2月13日火曜日、正午過ぎ。

なかのZEROホールに続々と集まってくる妻中生たち。

手袋をはめた手に、英語の単語帳を持っている姿も、決して少数ではありません。

なぜ英語の単語帳か。

尋ねるまでもなく、大学入試を念頭に置いて、英語の語彙力を伸ばす目的でしょう。

 

でも、ここに集まってきた妻中生は、学校の中でさまざまな言語への興味、英語圏

以外の言語文化圏への関心がすごい勢いで高まっている現実も、知っています。

同級生のロッカーに入っているフランス語のテキスト。

廊下や教室のあちこちで楽しげにやりとりされる、覚えたてのタイ語。

おなかが空く放課後に漂ってくる、エキゾチックな食べものの匂い。

 

本日開催されたSGHフォーラムは、タイ・チェンマイやオーストラリアから駆けつけて

くれた姉妹校の生徒たちも加わり、国際色豊かに展開しました。

フランス大使館や山梨学院大学など、多方面からのゲストもお迎えし、大ホールの

スクリーンに在校生渾身のVTRが映し出されて、フォーラムの始まり始まり!

スピーチ、フィールドワーク報告、パネルディスカッション…盛りだくさんの企画です。

妻中生も姉妹校の生徒たちも、世界に向かう興味関心を語る表情がそれぞれ実に

イキイキしています。

 

日本語は、聴ける話せる書ける読める私たち。

英語も、日本語に近いレベルで使いこなせたら、きっと嬉しいでしょう。

でも、世界のすべてが英語でまかり通ってしまうとしたら…それはちょっとつまらない。

だって、単一の言語には、単一の可能性しか見いだせませんから。

 

他の言語を知り、他の文化に触れることで、世界観が広がります。

広い視野で周りを見られるようになると、自然に自分自身を深く見つめられるように

なっていくから不思議です。そして、自分を深く見つめ直した目は、次第に周りへと

目線を移し、深いところから世界を見つめはじめます。

広い視野、深い思慮をもつひとの内側には、輝くような教養がやどっているはず。

 

スピーチを担当したり、パネリストとして登壇したり、裏でフォーラムの運営を支えたり

総合司会としてフォーラム全体をプロデュースしてくれた生徒たち。

今日のこの短いご報告では、彼女たちの挑戦がどれほどの労力を経て、ここまで

たどりついたか、どれほどの熱をもって可能性を広げてきたかをお伝えしきれません。

 

明日以降、「SGHフォーラム・Making」として、このフォーラム実現までの道のりを

お伝えしていく予定です!乞うご期待!

 

Now our exchange programs overseas make Otsuma Nakano students come alive. From Australia, Nanaka Otaki, an exchange student currently studying at St. Andrew's, will report you  how intriguing her life there has been!    
 
Hello! This is Nanaka Otaki from Cairns, Australia. It's great for me to get back to you with my second quick report. It has been very sunny lately and it’s really hot in Cairns. Throughout this report, I’ll be sharing what I had been doing for the last two weeks!
 
At school, we have a class called pastoral care. Pastoral care is basically a class where we talk about our feelings with our classmates. Unfortunately, we haven’t had the chance to do it due to the assemblies. So I’m looking forward to experiencing what it’s like!
 
In the weekends, my host family took me on a boat to the reef. I was surprised how a lot of people here owns their own boat! It was very bumpy on the way in and out, and it was really fun. Luckily, we found dolphins and sea turtles! They were beautiful. Since there was a lot of jellyfish in the water, we couldn’t get in but it was still a great experience!!
 
I have also been doing some baking with my host family. Today, my host sister and I made patty cakes and it was really good. Its also interesting since I find a lot of cultural diversion. 
 
Thank you so much for reading my report! Hope you enjoyed!
こんにちは!オーストラリアのケアンズに留学中の大瀧菜々花です。 最近は天気が良く、ケアンズはとても暑いです。このレポートでは、先週と今週で私が体験したことを書こうと思います。
 
St. Andrews にはパストラルケアという授業が毎週あります。パストラルケアとは、クラスメートと自分が感じてることや意見を交換する授業らしいです。残念ながら集会や自己紹介などで授業が潰れてしまい、まだ受けていません。なので、どんな感じなのかとても楽しみです!
 
