見慣れない毛筆の文字が書かれただけ、手のひらにちょうどおさまる長方形の小さなカード。

そこに書かれた言葉を覚えていても、いなくても。

書かれた言葉に連なるフレーズを知っていても、いなくても。

31文字に込められた詠み手の思いが、感じ取れても、とれなくても。

朗々と「歌」が読み上げられはじめたら、目の前に散らばったたくさんの札に意識を向けずに

いられない。目当ての1枚を自分の手で奪取したくてたまらない。

それは、百人一首かるたの持つ不思議な魅力。

 

中学1年で入学した時から、学年全員で覚えていく百人一首。

毎年3学期スタートのLHRの時間には、百人一首大会が開催されています。

でも…今年はメインアリーナのフロアーが妙に混雑しているような…。

何と、今年は中学1年生と3年生、学年をまたいだ対抗戦が繰り広げられているのです!

1年生は先輩と闘う緊張感、3年生は後輩に何としても勝ちたいプレッシャー。

それぞれにぎこちなく、こわばった笑顔で闘いに臨む生徒たち。

 

小学生の頃から百人一首かるた経験のある生徒。

百人一首なんて、中学に入って初めて触れたよ、という生徒。

抱く思いはさまざまでしょうが、いざ決戦の火蓋が切られてしまえば、1枚の札をめぐる

白熱した闘いが繰り広げられます。

何と、一番たくさんの札を手にしたのは中学1年生!見事57枚を奪取しました!

3年生も先輩らしく意地を見せ、1位こそ譲ったものの、安定して札を取り重ねています。

学年をまたいで行った取り組みは、年齢の差が効を奏し、すごく盛り上がりました!

 

闘いの後で行われた来年度中学生徒会選挙。

先ほどまで一緒にプレーした3年生が退出します。そう、来年度高校生になる彼女らは

中学生徒会の選挙には投票しないのです。

「先輩たちは来年、ブレザーを着るんだ…」当たり前の事実も、改めて直面してみると

しみじみしてしまいますね。さっきまで同じ場所で楽しくかるたに興じあっていた同士

だから、なおさらでしょう。

この選挙を経て、新生中学生徒会が始動します。また、新しく、楽しく、学校生活を彩る

出来ごとがたくさん生まれますように!

毎年何らかのニュースで賑わう成人式の日。

晴れやかな顔で集う新成人たちが身にまとう晴れ着の中には、かなり大胆なアレンジを

加えたもの、変わった着こなしで着付けたもの、斬新な飾りを施したもの…記念すべき

一日を彩るべく創意工夫にみちた姿が多数見つけられます。

着物はむかしの人と同じように着るものだ、という既成概念にとらわれない自由な発想が

思いもよらない華やぎを生み出すのでしょう。

落語や歌舞伎、茶道や華道の世界でも、伝統に風穴を開けるニューウエーブが活発化

しているようですね。

 

雅楽の世界も新しい発想が自由な「音」を新たに生み出しています。

箏曲院の会長でありながら、自らバンドでギターも弾きこなす沢井比河流さんによって

作曲された箏曲、『夢の輪』。

いくつもの調べが重なり、からまり合い、聴き手ごと包み込むような幻想的な旋律。

「この曲に挑戦したい!」というのが箏曲部高校2年生の悲願でした。

 

1月8日・成人の日、板橋区民会館ホールにて行われた平成29年度・全国高等学校

箏曲連盟定期演奏会に出演した大妻中野箏曲部は、大舞台でこの難曲にチャレンジ!

