From Australia Report on St Andrew’s Catholic College 170527

 

Anna Nakayama, one of the current exchange students studying in Australia, gives us her updated report on her school life at St. Andrew’s Catholic College, Cairns. 

 

Hello everyone!!! This is Anna Nakayama from Cairns. It is winter here. Every day it is nice weather.  All nature here is so lovely.  We can hear songs of the birds because here is quiet.

 

Six weeks have passed since I came here.  I have been spending awesome time here every day.  Australian life is very fantastic and my valuable time.  I would like to thank to my friends and teachers.

 

In school, YEAR11 students are still busy every day.  We have many excursions and events. So, we often go anywhere. On Monday, we went to another school and we listened to a scientist speech with other school students. It was pretty good. He talked about relationship between religion and science. In his speech, we had a many chance to say opinion. And then, we did discussion. It was valuable time for me.

 

Every Wednesday is sports day in St. Andrew’s here. Everyone wears sports clothes and do sports. On Wednesday, I’m doing boxing, which is great, fun and pretty hard. But, it is good exercise and I love this class.

 

In Biology class, we’re observing flowers. We cut the flowers. And then, we get to observe flowers through a microscope. It is pretty fun.

 

On Friday, we had a driver’s class whole day, because YEAR11 students can get driver’s license and they can drive. Everyone wants them to drive safely, which means they never get their cars crushed. So, we learned about how to make a car crush. Cairns Police told us about it. We also learned about driver’s roles. We watched a movie about dangerous car crush. And then, we did discussion about source of car crushes and what we can do to provide a car crush. Furthermore, we listened about man speech who have wheel chair. Because, he had car crush 20 years ago. He told us about his life which is after the prevent a car crush. When we have a car crush, we have to go to hospital and also have to pay for fixing the house to live easily including toilets and anything. It needs much cost and busy life. This lesson was very useful and I think it is significance for our life. We can prevent a car accident.  For example, when we drive, we don’t use mobile phones. And also we have to drive carefully to prevent a car crush. In Australia, we can get a driver’s license when we get 16 years old. So many of my friends have a driver’s license and they can drive to anywhere. Also, my host sister has a driver’s license. So, I am envious of that and I want to get a driver’s license now!!!

 

On this Friday, we had a sports festival, which was pretty fun. I did discus and javelin. And also, high jump and long jump!  I ran 100m.  And then finally I got second prize. We could play many kinds of sports. That’s why I like this school sports festival. And we painted our face and we wore some costumes which are pretty. It was awesome festival!!

 

On Sunday, it was mothers’ day.  Everyone said that “Happy Mothers’ day”. I went to lunch at the yacht club with my host family. On the yacht club, we could see beautiful view.  There are a fantastic beach and many yachts. My host father told me that someone is living in their yacht. Because the people who living in the yacht club, they don’t have to pay money and they can be relaxed. I think it is very amazing thing and I want to live in the yacht in the future. It was so lovely place. We ate seafood, which was so delicious and famous in the world. 

 

Tomorrow, we’re going to Green Island. So, I’m very excited to be there!!

 

Thank you for reading my report!  I think my English is getting better and bete, which makes me super happy.  See you in two weeks!!

 

Regard,

 

Anna,

こんにちは!ケアンズ留学中の中山杏南です。オーストラリアはいま冬で、毎日とても素晴らしい天気です。そしてすべての自然が美しいです!!とても静かなので鳥の鳴き声も聞こえます。

 

オーストラリアに来てから6週間が過ぎました。友達や先生のおかげでオーストラリアの生活は最高に素晴らしく私にとってとても価値のある時間になっています。

 

相変わらず、YEAR11は忙しく学校ではたくさんのイベントや遠足があります。月曜日には他の学校に行き他の学校の生徒と科学者の話を聞きました。彼は宗教と科学の関係性について話していてとても興味深く良い話でした。彼のスピーチの中では、私たちはたくさん意見を言う機会があり議論もしました。とても価値ある時間でした。