週末にはホストファミリーのボートでグレートバリアリーフに連れて行ってもらいました。多くの人が自分のボートとボート運転の免許を持っていることに私はとても驚きました!岸から出るときと戻るとき、ボートがガタガタ跳ねるのでとても楽しかったです。幸運なことにイルカやウミガメを見れることができました!とても美しかったです。たくさんクラゲがいたので海に入ることはできなかったのですが、一生思い出に残る経験です。
 
また、ホストファミリーとよく一緒に料理をします。今日はホストシスターとカップケーキを作り、とても美味しかったです!また、同時にオーストラリアの食文化を教えてもらえるので、勉強になるし興味深いです!
 
読んでくくださりありがとうございます!楽しんで頂けたら嬉しいです!

チェンマイでの服装は、年間を通して夏服で問題ありません。

ただし、標高の高い盆地にあるため、昼夜の寒暖の差が大きい(10度前後)です。

11月から3月くらいまでは、薄手の長袖カーディガンが必要になるでしょう。

 

タイの観光ガイドでチェンマイのところを読むと、こんな記述が…。

チェンマイ、2月の平均最高気温は約32℃、平均最低気温も約18℃。

妻中生が訪れた夏休みには、チェンマイと東京の気温差、さほど感じませんでしたが、

とりわけ冷え込みの厳しい2018年東京の冬には、チェンマイからのゲストはなおさら

ビックリでしょう。有名メーカーの薄くて暖かいダウンジャケットを即購入!という方が

いらした、というのもうなずける話です。

 

13日、火曜日に開催される大妻中野SGHフォーラムに、タイ・チェンマイから駆けつけて

くださったゲストのみなさま。もちろん、東京を訪れるのは初めて、という方ばかりです。

そこで、チェンマイStudyツアー参加メンバーがガイド役を務め、2月11日、OneDay東京

観光を決行しました!行き先はスカイツリー・浅草・上野。あえての大定番コースです。

電車に乗る経験のないみなさんには、複雑怪奇に展開する鉄道・地下鉄網がまず衝撃。

(外気の寒さに対する驚きは、終始つきまとい続けます。)

冬晴れの空にそびえるスカイツリーや、インパクト抜群の雷門に歓声を上げるなかでも、

関心を寄せるポイントにはお国柄がにじみます。

 

寺社に奉納する「絵馬」を見ては「コレは何?何のためのもの?」と熱心に見入っていたり、

身体の悪い部分に煙を当てるコーナーでは、いつまでもそこから離れず、煙を浴び続けたり…。

上野・不忍池では、水面から顔を覗かせる植物に、「SeaWeed(海藻)か?」との質問。

「Lotus(蓮)ですよ」と答えると、仏教の国の方だけに感慨もひとしおだったようです。

 

ドラッグストアに立ち寄れば、見慣れないパッケージのテスターに興味津々!

開けては匂いを嗅いでみたり、肌に塗ってみたり…。

日進月歩の発展を遂げている真っ最中のチェンマイから飛び込んでみれば、

きっと、東京はモノとヒトと情報であふれかえっているように見えることでしょう。

少しでも日本の雰囲気が伝わっていれば、幸いです。

 

平昌オリンピック開幕!

厳寒の開会式でしたが、入場してくるどの国・どの地域の代表選手の表情も一様に

晴れやかな笑顔!スポーツの祭典で全力を尽くそう!という気概が感じられました。

 

開会式を見ていて、あることにお気づきになった方、どれくらいいらっしゃるでしょうか。

入場してくる国と地域の順番、一体どういう法則なんだろう?

