一貫校において、中学の卒業式が担う「節目」の役割は案外軽いように思われます。

でも、ここで義務教育が終わり、追究すべき学びがますます深いものになること。

中高生活が折り返し地点を迎え、先輩に面倒を見てもらう立場から後輩の面倒を見る立場に変わること。

それを思えば、この「節目」、思った以上に大きな存在だと分かります。

 

「節目」の大きさを実感するためでしょうか。今日で着慣れたセーラー服とはお別れ。

4月から卒業生たちは、グッと大人の雰囲気に近づくブレザー姿で登校することになります。

慣れないネクタイを着けるとき、「節目」の大きさを、今度は新入生として再び感じることでしょう。

 

 

 

 

2017/03/25

It is our great pleasure to share the following report from New Zealand, which is done by Haruka Hirata, an exchange student to New Plymouth Girls High School.  She also introduces her great life there in New Zealand.

 

Hello everyone!!!  This is Haruka Hirata.  It has already gone half of my days of staying here, so my kiwi life is rushing into the final stage.  I think I can make more some efforts until I go back to Japan.   I'll try these things during the rest of my kiwi life!  I would like to introduce my current kiwi life to you!!!!

 

This Monday was called Taranaki anniversary day, so I didn't have classes.  I went to Mokau with my host family!  It was quite beautiful sunny day, so I could see a lot of beautiful views!! 

 

This Tuesday, my friend who came here as an exchange student last year and her sister came to New Plymouth.  Her young sister belongs to the same club as me in Otsuma Nakano.  So, I knew these guys before we met them here.  I didn't meet for only about 2 months, but when I met them I was also impressed about it.  And we had a dinner with them Tuesday and Friday. They joined Girls High School one day too.  I was so glad because I could talk after long time.  On Friday, we had dinner with some international students as well.  We didn't have enough time, so we had a busy dinner but we could enjoy the time with them.  Afterwards, they went to the airport, but unfortunately Shoka and I couldn't go.  We really wanted to go to there as well but we didn't have the ways which goes to the airport.  So I'm looking forward to seeing them in Japan.

 

There was an event which called WOMAD from Friday to Sunday.  It is very famous event around New Zealand, so many people joined this event.  Unfortunately, I couldn't join….  I think it was so good opportunity because every kiwi friend of mine said "it is so good event, so you should go there!" So, I really wanted to go there so I will try another year. 

 

I had a birthday party for my host sister this Saturday.  Her birthday was Thursday, so we had celebrated her birthday only with my host family on that day as well.  She turned 1 year old on that day.  There is a custom which people celebrates greatly in grand style for first birthday in New Zealand.  And my host family made the video for her so we watched it too.   At first, I heard about she is shy, so I was worrying about whether she may get emotional with me or not.  Actually, I couldn't play with her a lot at first.  But now when I come back from school, she always waves her hands, so I'm glad because I can become familiar with her.  And she can stand by herself now, so I hope that I can watch her walking until I go back to Japan.  And I have a host brother who is 2 years old as well.  Their growth is so fast, so I'm very glad that I can see their growth even if it is short time. 

 

Afterwards, I went to the park with my host mother's parents and my host brother near my house.  They live in Auckland but there was a party this weekend, so they came to New Plymouth.  I already met them about 5 times so I wasn't nervous when I talked with them. 

 

On Sunday, I went to the walkway to walk with my host family and host mother's parents.  On the way, my host mother's parents went back to Auckland.  When I say goodbye to them, I was crying…. because I can't see them in New Zealand during my days of studying abroad.  Even if they are not my host family, they always kind to me, so to say goodbye is so hard thing for me.  Actually, I have only more few weeks, so I can understand why I can't.   I don't want to believe this thing because they always kind to me, and I like to talk with them.  But they sometimes visit to Japan, so when they come to Japan, I want to see them definitely!!!

 

We have only about 4 weeks until we go back to Japan.  It's so sad for me because I like New Plymouth and all of people who I met here and I really think I want to stay here more….  That's why I think I should treasure the rest of my kiwi life!!!  And I want to do something which I can do only here!

 

Thank you for reading my report!!!  See you next time!

