6日目、ロッシュでの最後の授業日となりました。

 

午前中の前半ではコーラスという勇名なフランス映画を英語字幕付きで鑑賞しました。

荒れていた子供達が合唱を通じて生きる喜びを見出だし、新しい人生へと進んでいくという、

私達をあたたかな気持ちにさせてくれるようなストーリーでした。

皆様もぜひご覧下さい。

 

授業後半は各グループでカードゲームで楽しみました。

授業後に、担当のAnaelleアナエル先生から、修了書を手渡されました。

みんな笑顔でパチリ!ここロッシュでの研修は毎日たくさんのプログラムがあり、

とても充実していて、あっという間の1週間でした。

 

 

午後はこの辺りでは1番というくらいの大都市Toursトゥールへ観光に行きました。

3人以上でのフリータイムでしたが、2つのグループで一緒に動くことに。

パリからロッシュまでのドライバーをしてくださっていた、

語学学校の校長がわざわざ来てくださり、ガイドもしてくださいました。

まずはCathedraleカテドラルという大聖堂です。

大聖堂は、各県に1つずつしかなく、各司教がいる大きな教会のことを指します。

また、大聖堂の中にヨーロッパではとても偉大な軍人で有名な

聖マルタンの大きな絵が飾られていました。

彼は戦争が終わって凱旋している途中、

地面に横たわっていた浮浪者に洋服の代わりとなるよう

自分の赤いマントを切って渡したというエピソードが残されており、

その功績から聖人となったそうです。

その後、全国に彼の聖遺物が広がり、

その聖遺物がある教会をBasilique礼拝堂と呼んでいると伺いました。

 

その後、カフェがある旧市街を通っていると、小路を発見。

実は、この小路というのは18世紀頃、

新政府に反対していた人達を処刑する際に用いられていたようで、

この小路を通ると観衆の待つギロチン台へ直接出れるそうです。

その後、裁判所や市役所を見て学校へ戻りました。 

 

夜のアクティビティはパッキングをしてから、

各自小さいグループでカードゲーム、卓球、鬼ごっこ、バスケットなどをして過ごしました。

生徒たちは、先生やお友達にプレゼントやお手紙を書いて渡して最後のお別れをしていました! ​

 

 

早くも5日目となりました。

 

今日は午前中の授業のあと、バスで30分くらい行ったところにあるゴルフ場へ行きました。

全員で30名弱のグループだったので、2つに分かれて、

打ちっぱなしコースとパターコースを1時間半ずつ楽しみました。

毎日ビックリするほどの快晴で、この暑い中でゴルフをするなんて…という気もしましたが、

時々休憩をはさみつつ、3時間近く挑戦しました。

ゴルフをするのが初めての生徒も多かったのですが、

インストラクターの方がクラブの持ち方やフォームなどの説明を丁寧にしてくださいました。

少しずつ遠くへ飛ぶようになると楽しみも倍増。あっという間に上手にプレーをしていました‼

これをきっかけにゴルフに目覚める人がいるかも!?

ただ、残念ですが、日焼け止めの効果もまったくなくしっかり焼けてしまいました。

 

 

夜のアクティビティでは、香港から来ていた3校合わせて70名くらいの生徒達が

翌日帰るということで、さよならパーティーをしました。

恒例の!?ダンスタイムや先生たちによるゲームで盛り上がりました!

ダンスの間にはお友達に向けて小さいメッセージカードを書き、

生徒全員の名前が書いてあるプラスチックのコップにそれを入れて、メッセージを送り合いました。

中には告白された人も!?いたみたいです。

日本のアニメが大好きな生徒も多くいたので、アニメ好きで仲良くできたようです。

わざわざ翻訳サイトを使って日本語でのメッセージを書いてくれていました。素敵ですね!

最後にはダンスが得意な人たちで楽しそうにダンスバトルが繰り広げられ、

大きな歓声が!!暗がりの中、色々なお友達と写真を撮ったり、メールアドレスの交換をしていました。

今後も連絡を取り続けられたらいいですね。

みんなとてもいい表情をしていたのが印象的です。

興奮しすぎて、なかなか寝付けない生徒たちなのでした!