アルファベット順でもないし、ましてやアイウエオ順であるはずもないし…。

今回のオリンピックは、開催国の公用語、ハングル語の言語順だったのです。

ハングル語の「カナダラ順」で選手団が入場する中、日本チームの騎手、葛西紀明選手が

登場したのは、62番目でした。

 

面白いことに、オリンピックの入場順は常に開催国公用語順、とも限らないそうです。

日本開催の五輪では、世界全体の「わかりやすさ」を考慮してか、アルファベット順。

中国開催の北京五輪では、開催国を簡体字表記した画数順。

スペイン開催のバルセロナ五輪では、開催地であるカタルーニャ自治州でスペイン語

よりカタルーニャ語の利用が一般的であることから、IOCの第1公用語・フランス語の

言語順で入場、とされたのだとか。

言語、という切り口で眺めてみても、オリンピックが楽しめますね。

 

以前にもふれましたが、オリンピックの第1公用語はフランス語です。

夏季冬季、2年に一度世界のどこかで開催される国際的イベントで利用される言語を

学んでおけば、思わぬところで役に立ちそう…(実際役に立つことは言うまでもありません)。

オリンピックを見すえて、が最大の理由ではありませんが、フランス語を学んで、使える

ことの国際社会におけるメリットを鑑み、大妻中野では何年も前からフランス語を履修

科目として習得できるシステムを整えています。

 

大切なのは、「身近で使えるフランス語」をマスターすることと、フランスの文化に親しみ、

言語を入口として異国の文化や歴史に興味関心を抱ける心を育てること。

コリブリ交換留学やフランス映画に親しむ活動など、生きたフランス語が運用できる学びを

大妻中野では、進めています。

本日(2/10)の朝日新聞にも、その取り組みが紹介されました。

 

英語を学ぶ中高生は、もはや珍しい存在ではありません。

でも、フランス語、となるとグッとその学習者は少なくなります。楽しみながら学び、フランスを

近い存在としてとらえるチャンス、2020年の東京五輪で思う存分活かせますように!

 

 

2月13日(火)なかのZEROホールにて開催される「SGH FORUM」でも、

フランス語学習に関するプレゼンテーションを行う予定です。

 

首都圏の中学入試は一段落。

でも、高校入試や大学入試をひかえ、星に願いを…と夜空を見上げる受験生は

勝負の時に向けて必死で闘っていることでしょう。

例年なら、澄んだ冬の夜空を見上げ、輝く星に合格祈願をしたいところですが、

なにせ今年は厳寒の冬。

まれにしか経験できないような大雪にも見舞われ、星空を見上げることさえ

ままなりません。

 

澄み切った夜空にきらめく無数の星を眺めていると、目の前の悩みや不満が

ちっぽけなものに思えてくるから不思議です。寒さは相変わらず厳しいですが、

先日の月蝕のときに見上げた空を、折にふれて眺める時間を持ちたいですね。

 

大妻中野生が年間を通じてお世話になっている「なかのZEROホール」には、

立派なプラネタリウムが併設されています。もうすぐ妻中生活1年を迎える

中学1年生は、毎年この時期にプラネタリウムを訪れ、中野区の誇る星空を

満喫することが出来るのです。

 

来年度、中学2年生の校外学習で5月、新潟を訪れる生徒たち。

新潟の夜空を見た先輩たちは、一様に「星がすごいです!東京とは全然違い

ます!キレイ!」と絶賛します。

ZEROホールプラネタリウムは、映像の素晴らしさももちろん、ナレーションを

担当なさるスタッフさんの「語り」が実に見事です。

その見事な語り口で「5月の新潟で見える星」までご紹介くださるところが、

長いお付き合いあればこそ、の素敵なおはからい。

今日から見てみたくなる東京の夜空と、5月が楽しみになる新潟の夜空。

両方を満喫した生徒たちは、足どりも軽く学校へと戻ってきました!

2月9日は「2(ふ)+9(く)」で福の日だそうです。

肉の日(29=ニク)とか風の日(29=吹く)とか諸説ありますが、大妻中野にとって

この日は正真正銘「福の日」に間違いありません。

毎年この日に、4月からシルバーグレーのスカーフでセーラー服を彩る予定の新入生が

初めて大妻中野に集う日。それが2月9日なのです。

フレッシュな笑顔、はじけそうな期待感と緊張感。大妻中野の新しい歴史を作る仲間を

迎える日。それはまぎれもなく、「福」の日ですよね。

 

正門から校舎に向かう明かり庭に貼り出された合格発表は、毎年在校生たちに新鮮な

気持ちを与えます。「ああ、また1年経ったんだ!」「とうとう私も先輩になるんだ!」

どんな後輩が入って来てくれるんだろう。

いい先輩、いい学校だって思ってもらえたらいいな。

お姉さんたち、一番下の妹を迎える準備は万端です!

