学校で学ぶ、というと、まず教室で机につき、教科書を開いて勉強する

姿をイメージするでしょう。

しかし、週のうち6日、1日の大半を過ごす学校という場では、活字に

ならない多くのことが「学び」として身につくのです。

中学高校の6年間、生涯のうちでも最も多感と言えるこの時期を過ごす

場所だからこそ、大妻中野では教科書を超えた学びを「Arts」として

重要視しています。

なかでも大妻中野でさかんな部活動は、妻中生たちが自然に「Arts」を

身につける最前線だと言えるでしょう。

 

ONDC(OtsumaNakanoDanceClub)今年のテーマは「CLIMAX」!

天井知らず、常に最高峰を目指して努力を続けます。

6月26日(日)、全国高等学校ダンスドリル選手権大会にて、高校2年生15名の

チームが3位に入賞。全国大会出場を決めました。

体育祭で披露したダンスと並行して練習を進行させる大変さは相当なもの。

その困難を抜群のチームワークで見事に乗り越えての入賞です。

全国大会に向け、ますます技術を磨き、自分たちにとって最高のCLIMAXを

迎えて欲しいと思います。

 

2016/06/30

いつか海外でたくさんの人とコミュニケーションしてみたい!世界を舞台に

活躍してみたい!だから、まず英語の勉強を頑張ろう!

英語学習に取り組む多くの人がこんな風に考えていることでしょう。

 

6月25日(土)のフロンティアプロジェクト授業にお迎えした、能楽プロデューサー

梅若幸子さんは、講演の中で次のようにお話ししてくださいました。

「英語はコミュニケーションのツールでしかありません。日本人として海外の

人たちと向き合うとき、きちんと日本のことを知らないと海外で勝負することは

出来ないのです。」

 

海外で能楽の公演を何度も経験されるなかで、自分たちがまず日本の文化を

知るべきであること、そうしないと海外でのコミュニケーションがはかれないと

いうことを、梅若さんは話してくださいました。

 

『伝統芸能には古くて堅苦しいイメージがあるかもしれません。でも、そこに

良い「核」があるから、だから今の時代まで残っているのです。伝統の良い「核」を

生かしながら、時代時代に合わせて形を変え続けていくべきでしょう。』

現在、梅若さんは「能とジブリ」・「能とJ-POP」のコラボレーションを模索中なのだ

そうです。

何か新しいことをやるにしても、まずはきちんとした「型」が必要であること。

(「型破り」というのは「型」がきちんと分かっているからこそ可能な変革なのです)

新しい何かとコラボレーションをする際には、コラボする対象と伝統、それぞれの

共通点と相違点を見つけ、そこからコラボの糸口を探る過程が大切だということ。

実体験に基づく貴重な教えの数々は、どれも大きくうなずきたいものばかりです。

 

東中野の梅若堂からお持ち下さった能装束も拝見しました。

見事な技術が駆使された衣装は、驚くほど高価なものでした(…8桁です)

高い技術で丁寧な仕事をしている日本の絹織物職人たち。

質が良いものをつくるから、品物は何百年も長持ちします。

すると、何百年を経る頃には、それまで需要がないだけに、高い伝統技術を

継承する人が少なくなってしまう、というジレンマがあるのです…と嘆かれる

梅若さん。技術を磨く人の意識が高いからこそ生じてしまう問題がある、とは

こうしてお話をうかがわなければ知り得ないことでした。

 

まだまだ、日本の文化について、日本人について、知るべきことがたくさん

ある、と気付かされました。きらびやかな衣装、重厚な伝統の陰に息づく

「日本」を感じた授業でした。

 

 

2016/06/30

Now here comes the final monthly report from Oregon, USA.  Ellie Goto, a student of Otsuma Nakano High School and Pleasant Hill High School as an exchange student for a year to study, expresses her special farewell to the people in Oregon who gave great hospitalities and consideration to her.  "Stand by me!"

 

Hello guys! This is my last report about my exchange at PHHS. I hope you enjoy:)

 

The middle of this month, our school had a graduation ceremony for the seniors because they finishd sooner than the rest of the student’s. I'm not a senior but since I’m one of the foreign exchange students I was allowed to participate in the graduation and the graduation party after that.

