春のあたたかな雨が満開の桜を濡らす土曜日の朝。

外のお天気とはうらはらに、校舎の中は朝一番から高揚した声が飛び交います。

新学年スタートの本日。

中学3年生以上は学年全体でクラスが再編成される大妻中野。

1学期始業式は新しいクラスが発表される「事件」で1日が始まります。

 

明日入学式を迎える新中学1年生、新高校1年生を除いた妻中生が目をキラキラ

させながらメインアリーナに集まり、始業式がスタート。

宮澤校長がマイクを持って壇上に現れ、笑顔で「筆記用具は持ってきましたか?」と

尋ねると、妻中生たちの醸し出すムードがキュッと引き締まりました。

今日は、始業式という場を使っての「校長授業」が行われるのです。

教科書もプリントもありません。

妻中生たちは、マイクを通してやわらかく響く宮澤校長の声を食い入るように聴き、

必死でメモをとります。

メモを覗いてみると、「人の話は“もぎとる”ように聴く」「なぜ人のために貢献するか」

「学習はスポーツと同じ!」など、あとから何度も読み返し、整理し、確認し直したくなる

言葉が満載です。

 

大妻中野に通う生徒たちは、世間の水準で考えれば確実に恵まれた立場にある、と

言えるでしょう。恵まれた立ち位置にあって、与えられるものを漫然と受け入れるだけ、

それではもったいない!与えられるたくさんのものを“もぎとる”ように受けとめ、自らの

財産にしようと躍起になる姿勢。受けとめたものについて自分の頭で懸命に考え、

整理し、理解していく過程。得た知識を、世の中で活かせる知恵に変えること。

生徒たちが目指す「妻中Success」。

それは、与えられるものを「もぎとる」姿勢の先にあります。

今日から、何を「もぎとる」か、どんな知恵で世の中に貢献できるか…。

それぞれの「妻中Success」に向かう、楽しみな1年がスタートしました!

Otsuma Nakano is very highly of these exchange students who are joining local schools for our study abroad programs.  One of the exchange students, Akane Takahashi, who is studying at Pleasant Hill High School in Oregon, America, will share her outstanding experience there in the following report.

 

Hi everyone! This is Akane Takahashi from Pleasant Hill High School. It has been raining almost every day during winter time but now it is getting warmer and warmer.

 

On March 9th, we had an event called “Gatehouse night”. This is an event held by Mr. Billie participants. Gatehouse is a pizza place in Pleasant Hill.  I went to Gatehouse after our track practice. We worked there as a part of the staff. I mostly did the dishes, which wasn’t fun because nobody knew that my friends and I were working. Towards the end, I got a chance to be a waitress, and I served pizza to guests there. It was very fun because it was the first time I've worked in a restaurant.

 

On March 4th, I stayed overnight at my best friend Nicole’s house. We usually do hard workouts on Friday in track, so we were both very tired. We took a shower and headed to the Pleasant Hill Community Theatre. The play was Three Wishes. It was the play by elementary school kids, so it was very cute. Since it was opening night, it was kind of awkward. After the play, we went to Nicole’s house and watched movie called Princess Diaries. We really liked the movie. Then we talked, talked, and talked forever. The next morning, we made brownies and watched another movie called “She’s the Man”. It was also a good movie. I really enjoyed staying at her house. I want to have sleepovers with her again.

 

On the following weekend, I went to the University of Oregon for PeaceJam Northwest. PeaceJam is an international organization that connects youth and Nobel Peace Laureates. They encourage people to make a change in themselves, to the community, and the world. On Saturday, we listened to Oscar Arias, a man who got Nobel Prize and was the president of Costa Rica. It was such a good opportunity to hear a great speech from Oscar. Throughout the day, we had a "family group" and discussed how we can contribute to make the world a better place. Now we are trying to help out by filling up Life Bags at our school. It is about asking people in school to bring in their old but still usable backpacks and writing utensils to school and deliver them to immigrants in Greece. We are still discussing to see if we can do it or not. This would be a fantastic project for our school!

 

The latter half of my spring break, my host family and I went to Redwoods National Park in Northern California. To save gas, we rented a car in Eugene and went off to the coast. It took us about seven hours to get to Crescent City in California but it was worth it. On the way to Crescent City, we stopped several times to enjoy the gorgeous view of the coast. Here are some pictures. It was so beautiful but it was very windy. I missed the San Diego beach where I used to live. On the next day, we hiked in the Redwoods National Park and hiked for three hours. The trees there are called old-growth and they were humongous. I was just surprised and impressed about how earth can form such beautiful life. I’d love to go back there again with my family and show them how amazing it is.

 

 

 

皆さんこんにちは。Pleasant Hill High School の高橋茜です。冬の間は毎日雨が降っていましたが、最近では晴れの日も増えてきてだんだん暖かくなってきています。

 

3月9日にGatehouse Nightというイベントがありました。このイベントはMr. Billie に参加している人たちで行われました。Gatehouse とはPleasant Hillにあるピザ屋さんです。陸上の練習が終わった後にピザ屋さんに向かいました。私は主に裏で食器を洗っていてその夜Gatehouseに来た友達は気がついてくれなかったので残念でした。後半はウエイトレスとして働きました。その夜の売り上げの20%はKids Networkに寄付されます。こういう仕事をしたことがなかったのでとても楽しかったです。

 

3月4日に私の仲の良い友達の一人である

 

 

Nicoleの家にお泊りをしました。陸上では毎週金曜日はきつい練習なので二人とも疲れていました。それぞれシャワーを浴びたあと、コミュニティーシアターに行き劇を観ました。Three wishesという劇で、小学生だけの劇だったので皆可愛かったです。そしてその夜が初めてのショーだったので、セリフを間違えたりしている子もいました。劇が終わった後はNicoleの家に行きPrincess Diariesという映画を観ました。夜は夜更かしをしてしゃべり続けました。翌日はブラウニーを作ってShe's the Manという映画を観ました。その二日間はとても楽しかったのでまた彼女とお泊りをしたいです。