 

毎週水曜日は、学校全体がsports dayでsports clothesを着てスポーツをしています。私はボクシングをしていてとても楽しく最高の時間です。いい運動にもなっています。

 

生物の授業では、花を切ったり、顕微鏡を使って観察しています。とても興味深く楽しいです。

 

金曜日には車のレッスンが一日中ありました。YEAR11の生徒は、車の免許を取ることができ運転できます。すべての人は彼らに決して事故を起こさないという意味での安全運転を求めています。どのように車事故を防ぐか学びました。ケアンズ警察の方が教えてくれました。また、ドライバーのルールも学びました。危険な車事故の映画も見て、その原因と今後どのように車事故を防げるか討論もしました。そしてさらに20年前に事故にあった車いすの人の話を聞きました。彼は車事故にあった後の人生を語ってくれました。も私たちが車事故にあったら病院行き家も暮らしやすいように改造しなければなりません。そしてたくさんの費用と忙しい人生をもたらします。私はこの授業は、とても実用的で私たちの生活にとって大切だと思います。そして私たちは携帯を触らないようにするなど車事故を防ぐことができ、防ぐ必要があります。オーストラリアは16歳で車の免許を取ることができるので私の友達やhost sisterも運転することができ羨ましく私もオーストラリアで免許を取りたいです!

 

今週の金曜日には,体育祭がありました。私は、100m走とロングジャンプとハイジャンプとやり投げとdiscusをしました。日本の体育祭とは全く違って自由でいろんなスポーツができ楽しかったです。またみんな顔にペイントをしたりいろんな服を着たりして愉快で最高でした。

 

先週の日曜日は母の日でした。いろんな人が “Happy mother’s day” と言っていました。わたしはホストファミリーと素敵なヨットクラブでご飯を食べに行きました。私たちは美しい海とたくさんのヨットを見ることができました。Host fatherはいくつかの人はヨットに好んで住んでいると教えてくれました。彼らは住居費にお金を払う必要はないしリラックスでき素晴らしい生活だと感じ私も将来ヨットクラブに住みたいと思いました。そして世界でも有名なとても美味しいオーストラリアのシーフードも食べました。

 

明日はgreen islandに行きます!とても楽しみです。

 

レポートを読んでくださり、ありがとうございます!

「昔は何でも話してくれていたのに、親にはあんまり相談しない年頃になったようで…。」

「自分たちが受験したころと違うから、下手なことは言えないな…って心配になります。」

 

中学入学までは、家族=チームで闘ってきた受験への道。

身長がすっかり伸びて、顔つきが凜と大人びて、言葉が達者になって…、だからといって

わが子を心配する気持ちがなくなるかというと、そんなことはない。それが親心ですよね。

妻中生を見ていると、ご家庭でどれほど慈愛に満ちたあたたかなサポートをいただいて

いるのだろう、と感じ入ってしまいます。

真っ直ぐ光を浴びて育つ芽が、すくすくと伸びることに疑いの余地はありません。

保護者のみなさまがそそいで下さった愛情が、明るい笑顔の毎日に直結しているのです。

 

生徒たちが新学年最初の中間テストに必死で取り組んでいる土曜日。

テスト会場の階下にあるカフェテリアでは、保護者対象の進路ガイダンスが行われます。

プレミアムフライデーの翌日、世間的にはゆったりとお休みを満する大人が多いだろう

日取りだというのに、会場はメモを片手に聴いてくださるみなさんでギッシリ!