 

Some of you might know that graduating students in America wear a cap and gown. The tradition is for students to throw their caps in the air. Of course, we threw our caps! In Japan, graduation is definitely pretty serious. But here it is more casual. I was so surprised and laughed a lot because two guys put a pizza box with pizza on their caps. They even ate some and tossed pieces to their friends to share during part of the ceremony… I literally felt American.

 

After Graduation, we enjoyed a graduation party. It was kept a secret and none of the students knew where they would be going or what they would be doing.  We rode a bus and waited to hear our itinerary. First, we went on a yacht and took a cruise on the Columbia River in Portland. We did lots of fun activities with all of our friends. . After the cruise, we went bowling and spent the rest of our time there. We also ate breakfast. In the early morning, we drove back home. It was so much fun!

 

I'd like to tell you guys how I've been feeling throughout this exchange experience.

 

This was my first time as an exchange student that lasted almost one year. At first, I was really worried that my speaking skills and my other abilities were not developed. That's why I tried so hard to get used to this country and culture. Honestly, before I came I had been wondering if I should do an exchange at my age. I was doing cheer and studying so much and I was not sure if I could get back the one year that I'd miss. But now, in fact, I can clearly understand that it was greatest experience of my life and it will be so helpful for me in the near future. I’m not just grateful for my English skills. If someone asks me, "Do you think this exchange made you grow up as a person?  I'll say "definitely yes." I would never be able to learn American history if I was in Japan. I would never be able to make friends from different countries with different languages. Of course, I'd never know how difficult it is. Even with some struggles, I would say this whole year was full of joy! I talked to a lot of people from a different country and asked how they think and feel.

 

I've talked with my American History Teacher about the atomic bomb and he said, "I don't know if there was a different way to make the war over at that time, but I know it was terrible to drop an atomic bomb on Hiroshima and Nagasaki that had so many people who didn't relate with the war at all." I really agreed with his opinion.  I said to him, "The past is in the past for remembering and keeping in our minds. It is more important to think what we should do next based on the past." He said he wants to visit those cities someday. I was so grateful to be able to discuss the war with him even though it’s not such a positive subject.  I found we could understand each other even if we speak different languages. I felt that is a point of globalization. I'd love to learn other languages and understand other people living in different countries. I believe that is the way to understand each other like my history teacher and I.

 

I know what I'll try is not easy. It might take a long time and be difficult along the way, but I'll remember this experience each time I feel like giving up. My memories and experiences here will support me, help me, and make me remember that I have people who will always be here for me.

 

The principal and all the seniors sang this song at graduation.

 

When the night has come

And the land is dark

And the moon is the only light we'll see

No I won't be afraid

Oh, I won't be afraid

Just as long as you stand, stand by me

So darling, darling

Stand by me, oh stand by me

Oh stand, stand by me

Stand by me

 

I appreciate my lovely host family, friends, PHHS teachers and all of the people who I've met in Oregon.  I love them lots and will never forget them!  Also,  special thanks to all those who supported my exchange including YOU!!!

 

Thank you and farewell until I see you again, Oregon.

 

Sincerely yours,

Ellie Goto

 皆さんこんにちは!今月で私の留学の最後のレポートになります。楽しんで頂ければ幸いです。

 

今月の半ば、私の通っているPHHSでは卒業式がありました。私は卒業生ではないのですが、留学生として参加が認められその後の卒業パーティーにも行くことができました。

 

こちらの卒業式は、知っている方も多いと思いますが帽子とガウンを着て式後は皆で帽子を投げるのが伝統とされています。私ももちろん帽子を投げました!そして、日本の卒業式との大きな違いはやはりカジュアルな所でしょうか。私が驚いたのは、2人の男子が帽子にピザが入った箱を乗っけて式の間に投げたり食べていたことです…。その瞬間に「ああ、アメリカだなあ」と思いました。

 

卒業式の後は、秘密の卒業パーティーに行きました。卒業生はバスに乗り、携帯も全て取り上げられて行く先もわからないという物なのですが、真夜中にクルーズ船に乗ったりボーリング場に行ったりしてとても楽しかったです!