 

翌週はPeaceJam Northwestというイベントがオレゴン大学で行われ、それに参加しました。PeaceJamとは国際的な組織で、ノーベル賞受賞者と子供たちがお互いに面会することによって世界の平和を繋げるものです。自分、コミュニティー、そして世界を変える事をテーマに活動しているグループです。土曜日はOscar Ariasというノーベル賞受賞者の講演を聴きました。彼はまたコスタリカの元大統領でもあります。その後はファミリーグループに分かれて、どうすればこの世界がよりよいものになるのかについてディスカッションを行いました。私の学校で今はLife Bagsという活動を始めました。私たちの学校の生徒から古くなったけどまだ使えそうなリュックサック、ノート、筆記用具などを集めてギリシャの難民の子供達に届けてあげようという活動です。まだ実現可能かどうか話し合い中ですが、実際私たちがものを集めてギリシャに届けられたら嬉しいです。

 

春休み後半はカリフォルニアにあるRedwoods国立公園に行きました。ガソリンを節約するためにユージーンでレンタカーをしてから向いました。Crescent Cityという場所には車で7時間かかりましたが、それほど時間をかけて行く価値はありました。Crescent City に行く途中に何回か止まってゴージャスな景色を楽しみました。それがこの写真です。とても綺麗でしたが、風がとても強かったです。昔住んでいたサンディエゴのビーチを懐かしく思い出しました。次の日はRedwoods国立公園で三時間ハイキングしました。Redwoodsは世界一大きい木が有名で、実際それを見て自然の力でこんなに美しいものが作れることに関心しました。今度は私の家族と訪れたいです。

男女別学の良さ、ってなんだろう?

思春期の6年間、女子だけで学ぶことには、どんな価値があるんだろう?

「共学」「別学」の選択肢は受験生にとって、フィーリングだけでは決められない大きな問題です。

 

新年度最初の日曜日、4月2日。

十文字中・高等学校で開催された「第1回私立女子中学校フェスタ」。

都内の伝統ある女子校17校が集結し、各学校の魅力をご紹介します。

部活の発表やプレゼンテーションに始まり、「受験生あるある」のような座談会、各校ブースでの

受験生個別相談など、在校生の様子をライブ感たっぷりに味わいながら、17校それぞれの違いも

体感できる、受験生にとっては間違いなくお得なイベント!

お天気の良さも手伝ってか、会場の正門には後から後から受験生ファミリーが訪れます。

 

アカデミックなもの、スポーティーなもの、それぞれの催しを担う生徒たちの顔つきは真剣そのもの。

「私が自分の学校を代表してここにいるんだ!」という気概に満ちています。

制服で、白衣で、ユニフォームで、廊下を颯爽と歩く中学生・高校生たち。

たとえば女子高生を「JK」とひとくくりにするような、十把一絡げの枠になんか到底おさまらない、

強烈な個性のきらめきが会場中にあふれていました。

 

「別学」のいいところ。

そのひとつとして、「個性が個性として尊重されやすい」ことがあるように思います。

「女性」という枠で限定されたグループの中だからこそ、「個人」という「性格」が際立つのでしょうか。

「個性」を「多様性」として受容する空気、個々の違いをそれぞれ認める風潮がハッキリと強いのは

別学ならではの特徴かもしれません。

 

さらに女子校の魅力をきわめたくなったら、是非、学校説明会や文化祭にお越しください!

大妻中野も学校をあげてみなさんのお越しをお待ちいたしております!

 

Spring is in bloom here in Tokyo, while there in New Zealand, it is getting colder to welcome fall season, which means that the time of the completion of this student exchange program is coming soon.  Here comes the final report from New Plymouth Girls High School by Shoka Yakashita.  We would be grateful if you could read it. 

 

Hello! How have you been?  The weather is getting cold and cold because the autumn is coming.   This report will be the last one for me to write. Thank you so much for reading my report so far up to now.  Also, I would like you to read this report as always and to have fun with it!

 

This week, I went to the school for 5 days, which was a long time.  But I feel that time passed so quickly.   An accident happened during this week!!  Haruka fell down and scraped her leg and arms.  Haruka and I were playing tennis at the lunch time.  After playing tennis, she fell down when she was running.  The scratch looked so bad, so she couldn't walk because of it at first.  It was a surprising accident for us.  So we went to the nurse.  Her scratch was getting better, so she can walk better than before even though she has the scratch. I wish she will be recovered very soon.  

 

I had a TYO concert on Friday this week. I will introduce about the concert.  We presented a concert at a church. The church looks very beautiful and splendid.  So, I felt so excited, but a little bit nervous. I had to wear white blouse and black trousers or skirts, but I didn't bring these things because I hadn't expected I would be joining the orchestra here in New Plymouth.  So, my mother delivered my clothes to me for this concert. I was so thankful to her. We wore garnet color scarf with TYO mark. It was so nice. But one thing was different from usual.  It was the problem on my decision that I would not wear glasses in the concert. Actually, I didn't want to wear glasses in the concert even though I always wear glasses to read the music notes correctly in the practicing.   I was surprised that I couldn't read the music notes without glasses in the rehearsal.  I really thought I would have practiced it  without glasses, but fortunately I could play as always because I remembered the sound in my brain. I thought it was bad thing for me because I didn't practice without glasses, but it was also a good thing for me because I could play as always. After rehearsal, the concert started. My host family and my host grandmother came to our concert. I played as well as I could.  I practiced every day for this concert but I felt sad because I can't practice the songs for concert. I can play those songs whenever I can, but the I felt sad because the purpose finished. In Japan, I hadn't practiced hard, but here, I always practiced the violin whenever I can, because I had a goal.  So, I think I will make some goals to improve my violin skill after I go back Japan.

