(英語の後に日本語の文が続きます)

It was the last day at UBC. In all the ESL classes our students looked back

to this study trip, thought about what was the best memory for them and

shared what they had in mind to each other. Somehow, all of them looked

a bit proud of themselves. Living for about two weeks abroad away from

their families and finding themselves able to communicate in English have

certainly made them a little independent.

One teacher and one buddy had to leave at noon and this was the beginning

of having to say “Good-bye.” They spent the afternoon preparing for the

farewell party this evening.

The farewell party was more than we could describe. All of us just hoped

this moment would last forever.

UBCでの生活も最後の1日となりました。

午前中のESLの授業も、バディたちとの食事も、自由時間もいつの間にか1つ1つ

最後になってきました。最後のESL授業は今回の旅行のまとめです。

What is your best memory in Canada?

いつ、どこで、誰と、どんなことをしたか、そしてその時どう思ったか?

カナダに来てからのことを振り返り、お互いに経験したことや思い出を分かち合っていました。

あるグループは教室の外に出て、輪になって発表をしていました。

土曜日のUBCは人気も少なく、緑と静けさの中に生徒の声が響きます。

午前中でプログラムから去ってしまうバディもいて、いよいよ生徒はお別れを実感します。

あちこちで授業ファイルにメッセージをもらっている生徒を見かけました。

午後はフェアウェルパーティの準備。

別れを実感し始めた彼女らは、一生懸命自分たちの出し物を練習します。

与えられた時間は3時間。自分たちでアイデアを出し合ったり、ESLの先生に手伝ってもらったり

しながらあっという間に時間は過ぎました。

夕食を急いで済ませたら、いよいよパーティです。まずは生徒たちは全員で校歌を紹介し、

代表がお礼の言葉を述べました。

そして、それぞれの出し物に120人を超えるメンバーが一緒になって盛り上がりました。

最後はESLの先生方から終了証をもらい閉会、となるはずでしたがそのまま大撮影会となり、

涙涙のお別れです。「日本に帰りたいな」、さすがにそんな声も聞こえ始めてきましたが、

ずっと一緒の時間を過ごしてきた先生やバディとも別れたくない、そんな複雑な気持ちを抱えながら、

カナダでの最後の夜をすごしました。

2016/07/31
2016/07/31 
New Zealand No.2

<中学3年生 ニュージーランド短期留学>

今日は各ホームステイ先でファミリーと一緒に過ごしています。

午前中は激しい雨が降りましたが、午後はすっきりと晴れています。

この記事ではNew Plymouthの風景をお見せします。

学校のすぐそばにビーチがあります。

夕日がとてもきれいです。

 

Students are spending their weekend with their host families.

We had heavy rain in the morning, but it is very fine in the afternoon.

These are the pictures from New Plymouth.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016/07/31

吹奏楽部は、7月30日から8月3日の4泊5日で合宿を行います。
初日は無事宿舎に到着をし、早速練習を始めています。
最終日の発表会に向けて、どれだけ成長できるかが楽しみです。
 

2016/07/31

(英語の後に日本語の文が続きます)

There's not been a drop of rain since we came to Canada. Now we are

sure that not only the people around us but the weather's also been

supporting us. After having an enjoyable time in Vancouver yesterday,

we were back to the ESL classes this morning. Having a warming up

activity “Human Knot,” some classes made sure how to say body parts

as we were going to have Yoga exercises in the evening. But today's target

was to give a public speech. First, they discussed and decided their team flag,

and then talked to each other about what their symbols stand for, why they

chose them and so on. Then they gave theri presentations.

We cut a little short the morning lesson and went out to Lynn Canyon in the

afternoon. Our students enjoyed crossing a suspension bridge over the valley 

and walking along the trails. After dinner, we had a yoga lesson.

