男女別学の良さ、ってなんだろう?

思春期の6年間、女子だけで学ぶことには、どんな価値があるんだろう?

「共学」「別学」の選択肢は受験生にとって、フィーリングだけでは決められない大きな問題です。

 

新年度最初の日曜日、4月2日。

十文字中・高等学校で開催された「第1回私立女子中学校フェスタ」。

都内の伝統ある女子校17校が集結し、各学校の魅力をご紹介します。

部活の発表やプレゼンテーションに始まり、「受験生あるある」のような座談会、各校ブースでの

受験生個別相談など、在校生の様子をライブ感たっぷりに味わいながら、17校それぞれの違いも

体感できる、受験生にとっては間違いなくお得なイベント!

お天気の良さも手伝ってか、会場の正門には後から後から受験生ファミリーが訪れます。

 

アカデミックなもの、スポーティーなもの、それぞれの催しを担う生徒たちの顔つきは真剣そのもの。

「私が自分の学校を代表してここにいるんだ!」という気概に満ちています。

制服で、白衣で、ユニフォームで、廊下を颯爽と歩く中学生・高校生たち。

たとえば女子高生を「JK」とひとくくりにするような、十把一絡げの枠になんか到底おさまらない、

強烈な個性のきらめきが会場中にあふれていました。

 

「別学」のいいところ。

そのひとつとして、「個性が個性として尊重されやすい」ことがあるように思います。

「女性」という枠で限定されたグループの中だからこそ、「個人」という「性格」が際立つのでしょうか。

「個性」を「多様性」として受容する空気、個々の違いをそれぞれ認める風潮がハッキリと強いのは

別学ならではの特徴かもしれません。

 

さらに女子校の魅力をきわめたくなったら、是非、学校説明会や文化祭にお越しください!

大妻中野も学校をあげてみなさんのお越しをお待ちいたしております!

 

「合格発表はWebで見ました!」

「なかなかアクセスできなくて泣きそうでした!」

「あ、それ私も!」

 

正門を入ったところに貼り出された合格発表を眺めていると、自分の受験体験が

よみがえってくるのか、登校した妻中生たちは口々に合格発表の思い出を語って

くれます。午後入試の発表が夜になってしまう大妻中野では、発表をWebで見た

派が当然ながら大多数。

でも、中には17時の発表前に正門をくぐり、時間ピッタリに貼り出される発表で

初めて合否を知る受験生もいるのです。

 

毎年のことながら、17時の発表を貼り出す瞬間、手を合わせ、目をギュッと閉じて

掲示を待つ受験生ファミリーを前にすると、「どうか、この受験生の番号がここに

書かれていますように!!!」と願わずにはいられません。

受験票に書かれた番号と掲示板とを交互に確かめると同時に、受験生の目から、

ご家族の目からドッとあふれ出す涙。

「なんでこんなコトしなきゃいけないの?」と泣いた日もあったことでしょう。

「小学生にこんな思いをさせていいのだろうか…」と保護者のみなさまが悩まれた

日は、一度や二度ではなかったはずです。

 

涙の筋が残るほっぺたに浮かべた笑顔のなんと晴れやかなこと!

数ヶ月後、数年後、今度は中学生、高校生として、さらに見事な笑顔の花を

咲かせて欲しい、番号を指さす横顔を眺めながら、そう感じずにはいられません。

この瞬間まで頑張ってきたみなさまに、祝福の歌を手話つきでお送りします。

合格、本当におめでとうございます!

1月のカレンダー、今日が本当に最後の1日。

明日から2月。

勝負に懸ける「そのとき」がとうとう訪れます。

 

今、胸に抱えているのは、希望でしょうか?不安でしょうか?

大きく呼吸できていますか?

食べるものや飲むものは、おいしい!と感じられますか?

表情に笑顔を浮かべることは出来ますか?

