In the afternoon yesterday, students joined a dance exercise class.  They enjoyed Zumba and it was the first time to do that for every student.  Since the arrival most of them had had no chance to move their bodies so they seemed to be able to let their stress out by dancing.

Today the weather condition is not good again, and it has been raining.  They have no special event or program in the morning.  In the afternoon they will try some kind of traditional craft of this area.

 

今日もケアンズは雨が降ったり止んだりです。

雨の合間には時折陽射しも顔を出しますが、

SACCが位置するRedlynch valleyにおいては、陽射しが出た数分後に土砂降りの雨が降る、

といったことも珍しくなく、いずれにせよ油断できない天候です。

週末は晴れになるようなので、それまでは雌伏の時といったところでしょうか。

 

昨日の午後の授業は体育の授業、

本校生徒たちは全員参加でダンスエクササイズのZumbaを行いました。

外部からいらっしゃった講師の方の動きを真似て音楽に合わせて踊るのですが、

特筆すべきは曲と曲の間のインターバルがほとんどなく、

ひたすら流れ続ける曲に合わせて休みなく踊り続ける点です。

ここがこのエクササイズの過激なところであり、面白いところでもあります。

 

 

時にコミカルな振り付けに笑い声をあげたりもしつつ、笑顔を浮かべながら真剣に生徒たちは取り組みました。

語学留学であり文化交流である本プログラムにおいて、

ここまで多くの生徒たちは体というより頭や感性を使って過ごしてきたはずですが、

このタイミングで「とにかく体を動かす」ことにフォーカスしたアクティビティに取り組んで、

気分転換やストレス発散ができたはずです。

この授業が終わった後の生徒たちは皆一様に晴れ晴れとした表情で、

一回り大きな声を出せるようになっていたように思います。

やはり大切なのはバランスですね。

 

今日の生徒たちは午前中は通常通り、バディとの授業参加が続きます。

特別なアクティビティも大切ですが、プログラムの根幹はこうしたバディと過ごす時間にあります。

授業や休み時間、寄り添って過ごす中で様々なものを生徒は得られます。

 

 

今日も午後は特別プログラム。

Indigenous craftと題して、現地の工芸を体験する授業に全員参加します。

 

2017/7/24 快晴 最高気温23℃
 
I studied English in ESL class.
I played Photo Scavenger Hunt in UBC this afternoon.We solved question using hint.It was difficult.
After Photo Scavenger Hunt, We presentated.
M.I.(ESL course)
We learned about Nikkei history (Can maker factory, Garry point park, etc).
In french class, we learned more deeply about Canada, such as the places and the national anthem. 
M.T.(FSL course)
 
【What's ESL and FSL ?】
説明が遅くなりましたが、今回のカナダ・セミナーはESLコースとFSLコースに分かれています。
どちらも少人数の学習、見学、アクティビティを行うことは同じですが、
ESLコースは「英語の学習」および「英語の活用」
FSLコースは「英語を用いたフランス語の学習」および「両言語の活用」
を目的としています。
基本的に午前中はグループに分かれた学習を行っており、今日のテーマは「カナダについて」でした。
 
 
 
【ESL Course】
ESLコースの午後のアクティビティは"Photo Scavenger Hunt"。
UBC構内にまつわる8つのProjectが与えられ、その解答を写真に記録するというものです。
 
▼Project 1 ”Echo Ciecle”の中心に全員で立って撮影せよ
中央に立って声を出すとエコーがかかって聞こえる不思議なオブジェでした。
 
▼Project 2 ”Flag Pole”に全員(バディも含む)がタッチして撮影せよ。その際、誰かに撮影を依頼すること
見晴らしの良い高台にあるカナダ国旗のことでした。今日は掛け値なしに美しい快晴で、フラグも輝いていました。
 
▼Project 3 ”Be Canadian” "Rose Garden"の芝生で寝転がり、上から撮影せよ
ローズガーデンは高台の下にある、海の見える庭園でした。真っ青な空の下、芝生に寝転がって高台の上から撮影していました。
 
▼Project 4 ”Water Fountain”でジャンプ写真を撮影せよ。全員の足が地面からはなれていなければならない。
噴水の縁石からみんなでジャンプしていました。
 
▼Project 5 漢字が書かれた”5 stones”を探し、その漢字に最も近いメンバーをそれぞれ横において撮影せよ 
アジアンセンターのそばにある、孔子の思想「仁義礼智信」の文字がそれぞれ書かれた5つの碑石のことでした。
 