 

私たちがカナダに来てからは雨は一粒も降らず、毎日お日様を見て過ごしています。

どうやらお天気も私たちの味方をしてくれているようです。

いつもどおり午前中はESLの授業でした。夜のアクティビティの準備でしょうか、ウォー

ムアップがてら体の様々な部位の言い方を扱いました。日本でもおなじみの知っている

単語もあったり、初めて耳にする単語もあったり。続いて今日のターゲットであるプレゼ

ンテーションの活動をしました。まずはバディがモデルプレゼンテーションを見せてくれ

ました。

そしてチームごとに自分たちのフラッグを作り、なぜそのようなデザインにしたのかを整理

していきます。プログラムも終わりに近づき、扱う内容も難しくなってきました。

午前中の授業を早めに切り上げ午後はリーンキャニオン見学でした。サンドウィッチラン

チを持って吊り橋を渡りトレイルを歩いていくと、小さな滝と渓流にたどり着きました。水

着姿で泳いでいる人もいましたが、妻中生は靴を脱いで足だけつかり、水の冷たさを感

じていました。

夜はヨガの講習会、、、当然英語バージョンです。午前中に確認したボディパーツを表す

単語を聞きながら一生懸命に体を伸ばしたり、バランスをとったりして楽しみました。

 

2016/07/30
2016/07/30 
New Zealand No.1

<中学3年生 ニュージーランド短期留学>

 

元気に成田空港を出発し、

 

 

Auckland経由で、無事にNew Plymouthに到着しました。

 

 

ホストファミリーが空港へ迎えに来てくださいました。

とても気さくで明るい方々です。

日曜日はホストファミリーと一緒に過ごします。

 

After a long flight, we arrived at New Plymouth.

We are delighted to meet our wonderful host families.

 

 

 

 

2016/07/30

Friday, July 29th, 2016

 

In the early morning, it rained here in Hartford, so it was cool and comfortable. But around noon, the sky got back into clear and blue with refreshing summer breeze.  Otsuma Students looked fine and good recovering themselves from their jet lag.

 

In the morning, they kept busy experiencing lots of programs.  First of all, they went around the campus of the University of Saint Joseph. Professor Jonathan, director of international programs at USJ guided them around many facilities of this beautiful campus, such as the gyms, the library, the halls, the art museum and the church.  They looked much impressed and amazed with these marvelous campus facilities.

 

Second they had an orientation class with their language partners directed by Jonathan sensei to make quick introductions with each other in English. They made it very well.

 

The third program of today’s morning classes made difference to Otsuma Nakano students. It was to join a very special program of learning to integrate arts in education. Artist-in-Residence, Samite, who is a refugee from Uganda and a world-renowned musician, tells a story of his life playing instruments such as kalimba, marimba and various flutes to accompany his vocals. It was so amazing and outstanding because we could emotionally understand how people live in Uganda and they feel there.  

 

In the afternoon, a university staff, Professor Justin had another impressive and interesting workshop with the USJ liaisons on physical education programs. Warm up dancing, some exercises with their partners to understand each other and working together in some performances, which let them recognize how important each is for each other.  This workshop was also well organized and amazing to us.  This is the academic physical education!

 

Our live here in the University of Saint Joseph has just begun!

ハートフォードの最初の朝は雨。過ごしやすい気候です。お昼ごろには雨もあがり、きれいな夏らしい青空になりました。皆、元気です。

 

今日も忙しい一日。午前中は大学のキャンパスツアーからスタートです。スポーツ施設、図書館、ホール、美術館、そして教会と充実した素晴らしい大学の施設を見て回りました。日本の大学と比べることも大切な研修です。その後はジョナサン先生のオリエンテーション。大学のパートナー学生と一緒に自己紹介からスタート、この大学のことについていろいろと学びました。

 

その後は今日の特別プログラム。この大学に滞在しているアフリカ・ウガンダ出身の音楽家であり、音楽の力によって人を助ける活動を行っているサミテ氏による特別パフォーマンスに参加しました。ウガンダでの生活や難民キャンプの様子とそこに生きる人たちの気持ちをアフリカの楽器と歌と語りで表現していきます。まさにアートの力によって、人が希望を回復し、生きることができることを教えています。

 

午後は、大学の体育のジャスティン先生による授業です。ダンスから始まって、お互いの気持ちを理解しあうエクササイズ、そして、皆で協働して行うエクササイズとパフォーマンス。とてもアカデミックな体育の授業です。

 

大学らしいアカデミックなプログラムがこれから続いていきます。

2016/07/30

7月29日(金)

今日のケアンズは、朝から少し肌寒さを感じます。
もちろん、ここ南半球は冬真っ盛り!しかし、「えっこれが冬?」という気温です。
亜熱帯ですから、くちびるの色が青く変わるなんてことはめったにありません。
日中は、25℃くらいまで気温が上がります。

今日は、1日バディと一緒の授業。
夕方には、ドラマに出るバディがいます。「アリス イン  ワンダーランド」の本格上演。
本当の俳優さんのようで、とても素敵なのです。
 
明日は土曜日、午後の話題は、週末の予定です。
どんな楽しい休日になるのでしょうか。
月曜日にたくさん聞かせてくださいね。よい週末を!

