From International Department.   Here is another report from New Zealand by Haruka Hirata, who is an exchange student joining New Plymouth Girls’ High School for one term long.   Her report also showcases how our students’ exchange programs are going very well.   Here we go!

 

Hello everyone!!!  This is Haruka Hirata.  It has passed about 1 month since I came here.  I think time has gone so fast.  Finally, I'm getting used to staying here recently.  And it was continuing rainy days until last week, but it is sunny recently.  So, everyone says summer is coming!  I would like to talk about my kiwi life for about 1 month.

 

At school, I chose English, Math, Science, ESOL, Animal and plant science and PE.  For PE class, I swim in the pool with a mask, a snorkel and fins.  I thought that's a really hard thing for me to do at first because I had never swum with it before.  But I'm getting used to swimming with it now.  I can't understand all during class yet, but everyone helps me, so I can understand what the teachers are saying.  But when I go back to Japan, I hope I will able to understand all by myself.

 

I belong to the badminton club and tennis club here.  I usually play badminton every Monday after school and Wednesday during lunch time.  And I play tennis every Tuesday before school and Wednesday after school.  Also, I joined the tennis lesson on the18th of February.  The people who play tennis in New Zealand are really good players, at which I'm surprised.   I am happy to play tennis with them.  So, I want to make an effort in order to catch up with them. During the lesson, I teamed up with kiwi people for the doubles game and I played 2 sets, so I was surprised because I usually play 1 set in Japan.  But I think that was a very good opportunity for me.

 

There was a swimming sports festival last Thursday.  It was the first big event for me here.  I thought that was really different from the sports festival in Otsuma Nakano.  And everyone has the house color, which is red, blue, yellow and green.  My house color was red. On that day, we didn't wear our school uniform and instead of that we wore the own color clothes.

 

And last Saturday, I joined a bus trip with international students.  We went to Mt.Taranaki,  a beach and a farm.  When I went to the mountain, it was quite a good sunny day and we stayed above the clouds, so I could see amazing views.  At the beach, I can't swim in the sea, so I hung out in the shallows, although our pants were wet.  And on the farm, I was so surprised because there were many cows in contrast with Japan.  I could see milking too.  I drank the fresh milk, which was so delicious.  This trip was not only Girls high school students, so I think it was good opportunity which I can speak English a lot. 

 

In this way, I want to try everything the rest of my kiwi life!!!  Thank you for reading my report!!

皆さんこんにちは!!平田晴佳です!私たちがニュープリマスに到着して早くも1カ月が経とうとしています。私は大分学校生活にも慣れてきて日々充実した生活を送っています!先週までは雨の日が続いていたのですが、今週は晴れの日が続きホストファミリーや友達が夏が来た!と言っていました。これから私の1カ月のキウイでの生活を紹介したいと思います!

 

学校の授業で、私は英語、数学、理科、ESOL、アニマルプラントサイエンス、体育を取っています!体育の授業では、プールでスノーケリングとフィンをつけて泳いでいます。今までやったことがなかったので最初は何回か溺れそうになったりしましたが今ではだいぶ慣れてきました!授業では、まだ全てを授業中に理解することができないのですが友達が助けてくれるので追いつくことができています。日本に帰る時までには自分自身で全てを理解できるようになりたいです。

 

そして私はバトミントンクラブとテニスクラブに入っています。バトミントンは月曜日の放課後と水曜日のお昼に活動していて、テニスは火曜日の朝と水曜日の放課後に活動しています!さらに私は18日に地域のテニスクラブにも参加しました!ニュージーランドでテニスをしている人は皆とても上手いので驚きましたが、私も沢山練習して早く追いつきたいと思います!その時、私はキウイの友達とダブルスペアを組み、試合をしました。日本ではいつも1セットしかやっていなかったので2セットやると聞いた時は驚きましたが自分にとっていい経験になったと思います!

 

先週の木曜日にはスイミングスポーツがありました!これが私にとって初めての大きな学校のイベントでした。大妻中野の体育祭とは違うことがとても多かったです。そして皆ハウスカラーという色を持っていて赤、青、黄、緑があります。私は赤でした!その日は制服を着ずに自分のカラーに合わせた服を着て行きます!