入学式を前に、ちょっとだけ、妻中のみんなから贈る歓迎のメッセージをお届けします。

4月になったら、是非、何百倍ものボリュームで妻中を味わってくださいね!

ここに掲載できなかったクラブが、「妻中生から受験生に贈るエール」で入試直前、

みなさんを応援してくれています。もし、ご覧になったことがない方は、ぜひご覧ください!

合格したあとで聴く「エール」もいいものですよ!

小学6年生のみなさん、本当に合格おめでとうございます。

保護者のみなさま、長い期間本当にお疲れさまでした。

これからはじまる妻中物語、みなさんといっしょに歩んでいけたら、これ以上嬉しいことは

ありません。4月の入学式で、再びみなさんと対面できることを楽しみにしています!

A new report from Australia came to us. The other student, Yuka Saito, a year 10th student of Otsuma Nakano and currenlty at St. Andrew's Catholic College, a sister school of Otsuma Nakano in Ausrtalia, would like to let you know her first impression on Cairns and St. Andrew's.  Here we go!
 
Hello, I’m Yuka Saito. I am now in Australia for our school exchange program for one term long. Two weeks have passed since I came here.  I would like to report to you the things that I have experienced so far in Australia.
 
During my first weekend, we went to a zoo to see kangaroos and a koala. I fed some kangaroos and they were so cute. I took a photo with my koala on my hands. I didn’t know that koala roars so loud like lions until I heard it crying at the zoo. I also went to a market. I saw an Aboriginal instrument and pictures.
 
My second weekend was long weekend because we had an Australia day, so Friday I had no school. I went to two parties. I ate sausages, kebabs, and pavlova. I had so much fun. On the next day, I swam in my host family’s pool. It was a little cold but it was better than staying outside.
 
In the third weekend, I went to the Night Market and a shopping mall. Before going to the night market, my host family took me to a Japanese restaurant. In the restaurant, there were many Japanese things hanging on the wall. I felt a little weird because it was made for foreigners. Also, there was a TV. Japanese music show was tuned on. While watching the program, I already felt like I was missing Japan.
 
The school I go to, which is St.Andrews, is so much fun. I get to take a class that I can’t take in Japan. For example, there are photography, philosophy, and religion. These are very interesting subject. However, we have only one minutes between the class, so I am very busy at school. Thinking of school ending at 2:40, maybe it is better than Japanese school.  Although it would be quite difficult for me to keep in mind everything about St. Andrew's, I hope that I can get used to it until the end of the term.
 
Thank you so much for reading my first report.  I would like to share many things about Cairns and St. Andrew's with you all from now on.   Have a good day!
こんにちは。オーストラリアに留学している斉藤友花です。ケアンズに来て早2週間が経ちました。この2週間で何をしたのかを書きます。
 
最初の週末は、動物園に行ってカンガルーとコアラを見に行きました。カンガルーに餌をあげたり、コアラを抱っこして写真をとりました。私は、コアラがなくところを見たことがなかったので、ライオンのようにうなっているのを見たときは驚きました。また、マーケットに言って、アボリジニの楽器や絵を見ました。とても興味深かったです。
 
2度目の週末は、金曜日がオーストラリアデーだったので、学校はなく、パーティーをしました。私は、2つのパーティーに行きました。そのパーティーでは、ソーセージや焼き鳥やババロアが沢山並んでいました。どれもとても美味しかったです。その翌日は、ホストファミリーの家のプールで泳ぎました。水温は少し低めでしたが、外はとても暑かったので、外で立っているよりかはましでした。
 
3度目の週末は、ナイトマーケットとショッピングモールへ行きました。ナイトマーケットへ行く前に、私とホストファミリーは日本食のレストランに行きました。そのレストランの中には、日本のものが沢山飾られていました。外国人向けに作られていたため、普通の日本のレストランとのギャップに少し戸惑いました。また、レストランの中にはテレビがあって、日本の音楽番組がついていました。それを見ていると、なぜか日本がとても懐かしく感じられました。
 