 

「もちろん!」なんて答えられる受験生ファミリーなんて、きっとほとんど

存在しないはずです。みなさん、「早くこの時間が終わりますように!」と

強く強く願っていらっしゃるに違いありません。

 

試験前日という緊張感に満ちた日、大切な時間を「妻中だより」に費やして

くださるみなさまだけに、合格を力強く引き寄せるコツをひとつ、

お伝えすることにしましょう。

「合格したあと」のイメージを持つことです。

 

妻中のセーラー服を、ブレザーを着ること。妻中の校歌を歌うこと。

妻中で部活動を楽しむこと。妻中のみんなと顔見知りになること。

妻中生からのYELL、最終版は「妻中生になったつもり」が味わえるspecial

versionでお送りします。妻中生になったつもりでお楽しみください!

「頑張れ」という言葉が嬉しいときと、ちょっとばかり苦しいとき。

きっと、そのどちらの気分も味わった経験があることでしょう。

今、これを読んでくださっているみなさんはどちらですか?

 

2012年のNHK全国学校音楽コンクールにて中学生部門の課題曲になった、

YUIさん作曲の『fight』。

「がんばれ」「がんばれ」と語りかけるように繰り返されるやわらかな歌詞は、

その年以来、大妻中野合唱部によって歌い継がれてきました。

 

頑張る自分がいるから、咲く花がある。

努力する今日があるから、輝く明日がある。

燃やせる命を感じるから、「生きていく」実感がわく。

『fight』は可愛らしいメロディとやさしい歌詞にのせて、大切なことを妻中生に

伝え続けてくれています。

 

受験生のみなさん、この「頑張れ」はみなさんを幸せに導く「頑張れ」です。

前向きな気持ちになるために、妻中のハーモニーを受け取ってください!

一所懸命に「今」を生き、未来に向かって手を伸ばす。

そのとき、自分の足もとに、誰かの歩いた足跡が残されていることに気付ける瞬間が

あるでしょうか。そんな余裕は持てない、それが本音だと思います。

めまぐるしく過ぎていく思春期の日々。

前へ、先へと急ぐ足もとが、何に支えられているのかを知ることもまた、豊かな心を

育ててくれるのだ、と気づく場所が大妻中野にはあるのです。

 

校舎の4階、明るい日差しがふりそそぐ生徒ラウンジの近くにある「チューター室」。

ここに、「今」を頑張る妻中生たちを待っている人がいます。

大妻中野のセーラー服を着て、ブレザーを着て6年間を大妻中野の空気に触れて過ごし、

晴れて希望の大学に進学した妻中生たち。

「卒業しても母校の役に立ちたい!」「後輩のために何かしたい!」嬉しい言葉で

後輩たちのサポートをかって出てくれたのが、卒業生チューターです。

 

苦手な科目のプリントを握りしめて…志望校の赤本を抱えて…在校生たちがこの部屋を

訪れる理由はさまざまですが、どの顔も憧れに満ちた期待を浮かべています。

 

めまぐるしくあたらしいものが取り入れられる大妻中野の毎日。

その足もとは「伝統」や「歴史」にしっかりと支えているのでした。

「卒業したらわたしもチューターになれるかな?」「だったらまず、大学に合格しないとね」

そんな言葉が聞こえてくると、次の年もチューター室は盛況だろうな、という嬉しい予想で

つい、ほほ笑んでしまいます。

大妻中野の6年を味わいつくした先輩たちから、慈愛に満ちたエールをどうぞ!

 

「偉大な魂」という意味を持つその名にふさわしく、生涯を偉大な行為にささげた、

インド独立の父、マハトマ・ガンジー。

彼は「あなたがこの世で見たい、と思う変化に、あなた自身がなりなさい」という

印象的な言葉をのこしています。

 

変化や革新、世界を変える大きな進歩。

自分ではない、誰か他の存在に期待するのではなく、自分自身がそこに関わる。

妻中FrontierTeamは、そんな情熱を心に秘めた生徒たちが、自ら声を上げる

ところから結成されました。

変わっていくこと、変えていくことに対して、常に迷わない強い気持ち。

新しい物事、経験に向かってどんどん突き進む旺盛なパワー。

いつでもキラキラ輝く瞳は、まさに積極性と探究心のかたまりです。

 

どんなときでもエネルギッシュな彼女たちから、受験生のみなさんに向けて、

「強い自分自身」を保つメッセージを発信します。どうぞ受け取ってください!