 

そして先週の土曜日にインターナショナルの子達とバストリップに参加しました!Mt.Taranakiとビーチ、牧場に行きました!とても天気のいい日だった上、雲の上から山を見ることができたのでとても綺麗でした!ビーチでは、泳ぐことはできなかったので浅瀬で遊びました!ですが、ズボンがかなり濡れてしまいました…。牧場では日本ではあり得ない数の牛がいたのでとてと驚きました。乳搾りを見ることもできました!そして私たちはとれたての牛乳をいただきました!とても美味しかったです!このバストリップはガールズハイの生徒達だけでなかったので英語を沢山話せる機会となりとてもためになりました。

 

このように、残りの2ヶ月も色々な事にトライしたいと思います!

レポートを最後まで読んでくださりありがとうございました!

2017/02/27

From Otsuma Nakano International Department.   We are so happy to get some feedback about these reports on our students’ exchange programs.  We would like to express our thanks to you all.  Now here comes another report from Australia by Kyoka Maeda.  It’s our great pleasure to share it with you.

 

Hello! This is Kyoka Maeda from Cairns in Australia!  The rainy days ended, and the weather became stable. Although half of the period has already passed, I would like to enjoy the time left.

 

Last weekend, I went swimming in the river. It was very hot that day, so swimming in the cold water of the river was fantastic. We rode on boogie boards at the rapids, and climbed a big rock and dove in the water. Climbing a big rock was very hard because it was slippery, but I was very happy when I got to the top, and it was fun to dive in.

 

Also, that afternoon, I went to a birthday party of my host sister’s great grandfather, who turned 96 years old. I was surprised because he was so energetic, he did not seem like 96 years old. At the party, there were a lot of his relatives who were his descendants, such as his children, grandchildren, and also his great grandchildren. I talked a lot with a girl I met at the party, who is the cousin of my host sister.  She told me about Australia, and stories of when she visited Japan, and it was nice and interesting.  She was learning Japanese at her school, so I taught her some phrases. When I went for a walk with her, she showed me a leaf, which smelled good when I broke it in two pieces. She said that it is an Australian smell. At the park, I climbed a lot of trees and it felt good when there was a breeze. For dinner, we had some dishes everyone brought. It was a great dinner!

 

We had an event called “swimming carnival” in St Andrew’s. This is an event we compete with four colored teams, red, blue, green, and yellow by swimming. I didn’t take part in the race, but I cheered for my buddy’s team. There are names and symbols in each team. Red is Chisolm, and it symbolizes the animals in Australia. Blue is Mackillop, which symbolizes the sea. My buddy’s team green, Ozanam symbolizes the forest, and lastly, yellow is Hollows, and it symbolizes the sun.  Though I didn’t participate in the race, it was so hot that I got in the pool. My buddy’s team Ozanam won the first prize, and I was glad.

 

 The other day, I went to the night market. The night market was very bustle, and there were many shops. There were a lot of cheap things and souvenirs that I can get for my family and friends. There were many Japanese shop assistants, so I heard Japanese conversation, and some of them spoke to me in Japanese, which was a bit weird. I would like to go there again if I have a chance.

 

It is very hot every day, but I would like to do my best and not lose to the heat and enjoy the rest of my days here.

 

Thank you for reading my report, and see you on my next one!

 こんにちは!オーストラリアのケアンズに滞在中の前田響佳です! 雨が続いていた日々もやっと終わり、天候が安定してきました。ここでの期間も半分が終わりましたが、残された時間を楽しみたいと思います。

  

先週末、私は川へ泳ぎに行きました。その日はとても暑かったので、冷たい川の中で泳ぐのはとても気持ちよかったです。川の流れが速いところではブギ―ボードに乗って川を下ったり、大きな岩に登ってそこから川に飛び込んだりしました。大きな岩に登るのは、岩が滑りやすかったので難しかったのですが、登れたときは嬉しく、そこから飛び込むのもとても楽しかったです。

 

その日の午後は、96歳になる私のホストシスターの曾祖父の誕生日パーティーに行きました。とても96歳とは思えない程元気でびっくりしました。パーティーには彼の子供、孫、曾孫と彼の遺伝子を受け継いでいる人が沢山いました。そこで私のホストシスターの従妹に当たる女の子と沢山おしゃべりをしました。彼女はオーストラリアのことや、自分が日本に行ったときのことを話してくれて面白かったです。彼女は彼女の通っている学校で日本語を習っているので、日本語を少し教えました。一緒に散歩に行ったときは折るといい香りのする葉っぱを教えてくれました。彼女はこの匂いをオーストラリアの匂いといっていました。公園では色々な木に登り、風が吹くととても気持ちよかったです。夜ご飯にはみんなが持ち寄ったものを食べました。それはとても素晴らしい夜ご飯でした!

