金賞  3年6組   6年3組

銀賞  2年2組   2年5組   5年5組  6年6組

銅賞  1年1組   1年4組   5年1組  5年2組

 

学期末恒例、「清掃点検」総合成績です。

授業教室や廊下・お手洗いまで生徒が清掃する大妻中野では、学年に比例して

面白いくらい清掃の効率も上がっていきます。

素早く、しかしキッチリと。

宮澤校長先生から、金賞は金のホウキ、銀賞は金のチリトリ、銅賞は金の小ボウキ、を

受け取る各クラスの整美委員たちは、はにかむような笑いをこらえながら、金のお掃除

グッズと賞状とを手にクラスの列へ。

文化祭や合唱コンクールが行われる2学期は、清掃の成果が見せづらい、難易度高めの

学期です。それでも、次は頑張ろう!という意気込みは変わりません。

 

終業式終了後、成田空港からカナダへ旅立つ中学2年生。翌々日からオーストラリアへ

旅立つ高校生。ニュージーランドやタイへ向かう生徒たちも、すでに気持ちは海の向こうへ

飛んでいきそうな勢いでしょう。

いろいろな挑戦や楽しみがあふれている夏休み。

平和大使としての活動が本格的に始まる重松舞子さんが、「戦争体験者の話をじかに

聴くことが出来る最後の世代」として担うべき役割を改めて仲間たちと共有するスピーチを

行ってくれました。

それぞれに過ごす「夏」の様相は違っていることでしょう。

でも、気温に負けないくらいアツい夏を越え、妻中生全員がさらに充実した気持ちで2学期を

迎えて欲しいと願っています!

 

 

2017/7/21 曇りときどき雨 最高気温20℃
 
—-
Today we had the French days and it was difficult, but I was fun and I think I was able to get along with the buddies. I really like them. After lunch we learnt about sustainability and I thought that I would like to help earth problems. Exploring UBC campus was very fun and we were able to know many things about UBC!
—-
 
カナダでの生活は2日目となりました。 昨日は機内での就寝だったので、今日はやっと寮のベッドでゆっくり寝られた様子です。
 
朝食後は、ESLコースはホームステイに備えた英語学習をグループごとに実施、
FSLコースは英語でフランス語を学ぶ体験を行いました。
その後、コース別の行動となります。
 
【ESLコース】
ESLコースは、今日から3泊4日のホームステイとなります。
chilliwackという街でのホームステイのため、UBCからバスで移動し、
ホストファミリーと合流し、全員ホームステイ先に向かって行きました。
 
3日後の再会が楽しみです。
 
【FSLコース】
FSLコースの今日のテーマは"Sustainability"です。
昼はワークショップを実施。
最初は伊藤先生と
その後、UBC卒業生の井藤さんと
真剣に議論を重ねていました。
 
そして夕方はUBCキャンパスの探索。
 
このように、UBCの建物には木材がとても多く使われていて、
壊した時にも再利用できるようになっているそうです。
 
明日は学外の施設を見学しながら"Sustainability"について更に理解を深めていきます。

2017/7/20 曇り時々晴れ 最高気温23℃

 

——–

It was my first time to visit Canada.

At first I was nervous however our buddy was very kind and friendly and I felt welcomed.

During Canada I would like to speak English and French aggressively.

I am very excited rest of my trip.

(Y.N.)

——–

 

現地時間14:50に、無事バンクーバー空港に到着しました。

約9時間のフライトを終え、開放的な気分になった生徒達です。

その後バスでUBC(University of British Columbia)へ。

 

今回の寮はオーチャードコモンズ

新しくできたばかりの非常に綺麗な建物です。

 

この建物の前の広場において、英語クラスの発表およびバディとの顔合わせ。

 

このチームで、早速ディナー後のアクティビティ "Get to know you!" を行いました。

バディへのインタビュー形式でのゲームの他、

日本で言う「フルーツバスケット(何でもバスケット)」である

"Big wind blows" で楽しみました。

生徒達も頑張って英語で話そうとしていますが、まだ緊張気味。

これからのプログラムでどのように変化するか楽しみです。

 

明日は、ESLコースは午後からホームステイ開始、

FSLコースはUBCの"sustainability"について、キャンパスツアーをしながら学びます。

 

7/20 18:30に生徒全員羽田空港国際ターミナルに集合。

出発式を行いました。

保護者の方も多数お見えになり、

生徒も別れを惜しんでいる(?)様子でした。

 

その後出発ゲートを通過。

ただいま 7/20 20:50。もうすぐフライトです。

気をつけて行ってきます!