大学入試全体の動向や、受験生としての取り組み方など、話題のそれぞれに大きく

うなずき、資料をじっくり読んでくださる姿は真剣そのもの。

きっと、中学入試のときも、叱咤激励の方法に悩んだり、模試の動向に一喜一憂したり、

それぞれの家族にそれぞれのドラマがあったのだろうな…と実感させられます。

 

大人がこんな時間を過ごしていることを知らずに答案用紙に、教科書に向き合っている

妻中生たち。大人たちの努力が、祈りが、あたたかな支えとなり、彼女たちが夢を叶えた

そのあと、働く大人になって、子どもの親になって、昔自分が大人たちに支えてもらった

ことに気付くのでしょう。だから、今はまず、夢を叶えて欲しい!大人たちはその一心です。

いずれまた、大人がそっと子どもに寄り添う、あたたかなサポートの輪は、静かに豊かに

受け継がれていくことでしょう。

 

 

 

「こちらのお茶碗から持って行くのよ。先に点てた方が冷めて飲みやすいですからね。」

緊張の面持ちで先生の前に並ぶ中学1年生は、一瞬どういうことか分からない様子で

戸惑いの表情を浮かべます。

初夏にしては気温の高い昼下がり。

点てたばかりのお茶ではきっと熱いだろうから、少しでもおいしく味わえるように、という

お茶を知り尽くした先生のお心遣いからきた言葉です。

慣れないお作法と正座とで緊張しっぱなしの生徒たち。先生の真意が心にしみるのは、

もう少し経ってからかもしれませんね。

 

初めてのお作法にドギマギしているのは華道に挑戦したグループも同様でした。

ただし、こちらはハサミの扱いに慣れてくるにつれ、独創性を見せる余裕が生まれている

ようです。葉の長さや配置のバランスをアレコレ工夫しながら先生のアドバイスを受け、

オリジナルの作品を仕上げます。

真・行・草のスタイルから外れても、そこはオリジナルスタイル。

思い思いにハサミを入れた作品を花束にくるっとまとめてお持ち帰り。

今日は自宅に帰って、おうちの花器を使ったオリジナル作品に挑戦です。

お土産話と一緒に、可愛らしい作品がもう一つ生まれていることでしょう。

 

次に茶華道と触れるのは2学期です。今度はどんなお茶の味、どんなお花と出会うの

でしょうね。試験前の慌ただしさをちょっぴりやわらげる「和」のひとときでした。

 

 

 

Here comes another updared report from New Zealand, which Kaho Shimada wrote to us.  Her kiwi life seems to be going very well.  Here we go!

 

Hello everyone. My name is Kaho Shimada. I am an exchange students from Otsuma Nakano to New Plymouth Girls High School in New Zealand. Today I would like to write about my Kiwi life on this week.

 

At school,  I chose English, ESOL, biology , math, geography and music here. I already learned about that classes in Japan but it's very difficult to understand in English. However, many teacher's classes are really interesting and funny with their jokes, so it makes me more study. Then, we could make a lot of Kiwi friends. My friends are very kind for me because when I didn't understand about the class, they taught me to use easier English and  always support my study !

 

They are not only from NZ like China, Thailand, Philippine, German and Chile.  I was surprised because their English is so nice, so I want to be like my friends when I go back to Japan.

 

On Wednesday, Wako and I went to the "TARANAKI youth orchestra " after school.  We played the instruments, so we were thinking about joining orchestra. That orchestra was nice because they practiced popular songs like "Star Wars", "If you are happy and you know it" etc …  I like that bands, so I will go next Wednesday.

 

I will do my best and have enjoy the rest of my Kiwi life.  Thank you for reading my report !