 

Then after concert, we had a little party, then I received a present from TYO because I will leave here soon. I was happy to receive that present, but I don’t want to believe that I have to go back Japan.  Overall I would like to thank everyone for helping me to hold this concert.

 

Then, I want to share how my classes are going. I am taking mathematics, science, English, ESOL, music and PE.  In math class, everything is easy for Japanese students, so sometimes I am bored, but I am trying to learn how to say some marks or signs in English because I really don't know how to say in English even if I know them in Japanese.  

 

Science class is my favourite class because everyone is so funny and kind, so I have many friends in this class. Sometimes my friend throws a pencil to teacher, then she says “it's Shoka not me!!”  Everyone knows the person who did it, but everyone says it's me, so I have to go against them, which was very fun. I am happy to say jokes with my friends.  So, I like my science class. Then also I am studying kind of physics now such as potential energy and kinetic energy or something like that.

 

In English class, I thought it was so hard for me at first because it is like Japanese in Japan, so I have to study someone's feeling and technique in English.   I was not happy to do that at first, but now this class is my favorite as well because I can understand the meaning of the text and what the teacher say.   Then, ESOL class, I can learn from basic words and pronunciation. Recently, I practiced the difference of “li” and “lee”, “she” and “c”, and so on. It is very good practice for me because I can learn from native teachers.  I think it is difficult to experience this if I am in Japan. I want to speak more clearly.

 

And in music class, I am making songs. It is hard to think about harmony but it's quite fun when the sounds match.  Also, I really like the music class when I have this class on spell five, because we go to outside to read a book about 15 minutes on the grass. The view is so beautiful. Then finally, in PE class, I am learning about bone names because the swimming has finished. I don't know all parts of bone even in Japanese but I had to remember the parts of bones in English. It was hard as well but it was nice.

 

On Saturday I went to the New Plymouth airport to meet my host father's sister. It was nice time, but I felt strange because the airport is the place where people meet, but It is also the place where people have to part from as well.  When I came here about 2 months ago, I felt nervous at that time.  Actually, I wondered why I did come here.  It was because of nervous. I didn't know how amazing things I will have. But now I don't want to leave here because I like New Plymouth. However, I have to leave here in two weeks.  So, I want to talk more and make more memories as soon as possible. And I will do my best as well for studying and club activities when I go back Japan.

 

Finally, once again I would like to thank everyone who helped me and I am full of thanks to you for everything.

 

Regards,

Shoka

 

 

こんにちは!山下祥加です。ニュープリマスでは日に日に寒くなっていて、秋の訪れを感じます。私のレポートはこのレポートで最後となります。今まで読んで下さってありがとうございました。そしてこのレポートも読んで楽しんでいただけると嬉しいです!

 

この1週間は久しぶりに5日間学校での授業がありましたがすぐに過ぎてしまったので、時が経つのは早いと感じます。この前、はるかと2人でテニスをした後、はるかが走っていた時に転んでしまい、足と肘を擦りむいてしまいました。傷がすごい痛そうで最初歩けていませんでした。その後、保健室に行って手当をしてもらっていました。今は傷がまだ回復してませんが、歩けているので安心しています笑。早く治って欲しいです。

 

今週の金曜日には、TYOのコンサートがありました。私達はとても綺麗な教会でコンサートをプレゼントしました。私は教会でバイオリンを演奏することが嬉しかったですが、少し緊張しました。服装は白のブラウスと黒のスカートかズボンだったため、持っていなかったのですが、ありがたいことに母が届けてくれました。そして、私達はTYOのマークが入っているガーネット色のスカーフをして演奏しました。しかし、1つの問題が私にはありました。それは、私が自分の視力を無視して、コンサートでは眼鏡をかけないと決めていたことでした。練習では楽譜が読めるようにと眼鏡をかけていました。その為、眼鏡無しで演奏する曲を練習していなくて、リハーサルの時に自分はこんなにも眼鏡がないと見えないんだと驚きました。眼鏡無しでも練習しておくべきだったと反省しました。しかし、嬉しいことに音が頭の中にあったので、本番では正確に弾くことが出来ました。コンサートにはホストファミリーとホストグランドマザーが来てくれました。精一杯演奏することが出来て良かったです。

 

この日の為に毎日沢山練習しました。演奏した曲はまたいつでも弾けますが、コンサートのため、目標のためにもう弾けないと思うと寂しいです。日本ではあまり目標を持って練習していませんでしたが日本に帰ったら目標を持ってもっと上手になれるように練習したいと思います!

 

コンサートの後には小さなパーティがあり、私がもうすぐ日本に帰るのでTYO からプレゼントをいただきました。とても嬉しかったですが、もうすぐ日本に帰るという事を実感しました。そして、このコンサートが開催できたのも沢山の方々のおかげなので感謝の気持ちで一杯です。

 

次に学校の授業について紹介します。私は数学、生物(化学)、英語、留学生の為の英語の授業(ESOL)、音楽、体育を取っています。数学の授業は内容が私だけでなく、日本人には本当に簡単で、たまにつまんないと感じることがありますが、日本語で知ってる公式や数学専門用語を英語で学べるのでそのことが楽しいです。

 

生物は、友達が沢山いて、みんな面白いので私のお気に入りの授業です。友達がたまに鉛筆を先生に投げて、私じゃない!しょうかがやった!って言うので、本当に面白いです。みんな私がやってないことはわかってますが、しょうかがやった!って言うので反抗するのが大変です。でも友達とジョークを言い合えるので楽しいです。今は力学的エネルギーといった物理をやっているのでそれもまた興味深いです。

 

英語の授業は日本だと国語に当たる科目なので、文章の中のテクニックや人の気持ちを読み取ります。最初はすごく難しくて、好きな授業ではなかったですが、だんだんとテキストの言っている内容や先生の話していることが理解できるようになってきてると思うので、今ではお気に入りの授業です。

ESOLでは、基本的なところから単語や発音が学べます。この前は、li とlee 、she とc などの発音の違いを何度も練習しました。日本ではあまり発音をネイティヴの先生から学べることが少ないのでいい機会だったと思いました。もっと綺麗な発音ができるように頑張ります。

