能力や才能は、それを認め、活用してくれる能力や才能が無ければ成り立たない。

(池田満寿夫)

 

数々の展示発表も公演も、最初に誰かのアイデアがあって企画が立ち上がります。

最初のアイデアがさらにふくらむアイデアがプラスされたり、よりスマートにブラッシュ

アップさせる提案があったり、それを手助けする力があったり…。

一人一人が持つ可能性を花として見事に咲かせるためには、周りの力がどうしても

必要です。そして、その力があるからこそ、花は新たな進化を遂げて咲くことさえ、

最初の想像をはるかに超えた大輪の花、大木に満開に咲き誇る花になることさえ

出来るのですから。

 

今年も、大妻中野いっぱいに文化の薫り高く、見事な花が咲き誇りました!

秋桜祭GlobaArtslFestival

 中学秋桜大賞:3年6組 高校秋桜大賞:6年7組

 学年金賞 中1:1年8組 中2:2年2組 中3:3年4組

        高1:4年7組 高2:5年4組 高3:6年6組

 有志大賞 高3ダンス部

 部活大賞 展示・販売:リビングアート部

        公演    :ダンス部

秋桜大賞、装飾の素晴らしさは圧巻でした!

表彰式、頑張った実行委員が手を取りあって登壇します。

公演するクラブは日頃の成果を出し切りました!

 

2016/09/30

今年の大妻中野の文化祭は、「グローバル」がテーマです。

 

多くの展示やパフォーマンスに、「グローバル」の意味と意義が反映されていました。

その中でも、ことしで3回目を迎える「早稲田大学留学生との交流」が、文化祭2日目の日曜日、

今年は35名もの早稲田生を迎えて、行われました。

早稲田留学生たちのほとんどは、9月入学の新入生たち。日本の学校はどんな学校か、興味津々です。

 

はじめに、1時間半ほどグループごとにツアーで文化祭を見てもらいました。本校の生徒が付き添って案内してまわりました。

それから、カフェテリアに集まって「交流セッション」です。大妻中野を紹介するショートムービーのあと、"Cool Japan"をテーマに

クイズで楽しみました。

 

早稲田留学生たちにとっても、本校の生徒たちにとっても、お互いを知る有意義な時間を共有できたと思います。

 

 

 

2016/09/28

It is our great pleasure to introduce this latest report by Naoka Yoshizawa, a sophomore student of Otsuma Nakano High School, who is now studying in New Plymouth as one year long exchange students.

 

-  Hello! This is Naoka Yoshizawa from New Zealand.  How have you been doing? Long time no see.  I’m so sorry that it took me long time to write a new report because I had exams…  OK, I would like to talk about kiwi life!

 

On the 19th of August, I went to Hamilton for a competition of WAIKATO ITM BAND& ORCHESTRA FESTIVAL with NPBHS/GHS Combined Concert Band. That was a long day… I woke up at 5.30 because I had to go to school at 6 o’clock. It was so early that I was sleepy during the bus ride. I went back home after 9 o’clock… It was a hard schedule but I could enhance deeper relationships with the concert band members and I got gold award!  I was so happy.  The next day, I slept all day because I was tired…

 

I had exams for one week from the 7th of September. The exams were a little bit different from Japanese ones. It took three hours for one subject.  It is interesting that we don’t need to wear a uniform. We can take some snacks and water to the exam!   We have special schedules for exams.  Also if you have no exam on that day, you don’t need to come to school. It means that day is a holiday! It is good system for students, because we can study or hang out with friends that day.

 

I took three subjects – English, Mathematics and Science. They were held on 7th of September and the morning of the 8th of September. They were very good for me because I didn’t need to go school the other days until 14th of September. The exams were difficult because I couldn’t take a dictionary. Especially, without a dictionary, English was so challenging for me to struggle.  Science and Mathematics were not difficult because I had already learned that in Japan. But they were stressful for me because I had to read, understand and explain in English. I felt I must improve my English more and more. It’s not enough.

 

On the 9th of September, I had one of my international friends’ birthday party !  I went to her host family’s house and attended the party together. It was so fun and I ate so much. Especially cakes were so yummy. We watched some video which was about a birthday girl with Yui who came to NPGHS together last year as well. It was such a great video!  

 

Thank you so much for reading my report.  I’m looking forward to seeing you next time.