 

Kaho Shimada

皆さんこんにちは。ニュージーランドのニュープリマスに滞在している島田花歩です。こちらに来て3週間が経ちました!今からとても充実している私の今週を紹介したいと思います。

 

学校では英語、ESOL、生物、数学、地理、音楽を選択しました。どの授業もついていくのに必死ですが、担当の先生が面白い話を関連付けて説明してくれたり、授業の終わりにわからなかったところをもう一度解説してくれたりと、全力でサポートしてくれるので楽しく授業を受けれています。 また、たくさんの友達も作ることができました。Kiwiの子はもちろん、中国、タイ、フィリピン、ドイツ、チリ、台湾など様々な国の子とも仲良くなれました。みんな、気さくに話しかけてくれて嬉しいので私ももっと英語を勉強していろんな話をしたいと思います。

 

水曜日には宮澤さんと"TARANAKI youth orchestra "というオーケストラを見学しに行きました。そこには約50名くらいの小学生からおじいさんまで幅広い年齢の方々が在籍しています。ほんわかした雰囲気で楽しそうに練習していたので、わたしはそのバンドに入りたいなと思っています。ここでもいろんな人と関われたら嬉しいです。

 

残りの1ヶ月半も日本では経験できないような体験をたくさんしたり、もっと英語を積極的に使って楽しいKiwi生活にしたいです。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

島田花歩

 

Kanna Kuramoto, an exchange student from Otsuma Nakano to St. Andrew’s Catholic School, has updated her report on the life there.  She seemed to be tremendously moved at the Camp called “retreat” there in such beautiful and great nature.   We sure hope you all can share how she felt during the camp.

 

Hello, everyone!  This is Kanna Kuramoto from Cairns, Australia.  It has already passed half of the period of my whole stay here. Every day, I lead a full life, and I am getting to love my school more and more. This week was especially nice week! So, I’m gonna tell you about the lovely things which I experienced. Here we go!!

 

From Monday to Wednesday in week 5 for year10, to which I am belonging, we went to camp at Genazzano.  But it was not a normal camp, it was called “retreat” and we did something about Catholic. The camp’s purpose was knowing about “who am I?”.  We didn’t sleep in a tent.  Instead we slept on the bed at night time. So, I felt like being in a hotel and the room was very comfortable. The first day of the camp, we started to go to Genazzano by bus. Year10-5, which I belong to, has not so many students, so we took a little bus to Genazzano. In the bus, we were doing play some music, take photos, and so on. The time we were in the bus was freedom, so it was very fun. Hannah, teachers, and other friends taught me lots of things about the view, so I could increase my knowledge about Australia!

 

After we arrived at Genazzano, we did some sessions, listened to lectures, and had lunch. We could do lots of enjoyable things! In the sessions, we played games and learned about moral things, so the sessions were very fun for me!! Especially, the session which we did in second day was really great, impressive, and moving. The session’s content was to express our gratitude and compliment which we usually think in our mind for each other.  It makes us shy, but it was good opportunity to be obedient. We made a circle, and a teacher turned off the light and set a candle in the middle of our circle. And then, a teacher played a slowly song, and we stood up and called on a person who you wanted to say, “Thank you”. Many of my friends stood up and said grateful words. It didn’t matter about boys and girls, and we expressed our gratitude to each other. So, it was really great time and space for me. I was said “You’re brave”, “I like your smile”, “You’re trying”, and so on, so I was very happy and moved to my mind. One of my male friends was about to cry even though he always says jokes. So, I thought I have a good friend and felt super happy. During the session, I thought “What a wonderful school” and “What gentle students!!” many times.  I can declare that St. Andrews is a wonderful school.  After I went to the camp, I’m coming to love St. Andrews and my friends increasingly! So, camp was really good experience and I think I’m happy that I went to the camp.

 

Recently, despite holidays, I want to go to school soon. Even though there are only half period of my Cairns Life, but I’ll enjoy the life from now on too!!Thank you for reading my report. See ya!!

皆さんこんにちは!ケアンズに留学中の倉本栞汀です。ケアンズに来てから早くも10週間のうち半分が過ぎてしまいました。毎日とても充実していて、学校をどんどん大好きになっています!今週は、特に充実した週でした!なので、今回は、今週にあった最高な出来事について書こうと思います!Here we go!!