 

 先日“スウィミングカーニバル”という行事がセントアンドリュースでありました。これは水泳で赤、青、緑、黄の四色のチームが対抗で競い合うという行事です。私はレースに出ませんでしたが、バディ―のチームを応援しました。それぞれのチームには名前と象徴するものがあります。赤、Chisolmはオーストラリアの動物を象徴しています。青はMackillopで、海を象徴しています。私のバディ―のチーム、緑のOzanamは森を象徴していて、最後に、黄色のHollowsは太陽を象徴しています。その日はとても暑かったので、レースに出ない私もプールに入りました。私のバディ―のチームのOzanamが優勝して嬉しかったです。

 

別の日に、ナイトマーケットに行きました。ナイトマーケットはとても賑やかで、色々なお店があり、お土産も沢山売っていてとてもワクワクしました。家族や友達へのお土産がいくつか買えてとても満足です。日本人の店員さんが多く、日本語の会話が聞こえたり、日本語で話しかけられたりした際、少し不思議な感覚になりました。またいつか機会があれば行きたいです。

 

とても暑い日々が続いていますが暑さに負けず、ここでの残りの生活を楽しんでいきたいと思います。私のレポートを最後まで読んで下さりありがとうございました!また次のレポートでお会いしましょう!

2017/02/27

From International Department of Otsuma Nakano Junior and Senior High School.

 

2月24日、ロンドン・JOBA Finchley 校で本校の学校説明会を実施しました。お子さんが現地校に通学されている熱心な保護者の方にお集まりいただき、約1時間半に渡っての説明会となりました。大妻中野中学校・高等学校の帰国生教育及びグローバル・リーダーズ・クラスの取り組みについて、帰国生英語力の効果的な保持方法について、日本の教育改革、大学入試改革についてなど、多岐にわたっての話し合いを持つことができました。

 

2018年度の中学入試に向けて、あるいは編入学試験に向けて、本格的なkick Offとなりました。本校は世界35カ国(2016年度の在籍帰国生のデータ)に在籍した経験がある帰国生が集まっています。これからも、多様性を大切にする帰国生教育校として、より一層、様々な取り組みを進めていきます。

 

本校の帰国生教育への取り組み、帰国小学生英語講座などのお問い合わせは、toiawase@otsumanakano.ac.jpまで、どうぞお願いします。

2017/02/27

学校の定期テストでは、結構いい点が取れていた。

英検にも、合格できた。

でも、「わたし、英語力には自信があります!」と言い切れない…。

日本で英語教育を受けた大人のほとんどがそうではないでしょうか。

義務教育の6年間を、大学に入ってからの数年を英語学習に費やしたはずなのに。

ネイティブスピーカーの言うことが聴き取れない。

即座に英語でコメントする、なんて、とてもとても…。

 

大妻中野の英語学習、気がつけばある変化が起きていました。

英検に挑戦するのはもちろんのこと、TOEIC、TOEFLの受験者が回を追うごと

右肩上がりに増えているのです。

もともと英語力にアドバンテージのある帰国生だけではありません。

中学に入学し、それこそABCからスタートした生徒まで、「今の英語力」を試そうと

果敢にチャレンジする流れが出来ています。

頑張って吸収したぶん、自分の中に「英語力」が育っているのが分かる。

もうすぐ学年末試験。ですが、土曜日の放課後TOEIC IPを受験する生徒たちは

まず、ここで力試し!とばかり、真剣に取り組んでいました。

この頑張り、かならず胸を張って誇れる英語力につながることでしょう!

 

2017/02/25

飛び抜けて目鼻立ちが整っている…わけでなく、群を抜いてスタイルが

よい…わけでもない。けれど、なぜかそこにいるだけで目が行ってしまう

人、周囲の目を惹きつける理由は何なのでしょう。

茶道、華道、剣道…大妻中野でたどることのできる「道」を私たちに教えて

くださる先生方のそばにいると、その理由が見えてきます。

常に背筋がピン!と伸びて、立ち居振る舞いがスッキリと美しいのです。

 

とりわけそれを感じるのは、「礼の道」。

小笠原流礼法の先生は、身体の芯に見えない糸が一本、スッと通って

いるかのように、真っ直ぐな立ち姿。指先まで気配りを感じる優雅な会釈で

すれ違う人が思わず姿勢を正してしまう毅然とした気配を発しておいでです。

 