皆さんこんにちは!平田晴佳です!すでに私の留学生活は半分を過ぎ、終盤を迎えています。残り少ないですが、まだまだ沢山の努力をすることはできると思うので残りはそれに挑戦していきたいと思います!それでは、私のkiwiの生活を皆さんに紹介したいと思います!!

 

今週の月曜日はTaranaki anniversary dayと呼ばれる休日だったので学校がなく、私はホストとファミリーとMokauというところに行きました。その日はとても天気の良い日だったので、沢山の綺麗な景色を見ることができました。

 

火曜日には、去年のTerm2に同じく留学として来ていた友達とその子の妹がNew Plymouthに遊びに来てくれました!その子の妹は、大妻中野で同じ部活の後輩なのでNew Plymouthで会う前から2人とは知り合いでした。たった2ヶ月会っていなかっただけであっても、2カ月ぶりの再会というのはとても感動することでした。そして、火曜日と金曜日には一緒にディナーを食べました!Girls highの授業にも1日参加していました!久しぶりに話が出来たのでとても嬉しかったです!金曜日のディナーは、一部のinternationalの生徒達も一緒に行きました。十分な時間が無かったので忙しいディナーとなってしまいましたが、沢山楽しむことができたのでよかったです!その後皆空港に見送りに行っていたのですが、しょうかと私は残念ながら行くことができませんでした。私たちも同じように行きたかったのですが、空港まで行く方法が無かったので行けませんでした…。日本に帰った時に会うのを楽しみにしています!

 

金曜日から日曜日まで、WOMADと呼ばれるイベントがNew Plymouthでありました!これは、New Zealandでとても有名なイベントなので沢山の人が参加します。残念ながら私は参加することができませんでした…。私のkiwiの友達皆が私に「このイベント本当に良いから行くべきだよ!」と言ってくれたのでとても良い機会だったと思います。とても行きたかったので違う年に絶対にチャレンジしたいと思います!

 

そして土曜日には私のホストシスターのbirthday partyがありました!彼女の誕生日は木曜日だったので、木曜日には家族の間で誕生日を祝いました。彼女はやっと1歳になりました!New Zealandでは1歳の誕生日を盛大に祝うという習慣があるという事を聞き、日本との違いも知れて良かったです。私のホストファミリーは子供の誕生日の時に毎回ビデオを作っているらしく、パーティーの時に皆で見ました!

 

最初、ホストマザーにこの子はシャイだからと言われた時、ホストシスターが懐いてくれるかどうか心配でした。実際、最初はあまり沢山遊ぶことは出来ませんでした…。しかし、今は私が学校から帰って来たら毎回笑顔で手を振ってくれます!!馴染むことができてとても嬉しいです!そして彼女は今、少しですが自分自身で立つことができるようになっています!私が日本に帰るまでに彼女が歩けるようになるといいなと望んでいます(笑)ちなみに、2歳の男の子もいます!子供達の成長はとても早く、たとえ3ヶ月であっても子供達の成長を間近で見れることがとても嬉しいです!

 

その後、私はホストマザーの両親とホストブラザーと家の近くの公園に行きました。ホストマザーの両親は、オークランドに住んでいるのですがbirthday partyがあったのでNew Plymouthに訪れていました。すでに5回ほど会ったことがあったので話す時に緊張することなく話すことが出来ました!

 

そして、日曜日にはホストファミリーとホストマザーの両親とwalkwayというところに歩きに行きました!途中で、ホストマザーの両親がオークランドに帰ってしまいました。goodbyeと言った時には悲しくて泣きそうになってしまいました… 私がNew Plymouthに留学している間に彼らに会うことはもうできないからです。たとえ私のホストファミリーでは無かったとしても、彼らは常に私に優しく接してくれたのでgoodbyeと言うことは決して簡単ではありませんでした。実際、私はあと数週間しかここにいれないのでなぜかは理解できますが信じたくありませんでした。常に優しかったので私は彼らと話すことがとても好きでした。しかし、彼らは時々日本に来ているということなので次に日本に来てくれた時には絶対に会うと約束しました!

