海外短期留学

オーストラリア セントアンドリュースセミナー Day2

2011 セントアンドリュースセミナーレポート  Day2, 25th July, 2011

  今日も快晴です。青空が広がり、まぶしいほどです。朝方は12度と寒く上着が必要ですが、日が出てくるとポカポカし、最高気温25度ほど。半袖で過ごせます。紫外線が強いので制服にもつばの大きい帽子があります。

 今日はセントアンドリュースでの初日です。生徒たちの登校の様子を眺めていましたが、ホストファミリーと楽しそうに来た生徒が多く、一安心でした。昨日の疲れもあり、皆よく眠れたとのこと。

P7250477_800x600_2

 小学生のホストシスターがこちらに駆け寄ってきて、嬉しそうに「羅愛輪」と漢字で書かれた紙を見せてくれました。生徒が昨晩名前を漢字で書いてあげたそうです。早速楽しいひと時を過ごせたのだと思います。いい調子ですよ!

  ホストシスターが小さい場合は学校で一緒に過ごす、年齢の近いバディがいます。そのマッチングも無事終わりました。

 今朝は、1時間の全校集会から始まりました。24日から30日はCATHOLIC EDUCATION WEEK ということで、幼稚園から高校までの全校生徒が一堂に集まり、お祈りをしたり、司祭様のお話を聞いたり、歌を歌ったりします。カトリックの学校ならではの行事ですね。

P7250489_800x600_2

P7250488_800x600_3

 低学年の子供たちは帽子をお尻の下にひいて座るように指導されています。立ち上がるたびに自分の帽子を思いっきり靴で踏んでいましたが、だれも気にしていないのにちょっと驚きました。おおらかですね。踊りながら歌う姿がとってもキュートです。

 会の始めに大妻中野の生徒の紹介があり、急に立つように言われた彼女たちは、とまどっていました。みなさん、ここでは日本の代表ですよ。これからいろいろお話してくださいね。

 集会中の様子は各国共通。真面目に聞く子も多い中、こそこそっと話をしてお友達と笑い合っている子もいます。大妻中野の生徒たちは真剣に何を言っているのか聞き取ろうとしていました。

 その後のモーニングティータイム(セントアンドリュースの生徒たちはファーストランチと呼んでいるようです)やランチタイムでは中庭に出て、ベンチや芝の上に座っておしゃべりしながらスナックやサンドイッチ、フルーツなどを食べていました。各家庭で持たせてくれているところもありました。りんごも丸かじり!海外に来たなあ、という感じがしますね。バディやそのお友達と楽しそうに食べていました。中には歩きながら食べている子たちも。郷に入っては郷に従え。今日は注意するのをぐっとがまん。

  授業は初日につき、内容があまりよくわからなかったという声も聞かれましたが、初めは当然。バディに聞きながらチャレンジすることに意味があります。乗り越えれば自信になりますよ。頑張りましょう!

一覧へ戻る