ずっと演奏したかった曲を人前で披露できるなんて、本当に嬉しいことです。

8分近くに及ぶ大作ですが、全員の音が合わさった迫力で弾き手自らグングン曲の

世界に引き込まれ、弾きおおせてしまいます。

 

ご報告が遅くなってしまいましたが、この週末に開催された第9支部親睦音楽会にて

中学生たちが魂のステージをつとめあげる前、先輩たちも大きな挑戦をしていたのでした。

伝統から新しさを生み出す気概。

妻中箏曲部の歴史に、ひときわ鮮やかな、新しい1ページが加わりました。

 

高校合唱部は1月15日(月)、Nコン2017・第84回NHK全国学校音楽コンクールにて

高校生の部、全国金賞を受賞できたことを小池百合子東京都知事にご報告するため、

都庁を訪問しました。

 

コンクール課題曲である、『君が君に歌う歌』を披露し、都知事より「大変素晴らしい演奏でした。

これからも、心をこめてみんなのため、自分のために歌い続けてください!」と、激励のお言葉を

いただきました。

あたたかいお言葉に、参加した合唱部全員が改めて全国大会金賞の喜びをかみしめました。

全国1位という金字塔も、毎日毎日積み重ねてきた練習と努力があって初めて打ち立てることが

出来たのだ、と思っています。

そこまで至る道のりを、頑張ることの素晴らしさを心に刻み、さらにいい演奏を目指して、私たち

合唱部は練習を、努力を積み重ねていこう!と気持ちを新たにしています。

 

合唱部による都知事訪問の模様は、当日のNHK総合テレビ「首都圏ニュース」にて放送されました。

首都圏 NEWS WEB へ移動(別ウインドウが開きます)

私立中高進学通信(1月号)にて、大妻中野が取材されました。

 

今回のテーマは「留学プログラム」。

学校説明会では細かいところまでご紹介しにくい留学プログラムの様子をご説明しています。

せっかく中高一貫校で6年間という長い時間を過ごせるのだから、学校を足がかりに海外へ

可能性の翼を広げたい!

自分でも知らなかった自分に出会ってみたい!

ひとりひとりが持つ可能性の大きさはまさに無限大。

勉強に取り組むことも、部活動に打ち込むことも、人と人とのつながりの輪を広げることも、

すべて「やってみよう!」の一歩を踏み出すところから始まります。

今回ご紹介するのは、海外という新しい環境で自分を見つめ直すプログラム。

 

下記サイトで記事をご覧いただけます。

  【SCHOOL UPDATE】 大妻中野中学校

↓ 『留学プログラム 進路指導として“留学”を捉えた取り組み』

進学通信1月号

 

是非ご覧下さい!!

繊細なようで、強く、やわらかなようで、張りつめた緊張を伴う豊かな音色。

箏の調べには、聴けば聴くほど深まる味わいがあります。

弾き手・聴き手の心に寄り添って、優しくも厳しくも、華やかにも清楚にも色を変える楽器。

もしかしたら箏は、女性が奏でるのにもってこいの楽器なのかもしれませんね。

 

毎年1月、なかのZEROホールにて開催される第9支部親睦音楽会。

中野区・杉並区の私立中学校・高等学校から、音楽を奏でるクラブがプログラムに名を連ね、

それぞれに練習の成果を披露しあう、盛大な音楽祭です。

各校「吹奏楽部」「管弦楽部」「合唱部」のクラブ名が並ぶ中、プログラム8番・大妻中野には

「箏曲部」の名前が!

奇しくもセンター試験2日目と日程がバッティングしてしまった今回の9支部親睦音楽会。

高校1・2年生も同日体験受験に参加する大妻中野では、高校生不在の中、どの部が出演

するか、悩むところでした。そこに勇気をふるって手を挙げてくれたのが、頑張って練習を重ね、

実力をつけてきた箏曲部の中学生たちだったのです!

 

中学2年生8名、3年生4名。

居並ぶ大人数の器楽部にまじって、自分たちの身長よりずっと大きな箏と一緒にステージに

臨む中学生たち。先輩たちも不在の演奏は、不安や緊張でいっぱいだったに違いありません。

演目は「ハナミズキ」。

聞き慣れたメロディも、箏の弦から発せられると新たな調べとして届く気がするから不思議です。

 

たくさんの観衆に向かい、12名の中学生は立派にステージをつとめあげました!