 

音楽では、今、作曲していて、ハーモニーを作っていくのが大変ですが、ぴったり綺麗なハーモニーができた時はとても嬉しいです。また、5限が音楽だと、外に出て芝生の上で15分ぐらい本を読みます。美しい景色に囲まれて読書ができるのがお気に入りです。最後に、体育では、もう水泳が終わってしまったので、今は骨の名前について学習しています。日本語でも全部の骨の名前を知らないのに、英語で覚えなければいけないので大変ですが、いい経験だと思います。

 

土曜日には空港に行って、ホストファザーのシスターに会いました。いい時間でしたが、少し変な気持ちになりました。空港は人と人が会えると言ういい場所ですが、反対にお別れしなくてはいけない場所でもあります。2カ月前にこの空港に降り立った時は本当に緊張していました。最初の頃は、自分が留学するなんて考えられなくて、この先に沢山の出会いや素晴らしいことがあるなんて知らなかったし、なんで私は留学するなんて決めたんだろうって思った時もありました。でも、今ではすっかり馴染めたので、留学と決めてここに来れたことが幸せです。ニュープリマスは本当に大好きな町なので離れたくありませんが、あと2週間でここを離れなくてはいけません。だから、もっと沢山お話しして、もっと沢山の思い出を作りたいです。そして、日本に帰ってからもこの経験を無駄にしないように勉強や部活を頑張ります。

 

最後に、この留学に携わって下さった方々に、今とてもいい経験ができている事を感謝します。ありがとうございます。

 

皆さんは、USCANJ (U.S. College Alumni Network of Japan) というボランティア団体をご存知でしょうか? アメリカの大学の卒業生によるネットワークです。3月25日(土)午後、この USCANJが主催する海外カレッジフェアが、豊島岡女子学園中学校・高等学校を会場にして開催され、本校を含め、都内の女子校15校から約600名の生徒・保護者・先生が参加しました。 このカレッジフェアの前半は講堂において全体会が行われ、College Introductionと参加大学によるPanel Discussionが行われました。その後、後半は、食堂に設けられたそれぞれの個別大学ブースでの説明会が行われました。

 

参加した大学は、Wisconsin, Temple, Princeton, Middlebury, Columbia, MIT, Bryn Mawr, Brown, Bates の9大学が、全体会で、それぞれの大学の卒業生など担当の方による説明とパネルディスカッション、個別ブースでの説明には、この9大学に、Cornell, Stanfordの2大学が加わりました。

 

世界的にも有名なアメリカの名門大学がまさに一同に会しての説明会になりました。参加した生徒、保護者の熱心な質問に個別会場は熱気に包まれていました。 

 

例えば、MIT。卒業生により設立され、現存する企業は、30,000社。460万人の雇用。年間売上、1.9兆ドル(約192兆円)、世界で10番目の国と同等の経済規模というお話に、力が沸いてきます。

本校でも、グローバル・クラスの開設以来、海外大学への関心が大いに高まっています。ある大学のパネリストの方の「アメリカの大学では、どれだけカラフルな高校時代を過ごしたか、それを評価します」と。また、「コミュニケーション能力とは、周りを巻き込むリーダーシップのことです」と。こうした大学の卒業生に大きな刺激を受けて、気持ちも新たにした生徒も多かったようです。

.

大妻中野合唱部よりお知らせです。

 

高校合唱部が、NHK総合『うたコン』に出演することになりました。

 

生放送の番組ですので、詳細な出演時間等をお知らせできませんが、

もし、お時間が許すようでしたらご覧くださいますと幸いです。

 

『うたコン』放映予定日・時間を以下に記します。

NHK総合 

4月4日(火) 19:30~20:43(予定)

↓番組情報はこちら

うたコン

Here comes a very moving and interesting report from New Zealand.  Naoka Yoshizawa shares with you all her very emotional and exciting time for her to spend with many local and international people including her friends from Japan. 

 

Hello. This is Naoka Yoshizawa. How have you been?  The weather is getting to be the one for Autumn and summer is already gone in New Plymouth.  This summer was not nice as much as I expected because of the weather.  As the end of this studying abroad program is coming as well, I can’t believe that I have already spent 11 months in New Zealand.  I should prepare for going back to Japan. I would like to share my busy last week and this week with you all.

 

On Tuesday last week, Ayaka, who was studying abroad with me in Term 2, and her sister visited us!!! It was amazing to see them again in New Plymouth. They stayed for 4 days in New Zealand. On Tuesday night, we had dinner at Teffrey’s house with Haruka and Shoka. We ate Nachos and it was great!  On Thursday, they went to town with NPGHS’ students and me!  We went to Centre City for shopping and got some Gelato.  On Friday, we had farewell dinner for them with some international students in NPGHS at the restaurant in town. We didn’t have enough time to spend time with them because they had flight at night on Friday. It was great opportunity to see each other for international girls in NPGHS and Ayaka. And I guess it was good that her sister experienced a lot of things even though it was short time. Hopefully I am sure that they enjoyed their time with friends in New Plymouth.

 

From Friday to Sunday last week, we had a big event in New Plymouth called WOMAD. It means “World Music, Art and Dance festival. There were a lot of groups of singers and dancers from New Zealand and other countries performing on the stage and there were a lot of various countries foods as well!!  I have been there because everyone told me to go and it will be good memory for me. The ticket was a little bit expensive but it was good. There is no event which is like WOMAD in Japan, so it was a quite new thing for me.

 

On Thursday this week, we had country walking at the lunch time. It was the event for international students in NPGHS to show their own cultures to all of the school.  We were wearing Yukata and had the national flag walking around the school.  A lot of students in school were interested in us because it looks very different from European culture. In NPGHS, there are many international students from a lot of countries and we are usually sharing our own cultures and how different they are, such as school lunch time and daily routines at the intervals or lunch time.  It is good for us that the school accept a lot of international students because we can learn not only that one country culture but also the other countries’ cultures sharing some of our experience about studying overseas.