 

さて、最後のレポートとして読んでくださっている私の留学経験を通して皆さんに伝えたいことがあります。今回は私にとって初めての1年間という長期留学だったのですが、初めは本当に自分の英語力で大丈夫なのか、こんな不完全な状態で良いのか心配でした。

留学する前も部活や勉強の事で、今長期留学をするべきなのかどうかも迷いました。ですが、ここにきて、努力してその結果がついてきたことで私にとってここでの経験は最高の宝になりました。人間として成長したかと聞かれたなら、言うまでもなく私は首を縦にふるでしょう。

 

学校でアメリカ史の先生と原爆の話をしていた時に、彼は「あの時代に、あの戦争を終わらせる他のやり方があったかどうかは僕にはわからない。でも、広島と長崎という、何の罪もない人々の所に原爆が落とされたのは惨たらしいことだ。」と仰っていました。私はといえば彼の意見に賛成で、「過去は記憶し、私たちの心に留めておくものであり、批判や議論を醸すよりもそれを踏まえて私達が次に何をしなければいけないのかと考えることが重要だと思います」と述べました。

 

言語が違っても、このように話し合いができたのが本当に嬉しかったです。例えそれが、明るい出来事でなかったとしても。「グローバル」というのは、違う点があっても、何かを共通して理解しあえる。そういう事だと思います。私はこれから、また違う言語を学んで違う国に住む人達とも分かり合えるようになりたいと思っています。私と、アメリカ史の先生のように。それは簡単な事ではありません。遠く、厳しい道かもしれません。ですが私は、諦めそうになった時ここでの経験を思い出して力にしようと思います。ここでの全てが、私を支え、助け、私の力になってくれる人がいることを思い出させてくれるのです。

 

私たちは、卒業式でこの歌を歌いました。

When the night has come

夜が訪れて

And the land is dark

あたりが闇に包まれても

And the moon is the only light we'll see

月の光だけがただ一つ僕達の支えだとしても

No I won't be afraid

僕は恐れないよ

Oh, I won't be afraid

ああ、怖がらなくたっていいんだ

Just as long as you stand, stand by me

君が、君さえ僕のそばに居てくれれば

So darling, darling

だからお願いだよ

Stand by me, oh stand by me

僕の近くに

Oh stand, stand by me

僕の隣にいてほしい

Stand by me

何も恐れる事はない、君が僕のそばにいれば

 

私を支えてくれた優しいホストファミリー、友達、PHHSの先生方、この留学を支えて下さった全ての方にお礼申し上げます。勿論、読んで下さったそこの貴方にもとても感謝しています!

 

また会う日まで、ありがとう。

 

後藤絵里衣

2016/06/28

朝一番、広い代々木第1体育館に声高々と「勝どき」が響き渡りました。

父母後援会長による粋な演出で、赤(サラマンダー)・青(ウンディーネ)・黄(ノーム)

それぞれが「勝どき」のスケールを競い合い、これから始まる体育祭への

気持ちが俄然盛り上がります。

 

応援団のリードで客席からは絶えず声援が送られ、フィールドの競技は

大白熱!学年・クラスの枠を超えてみんなで一緒に盛り上がれるのが

妻中生のいいところです。

そして、体育祭の「妻中らしさ」が発揮されるポイントといえば、何と言っても学年ごとに

練習を積むダンスでしょう。

中学1年生の初々しいエアロビクスに始まり、過去にそれを経験してきた

上級生が自然と身体を動かしてしまう各学年伝統のダンス。

真剣そのもので演技する姿を眺める客席の下級生たち。

いつか同じダンスを披露する自分たちを思ってか、息を詰めて先輩たちの演技を

見つめる様子も、毎年恒例です。

そして、学年ダンス・体育祭全体の大トリを飾るのは、高校3年生による詩吟舞踊!

学年全員で大きな輪になり、6年間の集大成を披露すべく、思いっきり気合いを入れます。

和楽器の調べが響き始めた瞬間、フィールドと客席の空気は一変。

保護者席でひらめいていた扇子やうちわの動きがピタッと止まり、見守る教員たちの肩に

グッと力が入るこの瞬間、6年間という時間の重みを実感せずにいられません。

会場全体が息を殺して華麗な舞扇を見つめる数分間。

圧巻の退場ではじけるように巻き起こる拍手!

今年も6年生が素晴らしい演技で妻中の伝統を引き継いでくれました!

青組(ウンディーネ)の勝利で全てを終えようとする閉会式、体育祭実行委員から

6年生に、これまで6年間の体育祭ダイジェスト、というサプライズが!

歓声とともに魅入っていた6年生から申し合わせたように「ありがとう!」という

声が上がったとき、妻中の良き伝統が間違いなく受け継がれていることを感じ、

幸せな気持ちの中で平成28年度の体育祭は幕を閉じました。

来年もまた、どんな感動が味わえるか、今からもう楽しみです!