 

本校教諭で、JICA(独立行政法人国際協力機構)の組織「青年海外協力隊」に参加し、ラオスで活動中の小浦あす貴さんから、ラオス通信が届きました。2016年6月から、ラオスで現地の子ども、学生たちに教える教育活動で活躍しています。『海外の教育を自分の目でみて、自分の言葉で経験を伝えたかったから。そして、「グローバル」という単語を、自分の言葉で説明したいと思って、青年海外協力隊に応募した』という小浦教諭の言葉は、まさに、「グローブである地球と私という個人との関係の本質」を現していると思います。  以下に小浦教諭のラオス通信#1と#2を添付します。ぜひ、ご覧ください。

 

It's our great pleasure to introduce the notes from Laos by one of the staff at Otsuma Nakano, Asuki Koura, a math teacher, who is currently particiapting in JICA volunteer working program in Laos.  Since June, 2016, she has been making committment to education for local students there.   She said, " I am here because I believe in my own eyes to take a look at what the idea of "Global" is like.  And also I believe my first hand experience in this country far from Japan would really tell what global understanding means to be."  It would be great if you could click the followings:

 

学校通信_H29_8月号Extra_ラオス通信01

学校通信_H29_7月号Extra_ラオス通信02

 

本校の「グローバル教育」は、「現場」を大切にします。その地に行って、その地の言葉を聞き、学び、自分との距離を把握することです。

Twenty years from now, you will be more dissapointed by the things you didn't do than by the ones you did do.

So, throw off the bowlines.

Sail away from the safe harbor.

Catch the trade winds in your sails.

Explore. Dream. Discover.

by Mark Twain.

いいかい、本当にいいものはね、やはり太陽の方を向いているんだと思うよ。

 

直木賞作家・北村薫さんの『朝霧』という小説の中に、こんなフレーズがあります。

生きていく中で、ちょっと下を向きたくなったり、暗がりに魅力を感じたりすることは

誰しも経験すること。でも、本当に人が素直な気持ちで心惹かれるものは、明るい

太陽の方向をまっすぐに向いている…思わずハッとさせられる言葉です。

 

真っ直ぐ日の光に向かう花、といえば、その名の通り「向日葵(ヒマワリ)」。

海の日、中野区で行われる「ひまわりコンサート」は、まさに人が太陽の方向へと

まっすぐ進むためのサポート活動を応援する催しです。

今年度は近くの東亜学園さんを舞台に、中野区のさまざまな団体が日頃の活動

成果を近隣のみなさまにご披露しました。

 

大妻中野からは、ダンス部・チアリーディング部・合唱部の3部活が参加。

日頃お世話になっている中野のみなさまとふれあえる、貴重なステージです。

会場じゅうに飾られたひまわりに負けないくらい!思い切り輝く笑顔をお届けしました!

太陽の光に包まれて、笑って過ごせる毎日。

リズムやステップ、ハーモニーがあれば、毎日はますます楽しいものに変わります。

「Arts」の力、日差しに負けないパワーを感じていただけたでしょうか?

 

 

 

私立中高進学通信(7月号)に本校が取材されました!

こちらのサイトで記事を見ることができます。

https://www.schoolnetwork.jp/jhs/shingaku_tsushin/tsushin-201707/school-36.php?sn=1707

【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】 大妻中野中学校

『『グローバルリーダーコース』と『アドバンストコース』の2コース制で未来を切り拓く力を育てる』

 

是非ご覧下さい!!

ONHS ladies meet the Meiho boys for “idea sharing”

     As a part of our ongoing commitment to offering a global education to our Otsuma Nakano students, our Model UN & Peace Club members and 3 Global Leaders Class students journeyed to Meiho Junior and Senior high school to participate in an idea sharing activity with Meiho’ 21st Century students. 