 

I have 2 more weeks left to stay here. I just want to spend time actively as much as I can and spend time with friends and host family. I also must be ready for going back to Japan and changing my life style. I think this studying abroad will be my biggest and the most wonderful choice and experience for me. I’m thankful to all people who support me and take care of me and give me this opportunity. Especially for the teachers in Otsuma and NPGHS, my best friends and my family.

 

Thank you for reading. See you next time!

ニュープリマスでは夏が過ぎ去り、秋が来ています。今年の夏は私が考えていたよりも天気が良くなかったため、あまりよくありませんでした。そして、この留学も終わりに近づいています。私は、11か月もニュージーランドで過ごしているということが、信じられません。私は、日本に帰る準備しなければなりません。それでは、活気のある私の先週と今週の生活をシェアしたいと思います。

 

先週の火曜日にターム2で一緒に留学していた、岡田あやかさんと、妹がニュープリマスに遊びに来ました!ニュープリマスでまた会えたことはとても素晴らしかったです。二人は、4日間ニュージーランドに滞在していました。火曜日の夜にテフリーの家ではるかとしょうかと一緒に夕食を食べました。私たちは、ナチョスを食べました。とても美味しかったです。木曜日には、NPGHSの生徒と私でタウンに行きました。センターシティーで買い物をして、ジェラートを食べました。金曜日には、何人かのNPGHSのインターナショナルスチューデントと一緒にタウンにあるレストランでフェアウェルディナーを食べました。二人のフライト時間が金曜日の夜だったので、一緒に過ごすことができる時間が十分でなかったので残念です。NPGHSのインターナショナルスチューデントの生徒とあやかと会えたことは、とてもいい機会でした。とても短い時間だったけれど、あやかの妹はたくさんのことを経験できたと思います。二人がニュープリマスでの時間を楽しんだと願っています。

 

金曜日から先週の日曜日まで、ニュープリマスではWOMADと呼ばれる大きなイベントがありました。WOMADとは「世界のミュージック・芸術・ダンスの祭典」という意味です。ニュージーランドやほかの国からの歌手やダンサーたちがステージでパフォーマンスしていました。また、たくさんの国のご飯もありました。みんなが私にそのイベントに行くように言ったので、私はそのイベントに行ったのですが、そのイベントは私にとって良い思い出になりました。チケットは少し高かったのですが、イベントは良かったです。WOMADのようなイベントは日本にないので、私にとって新鮮でした。

 

今週の木曜日には、お昼ごはんの時間に、カントリーウォーキングがありました。このイベントはインターナショナルスチューデントがそれぞれの国を学校へ見せるというイベントでした。私たちは、浴衣や国旗を持って、学校の周りを歩きました。ヨーロッパの文化からの違いによって、学校ではたくさんの生徒が興味を持っていました。NPGHSではたくさんのたくさんの国から来ているインターナショナルスチューデントがいて、それぞれの国の文化(たとえば、ランチタイムや1日のルーティンの違いなど)をインターバルの時間やランチタイムの時間にいつもシェアしています。学校がたくさんのインターナショナルスチューデントを受け入れているのは、私たちにとって、とてもいいことです。なぜなら、私たちはほかの国の文化をシェアできるだけでなく、ほかの国の文化を私たちが海外で経験してきたことをシェアすることができるからです。

 

私は、ニュープリマスを飛び立つまであと2週間しかありません。私は、友達やホストファミリーとできるだけ多くの時間を積極的に過ごしたいです。また、日本に帰る準備をすることと、生活スタイルを変えなければなりません。この留学は私にとって、最も大きく、最も素晴らしい選択・経験となると思います。私を支え、私に関わって下さったすべての方々、またこのような素晴らしい機会を下さったことに感謝いたします。特に大妻中野の先生方、NPGHSの先生方、友達、家族には感謝しています。

レポートを読んで下さり、ありがとうございます。では、次のレポートも楽しみにしていてくださいね!

Now we have received the updated report from Australia, which shows us how amazing her staying and studying there as an exchange students have been.   It would our great pleasure to share her report by Kyoka Maeda in Cairns, Australia.

 

Hello! This is Kyoka Maeda from Cairns in Australia!

 

I feel that I want to stay here longer as time goes by. My life here is enjoyable so much, and I am living a full life.  Although it has become my last report, I am happy if you enjoy it!

 

Last Saturday, my host family took me to the creek. The creek was colder than the water in the pool, and it took me time to get used to it, but I felt great since it was a very hot that day. At the creek, there was a hand swing, easily installed to the tree. We enjoyed playing with it.

 

Also, I went to the movie night which was held at school during night. The movie was shown on the big screen in the gymnasium. I went there with my host sister and her friend. Everyone brought in cushions. We brought in a big bean bag. There were people who brought in beddings, and I was surprised.  They sold ice cream, pop corns and soft drinks and it was very comfortable. The movie was very interesting and it was a great time.

 

At school, we did calligraphy during Japanese class. I wrote some models with Ayaka, who came to Australia together, such as 「希」(wish),「夢」(dream),「幸」(happiness),「友」(friend),「愛」(love) and「笑」(smile) and everyone wrote their favorite ones. When we asked them if they have a Chinese character they want to write, one of them said 「餅」(rice cake), which was kind of unique. There were some words they did not know if its word has a Chinese character for it or not, so it was fun to introduce how each Chinese character is structured and the meaning of it. 

 

Not only calligraphy, but we also made a presentation in English. I usually have some chances to make a presentation in front of Japanese people, but I hadn’t had chances to do it in front of people who use English as their mother language, so I was a bit nervous. I spoke about the disastrous earthquake of East Japan and nuclear power generation. There are only few earthquakes and there are no nuclear power plants in Australia, so I think it was not a familiar topic for them.  However, everyone listened to me empathically, so I was glad.