2016/06/27

Updated Report on June 24th from New Plymouth, New Zealand.

 

A new report on NPGHS arrived. We are so highly of introducing here. This is from Naoka Yoshizawa, who is enrolling at the local school as one year long exchange student.

 

Report on NPGHS 1year study abroad - Hello everyone!  This is Naoka Yoshizawa. The report is the third one since when I came to New Plymouth.  I spent great time in New Plymouth, too.  I gradually get used to be the life in New Plymouth.

 

I have joined a school badminton club on Monday after school with Ayaka and Shino.  Also I have begun to join a town badminton club on Tuesday and Thursday. The first time of my senior class badminton club on Tuesday was so hard for me because its level is so high. There are some students who are the member of the team of New Plymouth.  Of course they are really good at playing badminton.

 

On Thursday night, I went to the social, which is dance party with NPBHS students at NPGHS, with Ayaka, Shino and Kiwi friends. There were many both of NPGHS and NPBHS students. It was so exciting. We danced with some music. Finally, there was a dance fight!  It was also fun and exciting!

 

On Saturday night, Ayaka and Shino stayed at my house. We made Oyakodon!  It was delicious.  After dinner we made a short movie from the Frozen lol. On Sunday, we went walking in the morning. The view was so beautiful that we could enjoy seeing nice sky.  At the lunch time, we went to the Crowded House, which is famous for some steak, with other friends.  I ordered the Great Steak, which was so big… After lunch we went to YoGet, which sells a kind of sorbet made by yoghurt. It was so yummy and sweet! We were so full that I looked like a pregnant woman and I could not eat our normal dinner.

 

Regards,

Naoka Yoshizawa,

 

皆さん、こんにちは。吉澤直夏です。このレポートも第三回を迎えました。ニュープリマスでの生活も慣れ、楽しい日々を送りつつ勉強にも励んでいます。

 

私は彩也夏と詩乃と一緒に月曜日の放課後にあるバドミントンクラブに入っていますが、火曜日と木曜日の放課後に市内のバドミントンクラブにも入部しました。火曜日の初めてのシニアクラスはとてもハイレベルだったので、かなり疲れてしまいました。ニュープリマスの代表チームにも所属している生徒もいました。もちろん、とても上手でした。

 

木曜日の夜には、ソーシャルというボーイズハイの生徒との混合ダンスパーティーに彩也夏と詩乃と現地の友達と一緒に行きました。多くの生徒が参加していました。とにかく楽しくて、音楽も沢山流れていました。最後には、ダンスファィトが行われ、とにかく盛り上がりました‼

 

土曜日の夜には、彩也夏と詩乃が私の家に泊まりました。みんなで親子丼を作りました。美味しかったです。夕食の後には、アナ雪のショートムービーを作りました。(彩也夏→アナ、詩乃→エルサ、私→撮影係)

 

日曜日の朝はみんなでお散歩をしてからステーキが有名のクラウデッドハウスに行きました。私は、グレートステーキというものを注文したのですが、やはりビッグサイズでした。。。その後、みんなでヨーゲットという重さで値段が決まるセルフアイスクリーム屋さんに行きました。アイスクリームよりかは、シャーベットに近いヨーグルトでできたアイスクリームを食べました。甘くてとても美味しかったです♡もちろんお腹いっぱいで、私なんかは、お腹が膨れすぎてまるで妊婦さんみたいでした(笑)

 

読んでくれてありがとうございました。次のレポートも楽しみにしてくださいね  

2016/06/27

今週は体育祭予行演習・体育祭本番、と活発に動き回るイベントが続きます。

そこから試験前期間に突入!しばらく部活動をお休みした後、試験明けから

一気に夏本番!部活本番!の活気に満ちた活動がスタートするのです。

この時期、熱中症や食中毒が怖いのはもちろんですが、いつも元気いっぱい、

学校行事に部活動に全力投球の妻中生にとって、ケガの心配は欠かせません。

 

訓練を積んできた頼れる保健委員がリードして、17の部活から集まった代表者

各2名と有志参加の計44名で、応急手当の講習会を実施。

三角巾を使っての応急手当の方法(起こりやすい足首捻挫の固定法、肩の脱臼や

上肢の骨折時に役立つ腕をつる方法など)を学びます。

最初から最後まで保健委員の頼もしいリードで、短い時間だというのに三角巾の

技法がしっかりマスターできる、非常に有意義な時間となりました。

 