▼Project 6 青くて黄色いくちばしの”UBC Mascot”と一緒に撮影せよ
UBCのマスコットはサンダーバードという鳥です。構内のお土産屋さんには、サンダーバードのグッズもたくさんあります。
 
▼Project 7 ”Koernor Library”の前で、この建物の特性をハンドサインで表し撮影せよ
コーナーライブラリーはガラス張りの図書館ですので、みんな本を読んでいるジェスチャーをしていました。
※これはハンドサインではありません。正解は明日。
 
▼Project 8 ”any popular Japanese pose”をバディに教えて一緒に撮影せよ。ただし、ピースサインを除く。
「シェー」「TTポーズ」「変顔」「マカンコウサッポウ(魔貫光殺砲)」などいろいろ出てきましたが、教員はついてゆけず……でした。
※これはマカンコウサッポウです。
 
【FSL Course】
今日はリッチモンド市にあるスティーブストンに行って来ました。ここはかつて鮭の缶詰め加工業で栄え、日本人移民が多く住み、現在も日系カナダ人が多く住んでいる所です。最初に見学したのは日本人移民の名前が学校名になったトミキチホンマ小学校です。校章はホンマ家の家紋だそうで、4つの校訓
seeking, harmony, respecting, diversity
を大切にしているそうです。
ちなみに、フランス語でのイマージョン教育を行っている珍しい学校です。
 
 
次に訪れたのはジョージア湾缶詰工場です。隣接する博物館も見学しました。この地域で捕れる鮭の種類は何種類もあるそうで、それぞれ剥製もあり大きさや特徴も分かりやすく展示されていました。ちなみに、紅鮭は身が赤いだけでなく、産卵の際に鮭自体も赤くなるので紅鮭というそうです。
 
鮭を水揚げした後、加工して缶詰めにするまではこのような手順になってます。
そして興味深かったのは、加工作業しているもの同士で鮭の種類を識別するためのサインです。
※クリックして拡大すると「リアルな手の模型」の下にサインのリストがあります
 
最後に浄土真宗のお寺の前で写真を取りました。
 
明日は、ESLは授業の後、リン・キャニオンへ遠足、FSLは授業の後、”Immigration Service”についてのフィールドワークを行います。
 

It is cloudy and sometimes rainy today.  Today is the day of the Catholic Education Week mass.  The whole campus has been extremely special since this morning, and many guest students and guest teachers are continuously coming here.  Timetable is also special.  For the half of the morning they join the mass.  In the afternoon they will enjoy an excercise, Zumba.

 

今日はプログラム4日目にして初めて雨が降っています。曇り時々雨の天候。

SACCがあるRedlynch Valleyは1000メートル弱の山々にほど近い場所に位置しており、

そもそも天候が不安定なケアンズの中でもさらに変わりやすい気候が特徴ですが、

これまでは晴天続きでした。

 

昨日まで書いてきた通り、本日はCatholic Education Weekの集会がある日です。

Queenslandの様々な学校から生徒たちが集まり、

それぞれが教育理念の根幹としているcatholic educational spiritを確認するための一週間がこの"Week"であり、

この集会はそのハイライトとして各校の代表生徒とホスト校の生徒たちが一堂に会します。

 

 

朝から構内のそこかしこに外部の人々を迎え入れる構えが見られましたが、

その一つとして、生徒による美術作品が展示してありました。

これは直接的にCatholic Educationと繋がるものではありませんが(もちろん根本では繋がっているはずです)、

こうしたタイミングで自校の教育成果をプレゼンするのは日本同様ですね。

 

 

集会は生徒や外部の方々のスピーチの合間に、聖書の朗読、そしてコーラスなどで構成されまています。

聖書の朗読の合間に合いの手のように全員で声を上げる部分がありますが、

その他は我々にとっても見慣れた「集会」です。

ただそもそも宗教教育に関わるイベントであるという点が我々にとってはあまり馴染みがないポイントです。

 

 

何が行われていてどんな意味があるのか、

本校の生徒たちが100%理解するのは難しかったでしょうが、

それでも様々な意味で刺激的な体験だったはずです。

他国の文化を知る、という意味で生徒たちは非常に貴重な機会に恵まれました。

 

午後にはダンスエクササイズとして日本でも有名なZumbaを体験します。

外部から講師を招いて行われる本格的なレッスンになるということで、

生徒たちは非常に楽しみにしていますが、

その様子についてはまた明日。

 

 

2017/7/24 晴れ 最高気温21℃

 

I studied French. It's difficult, so, I need more practice.