高校集会に集まったのは、大妻中野で礼法の授業がスタートした年から

先生にご指導いただいている高校1年生と2年生。

中学の3年間、礼法の授業を受けてきた生徒たちに、改めて正しく美しい

「礼」の作法を壇上の先生が示してくださいました。

 

お辞儀とは、“自分が相手に敬意を表する”と同時に、“相手を通じて自分が

自分に敬意を表する”ことである、というのは陽明学者、安岡正篤の言葉です。

相手に対して真っ直ぐ伸びた背中で礼をすることで、自分のあり方を見つめ直す

動作でもある、ということでしょう。

春が来て、また年が明けて…彼女たちにももうすぐ、無我夢中で机にしがみつく

シーズンが訪れます。悩みや不安にとらわれている最中にも、一度姿勢を正して

自分を見直せる瞬間があれば…きっと落ち着いて難局を乗り切れるはず。

相手から見て気持ちよく、自分自身も志高く。

この集会を最後に、次代を担う後輩へとバトンを渡す生徒会メンバーも、挨拶の

あと、深々と美しい礼で重責を締めくくりました。

 

2017/02/23

From Otsuma Nakano International Department.

This is the updated report on our term study program in New Zealand by Shoka Yamashita.  She looks excited to learn that music and sports are the great communication tools all over the world.

 

Hello everyone!!! This is Shoka Yamashita, an exchange student to New Plymouth Girls’ High School in Zealand.  I will introduce to you my life in New Zealand.   It has passed three weeks since I came here.  I am enjoying my life here.  I hope everyone will enjoy reading my report. 

In the classes, all of them are going in English, of course, so I always have to concentrate.  It is a little bit hard, but I like that my English skills are improving up day by day.

 

I think the music class is very different from Japan.  In the music class, at first, we made a group and all of members composed a song together.  Then I had to make a song using the codes from A-code to G-code.  Finally, we had to conduct performance the song that we made with each instrument that we could. We performed some short songs before, but we have to make some long songs by the end of the school.  So we are practicing after school and whenever we can. I have never done such a thing, so I was so surprised and confused. But my teacher and friends taught me how to compose a song, so I keep up with the music class and I felt thankful to those guys. Also, sometimes, we spend all of the class time practicing our instruments, not making songs. 

 

I joined some club activities.  There are tennis club, orchestra and string group.  They are in Girls High.  Also, l joined the Taranaki Youth Orchestra (TYO).  It's not in Girls High, but we can do some kind of music lessons. 

 

In the tennis club, I was so surprised because everyone could play very well!! So I feel very happy to play tennis with some good guys.  Also, on Tuesday mornings, we play with two professional tennis players.  I think it is very good lesson for me to improve my tennis skills. 

 

In the orchestra and string group, I play the violin.  I like to play other instruments, too.  I have played them a few times like playing with other instruments, so I am a little bit nervous, but it's exciting. 

 

I feel thankful to everybody who helps me with improving my skills like languages, tennis and violin because my skills can be so useful and good  as communication tools.  I think if I can't do such things, I can't communicate more with people.  

 

Also, on the 18th, I happened to meet a friend, who used to be playing tennis with me in competition and practicing when we were junior high school students!  I was so surprised and happy to meet her because we are studying abroad at the same time and in the same country. I wanna meet her again!

 

Thank you for reading my report. And I will do my best.

 

Regards,

Shoka

こんにちは!私はニュージーランドに留学している山下祥加です。 ニュージーランドでの生活を紹介したいと思います。 こちらでの生活も、今週で3週間を数えます。毎日が充実していて、本当に楽しいです。 授業では、もちろんすべてが英語なので、聞き取るため、常に集中力を保っていなくてはいけません。少し大変ですが、日に日に英語力が向上するのが嬉しいです。

 

大妻中野とこちらとで比較してみたとき、授業のスタイルの違いを強く感じるのは音楽の授業です。こちらの学校では、授業時間のほとんどを作曲に費やします。最初に一緒に曲を作るグループを作り、そのあと、AコードからGコードまでのコードの中から何個か選び、曲を作っていきます。最後には作曲した曲をそれぞれが弾ける楽器と共に演奏します。 この前に何曲か短い曲を演奏しましたが、学期末までに長い曲を何曲か作らなければいけないので大変です。そのため、放課後や休み時間、可能な限り曲を作ったり練習したりしています。このような経験したことのないやり方に、当初私はひどく戸惑いました。しかし、先生や友達が親切にやり方を教えてくれたので、授業についていけています。そのため、あたたかいサポートを感謝しています。他に授業時間の全部を作曲以外に自分の演奏できる楽器の練習にあてる場合もあります。