今日の経験がますます演奏技術への意欲を高め、和悦庵からますます素晴らしい箏の音色が

響くことでしょう。みなさん、お疲れさまでした。心配してくれた高校生の先輩たち、「妹」たちは

キッチリ先輩たちから受け継いだ調べを響かせてきましたよ!先輩たちもお疲れさまでした。

会場内撮影禁止のため、演奏風景は文化祭のものです。

大雪による試験への影響が毎年懸念される大学入試センター試験。

今年度の関東地方は嬉しいことに、試験日の2日間とも太陽がしっかり顔を見せてくれる

快晴の受験日となりました。

 

お天気の不安こそ、運良く拭い去ることが出来ても、体調の不安、問題の相性との不安…

心細い気持ちはつぎつぎと絶え間なく襲ってくるものです。

 

前日の記事でご紹介した、『それが大事』の歌詞には、こんなフレーズもあります。

“ここにあなたがいないのが淋しいのじゃなくて、ここにあなたがいないと思うことが淋しい”

“ここにあなたがいないのが切ないのじゃなくて、ここにあなたがいないと思うことが切ない”

 

受験会場にて、2日とも高校3年生の先生方が生徒たちを出迎えます。

「安心する~!」と一気に顔をほころばせる妻中生たち。

 

「いつもそばにいるよ」「大丈夫、見守っているよ」

不安と緊張が最高潮に達するであろう2日間。

言葉だけでは、信じる気持ちだけでは、届かなくなってしまうかもしれないから。

広い会場で「誰もそばにいない」と思う絶望に飲み込まれてしまうかもしれないから。

握った手の中に添えた、メッセージつきのゲン担ぎチョコを超えて、そこにひと言ひと言ペンで

したためた言葉を超えて、いちばん届けたいのは「ここにいるよ」という確かな存在です。

 

最後の最後まで、全力を尽くしてください。

月曜日、やりきった笑顔で登校してくれることを心待ちにしています!

負けないこと

投げ出さないこと

逃げ出さないこと

信じ抜くこと

ダメになりそうなとき

それが一番大事

 

高校3年生の教室前に貼り出された、学年主任・大下先生からの激励メッセージ。

この言葉が、どこから来たのか、どんな言葉なのか、知らない妻中生がほとんどだと思います。

平成が始まってまもなくの1991年、今から25年以上前にヒットした『それが大事』。

大事MANブラザーズバンドが活力たっぷりに歌い上げるこの歌が、数え切れないほど多くの

人に勇気とパワーを与え続けて、もう四半世紀。

 

負けないでほしい。投げ出さないでほしい。逃げ出さないでほしい。信じ抜いてほしい。

今まで頑張ってきた信念が、くじけてダメになりそうなとき、「妻中」の日々を、ずっとみんなで

大事にしてきたものを思いだしてほしい。

高校3年生一人ひとりと向き合って、じっくり話して築いてきた今までの日々。

言葉に出来たことも出来なかったことも、大事なことはすべて伝えてきたつもりだから。

ポジティブに考えてほしい。

いまはまだ、ここにないもの(正解とか、合格とか、サクラサクとか)を信じてほしい。

そうすれば、幸せは向こうからあなたのところに飛び込んできてくれるはずだから。

 

大妻中野で6年間過ごしてくれた、大事な、大事な、最高学年のみなさん。

きっと明日の朝、吹きつける風は冷たいでしょう。

でも、前を向いてください。

何度も目にした廊下のメッセージを思いだしてください。

壁からあふれ出した言葉たちが、その言葉の後で見守る妻中のみんなが、闘いに臨む

あなたたちを後押ししています。ガンバレ、私たちの大事な受験生たち!