部活の救急箱に三角巾さえあれば、即座の応急手当に役立ちます。

是非、今日やったことを今後の部活に活かして下さい!とまとめに入りつつ、さすが

しっかりものの保健委員。最後に再び「熱中症予防」について参加生徒に

バッチリ呼びかけ、期末考査直後からスタートする部活動での注意事項を再確認。

最後に添えた気の利いたひとことで部活メンバーの練習に対する意識もいっそう

高まったのではないでしょうか。

日々成長をつづける妻中保健委員。この先の活躍も楽しみです!

2016/06/24

体育祭の華、というとそれぞれの学校によって思い描くものが

違うでしょうが、大妻中野の体育祭で「華」といえば、やはり、

各学年が練習に練習を重ねた学年ごとのダンス発表でしょう。

 

中学1年生。初めて大妻中野の体育祭を経験するフレッシュな瞳は

先輩たちが織りなす鮮やかな舞にまず、圧倒されます。

そんな1年生が挑戦するのはエアロビクス。

このエアロビクスからスタートして、6年間の集大成にはきらびやかな

扇がひらひらと舞う荘厳な詩吟舞踊。

リハーサルの段階でも、毎年詩吟舞踊の退場になると客席から自然に

感慨のこもった嘆息がこぼれてきます。

 

体育祭本番は金曜日。

今年もさまざまな感動が味わえそうです!

2016/06/22

「箸が転んでもおかしい年頃」とはよく言ったもので、妻中生たちは

中学1年生から高校3年生まで、毎日本当によく笑いあっています。

日々の生活で、つい笑ってしまう、おもしろい!と思えるいくつかのことが

何かを変える手がかりになる、なんて考えたことがあるでしょうか?

 

土曜日午後、高校GLCメンバーと第2期フロンティアチームとによる

博報堂「issue+design」コラボレーション授業が行われました。

通い慣れたはずの中野の街を探索し、面白いと思ったもの、心惹かれた

ものをピックアップしながら「地域」を考えます。

 

慣れた場所の筈なのに「おもしろい!」を探すとなると、今まで実はよく見て

いなかったたくさんの「おもしろい!」が山のように集まります。

イラストに採集した「おもしろい!」を書き起こしたり。地図に書き入れたり、

プレゼンテーションしたり…あっという間に時間が過ぎていきます。

続きは7月。さて、どんな「地域」発見につながるでしょうか?

2016/06/21

From New Zealand, Report on New Plymouth Girls’ High School, June 19th – Shino Koyama

 

Now Term 2 of New Plymouth Girls’ High School is also getting close to the end, which means that the day for the exchange students from Otsuma Nakano to go back to Japan will be near.  We are very proud to introduce you the updated report by Shino Koyama, who is now enrolling in New Plymouth Girls’ High School as an exchange student. 

 

Hi, there!  About 50 days have passed since I came here. It has been so fun and every single day is a great experience for me. I will have to leave here in about 25 days.  But I hope my New Zealand life will be really good one.  Now, I would like to report on my recent days in New Zealand from now on.

 

On Monday, it was Queen's Birthday, so I didn't have to go to school. So I went to PUKEKURA Park with my host family. I went to the zoo in that park as well. The zoo is not so big, but I couldn't see a lot of animals.  But I could see animals so close.  The zoo was free, so I didn't have to pay money. I was surprised to hear that because we have to pay some when we go to most Japanese zoos.

 

On Tuesday, I went to Spotswood to play badminton with Ayaka and Naoka. We do badminton on Mondays after school at the school stadium.  We wanted to do it more, so we decided to do it on Tuesday too. We joined a junior and senior class. We did some matches on doubles. There were some children in our junior class. The senior class was so hard because there were a lot of good players!  They looked so cool!  I definitely want to be like them.