 

クラブ活動では、テニス部、オーケストラ、弦楽団に入りました。それはGirls Highですが、学校での活動以外には、習い事として、Taranaki Youth Orchestra に入ることができました。 テニス部では、皆、すごく上手なので本当に驚きました!しかし、レベルの高いプレイヤーと一緒にテニスが出来るのが嬉しいです。また、火曜日の朝にはプロのテニス選手が二人いらっしゃり、指導を受けています。これも、私のテニスのスキルが向上するのにすごく良い事だと思います。 オーケストラや弦楽団では、バイオリンを弾いています。しかし、これまで他の楽器と合わせて演奏する経験が少なかったので緊張しますが、楽しいです。初めて留学として訪れた外国で、音楽やスポーツは、とても有効なコミュニケーションのツールだと実感しています。だから、国境を超えて楽しめるテニスやバイオリンを身につけていたことは大きな利点でした。テニスやバイオリンを私に教えて下さった方々に改めて感謝します。

 

そして、何と、18日、中学生の時にテニスの試合で戦ったり、一緒にテニスを練習していた友達に出会ったのです!同じタイミング、さらに同じ場所で留学している、という奇跡のような出来事には本当に驚きました!さらに思いがけない喜びでした。また会いたいです!

 

レポートを読んで下さりありがとうございました。これからも頑張ります。

 

山下 祥加

2017/02/21

From Otsuma Nakano International Department.  Ayaka Kobayashi updated her report on her life at St. Andrew’s Catholic College and in Cairns.  It is our great pleasure to share it with you all.  

 

Hello, everyone!  This is Ayaka Kobayashi from Cairns.  Is it snowing here and there in Tokyo? The temperature is always over 30℃ every day in Cairns, which makes us feel so hot.

 

When I came home this Tuesday,  the temperature was 39℃!! These days, the weather is settling and I can see the beautiful blue sky. I could find such a rare road sign on the way home!!  It says " Be careful of horse", because you can see a riding horse walk along the road.

 

Now, I will introduce my Australian life! Let's go!  3 weeks have passed already since I attended the school, St' Andrews.  So, I have become rather used to this atmosphere and each class. This week, I learned some signs and solution that I have never learned in my school in math class. I could enjoy the class through comparing my expression with my teacher's one.  Also, I actually tried to use the math sign.

 

In chemistry class, I observed a three-dimensional image of atomic structure and electron orbit with using a laptop.  We can input some information naturally and get a strong impression about it with using image and diagram.

 

Also, on Thursday, Swimming Carnival, which we can say that it is the real pleasure in the first trimester, was held!  It was good weather, so it was a perfect day for swimming. We moved from school to a nearby pool by bus.  There were four team that "CHISHOLM"(red), "MACKILLO"(blue),"OZANAM"(green), "HOLLOWS"(yellow)and we competed each other with race, relay.  I was in "MACKILLO"!  And there was not only competition but also a space where we can play.  I swam there with my buddy.  It was comfortable!  Everyone wore their team color clothing and drew line, wrote team name. I felt their earnest and aggressive power of unity.  When it comes to the results of the competition, the winner was green, second was blue, third was red, fourth was yellow.  It is similar to Otsuma Nakano's athletic festival, but the scene was pool, so I could have another fun which was different from Otsuma Nakano.

 .

Saturday of the last week, I cooked "Tofu with meet", which is Japanese food, to my host family.  My family said "good taste! Thank you."  My host father and brother took me to Asian shops for buying some ingredients. It was my first time but I could well.  When host father did another helping, I found myself rewarded. I can feel working hard as well when they enjoy eating my dishes with saying delicious.

 

Sunday of the last week, my host family took me to a national park that has river.  It was the river with a blue high degree of transparency, and the water is rushing past. We tried to slip from rock to water and see some rare plants.

 

This Saturday,I went to the mountain called “glacier rock for climbing.”  The height of the mountain is about 1000m.  And I had around 200steps!  That was so hard and hot, but It was comfortable when I finished climbing and saw the beautiful view from the top of it.  On the way home down from the mountain, I bathed the fresh water from the mountain.

 

Through such a life in Australia, I can feel myself getting to be like an Aussie day by day.  Thank you for reading my report. We’ll see you in two weeks!