 

Also, during a period, which is similar to Home Room period in Japan, we celebrated the students’ birthdays during term 1.  We brought some cakes and snacks and had them. I had a chance eating authentic lamingtons there, which was delicious. It was my first time to have it. I brought some wasanbon sugar sweets which I brought from Japan. It was gone immediately, and everyone said that it was good. I was happy to share the Japanese taste, and I felt pleasant. 

 

I have been staying here since the end of January, and I learned a lot of things during this two months. The most surprising thing here was that some places does not have street lights. But

many rear reflectors are embedded in the road, and it is light enough because of it. Rear reflectors are also used for road signals. When it is not cloudy, the stars are very beautiful, and I tend to look at the stars when I get out at night. Unfortunately, most of the days here were cloudy, and only had the chance to see them few times, but I felt more special because of that. 

 

It was raining almost every day, since I came here. It was raining while moving to other class rooms, so I got very wet.  At first, I didn’t like getting wet. We usually use umbrellas even if it rains a little in Japan, but I think people enjoys getting wet here.  As time goes by, I got used to it and I rode bikes, and swam in the rain which was pretty good. 

 

The school area is very big compared to tall Japanese schools, and it takes a long time to move to other class rooms.  Even though it is very far to the bus stop from our class room, the departure time is early, so we always run. At first, I was surprised at the time table which

has no recess between every period, but I became used to it right away, and now it is natural for me.

 

Also, I noticed that a lot of Japanese things are used in foreign countries. It was my first time to see Japanese cars abroad, so I was surprised to see them used here. Another thing which surprised me was how popular pokemon is. My host brother, who is five years old, loves pokemon, and he often watches it on television. He asked me, “How do you say Pikachu in Japanese?” on the other day, and everyone in our host family laughed.  In school, there are a lot of Japanese comic books translated in English, and I was surprised when I saw it for the first time. I was happy to see things from my country being penetrated in foreign countries for real.

 

I have been here for two months, which is a short time, but I was able to meet many wonderful people such as teachers who teach us funny lessons, friends who are enjoyable and always nice, and my lively and bright host family who always helps me when I have trouble, and always gives me energy. Many teachers and my family helped me before coming here. A lot of people helped me during this two months.  I am full of thanks to everyone. This

was my first time to visit Cairns, but now it is one of my most favorite places. I wish I can visit here again.

 

Finally, I would like to make use of this valuable experience in the future. I only have one week left, but I would like to enjoy the rest of my stay!  Thank you for reading my report!  See you!

オーストラリアのケアンズに滞在中の前田響佳です!

 

月日が経つにつれ、まだここにいたいという気持ちが強くなっている毎日です。それだけここでの生活が楽しく、毎日が充実しているのだと思います。最後のレポートとなってしまいましたが、楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

先週の土曜日、私のホストファミリーが川に連れて行ってくれました。その川はプールの水よりも冷たく、慣れるまで時間がかかりましたが、その日はとても暑かったので気持ち良かったです。川には木に取り付けられただけの簡単なハンドスイングがありました。それを使って遊び、とても楽しかったです。

 

また、学校で夜間に行われているムービーナイトに行ってきました。体育館の大きなモニターに映画が映しだされます。ホストシスターと彼女の友達と私の三人で観に行きました。みんなクッションなどを持ち込みます。私たちは大きなビーンバッグを持ち込みました。中には布団なんかを持ち込んでいる人もいました。そこではアイスやポップコーン、ソフトドリンク等が売っていて、とても快適でした。映画もとても面白く、とても充実した時間でした。

 

学校では、日本語の授業で書道をみんなでやりました。「希」「夢」「幸」「友」「愛」「笑」など色々なお手本を一緒にオーストラリアに滞在中の小林さんと一緒に書き、みんなにも書いてもらいました。みんなに書いてほしい字はあるかと訊いたところ、「餅」という珍しい字も出てきました。中には彼らがその言葉に漢字があるとは知らない字などもあり、どのような意味をもつ漢字でその言葉が構成されているのかを紹介するのも楽しかったです。

 

書道だけではなく、英語でプレゼンテーションをしました。普段日本人にプレゼンテーションをする機会はよくあるのですが、普段普通に英語を使っている人たちの前で話すのはあまりないのでとても緊張しました。私は東日本大震災と原発の問題の話をしました。オーストラリアには原子力発電所がないので、あまり馴染みのある話ではなかったのではないかと思います。また、オーストラリアは地震も少ないので、東日本大震災の話も同じようだったと思います。みんな親身になって聴いてくれたので嬉しかったです。

 

また、日本でのホームルームのような時間には一学期中に誕生日があった人たちをお祝いしました。みんなでケーキやお菓子などを持ち寄って食べました。そこでは本場のラミントンを食べることが出来ました。ラミントンを食べるのは初めてで、とても美味しかったです。私は日本から持ってきた和三盆糖のお菓子を持ち寄りました。一瞬で箱が空っぽになり、みんな美味しいと言っていました。みんなと日本のお菓子の味を共有することができてとても嬉しかったです。

 

一月の末からここに滞在して、この二か月で沢山のことを学びました。 ここに来てまず一番に驚いたのは、一部の道路に街灯がないことです。街灯がないからと言って真っ暗なわけではありません。道路には沢山の反射板が埋め込まれていて、それだけで十分明るくなります。道路に埋め込まれているだけでなく、標識なども同じように光っています。曇っていないときは星がとても綺麗で、夜外に出るとついつい空を見上げてしまいます。残念なことに曇っていることが多く、何度かしか綺麗な星空は見えませんでしたが、その分特別感を感じました。

 

ここにきて最初の一か月はほぼ毎日雨が降っていました。学校でも教室間の移動の時はいつも雨が降っていてビショビショになりました。最初は雨に濡れることに対して抵抗がありました。日本では少し雨が降ると当たり前のように傘をさしていますが、ここの人は雨に濡れることに抵抗がなさそうです。時が経つにつれて私も雨に濡れることに少し抵抗がなくなり、雨の中、自転車で外に出たり、プールに入ったりします。それはとても気持良いです。