I danced and sang! It was exciting!

M.I. (FSL course)

 

【ESL Course】

ホームステイは本日の朝で終了。それぞれの家で朝食をとった後、

集合場所に来てお別れをしました。

 

 

別れを惜しむ姿、温かく見守ってくれるホストファミリー、

それぞれの姿が今回のホームステイの充実度を表していることと思います。

 

UBCに向かうバスの中では、それぞれのホームステイ体験で話が盛り上がっていました。

今回の日記で、

「日を追うごとに言っていることがわかってきたが、

その分自分の言いたいことが伝えられなくて悔しかった」

という言葉がありました。

今回の経験をきっかけに更にスキルを磨き、成長した自分を見せられるといいですね。

 

UBCに戻ってからは、ホームステイの振り返りなどをBuddyと行っていました。

その後、Evening Activityに向けて歌の練習をしました。

 

【FSL Course】

今日のFSLコースは、金曜日の続き。

”Sustainability tour”の最後を飾るのはCentre for Interactive Research on Sustainabilityという、それ全体がUBCのエコ活動の中核を担っているともいえる建物です。

この建物もほとんど木でできているようですが、中の床材や椅子にはリサイクルタイヤやプラスティックが用いられているそうです。

 

 

 

全面ガラス張りの外装や、南面のガラスを覆うように作られた緑のカーテン、屋根の上に植えられた草木は、冷暖房にかかるエネルギーを削減します。ガラス壁から太陽光が差すだけで、室内は明るく温かく、また、緑のカーテンによって暑くなりすぎないように工夫されています。また、”Raincouver”と呼ばれるほど実は雨が多いバンクーバーですので、地下に作られた貯水池に雨水をため、浄化して館内で使用する水を作ったり、またそれらの排水を植物に与える水にしたりと循環させているそうです。

 

 

【Evening Activity】

今日のEvening Activityは"Sing and Dance"です。

Vancouver Gleeのメンバーが来てくださり、まずは今回の課題曲である"FIREWORK"を披露してくださいました。

この曲はKaty Perryが2010年に発表したシングルで、アメリカの総合シングルチャートBillboad Hot 100、カナダ、ニュージーランドでも1位を獲得しています。

花火のように自分を解放させることをテーマに歌ったポップスです。

歌詞の中に、”7月4日の花火のように輝け”とありますが、この7月4日はアメリカ合衆国の独立記念日。その日の花火のように、という意味です。

今回は、この7月4日をあえてカナダの建国記念日(1867年にイギリスから独立)である7月1日と言い換えて歌いました。今年はカナダ建国150周年の記念すべき年です。

小さなことですが、このような形でお祝いができ、素敵な夜になりました。

その後、メンバーの指導のもと、生徒全員で歌とダンスを覚え、精一杯取り組んでいました。

その後はDance Time!

全員がフロア中でフリーダンスを披露していました。

大胆に踊る生徒も、恥ずかしげな生徒もおりましたが、こうしてバディとの楽しいアクティビティは終了しました。

 

明日は、ESLは”Photo Scavenger Hunt”とそのプレゼンテーション、FSLは”Nikkei History in Steveston”とそのまとめです。

SACC campus is filled with the unusual atmosphere today, the day just before the Catholic Education Week mass.  Many students from schools around Cairns are gathering and practicing for the mass.  On the other hand, our students spend their time with their own buddies all day.  They are now building a good relationship with buddies.

 

登校2日目。

生徒たちは朝集合した後それぞれのバディにpick upされて授業に向かいますが、

まだその仕組みに慣れていない様子です。

ただ昨日一日を経て少しずつバディとの関係性は出来つつある様子で、

歩いてそれぞれの教室に向かいながら、ぎこちないながらも会話を楽しんでいます。

現地の授業に実際に参加すると、授業以前にわからないことはたくさん出てきます。

そういった全てのことが会話の種になり、

またそうした緊張状態でのコミュニケーションがあるからこそ、

一日に二度あるbreak timeでのリラックスした会話の土壌が出来上がります。

 

 