皆さん、こんにちは。ニュージーランドに1年間留学している吉澤直夏です。皆さん、お元気でしょうか?レポートを書かなかったのがとても長かったように感じます!レポートを書くのが遅くなってしまいすみません。テストがあり忙しくて、、、さて、みなさんにkiwi lifeをお話ししたいと思います。

 

8月19日には、WAIKATO ITM BAND& ORCHESTRA FESTIVALという大会にNPBHS/GHS Combine Concert Bandと行きました。とても長い日で、朝6時に起きて夜の9時過ぎに家に着きました。バスの中では、流石に爆睡でしたが、バンドのメンバーの子達と親睦を深めたり、大会では、GOLDを頂くことができ、とても嬉しかったです。でも、やはり次の日は一日家でゆっくり過ごしました。

 

9月7日からは一週間テストがありました。やはり、日本とはかなり異なりました。まず、一教科につき、3時間で制服の着用は自由で多くの生徒は私服登校でした。また、ちょっとした、お菓子や水は持ち込み可でした。そして、テストの予定が組まれており、自分の取っている教科のテストがない場合は、お休みなんです!勉強もできるし、遊びに行くのも自由なので、生徒には良いシステムだと思います。私は、英語と数学と理科の3つの教科を取っていて、7日と8日の午前にテストがありました。14日まで、学校がお休みだったのでリラックスできました。やはり、テストは辞書が持ち込めないのでさらに難しく、一番難しかったのは、英語でした。数学と理科は日本ですでに習っていたので、それほど難しくはなかったです。ですが、テスト中は、英語で読み理解し説明するのは、ストレスを感じてしまいました。もっと、英語を上達させる必要があると痛感させられました。

 

9月9日には、インターナショナルの友達の誕生日パーティーがあり、その子のホストのお家に行きました。とても楽しかったし、いろいろ食べました。特にケーキは本当に美味しかったです。誕生日の友達と去年2週間の短期留学でNPGHSにいた鮎川由依さんのビデオを見ました。とても懐かしかったです。最後まで読んでくれてありがとうございました。次回も楽しみにしていてくださいね。

 

2016/09/26

毎年、東中野消防署から全面協力をいただいている大妻中野の防災訓練。
学年ごと、それぞれ違ったプログラムに取り組みます。
6年間を通すと、災害対応や救命救急など、多面的に「災害」を考えることが
できる、中身の詰まった防災訓練。
 
大きな災害も、悲惨な事故も、決して起こってほしくはありません。
でも、日ごろからしっかり訓練や備えをしておくことが、いざという時冷静に
行動するためにはとても大切なことだ、と改めて確認することが出来ました。
 
↓まず最初は全体での避難訓練。
 
 
↓中学1年生「災害を知ろう~クロスロード(ケーススタディ)~」
  中学2年生「女性消防士の方の講話と消火器訓練」
 
 
 
 
↓中学3年生「救助訓練と煙幕体験」
  高校1年生「救命救急講習」
  
 
↓高校2年生「防災について考える」
  高校3年生「防災クイズと自宅への帰宅地図作成」
 
 

2016/09/26

~思想と文化は常に民衆の自発的なものであらざるを得ない(戸坂潤)

 

何かを生み出したい!と欲する心、誰かを感動させたい!と願う情熱が

あるから、Artsは生まれるのでしょう。

「Global Arts Festival」というテーマのもとに、中学生・高校生が各クラス、

各部活、さらに有志を募って創り上げてきた「Arts」が、ようやく大輪の花を

咲かせる日。

あいにく午後から雨模様となりましたが、校内の活気はお天気などお構い

なし!8階まである校舎の中はたくさんのお客さまでいっぱいです。

 

自分たちが創り上げてきたArtsに対し、確固たるプライドを持っている生徒たち。

お客さまをお見送りした後は、教室のメンテナンスをしたり、1日目の反省点を

話し合ったりと自分たちの企画ブラッシュアップに余念がありません。

お天気も味方してくれそうな2日目。さらなるパワーアップにご期待ください!

2016/09/25

料理上手は片付け上手、という言葉を聞いたことがありますが、文化祭の

準備にも似たところがあるような…。

学年が上がるごとに、ディスプレイのセンスや技術、空間構成力の巧みさに

目を見張る部分が増えていく…成長の軌跡を目の当たりにするようで、実に

嬉しい気分になれます。

それと同時に、気付くことがひとつ。

作業している隣で自然と片付けを始めているメンバーがいる割合も、高学年に

なるほど多くなるのです。

 

一緒に過ごしてきた時間が長く、気心の知れた仲間だからこそ、互いに空気を

読みあって、かゆいところに手が届くサポートをしあえるのでしょう。

準備日の下校時刻が近づいてきます。

作りものを続ける誰かの横で、せっせと掃き掃除、拭き掃除をするメンバー、

全体をチェックするメンバー、ゴミを分別するメンバー。

みんなの力が集まっているから、明日明後日、お越しくださるお客さまには

最高の文化祭を満喫していただけること受け合いです!