 

Regard

Ayaka Kobayashi

 

 

皆さん、こんにちは。小林礼佳です。東京は雪がちらほらと降っていますか? ケアンズは毎日30℃越えで、とても暑いです。火曜日に家に帰ってきたときの気温は39℃でした! 最近は天気が安定してきて、美しい青空に臨むことができます。帰り道にこんな珍しい標識を発見しました!これは馬の歩行に注意という意味で、道路に沿って乗馬をすることがあるそうです!

 

それでは、オーストラリアlifeを紹介します!行きましょう!

早くも学校に通ってから三週間がたちました。雰囲気や授業にもだいぶ慣れてきました。今週、数学で大妻中野では使わない記号や解法を学びました。自分の式と比較したり、記号を実際に使ってみたりと発見することも多く、楽しいです。 化学では、実際に映像で立体的な原子構造、電子軌道と観察しました。映像や図を利用することで自然と頭の中にインプットされ、強く印象に残ります。

 

そして、木曜日には一学期の醍醐味とも言えるスイミングカーニバルがありました。学校から近くのプールまでバスで移動しました。 "CHISHOLM"(赤), "MACKILLO"(青),"OZANAM"(緑), "HOLLOWS"(黄)の4チームに分かれてレース、リレーの競争をしました。私は"MACKILLO"(青)に所属しました!又、競争だけでなく、遊ぶことのできるスペースもあり、私はバディーとそこで泳ぎました。とても気持ちよかったです。セントアンドリュースのみんなは所属チーム色の衣装をまとったり、顔にラインを引いたり、チーム名を書いたりと行事に対する熱心さ、積極性、そして団結力を感じました。結果は1位が緑、2位が青、3位が赤、4位が黄でした。大妻中野の体育祭と似ていますが、舞台がプールなので、また違う楽しさを味わうことができました。

 

そして、先週の土曜日に、ホストファミリーに日本食の肉豆腐を作りました。ファミリーは"good taste! Thank you." と言ってくれました。材料を買うためにホストファザーとブラザーがアジアショップに連れて行ってくれ、初めてでしたが、うまく作ることができました。ホストファザーがおかわりをしてくれた時は本当にやりがいを感じました。自分が作った料理をおいしいと言って食べてもらえると、また頑張ろうという気持ちになれます。

 

先週の日曜日にはNational Parkという川に連れて行ってもらいました。川は透明感のある青色で、流れる水に勢いがありました。岩から川へと滑ったり、珍しい植物を見て回ったりしました。

 

今週の土曜日には、glacier rockと呼ばれている山に登りに行きました。山の高さは1000mくらいで、約200歩程歩きました! とても大変で、暑かったのですが上り終えて頂上からの美しい景色を見た時は,気持ちよかったです。山から下りた帰りに、山からの新鮮な水を浴びました。

 

このような生活を通して少しずつですが、日々、Aussieらしくなっていく自分を感じ、うれしく思います。レポートを読んでいただき、ありがとうございました。 では、また二週間後にお会いしましょう!

 

2017/02/19

From Otsuma Nakano International Department. 

A year-long-term exchange student at New Plymouth Girls High School, Naoka Yoashizawa, introduces you her current school life there.  It is the last term for her to study at New Plymouth Girls’ High School.  So her report tells us her strong will to make her days fruitful. 

 

Hello. This is Naoka Yoshizawa. How have you been? New students from Otsuma Nakano joined us 2 weeks ago. They looked so nervous at first, but also expecting a lot of experiences.  We didn’t talk much for the first week but from this week, we talked a lot and built deeper friendships. I would like to talk about my first week at school and what I did with them.

 

The first thing is about what was going on my first week at school. This year, I would take classes of English, Hospitality, Math, Physics, ESOL and Sports. But I had to change my subject because my Math Extension class and Hospitality class are at the same time. Then I dropped Hospitality class and I am taking Geography class now.  It is impossible to change subjects in Japan, but I can do at NPGHS, so it is good experience for me to be honest. I am taking sports class this term and it is summer, so we have swimming class!  Actually, the weather in New Plymouth is not good, so sometimes cold and raining like winter. But even if it is raining, we usually swim and it made me surprised. And I understand that kiwi girls are so tough. At Otsuma Nakano, we don’t have pool, so I didn’t have swimming class and I haven’t swum for 4 years properly before this summer. In first class, I had to swim for 400m and kiwi girls swam for 10 minutes but I nearly drowned several times, so it took me 20 minutes.  I just knew that I need to practise harder than them.    I had wanted to change my subject, but I think it will be good experience to try thing which I can’t in this last term.