昨年、年末に、東京在住の熊田賢治様より、本校へグランドピアノを寄贈していただきました。
 
NHK全国学校音楽コンクール全国大会で大妻中野高等学校合唱部が金賞を受賞したことに対して、
ご寄贈いただいたものです。
熊田様のお姉さま、メアリーヒサコヘンキンさんの
「自分の遺産を音楽活動を頑張っている中学生、高校生のために使ってほしい」というご遺言を受け、
本校に寄贈してくださいました。
これまでも、福島県の被災地の学校へピアノを送ったり、音楽で活躍をした学校にピアノを送るなどの活動をされています。
 
メアリーヒサコヘンキンさんは、1928年、日本人をご両親として誕生され、20代前半でアメリカに渡られました。
そこで、ダニエル氏と結婚され、音楽業界で会社の経営にあたってこられましたが、2016年87歳でお亡くなりになられました。
 
私たちは、メアリーヒサコヘンキンさんのご冥福をお祈り申し上げると共に、
ご遺志をありがたくいただき、今後の本校の音楽の活動に有効に利用させていただきたいと考えています。
 

2018年、戌年。

1月4日から後期の冬期講習が始まり、部活動もさっそく始動し、いつもよりスタートが少し

遅めの始業式には「あけましておめでとう!」の挨拶が必要ないくらい、すでに新しい年の

学校になじんだ妻中生たちがアリーナに居並びます。

 

やはり1,500人近い生徒たちが一堂に会する雰囲気は圧巻。

壇上から、新年も変わらぬ優しい笑顔で宮澤先生がほほえみかけると、妻中の毎日が

戻ってきた!という気持ちになります。

「わたしは今年、素晴らしい宝物を手にしました。」

…なんだろう?何かの部活の大会かな?コンクールかな?

生徒たちが頭の中でアレコレ思いをめぐらせていることが、静寂を保ちながら、なんだか

落ち着かない空気からも伝わってきます。

「中学1年生のみなさんから、年賀状をいただきました。」

差し出し人である中学1年生は何だか恥ずかしそうにモジモジ。

 

250通近い年賀ハガキは、枚数分よりずっと厚みのある思いであふれ、どっしりと

持ち重りがしたことでしょう。

願いが叶って入学した中学校で経験したいろいろなこと。

勉強に、部活動に、学校行事に、新しく向き合う出来事であっという間に過ぎた毎日。

4月になれば、初めての後輩が入学してくるドキドキ感。

チャレンジしてみたいこと、リベンジしたいこと…。

 

1年生のハガキから湧き上がってくる高揚感は、先輩たちにとって可愛らしくて懐かしい

「あの日の自分」そのものなのでしょう。

過ぎた日々を思い出すうち、上級生たちの心には「そうだ、今の私も頑張らなきゃ!」と

「初心」に還る気持ちがこみあげてきたようです。

迫ってくる受験へのプレッシャーでしょうか、どことなく重かった高校生の背中がスッと

伸び、アリーナ全体の空気が華やぎを増したように思えます。

 

たった1枚のハガキだけれど、サイズを超えて限りなく広い世界へ私たちをいざなう年賀状。

「1年生の年賀状」は、妻中生みんなに新年を迎える新たな空気を送り込んでくれました。

 

この冬は、海の向こうや日本海側の地域に手ごわい寒波が訪れて猛威を振るって

いるようです。

関東地方は吹き付ける風こそ冷たいものの、降りしきる雪とは無縁の寒さを味わう冬。

たくさんの雪を目の当たりにした妻中生が、はたしているのだろうか…?

もちろんです。冬に合宿を行う唯一の運動部はまぶしい白銀の世界で思いっきり

雪山を満喫してきました!

 

日頃は校舎横のスロープにてローラースケートを履き、仲良く滑降の練習を行う

部員たちも、本物の雪山を前に、気分は上々。

みんなの仲もますます深まります。

 

今年度の目標はスキー検定の取得。

雪の量は充分。お天気にも恵まれすぎるくらい恵まれた合宿期間。

講習にしっかりと励んだ部員たちの、見事3級合格を果たした笑顔は格別です。

 

また来年、真っ白な雪山に迎えてもらうことを楽しみに、学校のスロープでふたたび

練習に励むことでしょう。

1年の流れをこれほど強烈に味わいつくせるクラブは他にありません。

3学期も、新たな気持ちで学校の練習に励んでくださいね!

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.