 

week5の月曜から水曜まで、私のいるyear10-5と他の2クラスはGenazzanoに2泊3日のキャンプに行きました。キャンプと言っても、普通のキャンプではなく、retreatと言って、カソリックの”who am i?"という自分についてよく知るという課題を目的としたものです。部屋もホテルのようでとても快適でした!1日目は、学校からバスでGenazzanoに行くことから始まりました。私のいるクラスのyear10-5は、人数が少ないため小さめのバスで行きました。バスの中では、音楽を流したりみんなで写真を撮ったりと、とても自由な空間で楽しかったです!!バディーのHannahや、先生、他の友達などが景色の説明などをとてもよくしてくれて、オーストラリアについての知識も増やすことができました!

 

Genazzoについてからは、みんなでセッションをしたり、お昼を食べたりと、たくさんのことをしました!セッションでは、ゲームや道徳的なことをよくし、とてもとても楽しかったです!!特に、2日目のセッションはとても印象的で感動するものでした。普段、心の中では思っているけど口に出すのは恥ずかしい感謝や褒め言葉をみんなで輪になって伝え合うというセッションです。先生が部屋の電気を消して輪の中心にキャンドルを置き、ゆったりとした音楽を流し、手を挙げた人から立って感謝を言いたい人を指名して感謝を伝えていきます。皆、少し照れながらも男女関係なく日頃の感謝を伝え合い、素晴らしい空間でした。私も、勇敢や笑顔がいいや頑張っているなどと言ってもらい、とても嬉しく感動していました。私の友達の一人の男の子も、普段はふざけているのにそのセッションの時には涙をこらえており、いい友達を持ったな、と実感し、心が温かくなりました。”なんていい学校なんだ!”、”なんて優しい生徒がたくさんいるんだ!”と何度も思いました。本当に、St. Andrewsは素晴らしい学校です。私は、この学校とyear10の生徒が大好きです!!!キャンプに行ってから、ますますyear10のみんなのことが大好きになっています。

 

私のケアンズライフも残り半分となってしまいました。最近は、休日でも、早く学校に行きたいなあと思っています!これからも、残り半分、後悔のないように思い切り楽しみます!!では、また次のレポートで!See ya!!

It’s our great pleasure to introduce another current one year exchange student studying at New Plymouth Girls’ High School for 2017-2018, Wako Miyazawa, a Year 10 student of Otsuma Nakano HS.    We are very pleased to share her kick off report on her study and life in Zealand.   Here we go!

 

Hi. My name is WAKO.  I am now studying abroad in New Zealand.  I arrived in Auckland on April 28th and transferred to New Plymouth.  My host family was waiting for me and we talked a lot in the car, which made me relieved and happy.  They are very kind.

 

And also, my school has started from May 1th.  At first I was really nerves and worried. But students have talked to me a lot, so I think I am getting used to school little by little.  We finished our school orientation on May 4th and the spell has started from the afternoon of the day. Teachers are talking a bit fast, so I want to try to do my best.

.

The subjects that I chose to take are science, math, geography, English, music and ELA.  They are really fun.  Also, I decided to join orchestra, inline skating, maori and surfing. I have never tried maori and surfing, so I am worried about those but I hope it will be fun. Maori is a kind of dancing which maori people do and they are called it “haka”.

 

My studying abroad has just started, so there are lots that I am worried, but I will do my best.  

 

Thank you for reading my report and I hope you will keep on reading my next report.  I will post my report once in a month from now.