 

The next thing is about our weekend with Shoka and Haruka!! We went to town on Saturday! They arrived 2 weeks ago, so I took them to town and had a lot of fun! We did shopping, eating a lot of delicious stuff and chatting a lot! We went ice cream shop and ate ice cream, went to Sushi shop and ate Sushi. Finally, we went to Starbucks even though we already were full… Also we bought same water bottle! It is so cute and from Kathmandu., which sells kind of outdoor stuff. We took a lot of selfies and chatting ourselves a lot. I think we were getting closer and deeper friendships! I also want to take them to a lot of place and show them a lot of beautiful views and culture food. Especially, in New Zealand, there is a lot of delicious and high calories food, so I want to let them eat!!! I am looking forward to hanging out with them and having a lot of chatting so much!!

 I have only 1 term in New Plymouth and I already think about when I leave here. It makes me so sad. But I want to try everything which I can or can’t and get a lot experiences. The weather is still not like summer but hotter and hotter.  And also if I have some opportunities, I really want to go the other cities as well!

 

Thank you for reading! See you next time!!

 

こんにちは。吉澤直夏です。皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?新しい大妻中野からの生徒も2週間前に留学が始まりました。最初は、やはり緊張もしていましたが、これからの生活にたくさんの想像を膨らませている様でした。最初の1週間はあまり話しませんでしたが、今週からは、だんだんと話すようになり、仲良くなれたと思います。さて、今回のレポートでは、私の最初の1週間と今週末、何をしたか、話したいと思います。

 

まずは、私の学校での最初の1週間についてです。最後の1タームは、英語、家庭科、数学、物理、ESOL、体育を専攻しようと思っていたのですが、数学と家庭科の授業時間が重なってしまったため、科目変更をしました。家庭科を取らずに、地理学に変更しました。日本では、科目変更はできませんが、NPGHSではできるので家庭科を取らないのは残念ですが、経験にもなりました。また、体育の授業では、夏ということでスイミングが始まりました!本当はニュープリマスでは、いまだに気候が思わしくなくまるで冬のように寒かったり、雨が降ったりしています。しかし、NPGHSでは、雨が降っていてもスイミングをやるんです!これには、流石に驚きましたが、同時にkiwi girlsがタフだと実感しました。大妻中野には、プールがないのでプールの授業もなく約4年間きちんと泳いでいませんでした。プールの最初の授業では、400mも泳がなくてはなりませんでした。Kiwi girlsは、10分程度で簡単に終わらせていたのに、私だけ、20分もかかってしまい流石に恥ずかしかったです。やはり、練習をほかの子たちより多くしないといけないことを実感しました。正直、科目変更も考えましたが、最後の1タームは自分が出来ないことでもトライして、良い経験を作ろうと思い変更せずに頑張ろうと思います。

 

次は、今週末にしょうかとはるかと一緒に遊んだことです。土曜日には、3人で街に行きました。2人は2週間前に着いたばかりなので、街へ行き思い切り楽しみました!買い物をしたり、ご飯を食べたり、沢山話しました!午前中から、アイスのお店に行き、アイスを山のように食べたり、お寿司を食べたり、、、お腹がいっぱいなのにも関わらず、最終的には、スターバックスへ行きました。また、Kathmanduというアウトドア専門のお店でお揃いの水筒も買いました。もちろん、セルフィーを撮ったり、沢山お話もして、距離も縮まり、友情も深まったと思います!2人を沢山の綺麗な景色が見れたり、美味しい食べ物があるおすすめスポットに連れていきたいです!特に、ニュージーランドには、高カロリーでとても美味しいレストランやカフェもあるので、そこにも連れていきたいです!すでに遊びに行ったり、話したりするのが待ち遠しいです!