 

いよいよ明日は授業が最後。続きはまた明日お伝えします! ​

Today is the last day of this first week at SACC.  All the people look happy and relieved today, Friday.  Students look as fine as the sky.  Everything goes well so far.  Also the school has the purple day event today, and many people wear something purple, showing their attitude to help Cancer Council's activities.  By the way, the construction of All Saints' Theatre has been completed, and the opening show started yesterday.  It's "Godspell," really exciting, funny, and authentic show.

 

今日もケアンズは晴天、そして生徒たちも元気です。

今日は金曜日、SACCは土日休みなので、今日が終われば待ちに待った週末です。

金曜日のキャンパスはなんだか少し空気が軽く、生徒たちの表情も明るい気がします。

今日も生徒はバディと一緒に一日中授業ですが、

有志生徒にバレーボールを指導しているMr. Hoffmeisterのお誘いがあり、

昼休みに希望生徒はバレーボールの練習に参加できます。

 

「有志生徒にスポーツを指導」という点はそのまま日本の部活動にも当てはまりますが、

実態は全く異なります。

SACCの部活動の全体を把握しているわけではありませんが、話を聞く限り、

例えばこのバレーボールの場合、練習は主に昼休み、放課後は週一回ほどで、

もちろん休日の練習はありません。

この辺は熱の入り方によってもちろん少し異なりますが、

せいぜい放課後週2、3回くらいの練習で、あとは生徒によっては学校外のクラブチームで活動するという形になるようです。

大会などはありますが、大会の開催は平日がメインで、

その場合参加生徒たちはもちろん公欠になります。

スポーツも学校活動なのだから学校の営業日に行うべき、という考え方でしょうか。

日本の部活動の是非とか学校教員の働き方改革とかそういう話とは別にして、

生徒と教員のいずれにとっても、

部活動を「私生活や人生を賭けた」形にしないというのであれば、

必然的にこういう形にならざるを得ないということは間違いありません。

ただその辺は文化全体の問題でもあります。

その部分だけ輸入して片付くということはないでしょう。

ちなみに、むしろ文化系の課外活動の方が少なくともここSACCでは生徒と教員を拘束しているように思えます。

その結果の一つとして、新設された講堂のこけら落とし公演、

演目は"Godspell"というミュージカルでしたが、本当に本格的で素晴らしいものでした。

手間暇をかけて作り上げたものにはやはり価値があります。

それはどの国においても変わらないとわかります。

 

 

話を今日のことに戻しますが、

今日はクイーンズランド州のcancer councilというガンに関する研究・啓発活動を行なっている組織の活動支援の一環として、

パープル・デイというイベントが行われています。

生徒たちは何かしら紫色のものを身につけて登校し、活動をアピールします。

lunch timeには屋台が出て、そこで買い物をするとそれがfundとして組織の活動費に回る、

そんな仕組みになっているようです。

 

 

本校の生徒たちも何人かはホストファミリーの協力を得て、

それぞれの形で、紫のものを身につけていました。

 

 

さあ週末です。生徒たちはどんなところへ旅立って行くのでしょうか。

来週月曜日にまたこのブログでお会いしましょう。

 

4日目となりました。

午前中の授業前半では、近くのマルシェへ行き、

野菜や果物の名前を確認する課題と1キロあたりの値段を確認する課題が出され、

ペア以上でマルシェを歩きまわり、値札を見ながらそれぞれの課題に取り組みました。

 

 

午後からは車でシュノンソー城の近くの河へ行き、カヌー体験をしました!

みんな初めてで、かなりドキドキしていました。

私が一番不安そうな顔をしているとスタッフの方に言われてしまいました。

一応河へ落ちてもいいようにと水着を着て、ライフジャケットを装着。

漕ぎ方をスタッフの方に教えていただき、早速3人か4人ずつカヌーに乗り込みました。

始めは漕ぎ方がよく分からず蛇行してばかりで、

草に突っ込んでしまったり、相手のカヌーとぶつかったりしていましたが、

段々と慣れてきてとても楽しかったです。

お城が見えてくると生徒達のテンションも上がり、俄然スピードも出てきました。

下から見上げるお城はまるでおとぎはなしに出てくるような感じで、

とても優雅で、地上から見る風景とは異なりとても魅力的でした。

お城に来ている観光客や他のカヌーに乗っている観光客に手を降りつつ、

のんびりゆったりした時間を過ごすことができました。

2時間くらいがあっという間に感じられたと思います。

楽しい一時はあっという間。最後までせっかく転覆せずに済んだのですが、

岸に到着してから、河に飛び込んだ生徒がなんと3人も!!