昨日お伝えした通り、今週はCatholic Education Weekという特別な一週間。

とりわけQueensland州においてSACCがそのスタートを切る会場校であるということで、

構内は一種異様な雰囲気に満ちています。

明日はケアンズ近郊の学校の生徒たちを招いて合同集会が開かれます。

これがこの一週間の中でも中心的なイベントになるようで、

今日は朝から明日のためのリハーサルが行われています。

丸一日かけてリハーサルを行うらしく、

常に他校の生徒たちが構内を闊歩しています。

 

 

明日はmass本番です。

SACCにとって初めてのイベントはもちろん本校のこの10年間の留学の中でも初めてのこと。

幸運な18名の生徒たちはどんな体験をするのでしょうか。

2017/7/23 晴れ 最高気温22℃

 

—-

We went to the torch stand of Canada. It was made of glass and it was very beautiful. We got on a ferryboat and we ate lunch. Finally we bought souvenirs.

N.S. (FSL course)

—-

 

【FSL Course】

本日は "Vancouver Excursion" です。
 
バスと地下鉄を乗り継いで、ギャスタウンへ向かいました。
まずはカナダプレイスの見学です。
 
 
ここは、86年のカナダ万博の際にカナダ館として使用された建物です。
建物を一巡りすると、自転車専用道路があることに気がつきました。カナダで一番自転車道路が多いそうです。
 
 
そして、冬季オリンピックの聖火台を見てパチリ。
 
 
ガラス(glass)で出来ていますが、草(grass)と聞き間違え大爆笑となりました。
 
ギャスタウンのウォーターフロント駅からシーバスに乗り、10分で対岸へ。
 
 
そこにはロンズデール・キー・マーケット(Lonsdale Quay Market)というショッピングモールがあり、多国籍なレストランが集まるフードコートでランチをして少しショッピングしました。
 
またウォーターフロント駅に戻り、今度はギャスタウンのシンボル蒸気時計を見に行きました。
この蒸気時計は、15分に1回「ウエストミンスターの鐘」が鳴る仕組みになっています。
 
 
そして、地下鉄で移動し、パシフィック・センターというショッピングモールを見ながらお散歩。そしてUBCへ戻ってきました。
 
FSLコースのメンバーは、この3日間でたくさん歩き、金曜日は20000歩以上、昨日は14000歩以上、今日は13000歩以上でした。バディの冗談もありつつの楽しいツアーとなりました。
 
【ESLコース】
本日も生徒達はホームステイ(二日目)ですので、引率教員2人はFSLコースに一部合流してきました。
(蒸気時計の前で合流に成功)
 
本日は生徒とは残念ながら会えなかったので、今日はChilliwack市の情報をお伝えします。
人口は約8万4千人の小さな街で、各国の生徒のホームステイ先として人気のローカルタウンです。ですので、観光地と言うよりは自然のレジャーを満喫するためにカナダの人たちも訪れる場所です。カヌーやトレッキング、キャンプ、サイクリングなどが人気のようです。
見所には、昨日紹介したハリソン・ホット・スプリングスの他、カルタス湖ブライダル・ベイル・フォールズなどがあります。
 
生徒たちは名所でレジャーを楽しんだり、ドライブや買い物に連れて行ってもらっているようです。
また、Chilliwackで買い物といえばコットンウッドモールで、昨日も生徒達が何組か来ていました。その他に、カナディアンスーパーストアやウォルマートといった大型スーパーもあります。
 
 
 
 
以上、生徒達の訪れそうな周辺情報でした。
明日の朝は、三日間お世話になったホストファミリーとお別れし、またUBCへ戻ります。

This is the very first day of SACC!  The beautiful weather in Redlynch valley seemed to welcome us.

In the morning students gathered one by one with happy smile.  They were very eager to talk about their family lives to each other in English.  They were greeted by many teachers, took the guidance, and met their buddies.  There are many differences between our school and SACC, and students looked so curious about them.  Now they are studying in each class with their buddies.  This is the regular style of their days in SACC.