GlobalFestival、どうぞお楽しみに!

2016/09/23

初めて妻中を訪れたかたが「…病院?」とおっしゃることも珍しくない、

白を基調とした静かな廊下。

休日の今日は花飾りやアートペイント、金銀のモールなど鮮やかな

装飾品が廊下いっぱいに散っています。

 

明後日、土曜日には文化祭本番!

各クラス創意工夫に満ちた装飾に休日返上でかかりっきりです。

クラスの装飾、部活の練習、あちこちで元気な声が響き渡る中、

文化祭実行委員幹部たちは黙々と学校内に案内板や万国旗を

配し、見て楽しい、歩いて分かりやすい会場作りを実施中。

 

文化祭の2日間、いらしてくださったお客さまはきっと、目移りする

ような華やかな空間を歩き、心躍らせてくださることでしょう。

グローバルアーツの香りただよう素敵な空間が皆さまをお待ち

しております!

 

 

2016/09/22

9月20日(火)お昼休みのCOSMOSアゴラ。

注文したお弁当を受け取ったり、自動販売機に並ぶ食品を選んだり、

いろとりどりの手作り弁当を広げておしゃべりに花を咲かせたり…。

楽しそうな声があちこちから聞こえる明るい空間に、今日は軽やかな

ピアノの音が響いています。

 

ピアノを奏でる背中、妻中では見慣れないポロシャツ姿です。

オーストラリアの姉妹校、St.Andrews Catholic High schoolからたくさんの

高校生が妻中を訪れてくれました!

歓声を上げてハグし合っているのは、この夏、オーストラリア短期留学で

St.Andrewsに通った高校1年生、2年生たち。

いつも一緒に行動し、すっかり仲良くなったバディと、感動の再会です。

 

高校生の先輩が楽しげに英語で冗談を言い合いながらランチを楽しむ

様子を間近にすると、どうしたって中学生は気になってしまいます。

「楽しそう!わたしもオーストラリア行ってみたい!」

「わたしは来年カナダに行きたいんだ~。」

 

やってみたいことの向こう側、「やってみて良かった」が先輩たちの笑顔を

通して実際に見られるから、ますます夢がふくらむのでしょう。

文化祭では、St.Andrewsのウクレレチームが練習の成果を披露します。

乞うご期待!

2016/09/21

あいにく小雨まじりの曇天。

せっかくの連休に太陽は元気がないようです。

日差しに恵まれないせいか肌寒いくらいの外気温。

しかし、校内には文化祭を成功させようとする「熱」が渦巻いています。

 

広いアリーナいっぱいに響かせようと、渾身の発声をする演劇部。

一人の存在感でたくさんの観衆を惹きつけるのですから、プレッシャーも相当でしょう。

本番への気合いは充分!入念に稽古を重ねています。

8月のコンクールで銀賞に輝いたばかりの吹奏楽部も練習に熱が入ります。

文化祭は4月に入部した中学1年生のデビューステージ。

楽器なんて持ったこともなかった、自分が奏でる音なんて想像もつかなかった1年生が、

今では笑顔で楽器を携え、気持ちよさそうにいい音を出している姿には

「成長」という言葉を思い浮かべずにはいられません。

文化祭でのステージをご覧になる際には、初々しい1年生の頑張りと、

それを頼もしく支えてくれた先輩たちの思いやりも味わっていただけたら幸いです!

2016/09/19

台風のニュースが気になる連休の日曜日。

中野の街はお祭りで賑わっていますが、学校の中は来週の「お祭り」に向けて

活気にあふれています。

とくに公演を行う部活は練習に余念がありません。

せっかくいらしてくださるお客さまだから、最高のパフォーマンスをお目にかけたい!

各部活動の必死さが、引き締まった表情からもひしひしと伝わります。

誰かのために、何かのために友達・先輩・後輩と手を取りあい、全身全霊で取り組む時間。

なんとなく過ごせばいつの間にか終わってしまう日曜日が、こんなにも濃密になること。

今日過ごした大事な時間も、いつか未来で自分を支えてくれる、宝物に変わるのでしょうね。

校庭ではダンス部、アリーナではチアリーディング部が熱心に練習していました!

2016/09/18
ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.