とても気持ち良さそうに泳いでいました。←ライフジャケットがあるので浮いてました⁉️

 

 

カヌー体験後、近くのカフェでひと休み。

冷たいレモネードがとってもとっても美味しく感じられました‼

 

 

今夜のアクティビティで生徒全員で、リーダーのお兄さんやお姉さんたちだけではなく、

フランス語の先生も何人か加わり、7グループ対抗ゲーム大会でした。

イントロクイズやダンス、椅子取りゲームみたいなものをしました!

声援の声の大きさやゲーム説明時の姿勢や態度が得点になるということで、

最後まで結果が読めない展開となりました。

結果はこのような感じです。

フランス語のクラス以外の生徒とも

夜のアクティビティをきっかけに話せるようになってきたようです。

あと2日だなんてなんだかさみしい感じがします。

今日は朝からたくさん外で活動したので、とても充実した1日でした!

明日はどんな1日になるのか楽しみです。

つづきはまた明日お伝えします! ​

 

Today they are having their classes with their buddies all day.  The weather is fine, temperature a little cold, but students are all good.  In the afternoon yesterday, they had a class of dance exercise, Zumba.  Every one of them is dancing hard, sweating, and getting tired.  It seems like that kind of dance exercise is part of their culture.

 

本日も天候は晴天に恵まれ、やや肌寒いですが、過ごしやすい気候のケアンズです。

生徒たちも(若干ネガティブな発言は見られますが)元気で、

笑顔で登校して笑顔でバディとともに授業に出かけて行きました。

 

 

昨日の午後の話になりますが、生徒たちはZumbaというダンスエクササイズに取り組みました。

アップテンポの音楽に合わせてひたすら体を動かすのがZumbaです。

ダンスといっても何かを表現するためのものでなく、

エクササイズ用の振り付けなので、とにかくしゃがんだりジャンプしたりと動きが大きい。

我々も生徒と一緒に参加しましたが、10分も経つとこの涼しい気候でも汗だくになります。

1曲5分程度をぶっ続けで4曲くらい踊り、水分補給と休憩、それを3セット。

「もう疲れた」「ずっと休んでいたい」と生徒は言いつつも、

いざ始まればなんだかんだ言って笑顔で楽しそうに踊ります。

最終的に「これ、痩せるかも・・・?」と一部で盛り上がっていましたが、

要するにそれが目的のexerciseですから、それは正しい気づきです。

 

 

裏話的になりますが、その後生徒がhost familyの元へ引き上げてから、

我々もCairns cityの宿に戻ってくると、

近くの公園の公衆ステージで同じZumba exerciseが行われていました。

 

 

詳しい仕組みはわかりませんが、オープンスペースで行われているので誰でも参加でき、

もちろん参加に当たってお金も取られません。

日本とオーストラリアの大きな違いの一つに、"public"にまつわる違いがあります。

ケアンズが観光地であるということも関係するでしょうが、

こうして「誰でも無料で」使用できたり参加できたりするもの、イベントの範囲が非常に広いです。

そしてそのような形でこのZumba exerciseが行われているということは、

食生活の問題とも結びついているでしょうが、それだけ人々の健康に対する意識が高いということを表しています。

加えて、健康保持も楽しみながら行うべしという文化的な背景がそこから見えてきます。

 

今日は生徒は一日中バディと授業を共にしています。

SACCの高校生は授業選択の幅が広いので、

バディによって生徒個々がどんな授業を受けるかはかなり異なりますが、

今日はHome making担当のDonna Formosa先生のお誘いに応じて、

調理実習の授業を見学してきました。

ちなみにFormosa先生は今回ホストファミリーも務めて下さっています。

 

 

作っていたのはcornflake cookie、いわゆるAnzac biscuitと呼ばれる伝統的なクッキーです。

調理実習の様子は日本のそれとあまり変わりがありません。

先生の指示を受け、周りの生徒と相談しながら、本校生徒もクッキー作りに励んでいました。

 