 

縦に大きい日本の学校とは違って校舎はとても広く、教室間の移動には時間がかかります。学校からバスで帰るときは教室からバス停までがとても遠いにもかかわらず、発車時刻が早いのでいつも走っています。休み時間のない時間割も最初は驚きましたがすぐに慣れ、今ではそれが当たり前のように感じます。

 

また、日本のものが海外でも沢山使われているということをここにきて実感しました。海外で日本車が走っているのを見るのは初めてで、ここで使われていることに驚きました。他にもポケモンがここでもとても人気だということも知りました。私の五歳のホストブラザーもポケモンが大好きで、テレビでよく見ています。先日彼に「日本語でピカチュウって何て言うの?」と訊かれ、ホストファミリー全員で笑いました。学校の図書室には英訳された日本の漫画が沢山置いてあり、初めて見たときは驚きました。実際に自分の国のものがこうやって海外にも浸透していることを見ることが出来てとても嬉しかったです。

 

二か月という短い時間ではありましたが沢山の素敵な人と出会うことが出来ました。毎日面白い授業をしてくれる先生、一緒にいて楽しくいつも優しくしてくれる友達、そして困った時にはいつも助けてくれて、いつも私に元気をくれる明るくにぎやかなホストファミリー。出発前には沢山の先生方や家族などに支えてもらいました。本当に沢山の人たちに助けてもらった二か月間だったと思います。皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。ケアンズは今まで一度も尋ねたことのない場所でしたが、今では大好きな場所の一つです。いつかもう一度ケアンズに来られたらいいなと思っています。

 

最後になりましたが、この貴重な体験で得られたものを今後の自分に活かしていけたらいいなと思います。残り一週間となってしまいましたが残された時間を楽しみ抜きたいと思います。私のレポートを読んで下さってありがとうございました!さようなら!

 

竹に節目がなくては、ズンベラボーでとりとめがなくて、風雪に耐える

あの強さも生まれてこないであろう。

竹にはやはり、節がいるのである。

同様に、流れる年月にも、やはり節がいる。(中略)

常日頃考えられないことも考えてみたい。

 

中学校の卒業式、学年主任から保護者のみなさまへに向けたご挨拶のはじめに、「自身の卒業式」

というエピソードが語られました。

子どもの卒業式として親御さんがとりわけ強く記憶に残しているのは、「幼児」の枠を越えていく

保育園・幼稚園の卒園式。そして、義務教育が終わる中学校の卒業式なのだと。

子どもの人生において、大きな「節目」となる卒業のときは、どうしたって強く印象的な記憶として

残るものなのでしょう。

 

冒頭に挙げたのは、松下幸之助さんの言葉です。

ズンベラボーでとりとめのない毎日を過ごすとしたら、身体の成長はさておき、心を成長させることが

果たして可能でしょうか。ある節目を迎えた、という喜びが心の中に新たな意欲や責任感、目標を

見出させ、次の節目に向かわせる。節目を迎えるからこそ抱く感慨が、感謝の情や反省の念を生み

人としての幅を広げてくれる。強くしなやかに生きていくために、私たちは節目を設けるのかもしれません。

 

中高一貫校において、中学の卒業式が担う「節目」の役割は案外軽いように思われます。

でも、ここで義務教育が終わり、追究すべき学びがますます深いものになること。

中高生活が折り返し地点を迎え、先輩に面倒を見てもらう立場から後輩の面倒を見る立場に変わること。

それを思えば、この「節目」、思った以上に大きな存在だと分かります。

 

「節目」の大きさを実感するためでしょうか。今日で着慣れたセーラー服とはお別れ。

4月から卒業生たちは、グッと大人の雰囲気に近づくブレザー姿で登校することになります。

慣れないネクタイを着けるとき、「節目」の大きさを、今度は新入生として再び感じることでしょう。

 

 

 

 

It is our great pleasure to share the following report from New Zealand, which is done by Haruka Hirata, an exchange student to New Plymouth Girls High School.  She also introduces her great life there in New Zealand.

 

Hello everyone!!!  This is Haruka Hirata.  It has already gone half of my days of staying here, so my kiwi life is rushing into the final stage.  I think I can make more some efforts until I go back to Japan.   I'll try these things during the rest of my kiwi life!  I would like to introduce my current kiwi life to you!!!!

 

This Monday was called Taranaki anniversary day, so I didn't have classes.  I went to Mokau with my host family!  It was quite beautiful sunny day, so I could see a lot of beautiful views!! 

 

This Tuesday, my friend who came here as an exchange student last year and her sister came to New Plymouth.  Her young sister belongs to the same club as me in Otsuma Nakano.  So, I knew these guys before we met them here.  I didn't meet for only about 2 months, but when I met them I was also impressed about it.  And we had a dinner with them Tuesday and Friday. They joined Girls High School one day too.  I was so glad because I could talk after long time.  On Friday, we had dinner with some international students as well.  We didn't have enough time, so we had a busy dinner but we could enjoy the time with them.  Afterwards, they went to the airport, but unfortunately Shoka and I couldn't go.  We really wanted to go to there as well but we didn't have the ways which goes to the airport.  So I'm looking forward to seeing them in Japan.

 

There was an event which called WOMAD from Friday to Sunday.  It is very famous event around New Zealand, so many people joined this event.  Unfortunately, I couldn't join….  I think it was so good opportunity because every kiwi friend of mine said "it is so good event, so you should go there!" So, I really wanted to go there so I will try another year. 