 

私達が日本に戻るまであと4週間程しかありません。私はNew Plymouthという所、そしてここで出会った全ての人のことが好きなのでとても悲しいです。だからこそ、残りのkiwi生活を大切にしたいと思います!そして、ここでしか出来ないことにも挑戦していきたいです!

 

レポートを読んでくださりありがとうございました!また次回お会いしましょう!!

2017/03/20

Here comes a new report from Australia.  An exchange student, Ayaka Kobayashi, shares her current experiences at St. Andrew’s and her life with great nature in Australia. 

 

Hello, this is Ayaka Kobayashi from Cairns. I have gotten used to the heat here, but I feel the heat when it is over 40 degrees.  When I came back home last Tuesday, the temperature was 43 degrees!!  But it stopped being hot from 4 to 6 p.m.  I like studying outside and playing with the dogs in the yard.   I can feel the Australian wind on my body during the time.

 

At night, my host father often gets me out of the house and he teaches me some star constellations, the sounds of insects and names of animals in the yard.  The star sights are so beautiful at night in Australia, and they are everywhere in the night sky. I can see them so clearly. And also, I have heard that I can sometimes get the opportunity to see a shooting star. If I see a shooting star, I will wish "Please let me stay in Australia a little longer!!!"

 

Now, I'll tell you about my life in Cairns. Let's go!

 

St. Andrew's College is a catholic school.  And they cultivate "Love Your Neighbours".  There are so many active charities that are thriving at the school.  Last Thursday, some students did a barbecue. They put a sausage on a piece of bread and were selling them. Then, they collected donations. I also participated and bought a sausage sandwich. I feel very pleased to contribute to people who need support.  Last Tuesday, an event was held, which contributes to cancer patients.  Some junior and high school students cut their hair!  Last year, my host sister also took part in this charity. And she also cut her hair. This year, she is in charge of managing the project. Also, some middle school students had their hair coloured in their favorite color. Other people collected some money. My host sister had meetings with her friends who also participated in the activity and they discussed how to support people who have cancer and poor people almost every morning. 

 

She has taken part in many diverse charities. For example, she slept on the street with poor children who have no house, participated in "ROSIES", which feeds the homeless and in "Vinnies", which helps disadvantaged people. Also, she went to join “Relay For Life".  It is a program that around one thousand people from Cairns community joined the walk from 5 p.m. to 8 a.m., which means to be 15 hours’ walk and they raised some money for cancer research. We can see some result of her efforts on her school tie. She has lots of badges. St. Andrew's joined the activity "Love your neighbour" two weeks ago.  It was run by Caritas, Australian charity organization.  All the students contribute money to each home form class's donation box. They keep on doing it for six weeks and the project theme is compassion. This year, St. Andrew's will send the money to Indonesia.

 

Caritas means "Love of God " and they preach help your neighbour, who live all over the world. I think the reason why there are so many active charities is not only for teaching catholic beliefs but also for encouraging students to participate voluntarily, so that they can learn a lot from it.

 

Last Wednesday, I showed kendama and daruma- dropping games to middle school students. They wanted to try them themselves, so they quick studied hiragana drill and played the game. I was happy that they were interested in Japanese traditional games. Also, I taught hiragana. Students memorized hiragana by applying them to the names of animals, things and sounds that they already know.  There are a lot of examples and I thought this way was easy to understand for beginners.

 

On Friday, I taught calligraphy to Year 11 and 12 Japanese students. They chose their favourite character and moved the writing brush while they followed my model. I taught some kanjis to senior students.  Also, I wrote their names in kanji. They wrote happily using small writing brushes. Finally, I gave some model writings to the students. It was hard that I taught calligraphy in English.  But I felt proud because everyone enjoyed it.  My effort was really worth it.

 

And last Sunday, I went to "Green Island"!  Green Island is an island of coral.  It was made of coral and it took around six thousand years to form. Green Island is called the green jewel in Great Barrier Reef.  My host family and I travelled from Cairns to Green Island by cruise ship. While I was in the boat, I felt so comfortable as I could see the whole ocean with standing in a cool breeze.  The sea's color at the island was transparent emerald green. It was so beautiful!!  And I did parasailing. I could see sea around the whole island. I saw a panoramic view of Cairns and other town, light and shade of the sea that were made of the coral reef.   It was a very short time, but it was so exciting and it was filled with thrills.