ちなみに本日、SACCに新しくできたtheaterのこけら落とし公演が行われます。

theaterの名前はAll Saints' Theater。先日潜入取材した内部の様子は以下の通り。

 

 

この公演のDirectorを務めるShaneen Mason先生は本校のホストファミリーを何度も務めて下さっている方で、

最近まで本校からのターム留学生を数ヶ月間お預かり頂いた方でもあります。

彼女からの招待を受け、これからその公演を観劇してきます。

きっとこの週末同じ劇をホストファミリーと一緒に観に来る生徒もいることでしょう。

SACCのFacebookページから紹介文を抜粋します。

 

FIRST PERFORMANCE IN ALL SAINTS' THEATRE

STACC Music Department were very pleased to present the very first public performance for specially invited parents, friends and member of the STACC community in the All Saints’ Theatre. 

It was amazing!!

 

 

 

 

3日目は午前中の授業のあと、Valencay ヴァランセ城へ行きました。

本来なら1時間15分くらいでいける予定でしたが 、

ドライバーさんが道を間違う&お城でバス用の駐車場が見つけられないというアクシデントがあり、

なんと2時間以上かかって到着しました。

携帯でルートを探しているドライバーさんは初めてでした!

しかも想像以上にお天気にも恵まれ、かなり眩しい太陽の下での見学となりました。

 

 

かわいらしいコンパクトなお城ですが、王様用のお部屋や客間、ダイニング、バスルームなど

規模や様式はもちろん違いますが、現在とほぼ同じような部屋の構造になっていました。

地下にはキッチンやワインの蔵もありました。お庭がきれいで有名だそうです。

ただ、暑さでお花も心持ち元気がないような…気もしました。

日本の枯山水のようなお庭や英国風、フランス風と広大なお庭を楽しむことができるようになっています。

今回は行かれませんでしたが、迷路のお庭もあるそうです!次回にはチャレンジしてみたいです。

 

 

夜のアクティビティでは、3つのグループに分かれて遊びました。

卓球、カードゲーム、グループ対抗こおりおに!?みたいなゲームです。

毎晩、お兄さんやお姉さんたちが生徒たちが投票したアクティビティの中からいくつか選び、

生徒たちは掲示されているアクティビティの選択肢にそれぞれ記名して、

そのグループ同士で楽しみます。

氷おにでは今回もみんな真剣に逃げてました!

男の子たちに追いかけられていた女の子が転ぶアクシデントが発生。

一瞬みんなその場で凍りつきましたが、すぐにその男の子が手を差しのべて助けていたことにホッとしました。

素敵ですね。あっという間に就寝時間です。悔いずにこたえられた火とから部屋に戻ります。

それにしても、9時半過ぎまでこんなに遊べるなんて日本では考えられませんね。

 

では、明日に備えて早く休むことにします。次回のレポートをお楽しみに。

Today it is a little hotter than yesterday, but still comfortable.  All the students came to school with no problem, looking brighter and more cheerful than ever.  This is the fourth day in Cairns, the third day at school, so they seem to start getting used to the environment here.  They have all the classes without their buddies today.  The classes include damper making, Japanese class for elementary students, and Zumba dancing.

 

今日で登校三日目、ケアンズに来て四日目になります。

昨日まではまだ到着時の睡眠不足や疲れが残っていた様子だった生徒たちも、

今朝はすっかり回復して自分たちの置かれた環境にも慣れ始めている様子でした。

ここからがある意味で本番です。

 

今日は一日中special program for Otsuma studentsが用意された日で、

生徒たちはバディと合流せずに過ごします。

 

まず1、2限の時間はdamper making。

damperとは、オーストラリアの先住民(indigenous people)の方々が伝統的に作っている一種のパンのことです。

それを作ってみる授業です。

そもそもが移民の国であるオーストラリアには様々なルーツを持つ人々が存在し、

様々な文化が溶け合う国を作り上げていますが、

その中でも先住民の文化は一段階上のリスペクトを受けているように感じられます。

 

作り方はごくごく単純で、水と牛乳を小麦粉に混ぜてこねて焼く、それだけです。

 

 

こちらがindigenousのルーツを持つ先生、Mrs. Stephenです。

非常に豪快でユーモラスな人柄で、生徒も何度も笑わされていました。

 