「本番に強い」ことと「本番には強くない」こと、どちらが得?なんて考えるまでもありません。

ここぞ、という舞台で普段どおり、もしくは実力以上のパワーが出せるなら、それが一番に

決まっています。

試合・コンクール・スピーチ・プレゼンテーション・公演…学校生活の中で挑む「本番」は

思った以上に多いもの。

もはや伝説的とも言えるのが、妻中生たちの本番に対する勝負強さ!

練習より、予行より、ずっともっとレベルアップしたパフォーマンスで見守る側の期待値を

小気味よく裏切ってくれるのです。

 

メンタルトレーニングの専門家に言わせると、「プラス思考」を心がけるより「マイナス思考」を

排除するほうが、成功を簡単に引き寄せられるのだとか。

一緒に頑張れる仲間がいるから、みんなが笑顔になるイメージを忘れないから、妻中生は

本番に強いのかもしれません。

自信を持って!気合いと笑顔を忘れないで!

いつでも最高の笑顔でベストパフォーマンスをお届けするONDC(大妻中野ダンス部)から、

マイナス思考が吹っ飛ぶメッセージとダンスをお送りします!

 

 

Each one of us has a fire in our heart for something.

It is our goal in life to find it and to keep it lit.

~誰もの心に、何かに向かって燃える火があります。

それを見つけ、燃やし続けることが、わたしたちの人生の目的なのです。

Mary Lou Retton(メアリー・ルー・レットン)

 

今から約50年前、ロス五輪体操で金メダルを獲った女性の言葉です。

受験生のみなさんの心に今、燃えているのは「志望校合格」という、赤々と目にも

あざやかな炎でしょう。

メラメラと燃える火を心に抱いて、それを燃やし続けるパワー。

誰かが力強く応援してくれると、その炎はますます大きく、あかあかと燃えていきます。

妻中生の心を「Cheer Up」してくれる、華やかで心強い存在がチアリーディング部。

高らかなかけ声と、ハツラツとした演技で見る人の目を、気持ちを盛り立ててくれる、

大妻中野が誇る応援団です。

今日の演技とメッセージは受験生のみなさんのためだけにご用意した特別仕様です。

たくさんの元気をもらってください。

 

とうとう中学入試の本番まであと1週間!

もう、過去問もあらかた解いて、もしかしたら過去問2度目にも突入してしまって、

どうやったら1週間で実力を伸ばせるのか、不安になってはいませんか?

 

解いてきた過去問は志望校の先生方とみなさんとで繰り広げた「知力のラリー」です。

繰り出される難問に、あの手この手で一生懸命に答えようとしましたよね?

激闘のあとを振り返ってみてください。

落ち着いて見直してみたら、難問でも何でもなかった問題。

焦ってしまってミスをしたのに、時間がなくて取り戻せなかった問題。

今ならもっと違う解き方が出来た…と改めて気づく問題。

必死で食らいついたラリーの中から、見えてくるものがあるはずです。

 

今日のエールはリオ五輪で改めて注目を集めたスポーツに励む卓球部から。

卓球台という限られた台の上で何度も何度もラリーを繰り返し、相手を攻略する技を

身につける卓球部。妻中卓球部の強力なショットをお手本に、志望校へ向かって

力強いスマッシュを決めてくださいね!

受験で試されるのは、「自分」という1人の受験生が頑張ってきた成果や

本番での度胸、そして運の強さ。

…だというのに、どうしてでしょうか、本番が近づくほど、自分という1人が

大勢のライバルたちに埋もれてしまっているように感じられるのは…。

 

受験を経験する人なら誰もが抱く心細い気持ち。

けれど、みなさんは決して1人ではありません。

美しく咲く花が、太陽の光や土の養分や水の潤いで大きく花びらを広げるように、

みなさんのまわりには、みなさんを支えてくれる存在がたくさんあるはずです。

ご家族や友達、小学校の先生、塾の先生…。

たくさんの温かい手に支えられて、あなたが咲かせることの出来るとびっきりの

大きな花を満開にさせてくださいね。

箏曲部から、そんな思いを込めて『世界にひとつだけの花』をお送りします。

 

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.