こんにちは。宮澤和子です!私は1年間ニュージーランドに留学しています。4月28日にオークランドに着き、乗り継いでニュープリマスに来ました。ホストファミリーはニュープリマスの空港で待っていてくれて家に行く時にもたくさん話しました   とっても優しい方です。

 

そして5月1日から学校が始まりました。最初はとっても不安で緊張していたのですが、色々な子が話しかけてくれて段々慣れてきた気がします。5月4日にオリエンテーションが終わりその日の午後から授業が始まりました。先生は早口で聞き取るのが少し難しいですが、なんとか頑張りたいと思います。

 

私が選択した科目は数学、ELA、理科、地理、英語、音楽です。  まだ少ししかたっていませんがとっても楽しいです。そして私はオーケストラ、インラインスケート、マオリ、サーフィンを習い事としてやることにしました。サーフィンとマオリはやったこともないので大丈夫か不安ですが楽しんでできればいいなぁと思っています。 (マオリというのはマオリ族のダンスです。ハカと言います)

 

 

私の留学はまだ始まったばかりでまだまだ心配な事がありますが、どんな事にもやるなら全力で楽しんでやりたいと思います。1ヶ月に1回レポートを書くので見ていただけると嬉しいです

「喫茶去」。

ただ読むと「茶を飲んで去れ」という、一見冷淡なムードが漂う言葉です。

でも、そこは奥深い禅語の世界。

どんな人でも、どんな状況でも、お茶を前にしたらまずは、ひたすらお茶を味わうことに専念して

ください、という意味が込められているのだとか。

お茶室でのもてなしは、もてなす側ももてなされる側も、すべての肩書きや立場を取り去って、

まっさらな気持ちで行うのが「茶道」の心構えです。

茶道に通じ、抹茶の味わいに馴れた人も、初めて和室に足を踏み入れた人も、ひと椀のお茶を

前にしては、みんな平等。「喫茶去」という言葉にはそういう精神が込められています。

 

本日初めて妻中・和悦庵で「茶道」を体験したのは、アメリカ・St.Joseph大学からお越しくださった

ゲストのみなさん。畳も初めて、もちろん、正座なんて経験したこともありません。

「お茶をサーブしてもらっている間、お喋りしてはいけないの?」

「じっと待っているのがマナーなの?」

おもてなしした生徒たちに、興味津々の質問が投げかけられます。

茶道具やお菓子の説明で一生懸命になっていた妻中生たちは意外な質問にビックリ!

でも、初体験の異国文化から受けるカルチャーショックは、まさにそういうところから生じる

ものなのですよね。

ヒザを崩して、リラックスして味わう初めての「お茶」。

素敵なひとときだった、とゲストのみなさまが感じてくださっていますように…。

 

ロウで固めた鳥の羽で空を飛ぼうとした少年がいたのは、神話の世界。

たとえ鳥のように飛べなくても風の力を借りれば、人も空を飛べる!と昔の人々が開発したのが、

気球でした。

背中に翼をもたない人間が、大空に憧れ、知恵を駆使して空を翔る術を模索してきたのは、

いったい何の力によるものなのでしょう。

 

情報化が進み、世界がネットワークで結ばれている現代。

翼がなくても、部屋から一歩も出なくても、海の向こうとつながることが可能になりました。

しかし、大妻中野に学ぶ生徒たちの中で、自ら海の向こうへと羽ばたき、学ぼうとする意欲は

日増しに強いものへと変わってきているのです。

 

校外学習明け、試験前で心身ともに疲れているはずの今週。

放課後だというのに海外大学説明会に参加した生徒たちは、説明会の終了時刻になっても

プレゼンターのまわりに集まり、熱心に質問を重ねています。

「英語圏の大学にしか興味が無かったけれど、フランスの面白さを初めて知りました!」

「やっぱり、実際の話を聴いてみると全然感触が違います!」

興奮気味に感想を述べる妻中生たち。

 

人間を空へと運ぶ技術も、海の向こうとつながる技術も整っている現代社会。

でも、いちばん大事なのは、「気持ち」を空の彼方へ飛ばすこと。

海を越え、空を越えて可能性の翼が羽ばたくために必要なのは、何でしょうか。

「行ってみたいな よその国」

海の広さ、大きさを歌った童謡にもある、「行きたい」という素直な気持ち。

その気持ちを刺激するきっかけ。

「知る」ということ。しかも、ダイレクトに心まで届かせる、ということが最高のきっかけを

つくり出します。まずは、きっかけから。可能性の翼はそこからどこまでも羽ばたくのです。

 

 

 

Our Term 2 for New Zealand student exchange program has started as well as the Australian program.   We are so proud to introduce the new report on this new school life there in New Plymouth.  Karen Sugahara, a Year 10 student, will share with you all her kick off report.  Here we go!