実際の作成の様子をお伝えします。

 

 

まずはこねます。

 

 

それから、大胆にも机の上にそのまま小麦粉を広げます

(もちろん生徒たちの手と机の上は綺麗に清掃、除菌されています)。

 

 

それから、こねた小麦粉を机の上で丸め、適当に形を整えます。

 

 

それからハケで表面に牛乳を塗り、焼きます。

 

 

20分ほど焼けば出来上がりです。

一つ一つがとても大きく、そしてずっしりとしていてお腹にたまります。

標準的な大きさはこのくらいになります。

 

※本人の許可を得て掲載しています

 

バターやジャムで味をつけながら、早めのmorning teaとして生徒は思いの外たくさん食べていました。

 

 

余った分はバディやファミリーのためにテイクアウェイです(「テイクアウト」とはオーストラリアでは言いません)。

 

午前中の残りの時間(3〜6時限)はYear 3の小学生対象の日本語の授業にお邪魔しました。

担当者はAlison先生、SACCに長く務める日本語の先生で、

これまでも本校生徒がたくさんお世話になっています。

 

 

日本語の授業なので、基本的には生徒たちは先生役です。

ただ生徒たちと交流する中で、本校生徒は日本語を教えながら逆に英語の発音を教わる、

というのがこの授業のポイントでした。

 

 

本校生徒1名に対してSACCの小学生2〜3人が付いてteam upします。

それぞれのチームは日本語の漢数字で番号が書かれたビンゴカードを持ち、

先生が日本語で数字を読み上げます。

どこにその数字が書いてあるか、あるいは書いていないか、

それを探すに当たって本校生徒が手伝い、その際に英語の発音を小学生にチェックしてもらいます。

非常に面白い授業形態でした。

 

人に何かを教える時、逆に自分も様々なことを教わる、

というのは我々教員であればよく知っていることですが、

外国に来て母国語を教えるという特殊な得難い機会を通して、

生徒にも様々なことを学んでもらいたいと思います。

 

この後、lunch timeを挟んで午後の7、8時限はダンスエクササイズの時間です。

2日目は朝からレベル確認テストがありました。

不安でドキドキしていた生徒もいたようでしたが、なんとか切り抜けたようです。

フランス人の先生はかわいらしく、優しそうで、生徒たちはホッとした表情を見せていました。

明日からの本格的な授業が楽しみです。

 

午後からは、AmboiseアンボワーズにあるショコラティエのBigotビゴというお店へ行きました。

チョコレートの歴史や作り方などのレクチャーが工房あり、たくさん試食もさせていただきました。

ビター、ミルク、キャラメル、イチゴ、ヘーゼルナッツ味とカカオの産地や分量を伺いながら

美味しくいただきました。

一番人気はというと…イチゴ味だそうです。 

 

併設されているお洒落なお店で販売しているパン・オ・ショコラ(チョコレート入りクロワッサン)と

ブリオッシュと飲み物をカフェでいただきました。

とても幸せな一時となりました。

生徒にとっては高級なチョコレートでしたが、早速お土産として購入しているようでした。

 

 

その後、1時間ほどフリータイムがあり、

2人以上で本屋さんや雑貨屋さん等でのショッピングを楽しみました。

生徒たちも少しずつフランスでの生活に慣れて自信がついてきたようです。

 

夕食後のアクティビティは人狼ゲームとケイドロで遊びました。

10時近くまで外が明るいため、校舎外でも遊べます。

本校での生徒と同様に研修に来ている男の子達や

サポートしてくれているお兄さんやお姉さんたちも参加していることもあって、

想像以上に敷地内を勢いよく走り回っていたので、見ているだけなのに怖かったです。

 

この続きはまた明日お伝えします! ​

Today it is cloudy and the tempertature is around 20 degrees, so it is basically cool and sometimes a little hot depending on sunlight.  Students study with their buddies all day, nothing special going on.  That's why I look around in the morning tea time and see what they are eating.  I'll show you the traditional Australian lunch.