 

I had a birthday party for my host sister this Saturday.  Her birthday was Thursday, so we had celebrated her birthday only with my host family on that day as well.  She turned 1 year old on that day.  There is a custom which people celebrates greatly in grand style for first birthday in New Zealand.  And my host family made the video for her so we watched it too.   At first, I heard about she is shy, so I was worrying about whether she may get emotional with me or not.  Actually, I couldn't play with her a lot at first.  But now when I come back from school, she always waves her hands, so I'm glad because I can become familiar with her.  And she can stand by herself now, so I hope that I can watch her walking until I go back to Japan.  And I have a host brother who is 2 years old as well.  Their growth is so fast, so I'm very glad that I can see their growth even if it is short time. 

 

Afterwards, I went to the park with my host mother's parents and my host brother near my house.  They live in Auckland but there was a party this weekend, so they came to New Plymouth.  I already met them about 5 times so I wasn't nervous when I talked with them. 

 

On Sunday, I went to the walkway to walk with my host family and host mother's parents.  On the way, my host mother's parents went back to Auckland.  When I say goodbye to them, I was crying…. because I can't see them in New Zealand during my days of studying abroad.  Even if they are not my host family, they always kind to me, so to say goodbye is so hard thing for me.  Actually, I have only more few weeks, so I can understand why I can't.   I don't want to believe this thing because they always kind to me, and I like to talk with them.  But they sometimes visit to Japan, so when they come to Japan, I want to see them definitely!!!

 

We have only about 4 weeks until we go back to Japan.  It's so sad for me because I like New Plymouth and all of people who I met here and I really think I want to stay here more….  That's why I think I should treasure the rest of my kiwi life!!!  And I want to do something which I can do only here!

 

Thank you for reading my report!!!  See you next time!

皆さんこんにちは!平田晴佳です!すでに私の留学生活は半分を過ぎ、終盤を迎えています。残り少ないですが、まだまだ沢山の努力をすることはできると思うので残りはそれに挑戦していきたいと思います!それでは、私のkiwiの生活を皆さんに紹介したいと思います!!

 

今週の月曜日はTaranaki anniversary dayと呼ばれる休日だったので学校がなく、私はホストとファミリーとMokauというところに行きました。その日はとても天気の良い日だったので、沢山の綺麗な景色を見ることができました。

 

火曜日には、去年のTerm2に同じく留学として来ていた友達とその子の妹がNew Plymouthに遊びに来てくれました!その子の妹は、大妻中野で同じ部活の後輩なのでNew Plymouthで会う前から2人とは知り合いでした。たった2ヶ月会っていなかっただけであっても、2カ月ぶりの再会というのはとても感動することでした。そして、火曜日と金曜日には一緒にディナーを食べました!Girls highの授業にも1日参加していました!久しぶりに話が出来たのでとても嬉しかったです!金曜日のディナーは、一部のinternationalの生徒達も一緒に行きました。十分な時間が無かったので忙しいディナーとなってしまいましたが、沢山楽しむことができたのでよかったです!その後皆空港に見送りに行っていたのですが、しょうかと私は残念ながら行くことができませんでした。私たちも同じように行きたかったのですが、空港まで行く方法が無かったので行けませんでした…。日本に帰った時に会うのを楽しみにしています!

 

金曜日から日曜日まで、WOMADと呼ばれるイベントがNew Plymouthでありました!これは、New Zealandでとても有名なイベントなので沢山の人が参加します。残念ながら私は参加することができませんでした…。私のkiwiの友達皆が私に「このイベント本当に良いから行くべきだよ!」と言ってくれたのでとても良い機会だったと思います。とても行きたかったので違う年に絶対にチャレンジしたいと思います!

 

そして土曜日には私のホストシスターのbirthday partyがありました!彼女の誕生日は木曜日だったので、木曜日には家族の間で誕生日を祝いました。彼女はやっと1歳になりました!New Zealandでは1歳の誕生日を盛大に祝うという習慣があるという事を聞き、日本との違いも知れて良かったです。私のホストファミリーは子供の誕生日の時に毎回ビデオを作っているらしく、パーティーの時に皆で見ました!

 

最初、ホストマザーにこの子はシャイだからと言われた時、ホストシスターが懐いてくれるかどうか心配でした。実際、最初はあまり沢山遊ぶことは出来ませんでした…。しかし、今は私が学校から帰って来たら毎回笑顔で手を振ってくれます!!馴染むことができてとても嬉しいです!そして彼女は今、少しですが自分自身で立つことができるようになっています!私が日本に帰るまでに彼女が歩けるようになるといいなと望んでいます(笑)ちなみに、2歳の男の子もいます!子供達の成長はとても早く、たとえ3ヶ月であっても子供達の成長を間近で見れることがとても嬉しいです!

 

その後、私はホストマザーの両親とホストブラザーと家の近くの公園に行きました。ホストマザーの両親は、オークランドに住んでいるのですがbirthday partyがあったのでNew Plymouthに訪れていました。すでに5回ほど会ったことがあったので話す時に緊張することなく話すことが出来ました!

 

そして、日曜日にはホストファミリーとホストマザーの両親とwalkwayというところに歩きに行きました!途中で、ホストマザーの両親がオークランドに帰ってしまいました。goodbyeと言った時には悲しくて泣きそうになってしまいました… 私がNew Plymouthに留学している間に彼らに会うことはもうできないからです。たとえ私のホストファミリーでは無かったとしても、彼らは常に私に優しく接してくれたのでgoodbyeと言うことは決して簡単ではありませんでした。実際、私はあと数週間しかここにいれないのでなぜかは理解できますが信じたくありませんでした。常に優しかったので私は彼らと話すことがとても好きでした。しかし、彼らは時々日本に来ているということなので次に日本に来てくれた時には絶対に会うと約束しました!

 

私達が日本に戻るまであと4週間程しかありません。私はNew Plymouthという所、そしてここで出会った全ての人のことが好きなのでとても悲しいです。だからこそ、残りのkiwi生活を大切にしたいと思います!そして、ここでしか出来ないことにも挑戦していきたいです!

 

レポートを読んでくださりありがとうございました!また次回お会いしましょう!!

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.