 

 

さて今日はいよいよSACCでの登校初日です。

空は快晴、気温もほどほどに暖かく、最高の気候です。

8時の集合時間を待たずに生徒たちは続々と集まって来て、

昨日一日をそれぞれどう家族と過ごしたか、

お互いに英語で頑張って説明しあっていました。

 

今日は朝の1、2時間目を使って簡単なガイダンスが行われました。

まずは今プログラムのマネージャーであるadministration staff、Sue Hulmeより、

SACCに関する全般的な説明と注意事項の伝達がありました。

 

 

その後、今回生徒たちをケアしてくれる「現場責任者」ともいうべき日本語教師、

Catherine Burgessによる校内ツアーが行われました。

 

 

この後、生徒たちはそれぞれバディと合流し、

バディと同じ授業を現在も受けているところです。

SACCの、オーストラリアの学校生活を肌で感じる貴重なチャンス。

積極的な姿勢を持って、たくさんのことを吸収してくれることでしょう。

 

特筆すべきことが2点。

まず、今週はQueensland州ぐるみのCatholic Education Weekというイベント週になっています。

普段は州都であるブリスベンに主な会場校を置いて行われるようですが、

今回はこのSACCキャンパスが主要な会場校となるようで、

その準備で学校は少し違った雰囲気になっており、

体育館も完全にイベントモードです。

 

 

また、今回のプログラムは本校とSACCの記念すべき交流10周年に当たります。

そこで、ガイダンスの最初にこんなプレゼントがありました。

 

 

両校のロゴ入りの10周年記念ネックホルダーと10周年記念うちわです。

もらった生徒たちもとても喜んでいました。

 

 

As for Otsuma Nakano, our summer holidays have just begun, which means that several short stay international programs in Canada, Australia, New Zealand and America are now going on or will be going on soon.  However, one year students exchange programs are also still going on.  Wako Miyazawa, one of the year exchange program students, will share with you all her insights about the recent life there. 
 
Hi, everyone. I’m Wako, an exchange student studying at New Plymouth Girls' High School for one year. It is my great pleasure to report my study abroad life here in New Zealand.  It is getting cold here in New Zealand.  However, it is not so cold as winter in Japan.  Of course, in the mornings and the nights, it is very cold.
 
By the way, the recent ast 2 weeks were school holidays! Yeah! It was really fun. During these 2 weeks' holidays, I enjoyed many things suchas walking, cooking and I also went to park.  I did many activities, which I cannot do at school days. 
 
One of my favorite places in New Plymouth is Pukekura park. Pukekura park has a lot of nature and it is very large. It is a bit different from Japanese parks.  Actually, it’s not just like a place for playing equipments, but it’s good place for running or walking. I did running actually, which was wonderful. Also, it was so lucky of me because there was only few people even though it was sunny and the park is very popular one in New Plymouth.  I felt so happy and refreshed there because it was so still and quiet. 
 
From this week, the term 3 will begin. I am sad because I cannot eat lunch or talk with Kaho and Karen at NP Girl's High. I am so surprised that it was 2 weeks ago when I said good bye to Kaho and Karen!  That’s crazy.  At the airport, Kaho and Karen was so crying, but I didn’t because at that time I couldn’t yet believe that they would be going back to Japan and 3 months had passed since I came here. And also, even now 2 weeks have passed since that, which I cannot believe.
 
And now I have a mixed feeling of hope and anxiety. However, I think this is a great chance that I can change myself, so I will start to make a lot conversation, make new friends, talk a lot with them and I’d like to improve my English skills.  I will do my best.
 
Thank you so much for reading my report. I hope you enjoyed it and don’t forget to read my next report too!  
 
Enjoy your summer holiday! 
Bye from Wako.
みなさんこんにちは!ニュージーランドで1年間留学中の宮澤和子です。こちらは今、冬で結構寒くなってきました。日本の冬ほど寒くはないのですが。朝夜は冷えています。それでは、留学生活についてレポートしたいと思います。
 
先週と先々週は2週間休みでした。その間私はウォーキングしたり、料理をしたり、公園に行ったり、普段、学校のある平日はできないことを沢山できました。中でも私の1番のお気に入りはプケクラパークという公園です。 今回はプケクラパークを紹介しようかなと思います。プケクラパークはとても広い公園で自然豊かです 日本の公園とは少し違って遊具だけがあるというような感じではなく、ランニングとかウォーキングなどにむいているという感じです。私も少しウォーキングしてみて森林浴みたいな感じでとても気持ちが良かったです。しかも、私が行った時は朝から晴れていたにも関わらず人もあまり居なく、ラッキーでした。
 
今週の月曜日からまたターム3が始まります。島田さんと菅原さんは日本に帰ってしまったのでもうお昼を一緒に食べたり一緒に帰ったりできないのだなと思うとちょっと寂しくなります。島田さんと菅原さんに空港でさようならをしたのはもう2週間以上も前なのかと思うと本当に驚きます。 空港で菅原さんと島田さんはすごく泣いていたのですが、私はというと悲しいという感情よりももう3ヶ月が経とうとしているなんて信じられないという感情の方が大きくて泣きませんでした。
 
2週間たった今でも不安はあります。でも、それをチャンスと思ってどんどん自分から積極的に話しかけて、友達を増やして、沢山喋って英語力を少しでもあげようと思います。頑張ります!
 