 

もうあとニュープリマスにも1タームしかいれず、出発のことを考えると本当に悲しいです。でも、私ができるできないに関わらず、全てのことにチャレンジし、沢山の経験を得たいと思います。未だに、気候は夏本番ではありませんが、徐々に暑くなってきています。また、機会があれば、他の都市にも行きたいです。

読んでくれてありがとうございました。次のレポートでお会いしましょう。   

2017/02/18

「私が進学した大学も学部も、私が合格した大学、学部の中でいちばん偏差値が

高かったわけではありません。自分がいちばんやりたいことをやれる場所だと

思ったから、この学部に進学しました!」

強い目線、しっかりした口調で語るのは、大学3年生になった妻中卒業生。

6時間みっちり授業を受けたあとですが、集まった妻中生たちは目をキラキラさせ、

ひと言も聞き漏らすまいとするようにビッシリとメモをとっています。

 

国内SGU(Super Global University)はもちろん、海外大学が進路の選択肢として

挙がることは、珍しいことではなくなってきた昨今。

でも、具体的に何を頑張ればいいのか、どんな準備が必要なのか、大きく夢が

ふくらむほど、分からないことも増えてしまうのが現状です。

今日は、力強いアドバイザーを交えての海外留学・進学相談会。

中学・高校を問わず、生きた情報を得たい妻中生や保護者の方々が一堂に会し、

憧れの未来を満喫しているみなさんをお迎えします。

 

「今の自分をベースに未来を決めていく、ではありません。かなえてみたい夢が

あるから、そこに向かって今の自分を動かしていくんです。もちろん、路線変更は

何度だってOK!そうすれば、可能性はどれほどでも広がりますよね。」

現在、シンガポールを拠点にご活躍なさっている本校アドバイザー、戸田さんの

エネルギッシュな言葉で開始早々、会場内の温度がグッと上昇しました。

フリータイムになっても、個別に質問してみたい!相談したい!と居並ぶゲストに

駆け寄る妻中生たちの列が途切れません。

 

未来はどんな風にでも変えられる。

まずはどんな世界があるのか、自分の目で確かめたい!

今、身体にみなぎるエネルギーを忘れずに。

妻中生の手にある、希望の種。その種が咲かせる花。

どこまで大きく、香り高く、咲き匂うことでしょうか。

 

 

2017/02/17

グチャグチャにこんがらがって、ほどく方法が見えないくらい絡まった糸。

激しく炎を上げて燃え広がり、近寄るのもためらわれるような大火事。

呆然と眺めていても、事態はまったく改善しないばかりか、下手に手を出すと

ますます良くない方向に行ってしまいそう…。

 

きっかけは本当にささいなことだったかもしれない「いじめ」。

でも、それがエスカレートすると、当人の心が負う傷も痛みも、周囲に及ぼす

影響も、考えられないほど大きくなるかもしれないのです。

もし、自分たちだけで解決できそうにない事態にまで陥ってしまったら…。

中学生の道徳、定期的に弁護士の先生がたをお招きして実施する「いじめ」を

学ぶ授業。今日は中学3年生を対象に、「いじめ」を扱う模擬調停にチャレンジ

しました。

 

弁護士の先生がたが準備してくださった「設定」は、現実に起きてもおかしくない

ような、リアリティに富むものです。

ちょっとした勘違いを発端に、みるみる事態が深刻化…心に傷を負った被害者

ばかりでなく、加害者側も甚大なダメージを負ってしまい、スッキリ解決させること

なんて出来るの?と、ついのめり込んでしまいます。

(実際に弁護士の先生がたが事前シミュレーションなさった際にも、大揉めに揉め、

 大変なことになってしまったとのこと。リアルそのものです。)

 

被害者・加害者・弁護士・調停員など役割分担されたメンバーが壇上に並び、さあ

調停スタート!片方の弁護士役が真に迫る口調で激しく主張をまくし立てる一方、

受け手の弁護士はやや優しい感じ…。これは片方が有利な状況で調停成立か?と

思われましたが、結果は不成立。訴訟に持ち込まれることになりました。

 

「今回は“模擬”だから出来そうに感じるけれど、同じ状況にもし陥ったら、私はきっと

こんな風に話せないと思う。」

「まず、ここまで事態を悪化させないことが大切。いじめ自体をなくさないと。」

成り行きを見守っていた同級生の感想コメントも、現実味があった分、リアルです。

 

何よりも大切なのは、まず、「いじめ」を生まない空気。

キチンと向き合う心。行動する勇気。

糸がどうしようもなく絡まってしまうその前に、炎が消せないくらい燃え上がるその前、

調停、裁判という言葉が出てくるその前に、必要なことがある。

実際に目で見て、耳で聴いて、肌で感じてわかる「いじめ」の重さ。

ここで終わっていい学びではありません。

折にふれて、何度も学び直し見つめ直す、その姿勢こそ、「いじめ」のない空気を

生み出すことが出来るのですから。

 

2017/02/16
ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.