 

Next, I snorkelled.  At first, I could not snorkel very far, but my host family taught me so I could gradually swim out further. When I swam with my host father, we saw a shark which was about 2・5 m.  Also, we saw a lot of creatures such as colourful fish which were light blue and green, fish that swam strangely and rare cream and purple coral.   I could not believe it!  I saw a ray!! I was surprised to see it in its natural way because I have seen it only at an aquarium.  I was excited shouting, "Oh, ray!! ray!! It's amazing! " It was so superb because the world of the sea was not man-made but nature created.  And I felt vital energy of the great nature. When we went to Green Island, it was the most perfect day in a year!

 

It makes me realize that the time is near for me to leave Australia. I am grateful for the time in Cairns because I got speak so much English and enjoyed lots of funny things. Although I only have one week of studying abroad left, I will do my best till the end and will treasure my memories of spending time with my host family. Thank you for reading my report!

 

Regards,

Ayaka Kobayashi

皆さん、こんにちは。小林礼佳です。こちらの暑さにもすっかり慣れましたが、40℃を超えた日にはやはり熱いです。先週の火曜日は、何と43℃でした!! しかし4時から6時ごろには、暑さも引くのでその間に外に出てオーストラリアの風を感じながら勉強したり、犬たちと外で遊んだりするのが好きです。

 

夜に、よくホストファザーが庭に出て私に星座や動物の鳴き声や名前を教えてくれます。オーストラリアの夜の星は本当にきれいで、くまなく空が星に埋め尽くされています。それぞれの星座の形がくっきりと見えます。ときには流れ星に臨むことができるそうです。もし流れ星を見ることができたら、”オーストラリアにもう少し滞在させてください” と願います!!

 

それでは、私のCairns Lifeを紹介したいと思います。行きましょう!

 

セントアンドリュースはカソリックの学校です。そして彼らは”隣人を愛す”という教えを育成しています。学校では盛んにたくさんのチャリティー活動が行われています。先週の木曜日には何人かの生徒がバーベキューをしました。彼らはソーセージをパンにはさみ、それらを売っていました。そして寄付を募りました。 私もその活動に参加し、ソーセージサンドイッチを買いました。ソーセージを買うという買う行動が人を支える一つの力になれたことをうれしく思いました。そして先週の火曜日にはがんの人のために何人かのJunior and Junior school studentsが髪の毛を刈り、寄付する活動がありました!昨年に、私のホストシスターも参加しました。彼女もまた髪の毛を切りました。今年は活動を運営する側に立っています。また何人かのmiddle school studentsは髪の毛を好きな色のスプレーで染めてもらい、運営側がそのお金を集めていました。私のホストシスターは様々なチャリティー活動に積極的に参加しました。例えば、家のない貧しい子供たちと一緒に路上で寝たり、ホームレスに食べ物を提供する "ROSIES" や、弱い立場の人々を支援する "Vinnies" などがあります。

 

また、"Relay For Life" にも参加しました。このプログラムは1000人近くのCairns community の人々が午後5時から朝の8時までの15時間を歩き、cancer researchのためにお金を受け取るものです。 彼女の努力の成果が見られます。たくさんのバッジがあります!また、二週間前から始まった"Love your neighbour" という活動にセントアンドリュースも参加しています。これは、オーストラリアのチャリティー団体であるCairnsによって運営されています。全校生徒がそれぞれのhome form class の募金箱に献金しています。生徒たちは思いやりをテーマに、6週間、この活動をします。今年は、セントアンドリュースはインドネシアにお金を送ります。

 

Caritas とは”神の愛”という意味で、世界に住むすべての人が自分の隣人であると説きます。チャリティー活動が盛んなのはもちろんカソリックの教えもありますが、生徒たちの自主的な参加がよりその活動を活発にし、収穫の多いものにしているように思いました。

 