最後まで読んでくださりありがとうございました。来月のレポートも読んでいただけるととても嬉しいです。では、みなさん、夏休みを楽しくお過ごしください。
 

2017/7/22 雨のち曇り 最高気温21℃

 

—-

I went to the Olympic Oval in Richmond. It was amazing with a lot of trees used which is one concept of sustainability. I also went to the museum which had games you can actually try the sports. My favorite one was the car race one :)

In the afternoon, we went to Robson Street where there were many shops. I walked around with my buddys and bought candies and souvenios!

Today was a fantastic day!! I wanted today to carry on forever!

Y.M. (FSL course)

—-

【FSLコース】

今日は "Immersion Program — Sustainability visit & Workshop" ということで、昨日の内容を更に深める旅に出ました。

 

最初はオリンピックオーバル。
建物の看板が水色で濃淡になっていて、海の色の濃さや人種や多様性などを表しているそうです。
 
 
この場所は漁師として移民した日系人にとって忘れてはいけない場所だそうです。第二次世界大戦で辛い過去があり、関係が修復した証とのこと。
中へ入ると、エコを意識した造りになっていて、天井は木で作られています。これは、スピードスケートでは天井からの水滴で結果が無効になってしまうため、木材の効果を活用しているそうです。他にも、温度調整や雨水の処理の仕方にも様々な工夫があることがわかりました。
 
施設内には、選手の控え室や現在バレーボールの国際大会が行われている会場、子どもたちが練習しているスケートリンクが2面ありました。フィギュアスケートとアイスホッケーの練習している子どもたちがいたり、一般の人が卓球やジムで楽しんでいました。最上階には各大会のメダル、トーチやユニフォームも展示されています。
 
その他、オリンピック競技を楽しめるアトラクションがあり、カヌヤックやスキー、ボブスレー、カートなどを体験しました。
下の写真はパラリンピックスキーの体験です。
難しそうでした。
 
 
そういえば、入り口にある看板の形がバンクーバーの時のトーチの形だそうです。
 
東京のものはありませんでしたが、真ん中にあるトーチは長野の時のものです。
 
午後はピクニックランチをしてダウンタウンでお買い物。バディたちと2班にわかれてお菓子や小物を買っていました。
 
 
帰りは予定していたバスが運休で、地下鉄とバスを乗り継いで1時間くらいで戻ってきました。
明日は "Vancouver Excursion" です。
 
【ESLコース】
本日もESLコースの生徒はホームステイ。
プログラムはホームステイ先によって様々。観光、ショッピング、家庭でのひととき…
その中で、ハリソン・ホットスプリングスに私達引率教諭も行ったところ、ホストファミリーと一緒に来た生徒を見つけることができました。
 
 
 
明後日の朝にはお別れとなります。良い経験となることを願っています!

 

Good morning!

We, 18 students and 1 teacher and 1 travel agent, got on Jetstar JQ26 last night, and it arrived at Cairns without any problem and almost as scheduled.  We are now at SPC campus, and students are being guided throughout this beautiful place.  They are all OK, cheerful and happy, and enjoying English speaking with each other!

After the breakfast and some guidance, they are meeting their families in this two-week program.

 

空港までお見送りに来てくださった保護者の皆様、

改めましてありがとうございました。

およそ8時間ほどのフライトを経て、我々は無事ケアンズ国際空港に到着しました。

出国から入国まで、何も問題はありませんでした。

現在我々は今プログラムのホームステイ・コーディネイターであるSPC(Sun Pacific College)のキャンパスに来ています。

ケアンズ郊外のケワラ・ビーチに位置するこのキャンパスの自然あふれる環境を散歩した後、

生徒は朝食をとっているところです。

この後、簡単なホームステイに関するガイダンスを受けた後、

生徒たちはいよいよホスト・ファミリーと出会います。

 

生徒の表情に期待と不安が交錯する朝。

ケアンズより、第一報をお届けしました。

 

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.