 

今日は登校2日目。

SACCが位置するRedlynch Valleyはケアンズ郊外の山間部に位置し、

都市部からの距離は車で30分弱程度ですが、

山間部なので天候はやや不安定で都市部より若干涼しいです。

この地域の本日の天候は晴れ時々曇り、最低気温16度、最高気温26度。

現在の気温は24度です。

半袖だと少し涼しく感じるため(現在私は半袖ですが)、

生徒は大体パーカーを着て過ごしています。

 

本日の予定は一日中バディと授業、です。

今回のプログラムでは数少ないノーイベントデイになります。

ただ授業を受ける時間が続くのは苦しい部分もあるでしょうが、

現地校の生徒と全く同じ一日を過ごすことはそれ自体が貴重な体験です。

苦しさの中で何かを感じてくれることを期待しています。

 

今日はそんな一日なので、

この記事では生徒たちのlunch timeの様子とlunch boxの内容を御紹介します。

 

ここSACCのtimetableでは授業が一日8時限組まれており、

その授業間には必ずしも休み時間はありません。

まず朝登校してホームルーム(Home formと呼びます)があり、その後1〜3限があります。

間に休み時間はないので、授業が終わればすぐにロッカーに戻って教科書の入れ替えをして移動、

生徒が揃い次第次の授業は始まります。

そして3限が終わると最初の休み時間、20分間のfirst breakです(通称morning tea time)。

その後4〜6限を終えると40分間のsecond break(通称lunch time)です。

午後は7、8限を連続で受けてすぐ下校となるので(終礼はなし)、

学校で過ごす間の休み時間自体、二回しかありません。

その二回の休み時間の中で生徒たちはlunch boxを空にするわけです。

 

今日はfirst breakで生徒たちの様子を見て回ってみました。

教室は授業が終わると施錠されてしまうので、生徒たちは休み時間を屋外で過ごします。

雨が降った時のために屋根付き(undercover)のスペースが基本です。

 

 

本校の生徒たちは当然バディと一緒に過ごしています。

と言ってもバディと1:1で過ごしているなんてことはほぼありません。

4〜8人程度からなるバディの友達の輪の中に1、2人ずつ混ざっている形です。

この時間はきっと彼女たちにとって、語学的にあるいは人生の経験として、

またあるいは今後の人間関係形成において、非常に貴重な時間でしょう。

このプログラムの先輩たちの多くはバディに限らずこの輪の中で人間関係を作り、

プログラム終了後も様々な形でその関係を継続させ、自分の将来に繋げています。

こんな時こそSNSというツールを有効活用してほしいと思います。

 

 

肖像権の関係もあるのでサイズと画質を落として全体をお見せするとこのようになります:

 

 

雰囲気はおわかり頂けるでしょうか。

ベンチは一応ありますが、ほとんどの生徒たちはご覧の通り、地面に座っています。

そして女子はあぐらをかいています。

お行儀が悪い!とは思わないで下さいね。

この子たちが特別bad girlsだなんてことでもなく、これが文化なんです。

本校生徒たちもきちんと郷に従っています。

 

そして気になるlunch boxの中身ですが、

今回サンプルとして二人の生徒のものを撮影させてもらいました。

 

 

サンドイッチ、フルーツ(ジュース)、スナック菓子。

この撮影をしている時、側にいたSACCの学生が"Australian lunch"とボソッと呟きました。

それくらい生徒たちはこのスタイルのlunch boxに自分たちの独自性を認めて、

またある部分で誇りと愛着を持っているのでしょう。

日本のものと比較しての短長や優劣の指摘はいくらでもできるかもしれませんが、

それをすることにあまり意味はありません。

 

これが、文化ですから。

 

ちなみにこうして見回っていた時、

一人のSACC生徒が「お腹が空いた!」と言いながら食事していた光景がこちら:

 

 

文化・・・?

 

パリのシャルル・ド・ゴールに朝4時に無事到着。

ロッシュへ向かう途中に、シャンボール城をちょっと見学しました。

朝陽を浴びたお城はとても荘厳です。

このお城は、フランス王の狩猟のために、レオナル・ド・ダヴィンチによってつくられたそうです。

 

寮に着き一休みしてから、男女数名のmoniteur,monitriceと呼ばれる大学生の指導員が

みんなで近くの公園へピクニックへと連れ出してくれました。
 

その後、ロッシュのかわいらしい街並みを散策しながら、

教会やロッシュ城のdonjonと言われる天守閣も見てきました。

 

明朝のクラス分けテスト頑張ります‼️

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.