海外短期留学

2010 オーストラリア研修 レポート Day 2

2010 セント・アンドリュース・セミナー レポート  Day 2,  26th July, 2010

今朝のケアンズ、曇り、気温21度。湿度たっぷり。日中の最高気温は25度とのことです。東京の梅雨の初期という感じ。青空への期待を込めて朝の空を見上げました。今日からセントアンドリュース校へ通います。昨日はホストファミリーとはりきって出かけた人もいたようです。中には移動の車で眠ってしまった人も。でも学校では日常生活の表情に戻っていました。セントアンドリュース校の時間割にもすぐ慣れたようです。

セントアンドリュース校の第1日目。留学生担当のスー・ヒューム先生がテキパキと案内してくれました。バディの生徒との関係もスムーズに行くように、さまざまに配慮してくれます。本校の生徒で困ったことがあると、授業担当の先生にもすぐ連絡をとってくれたり。エネルギッシュで的確で素早い仕事ぶりです。セントアンドリュースの保護者などへの対応も彼女の仕事。学校と保護者を繋ぐかなめになっています。

日本語科の日本人の先生もよく本校の生徒を見てくれました。さすがに日本人の先生。生徒たちの表情から気持ちまでしっかりつかんでくれています。副校長先生をこうしたさまざまな先生方のサポートで学校生活初日、無事に終了です。小学部の男の子が流暢な「さようなら!」の日本語の挨拶。ハッとしました。こんな丁寧な響きの「さようなら!」は久しく耳にしていません。日本語ネィティブスピーカーとして、このセントアンドリュースの小さな子の挨拶から、大事なことを教わりました。「ありがとう!」

セントアンドリュース校内

Gedc0017_4  Gedc0024_3

 

    

Gedc0025_2

Gedc0023_2

.

Gedc0019_2

Gedc0031_2

セントアンドリュース校は平常授業が行われていますので、校内を自由に写真を撮ることはできません。ご理解くださいませ。

引率  水澤 孝順

一覧へ戻る