St.Andrews、つまり私が今通っている学校ですが、はとてもいいところです。日本では取れないような授業を体験することができます。例えば、フォトグラフィーや哲学や宗教の授業などです。とても楽しい学校ですが、毎回移動教室なのにも関わらず移動時間は1分ほどしかないので、毎日がとても忙しいです。それでも、全ての授業は2時40分に終わるので、日本の学校よりは疲れないと思います。
 
全ての事を一度に覚えるのはとても困難ですが、今学期の終わりまでにはこの習慣についていくことができたらと思います。

最新のラオス通信「From Laos ~メコン川のほとりから~」、第8号が届きました。回を追うごとに、より深くラオスの生活、人達への理解が深まっていくレポートになっています。興味深い内容が盛りだくさんです。ぜひお読みください。本校のグローバル教育の一端を見ることができます。 

It's our great pleasure to post this updated "Newsletter from Laos" to share with all of you, which has reached No. 8th issue.   This report is getting even more and more informative and intriguing regarding the authentic lives of people in Laos. We would like all of you to read this newsletter, which we know would showcase an idea of the direction of Otsuma Nakano global movement.  Please click the following.

添付します。以下をクリックしてください。

ラオス通信_メコン川のほとりから_第8号

 

ラオス通信は、本校数学科・小浦あす貴教諭によるラオスでの活動の紹介です。 小浦教諭は、2016年6月から、JICA(独立行政法人国際協力機構)の組織「青年海外協力隊」に参加し、ラオスで現地の子ども、学生たちへの教育活動で活躍しています。

We would like to introduce this special notes from Laos by one of the staff at Otsuma Nakano, Asuki Koura, a math teacher, who is currently particiapting in JICA volunteer working program in Laos.  Since June, 2016, she has been making committment to the education for local students there.  She said, " I am here because I would like to believe in my own eyes to take a look at what "global" is like.  Also I am sure that my first hand experience in this country far from Japan would really tell what global understanding means to be."  It would be great if you could click the followings and share the photos.

 

It's great to share with you all another report from New Zealand about kicking off a new exchange program at the school at New Plymouth Girls' High School.  Now currently three of Otsuma Nakano high school students are studying there, which is great ride for them.   Haruka Yanagisawa, one of them, is making a report on her first impression on her Kiwi life as follows:
 
Hello! I’m Haruka Yanagisawa, a year 10th student of Otsuma Nakano High School and current New Plymouth Girls' High School. Actually I arrived at New Zealand just five days ago. In this report, I will introduce what I did on the weekend with my host family.
 
Now in Japan, the current season is winter, but in New Zealand we are in the middle of mid summer and it has been very hot, so I went to the pool here. There are indoor and outdoor pools and water slider. I played tags and swam using kick board, which was very fun to me.
 
I was surprised because when I went to outdoor pool, the sunshine was stronger than Japan.  My host family taught me the reason that it is strong because of earth ozone hole.  To expose too much ultraviolet ray is not good for our health, so I will rub sun cream to my body and take measure for that.
 
After we enjoyed the pool, I went to the river and had dinner on the lawn near from the river. The food which my host father and mother made was very delicious. We played frisbee and had fun!  After dinner I watched sunset. Sky was clear and I watched beautiful orange color sun until it went down. I can’t watch such beautiful sunset in Tokyo, so I was impressed and amazed at the scene.  I am keen to watch this beaufitul sunset again!
 
From next week my school class begins, so I’m excited about it.
Thank you so much for reading my report.
 
Regards,
 
Haruka
 
こんにちは!私は大妻中野からニュージーランドに留学している栁澤遥香です。ニュージーランドに来て5日経ちました。今回は私がホストファミリーと過ごした休日について紹介します。
 
日本の季節は今、冬ですがニュージーランドは真夏です。その日は暑かったのでプールに行きました。 プールは室内と屋外にあり、ウォータースライダーもあります。私はホストマザーとホストシスターと一緒に鬼ごっこをして遊んだり、ビート板を使って泳ぎました。
 
屋外のプールに行くと日差しが日本よりも強くてびっくりしました。なぜ、日差しが強いのかというとオゾンホールのためだとホストファミリーが教えて下さりました。紫外線を浴びすぎるのは体に良くないので日焼け止めを体に塗るなどして対策をしたいと思います。
 
プールの後は川に行き、川の近くの芝生の上で夕ご飯を食べました。ホストファザーとホストマザーが作ってくださるご飯はとてもおいしいです。みんなでフリスビーで遊んだり、楽しく過ごしました。
 
夕ご飯を食べ終わった後は夕日を見に行きました。空が澄んでいてきれいなオレンジ色の夕日を日が落ちるまで見ました。東京ではなかなかこんなに美しい夕日を見ることができないので感動しました!
 