先週の水曜日にはmiddle school  の生徒たちに、けん玉と達磨落としを披露しました。生徒たちは自分もやってみたいと、ひらがなドリルを早くこなし挑戦していました。日本の伝統的な興味を持ってくれ、うれしかったです。また、ひらがなも教えました。子供たちはひらがなを動物やもの、音に当てはめて覚えていました。たくさんの例がありました。私は初めてひらがなを子たちにとっては非常に覚えやすい方法だと思いました。

 

金曜日には、Year11,12のクラスで書道を教えました。みんながそれぞれ気に入ったお手本に従いながら、筆を一生懸命に動かしていました。いくつか漢字を教えました。又、みんなの名前を漢字に当てはめてか書いてあげると、器用に小筆を使いながら楽しそうに書いていました!最後にお手本をプレゼントしました。英語で書道を教えるのは難しかったですがみんなが楽しんでくれたのでやりがいがありました。

 

そして先週の日曜日にはグリーン島に行きました。グリーン島は大自然が役6000年もの歳月をかけて造り上げた珊瑚の島で、"グレートバリアリーフの緑の宝石”と呼ばれています。ケアンズからグリーン島までクルーズで移動しました。船にいるときに涼しい風にあたりながら海の全貌を見る事ができました。グリーン島の海の色は透明なエメラルドグリーンで、本当にきれいでした。私はグリーン島周辺の海を見渡すことのできるパラーセーリングをしました。ケアンズや他の町、サンゴが作り出す海の濃淡を一望しました。束の間でしたが、本当に楽しくスリルがありました。その後にシュノーケリングをしました。最初は遠くまで泳げなかったのですが、ホストファミリーが教えてくれたので徐々に遠くまで泳げるようになりました。ホストファザーと一緒に泳いでいたとき、私たちは体長2・5mほどのサメを見ました。他にもライトブルーとグリーンの色を持つカラフルな魚や面白い形で泳いでいる魚、クリーム色や紫色の珊瑚など珍しい生き物がたくさん見られました。そして何と信じられないことにエイを見ました!エイは水族館でしか見たことがなかったので、自然に泳ぐエイを見た時は本当に驚きました!私は”おー!!エイだ、エイー!”となりました。人工でない、自然が何万年もかけて作り出した美しい海の世界は本当に素晴らしく、自然の持つ生命力をかんじました。私たちがグリーン島に行った日は、一年の中で最も気候が良かったそうです!

 

オーストラリアの地を離れるときがそう遠くはないことを実感させられます。英語で会話したり、面白いことで笑いあったりできる時間が本当にありがたいことだと思います。残り1週間となりましたが、自分のできることを精一杯こなし、ホストファミリーと過ごす時間を大切にしたいと思います。最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

2017/03/20

言語の限界は世界の限界である。

海外短期留学説明会の折にご紹介した言葉です。

 

たくさんの言葉をつかうことが出来たら、その分、仲間がたくさん出来る。

思い出の種類がたくさんになる。楽しいことがたくさん増えていく。

この先出会っていきたい数多くの人と交わす言葉は、かならずしも音声や文字として発される

必要はありません。いや、むしろ、もっと違ったものであるべきなのでしょう。

言葉は、交わす相手に届いてはじめて、その役割を果たすのですから。

 

今から200年以上前にフランスで生まれた、ルイ・ブライユという人物によって現在のような

「点字」が開発されました。

見ることが出来ない。それが他の人に意志を伝えることが出来ないこととイコールになるべき

ではない。なぜなら、人が誰かと意志を伝えあうことは、知識を、愛情を求め、得ることとこそ、

イコールになるからです。

 

JRC(Junior・Red・Cross)部の妻中生が学ぼうとしている言葉は、文字や音声の枠を超え、

より多くの人へ、より広い世界へと向かっています。

先日は手話検定。今日は点字検定に挑戦する部員たち。

自らの領域に限界をつくらない気持ちは、新しい学びを求めてやみません。

欲しいのは、検定の合格そのものではなく、より広い世界と、より多くの仲間。

「合格」の自信は、新たな可能性をさらに広げるエネルギーになることでしょう。

 