 

ONHS Ladies

     The Otsuma Nakano Model UN & Peace Club members and GLC students, after finishing their final exams, prepared a 25 minute English presentation about how to sustain peace in the 21st Century.  Their presentation topic was “What is peace?”  “Peace” is a term that is hard to discuss since there are so many different opinions on the subject.  Our ladies, however, decided to focus on the reasons why peace breaks down and turns to war.  They proposed that resource management be the focal point of the future sustainment of peace.  ONHS students pointed out that many wars are fought over the mismanagement of coveted resources such as oil, diamonds, and land.  In addition to that, the ONHS students proposed that there be a third-party system created to ensure that fair usage of resources among countries be monitored to reduce the threat of war over the demand of said resources by powerful nations and other competing nations.  All of the students used English during the presentation.  After the presentation was finished, Meiho’s 21st Century students asked various questions in English to our ONHS ladies.  Overall, the presentation went well and our ladies hope to spread the message of peace to other high school students in the future.  It was a very good outing for Model UN and Peace Club members.  They were able to share their opinions with Meiho’s 21st students.

 

Discussion Session with Meiho 21st Century Students

     Our ONHS ladies discussed “Universal Basic Income” with the 21st Century Meiho students.  At the beginning the students had a “brainstorming session” lead by Mr. Travis Holtzclaw.  During this time, the students from both schools provided key words in the form of mind mapping on a dry erase board.  Terms such as “free money”, “taxes”, “poverty”, “crime” and phrases such as “freedom to choose employment”, “abuse reduction” and many others were introduced.  After that, each group made summary presentations about what their groups discussed about universal basic income.  Each group had beneficial discussions.  Every student contributed something to the conversation.  The main point of focus was that with the future “robotization” of business, people will still need to meet their basic needs.  Therefore, it is important to take into consideration the concept of “universal basic income” and its viability of adoption by governments both rich and poor.    

 

For the 2017 NFLJ Debating Tournament at iCLA

     Overall, this exciting and useful inter-high school co-ed idea sharing idea went very well thanks to Mr. Travis Holtzclaw and the Meiho 21st Century teachers.  Both the Otsuma Nakano and Meiho 21st Century students gained a lot of incite in the two topics covered.  In the future, Otsuma Nakano will host the Meiho 21st Century students along with other high schools for a student led idea sharing activity.  Also, our Model UN team is preparing for the Model UN Conference in Tokyo, Japan.  Our debate team is preparing for the 2017 NFLJ debate Kofu, Yamanashi at iCLA.  Finally, our Peace Club is preparing for a summer activit.  And also one of the members is participating as the ambassadors for peace, who is going to Nagasaki and Geneva, Switzerland in August.  

 

Otsuma Nakano is super happy to share the final report from Kaho and Karen, who have completed their Term 2 student exchange program at New Plymouth Girls' High School with you all.  They arrived safely at Tokyo last evening.   We should be proud of them becacuse they have made great progress in expressing their great experiences there in New Zealand in English.  Millions of thanks to all the teachers involved with this program.  Their final report is as follows;

 

This week, we had a farewell party for us in New Plymouth Girls' High School.  A lot of friends joined this party.  We got Completion Certificate. Then we enjoyed lunch time. I was not so sad at the party, because there were still a few days left to go to school. So, l couldn't believe that we would leave New Zealand. This party gave us great memories to us. I was so sad on my last school day because we could made many friends here. I couldn't believe that we already can't go to the school. Of course sometimes I couldn't make myself understood in English, so my school life was so challenging for us. But we really enjoyed school life!

 

On the last day in New Zealand, we were so crying at the airport. I was really sad to leave my host family, my friends, Teff and Wako.

 

Our time to study abroad was so short, but this period is so important for me! I won't forget all of my study abroad life!  We could really really have great experiences on this study abroad program in New Plymouth. We could meet a lot of nice people like our school friends, school teachers, host families and so on. If it were not for their kindness for us, we couldn't improve our English and want to stay more!!  Big thanks to them!

 

Also, we were happy to go to New Zealand.  We could know a lot of things like Maori culture, traditional food and how different everything is from Japan. I think New Zealand is very nice country as same as Japan because they have nice tradition, especially Maori, and most people who met with us for the first time easily talked to us a lot! It means Kiwi guys are kind! So we love New Zealand!

 

This experience we had in NZ will be special memories of our life and forever. We never forget about it. Thank you so much everyone and see you next time!  Thank you so much Teff too! Teff was supporting us with our studying. We could spend very comfortable and fun time!  She is our best teacher ever!!!

 

We are now going back to Japan today. I want to talk about my great experience for my family and friends, and I want to keep on studying English hard. Then we will surely get back to New Zealand again!!!

 

Thank you for reading our final report. See you next time! Bye!!

