海外短期留学

2010 オーストラリア研修 レポート Day 10

2010 セント・アンドリュース・セミナー レポート  Day 10,  3rd August, 2010

火曜日。Here comes the sun。快晴。青い青い青空。こちらに来て最も雲が少ないカラッとした気候になりました。最高気温は28度。最低気温は21度。湿度が下がった分、朝晩が今までよりも涼しく感じられます。快適です。この青空だと、夜は星が「やばい」かも。awesome !ですね。ペルセウス流星群がこちらでは間もなく見られると、現地の人から教えてもらいました。滞在中に見られるのかな?

今日は、セント・アンドリュースのYear6(6年生)の数学(算数)の授業の紹介から。40分の授業時間2コマ連続です。合計1時間20分。最初の40分はテスト。みんな真剣に取り組んでいます。問題は全部で12題。4つのカテゴリーに分かれています。数学の基本的知識を試す問題から、それを活用する文章題まであります。早い生徒は最初の15分ぐらいでできてしまいました。その生徒たちは残りの時間は読書をして過ごしなさいとの先生の指示。実に合理的にできていますね。

後半の40分は、少数点以下の数の四則演算。先生は、特に小数点第2位に注目させています。オーストラリアの貨幣では、10セント(0.1ドル)より小さい補助通貨をまず見ません。5セント通貨はありますが、1セントはまずない。そうすること、計算を日常でまず使うことになるお金の計算で、0.1ドル以下、つまり小数点第2位以下の概念が育ちにくいとの先生の言葉。なるほどとうなずきました。10セントより小さいコインがないことは、それより小さい数がないことではないよと先生は授業の中で確認されていました。納得!

今日はあるホスト・ママのご厚意で、本校生徒のホームステイ先のご家庭を訪問。家庭での生活の様子や、オーストラリアの家の様子をうかがってきました。広いリビングで家族と過ごしているようです。セント・アンドリュースの近くの住宅地は比較的新しく、瀟洒な家が多い所です。本校の生徒は皆、部屋をとてもきれいに使っていると誉められました。私もほっとしました。

セント・アンドリュースの生徒たちもずいぶん、本校の生徒と打ち解けてきたみたいです。今まで知らなかった生徒が日本語で話しかけてきたり。休み時間は、大妻中野でみせるいつもの顔を同じ表情になってきました。よかったです。

引率 水澤

ホームステイ先のお宅

Gedc0126_2 Gedc0127_2

ホームステイ先の住宅地                   お互いすっかり慣れました

Gedc0130 Gedc0132

Gedc0120 Gedc0123

一覧へ戻る