2017/03/20

「他の人と同じ」であることが安心につながる一方で、「他の人と違う」ことに対して強い憧れや欲求を

抱いてもいる、という矛盾と私たちは意識無意識的に直面しています。

同じであるなら、それはそのまま安心。

でも、少しでも違っているなら、それは出来ればメリットになっていて欲しい、いや、どうか、より大きな

メリットでありますように!そう願わずにはいられないのです。

 

子どもの時期を海外で過ごすこと。

その選択は子ども本人の意志と離れたところで行われるケースがほぼ100%でしょう。

けれど、これも何かの縁。

そういう「違い」を経験することになったのだから、ぜひ海外生活の経験を、身につけた言語スキルを、

得がたいメリットとして活かして欲しい!

お子さまと海外の生活をご経験なさった保護者の方ならば、みなさん似たようなお気持ちを抱いて

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

大妻中野が海外帰国生の受け入れを開始して、もう15年を数えようとしています。

得がたいメリットになるはずの海外経験なのに、言語スキルなのに、わが子にとってはそれが

悩み苦しみのタネになっているのでは?

海外で得た多くのものと引き換えに、日本で得るべきだった何かを失っているのでは?

…もしかして、こんなことで悩み苦しんでいるのは、自分たちだけなのでは???

 

たくさんの海外帰国生が同じような悩みを抱え、しかもそれを人に言えないまま悶々としている

現実を知り得て、大妻中野では定期的に「帰国生保護者会」を開催するようになりました。

ご自身も帰国子女、もう成人なさったお子さまも帰国子女、そしてご研究の専門分野は

「第2言語忘却」という本校アドバイザーの大妻女子大学・服部孝彦教授。

そして、同じくお子さまを帰国子女としてお育てになってご経験があり、現在は教育カウンセラー

としてご活躍なさっている小木曽道子先生。お二人のお話を交えながら海外帰国生のご家族が

気持ちを共有しあう貴重な場です。

 

「違い」がそのままメリットに昇華する魔法なんて、おそらくありません。

でも、「違い」をメリットに変えていく方法なら、見つけることが出来るのです。

他の人にも、同じ悩みがあったのだ、と知る安心。わが家はわが家なりの方法でゆっくりやれば

いいんだ、と実感してわいてくる自信。

会が終わると、始まった瞬間とは顔つきがまったく変わってしまう方がいらっしゃいます。

でも、この保護者会は決して「魔法」ではありません。

妻中で育つ毎日をよりよくするための「方法」。あくまでもそのひとつなのです。

 

2017/03/19

Depuis la France Un reportage sur le “Colibri”_170316

 

アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドの留学プログラムに続いて、フランスでの交換留学がスタートしました。フランス西部の美しい都市、レンヌでの学校生活です。本校でフランス語を選択して、学ぶ高校1年生の太田枝里さんからのレポートです。

 

Bonjour, je m'appelle ERI OTA.  J'ai seize ans. J'habite à Tokyo. Enchantée!   Je suis allée au château de fougères. Très beau. Je suis contente! Les amies de maëla sont gentilles. C'est amusant!

 

こんにちは、太田枝里です。大妻中野高校の1年生でフランス語を学び、今、日仏高校ネットワーク・コリブリの交換留学で、フランス、レンヌで勉強しています。先週の日曜日には、Fougèresという城に行きました。とても綺麗でした。周りの家も昔からあるので城と同じように石垣で作られており、とても感動しました!

 

わたしが通っている学校の授業は、時計や終礼などが無いためいつ終わるのかがまだ慣れません。やはり難しくて何言ってるのか分からないけど、自分が分かる言葉を言っているとテンションが上がりますし、とても新鮮で楽しんで授業が受けられています!

 

日本語のクラス(計4クラス)に行くと、みんな上手でとてもびっくりしました。日本語を教えたりしますがその日本語をフランス語に変えてもらったりとお互いで学ぶことができてとても満足しています。私は1番上の日本語クラスです。

 

新しくできた友達もとてもフレンドリーで優しくしてくれてとても嬉しいですこれから3週間フランス語を学びつつ楽しんで行きたいと思います!

 

 

2017/03/18
ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.