来週からは学校の授業が始まるので楽しみです。レポートを読んでいただきありがとうございました!
 
栁澤遥香

インフルエンザが猛威を振るっているとのニュースにおびえる冬。

学級閉鎖や学年閉鎖のような事態にこそ陥っていないものの、少しでも熱っぽかったり、

寒気がしたりすれば、「もしかして…」と疑ってしまうのは当たり前です。

「やだ~。インフルじゃないの?マスクして!近づかないで!」

「コッチ来ちゃダメ!絶対インフルだから早く帰って!」

不調を口にするやいなや、防御モードに入る生徒たち。

口調は厳しいですが、ご安心ください、表情は心配そうにしつつ、笑顔です。

 

どうして笑顔でいられるか。

インフルエンザは感染こそするものの、治る病気だし、症状も一過性のものだ、とみんなが

しっかり分かっているから。予防をして、それでも感染したら、病院で処置してもらえば

大丈夫だと知っているから。

 

知らない、というのは恐ろしいことです。

もし、感染力が低い病気なのに、感染する、と思い込んで怖がってしまったり、病気に

かかった人を疎外したり差別したりしてしまったりすれば、病気に苦しむ人は、別の

苦しみも同時に背負うことになってしまいます。

 

「ハンセン病」という病気があることを、今の子どもたちは教わる機会がない限り

知りません。それほど、現在の日本では発症する人が少ない病気です。

しかし、時代をほんの少しさかのぼれば、病名を聞くだけでひどい差別を受けて

病気以上の苦しみを経験した人のエピソードは、それこそ数限りなくある…という

現実と私たちは直面します。

 

2月3日(土)、渋谷区文化総合センターにて開催された人権フォーラム。

「ハンセン病問題に関するシンポジウム」に、合唱部も参加し、オープニングで手話曲

『にじいろ』を披露しました。

~手をつなげば温かいこと  嫌いになれば一人になってくこと

 ひとつひとつがあなたになる 道は続くよ~(『にじいろ』歌詞より)

 

一人で生きることなんて、絶対に出来ません。

だから、手をつなぐために、自分から知るべきこと、確かめるべきこと、考えてみるべき

ことが私たちにはたくさんあります。ハンセン病問題もその一つ。

何も知らないのに、何も考えていないのに、ただ目の前にある事実だけを観ておびえたり、

遠ざけたりするなんて、絶対に許されないことです。

 

実際お話を聴いたり劇を観たりした合唱部員たちからの声を以下にご紹介します。

 

「病気に対する偏見・差別があった、ということ以上に、そういう病気が存在することさえ

私は知りませんでした。でも、AIDSやその他の病気と同じように、今現在差別や偏見で

苦しむ人たちがいる、ということを、まず知るべきだ、と感じます。」

 

「劇を観ながら、随分古い時代のことなのかと思っていたら、自分たちが生まれた2001年、

ようやく裁判で勝訴した、ということを知って驚きました。今、まさに自分たちが暮らしている

現実社会の出来事なのか、という驚きはもちろんですが、昔、と感じる時期から現在まで

長く長く苦しまなければいけなかった人たちがいる、ということにも衝撃を受けました。」

 

「私たちが今すぐに出来ることは少ないかもしれません。でも、知らなければ考えることさえ

出来ない問題がある、と認識し、たくさんのことを知ろうとする姿勢が大切だと思います。

そして、身近な人はもちろん、まわりにいる人たちの存在を、かけがえのない大切なものだと

思うことから、差別や偏見を防ぐことが出来るかもしれない、と思いました。」

 

知ることで良くしていける未来がある。考えることで幸せに出来る人がいる。

歌をきっかけに、これまで知り得なかった新たな事実と出会う、貴重な一日になりました。

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.