 

Karen Sugahara

Kaho Shimada

 

 

今週、学校で私達の為のお別れパーティーがありました。そのパーティーには沢山の友達が来てくれました。私達は修了証を頂きました。そして私達は食事を楽しみました。私はその時あまり悲しいという感情はありませんでした。なぜならまだ学校の登校日が残っていたからです。私達はニュージーランドを去るということが信じられませんでした。お別れパーティーはとても楽しかった思い出です。一方で、最後の登校日はとても悲しかったです。なぜなら沢山の友達を作ることができたからです。私はもう学校に行くことが出来ないということが信じられません。もちろん時々、英語が伝わらなくて学校生活は大変だったこともありましたが私達は本当に楽しむことが出来ました!

 

ニュージーランドでの最後の日、私達は空港でとても泣きました。私は本当にホストファミリーや友達、テフリーや宮澤さんと離れるのが悲しいです。私達の留学生活はとても短かったですが大切な時間でした!私はこの留学生活の全てを絶対に忘れません!私達は本当に本当に素敵な経験をニュープリマスですることができました。学校の友達、先生、ホストファミリーもとっても良い人達ばかりで、もしこのように暖かく迎えてもらえなかったら英語力が向上しなかったと思いますし、もっとニュージーランドに居たいと思うことができなかったと思います。本当に感謝しています。

 

更に、私達はニュージーランドに来れて幸せでした。たくさんの事を教えてもらえて、もっとニュージーランドに興味を持ちました。マオリの文化を大切にしたり、初対面の人でも気さくに話しかけてくれるようなキウイの人の性格が大好きです。

 

この経験は私達にとって特別で、今までもそしてこれからもずっと忘れません。ありがとうございました。

 

私達の留学をサポートしてくれたテフリーにも感謝の気持ちでいっぱいです。テフリーのお陰で快適に、楽しくこのタームを過ごすことができました。テフリーは私達の最高の先生です!

私達は今日、日本に着きました。私はこの経験をたくさんの人に話して、このまま英語の勉強を一生懸命続けて、もう一度ニュージーランドに帰りたいです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。さようなら!

 

菅原佳蓮

島田花歩

「昔の私、キャベツ?だったんです。」

昨年の冬、この「自分=キャベツ」トークで心を鷲づかみにされた高校GLCの生徒たちは

冒頭のひと言でたちまち目を輝かせます。

 

夏休み、海外研修や部活動、ボランティアなど多種多様なイベントでアクティブに活動する

妻中生に向け、バリエーション豊かに用意されたグローバル講演。

ジャケット姿の男性陣に次いで登場してくださったのが、白いワンピースとハイヒール姿が

まぶしいボーク重子さん。

まさに先日、お嬢さんのスカイ・ボークさんが全米『Distinguished Young Women(傑出した若い女性)

コンクール(日本のマスコミでは「最優秀女子高生」と報じられました)で見事グランプリ!という

ホットなニュースを伴っての登場です。

 

華やかでハツラツとした元気さにあふれるボークさんは、まさに国際社会で成功をおさめた女性

そのもの!腕や手をフルに動かしながらお話しくださる様子も、実に堂々としています。

こういう方は、最初から才能とチャンスに恵まれた、「陽の当たる坂道」をスキップで上へ上へと

順調にのぼってきたのだろうな…自分とは違うんだろうな…。

思わずネガティブに自己嫌悪しそうな聴き手の心を裏切ってくれるのが、ボークさんの軽妙な

「キャベツ」トークです。

固い外葉の中に閉じこもって、狭い視野と型どおりの価値観を疑おうともせず、挫折を何度も

味わった経験談。中高生が大好きな恋愛の話題を随所にはさみこみながら、ヨーロッパ、バリ、

中国、アメリカと世界を股にかけて活動域を広げていくバイタリティには圧倒されます。

 

「Mistake」は「Learning Opportunity」!(間違いは、学びの機会)

※Chanceが偶然訪れた「機会」とすると、Opportunityは努力によって得る「機会」「成果」に近いニュアンス

アメリカ・チェイニー元副大統領夫人が教えてくれたというこの言葉は、妻中生の心を大きく

後押ししてくれたことでしょう。ポジティブな言葉を味方につけて、自分を前へ前へと進ませる

こと。大きすぎる夢は小さく区切って「夢の赤ちゃん」をたくさん作り、ひとつひとつかなえて

いくこと。キャベツの外葉をはがしたら、すがすがしい空気と広く澄んだ青空が待っているはず!

この夏大きく翼を広げたい妻中生に、ボークさんから素敵な「お中元」をいただきました!

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.