 

On Saturday morning, I went to my friend's house with my host family. I talked with my friend and watched a movie. It was fun!  On the way back home, we saw some horses. They were eating grass. So my host sisters tried to feed them.  But the distance was too far to do that, so they couldn't. They seemed sad…

 

From Saturday night to Sunday, I slept over at the hostel with Ayaka. We talked a lot of things at night and we ate a lot of things at dinner. It was really fun and I had a great time.  We went to Centre city on Saturday. We saw a lot of shops. Also we ate sweets at Yoget!  At the shop we can choose our favorite flavor soft cream and topping on the soft cream and we pay money by the sweets weight. It was so delicious. But the weather changed while we were hanging out and it started to rain… So we ran a lot while we were hanging out.  It was a little hard but it was good exercise for us. I want to go there again.  When you come to New Plymouth, I would recommend this shop!!  

 

I really enjoyed this week!  I have only three weeks more.  So I would like to enjoy NZ life with my awesome friends!!

 

Thanks for reading my report!

Regards,

Shino,

みなさん、こんにちは!私たちがニュープリマスに来てから、約50日が経ちました。今までの経験はすべていい思い出です。あと25日ほどで帰国しなければいけないので、残りのニュージーランドの生活を楽しみたいです!

 

月曜日は女王様の誕生日だったので、ホストファミリーと一緒にプケクラパークに行きました。また、その公園の中にある動物園にも行きました。その動物園はとても大きいわけではありませんでしたが、動物をとても近くの距離で見ることができました。その動物園は無料でした。

 

火曜日には、スポッツウッドというところで、バドミントンをしました。月曜日の放課後に学校のスタジアムでやっていました。しかし私たちはもっとバドミントンをやりたかったので、火曜日も行くことに決めました。シニアのクラスは、とてもレベルが高くてびっくりしました。

 

土曜日の午前中に、ホストファミリーと一緒に、私の友達の家に遊びに行きました。家に帰る途中に、馬を見ました。距離が遠くてあまりよくは見えませんでした。土曜日の夜から日曜日にかけて、岡田さんとホステルでお泊まりをしました。夜遅くまでたくさんのことを2人で話しました。日曜日はセンターシティーで買い物をして、昼食とおやつを食べました。おやつは、重さによって値段が決まるというものでした。とても美味しかったです。

 

残り少しですが、素晴らしい友達と素晴らしい時間を過ごしたいです。

レポートを最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

小山 詩乃

2016/06/20

From Australia, Report on St. Andrew’s Catholic College_June 15th – Emily Ishii

 

There is only one week to be left before the 2nd term of St. Andrew’s Catholic College in Cairns is over.  Our Otsuma Nakano exchange students are now finalizing their school like at SACC. The following is the final report by Emily Ishii, an exchange student.

 

To my surprise, nine weeks have passed since I came here, which means I only have two more weeks by the time when I leave here.  As I said in my previous report, the longer I stay here, the faster the weeks go by.

 

On the weekends, I went to two different markets two weeks in a row. In the markets, they sell many unique art works and food, so it’s always interesting to stroll through them. Last Sunday, since my host family is into mountain biking, and my host father participated in a bike race, we all went to see him.  Although mountain biking isn’t so popular in Tokyo, it seems to be a common sport in Cairns and they have the perfect environment for it. It was my first time watching a bike race, so it was pretty interesting. There was loud music, and at the goal, which was on the beach, there was an actual DJ on a truck, which was really cool. The place had a fun atmosphere, pretty different from what you would find in Japan.

 

We also went to the movie theatre, where what I felt was different from Japan was also the atmosphere. It may have been a onetime thing, but within “an appropriate manner” in a theatre, the people watching were more open about their emotions which I found was even more fun to watch with.

 

Last Saturday, a teacher from school took my friend and me to his daughter’s prom so that we could see that part of the culture as well since it is not a common thing in Japan.  Many of the students attending the prom would spend the whole day preparing and getting their picture taken before the actual prom. At the place where the prom was held, there was an arrival where people gather to see people arrive in their unique rides and walk on the red carpet. There were many people cheering, taking pictures and it was exactly as if it was a celebrity event.

 

As for a daily life here, I have noticed that in Japan a lot of public transportation is available, which makes people’s life so convenient and easier for our very busy lives. We also wouldn’t need to use cars as much. Whereas here, having a car would be almost essential since public transportation wouldn’t take you everywhere, so when we have to access anything we want or anywhere we want to go, we need a car.