2016/07/30

7月28日(木)

朝から風が木々の葉を揺らし、青空が広がる爽やかな良いお天気です。
ここケアンズには、高層の建物がないので、とても空が広く感じられます。
今朝も24人が元気に登校。お互いの顔を見た途端、「昨日はね‥‥」「私はね‥‥」
と、話の輪が広がります。バディも4日目になると慣れたもの、妻中生の登校時刻が
近づくと姿を見せてくれるので心強いです。。
今日の1時限目は、植物を使った美術の授業。
セントアンドリュース校内に咲いている花や葉を画用紙の上に並べ、もう一枚の
画用紙で挟み、大きなアイロンでプレスすると、すばらしい芸術作品になりました!
部分を選んで切り取り、ブックマークやポストカード、グリーティングカードに。
色とデザインの美しさ、それぞれが我ながら大満足です。
ランチタイムは、ホストマザーお手製のお弁当。
今日もとても美味しいです。
午後は、ケアンズで大人気のプロバスケットボールチーム「タイパンズ」が来校!
セントアンドリュースチームとの対戦を一緒に観戦します。
いつもは静かな校内も、このときばかりは黄色い声援で賑やかです。
試合後ポスターにサインをいただき、みんなすっかりチームのファンになりました。
 
充実の1日が終わり、図書館前までバディに送ってもらったら、その後は、ふたたび
ホストファミリーのもとへ。
優しそうなホストマザーと天使のような笑顔のホストブラザー。
手作りのウェルカムボードで歓迎してくださることに感激です。
今夜は、レイトショッピングデイ。お買い物に行く家族もいるのかな?

2016/07/30

2016  July 28th

From America – Study at University of Saint Joseph

 

We made it!  We came here all the way from Narita to Detroit and Detroit to Hartford!  Finally, we arrived at Bradley Airport late evening on July 28, 2016 after a long journey.  It took us 18 hours from Narita to Harford. Of course, our students looked tired but from their facial expressions you can find their excitement about a lot of experience waiting for them from now.  

 

Here in Hartford, Connecticut in America, it is fine and comfortable. Not so hot we expected. Tonight they are sure to go straight to bed.  Tomorrow our lives at the University of Saint Joseph will start!

 

成田からミシガン州デトロイト、飛行機を乗り継いで、コネティカット州ハートフォードへ。待ち時間も含めて、18時間かけて、やっと到着しました!皆、疲れていますが、大丈夫。これからのこちらでの生活にわくわくしています。

 

ハートフォードは思ったほど、暑くはありません。今日はもうバタンキュー。明日からいよいよセント・ジョセフ大学での研修が始まります。アメリカの大学らしさがすでに周りにいっぱいです。

 

2016/07/29

(後に日本語の文が続きます)

Today, we left UBC to have a one-day trip to Vancouver downtown

area. Fortunately, all the students could go out together and enjoyed

sightseeing and shopping.

In the eveing, we explained to them the points to pay attention for

the flight back to Japan. All of sudden, it came to their mind that

they would go back to Japan in a few days.

今日は9日目。朝から快晴の一日でした。少し早く集合して黄色い

スクールバスに乗り、バンクーバー市内見学でした。スタンレーパ

ークでは色鮮やかなトーテムポールを見て、生徒たちは一生懸命

写真を撮っていました。次に訪れたプロスペクトポイントという場所は、

ライオンズゲートブリッジや海や対岸の家々がきれいに見えました。

バンクーバーオリンピックの聖火台を見ながら、ランチを食べました。

日陰に入れば涼しいカナダの過ごしやすさも経験しました。日に日に

バディたちと仲良くなっている様子が引率者にも伝わってきます。

午後は、待ちに待ったバンクーバー市内の自由行動でした。バディ

たちと一緒に楽しい時間を過ごしたようです。集合場所に集まってき

た生徒たちは、両手にお土産を抱えていました。

生の英語に触れ、買い物をしながら英語を使う喜びを実感した一日

でした。

帰ってきてからは荷作りの準備が始まりました。カナダで過ごすのも

あと3日です。生徒もバディとの距離も近くなって、笑顔で会話してい

ました。

2016/07/29
ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.