 

Hello! My name is Karen Sugahara. I'm an exchange student from Otsuma Nakano to New Plymouth girls high school in New Zealand. 

 

Two weeks have passed since I came to New Zealand. I experienced various things in two weeks. 

 

First I will talk about school life. The school is very large and there are a lot of students. New Zealand class is difficult for me but it is nice when I can understand it. I am taking a physical education lesson. We did cross-country this week. Cross-country is the enduring travel of 3 km of mountain road. I was so tired but thanks to the support of my friends I worked hard.

 

Second I will talk about my host family. My host family is so kind to me. Sometimes I talk about my Japanese life to my host family. And I feel the difference between Japan and New Zealand. To know new culture is a lot of fun and I love talking with host families. Some times I go to a restaurant with my host family. I enjoy eating in a restaurant. New Zealand food is good.

 

I would like to learn English more and more to speak everyone. So l will do my best.  

 

Every one,thank you for reading my report!!

Regards,

 

Karen Sugahara

こんにちは!大妻中野からNew Plymouth girls high school に留学している菅原佳蓮です。私がニュージーランドに来てから2週間が経ちました。私は2週間の間でも沢山の経験をすることが出来ました。

 

まず初めに私の学校生活についてお話しします。学校はとても広く、沢山の生徒が通っています。私にとってニュージーランドの授業は難しいですが理解できた時はとても嬉しいです。私は体育の授業をとっていて、今週はcross-countryを行いました。cross-countryというのは3キロの山道の持久走です。それはとても疲れましたが友達の応援のおかげで頑張ることが出来ました。

 

次にホストファミリーについてお話します。ホストファミリーはとても優しく、私はホストファミリーに日本の生活について話します。そしてニュージーランドと日本の文化の違いを感じます。新しい文化を知ることはとても楽しく、私はホストファミリーと話すのが大好きです。私達は時々レストランへ行き、食事を楽しみます。ニュージーランドの食事は美味しいです。

 

私はもっと英語を勉強して、沢山の人と会話ができるようになりたいです。全力で英語の勉強を頑張ります。

 

私のレポートを読んで頂きありがとうございました!

菅原佳蓮

 

中2環境学習旅行、2日目の午後は農村生活体験として地元農家のご家庭にお邪魔しました。

 

各ご家庭では、農業体験はもちろん、料理のお手伝いや

 

 

 

 

たけのこや山菜の収穫

 

 

酪農体験なども。

 

 

様々な体験をそれぞれのお家でさせていただき、生徒にとっては非常に貴重な経験となったことだろうと思います。

 

たった一日のお付き合いでしたが、翌朝は名残惜しいそうにお別れする姿が見られました。

 

 

お別れ会の後は、2日間の疲労が出て眠る生徒もいるなか、バス車内から棚田を見学し

 

 

新潟十日町の「美人林」へ。

ブナの木が一面に生い茂ったこの美人林、すらりとした立ち姿が美しいことからその名がついたとか。

 

 

記念写真を撮影した後はガイドさんのお話を聞きます。

 

 

あいにくの雨でしたが、雨の日は美人林が最も美しく見えるのだそうです。

それというのも、雨の雫がブナの木の幹を濡らし、幹が黒光りして見えるため。

その姿に惹かれて長い時間散策に夢中になる生徒も見られました。

 

最後に昼食会場で閉校式を行い、東京へ。

東京では味わえない、地方ならではの様々な体験ができた、生徒にとってはとても新鮮で実のある旅行となりました。

 

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMA NAKANO Junior & Senior High School.