 

At school, every Wednesday is a sports day so students come to school in their sports uniform and do sports in the afternoon. Some students do community service in that time, so my friend and I always do community service by going to the prep classes and helping out. Prep is a grade between kindergarten and elementary school. At prep, I help the little kids write, read and do different kinds of activities. I have so much fun spending time with the prep kids since they are all so enthusiastic and give me energy. In the Japanese class for high school, the students did a presentation on Australian sports so I was able to learn about them. A lot of people seem to like a sport called AFL, short for Australian Football League, which is only in Australia. I used to think that it was basically like rugby since they looked alike but after one of the students did a presentation on AFL, I understood the difference between them. There is a massive AFL match called “State Of Origin” which was held a few weeks ago. Queensland, which is where I am in right now won this match and I saw some stores celebrate by selling their teams merchandise.

 

I really don’t want to leave since I have gotten so used to my life here, and I am really comfortable. I am going to miss being able to walk to the beautiful beach any time, the relaxed lifestyle people have here, and most of all, the amazing people. This week, year 11 students have block exams so I don’t have any classes but I have classes on the week 11, which is the last week, so I hope to make the best out of it.

 

Sincerely,

Emily Ishii,

ここに来て、もう9週間が経ってしまいました。ここで過ごす時間が長ければ長いほど、時間の進むのが早く感じられます。

 

週末は2週間連続で2つの違うマーケットに行きました。マーケットには独特な作品とか食べ物があるので、見て歩くだけでも楽しいです。私のホストファミリーはマウンテンバイクにはまっていて、先週の日曜日にはホストファザーが大会に出たので皆で見に行きました。東京ではあまりメジャーなスポーツではありませんが、ケアンズでは、ピッタリな環境が整っているということもあって、とても盛んで人気があります。私は生でバイクのレースを見るのは始めてでしたが、音楽が大音量で流れていたり、ゴールになっているビーチでは車の上で本格的なDJがあったりして、とても楽しい雰囲気になっていて、面白かったです。映画館にも行き、ここで日本と違うと感じたのはまた雰囲気です。今回たまたまだったのかもしれませんが、ちゃんとしたマナーの範囲内で観客の多くは感情があふれでていて一緒に見ていて楽しかったです。

 

この前の土曜日には、ある学校の先生が、日本ではあまり盛んではないので娘のプロムを見せに連れていってくださりました。このプロムに参加したほとんどの生徒は丸一日かけて、準備したり写真を撮ってもらったりしていました。また、登場するところもビックにやっていて、アライバルではそれぞれ面白い乗り物やオシャレな車に乗って登場していました。乗り物から出たあとはレッドカーペットを歩いて、回りの人は写真をとったりちやほやしていたので、まるでセレブのイベントのようでした!

 

ここで一般的な生活をすることで気がついたことは、自分が普段住んでいるところの交通機関の便利さです。東京では車がなくてもどこにも行けるのであまり必要ないのですが、ここだとほとんどの人にとって車がほぼ必要不可欠で、交通機関で全てのところに行くのは難しいです。

 

学校では、毎週水曜日はスポーツデイなので生徒は体操着で登校して、午後になったらそれぞれのスポーツをやる時間になります。その時間に何人かの生徒はコミュニティサービスをしているので、私は友達とコミュニティサービスとしてprepに行って補助をしています。Prepとは、幼稚園と小学生の間にある学年のことです。Prepで私は文字を書いたり、数字やアクティビティなどを手伝ったりしています。子供たちは皆すごく元気でフレンドリーなので一緒にいてパワーを貰えます。高校の日本語の授業では生徒がオーストラリアのスポーツについて日本語でそれぞれ発表していたので、それについて学ぶことができました。ある生徒はAFLというオーストラリアのフットボールについて発表していたので、以前はAFLと普通のフットボールの違いが分からなかったのですが、より理解することができました。ステート・オブ・オリジンという大きなAFLの大会があって、それが数週間前に行われていて、AFLはここではとても人気なスポーツなのでとても盛り上がっていました。今回の大会では、私が今いるクイーンズランドが勝ったので、お店などはそのチームのグッズなどを売ったりして、盛り上げていました。

 

こっちの生活は心地いいし、親しみをもつようになったので、あと少しで帰らなければいけないと思うとすごく悲しいです。いつでもあの美しい海に歩いて行けなくなるのと、ここにいる素晴らしい人達と離れなければのが嫌です。今週は11年生が期末テストなので授業はなくて、小さい子達の日本語の授業で手伝いをして、最後の週は普通の授業があるので、残りの時間を大事に使いたいです。

2016/06/19
ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.