校歌

2006年は本校の校歌を作詞・作曲した池内友次郎(いけのうち ともじろう)先生の生誕100年にあたります。
日本を代表する大作曲家であり、東京芸術大学で作曲を教え、日本の音楽界をリードした池内先生が作曲した本校の校歌は、斬新でモダンな響きのうちにも本校の「はつらつと、麗しく、清く、すこやかに」生きる乙女を歌い上げた名歌だと思います。

 


大妻中野中学校・高等学校 校歌

 

※動画をご覧になるには、最新のFlash Playerが必要です。
GetAdobeReader【AdobeFlashPlayerをダウンロードする】

池内友次郎(1906年10月21日 - 1991年3月9日)経歴

作曲家、音楽教育家。
俳人高浜虚子の次男として生まれる。

慶応大学を中途退学し、1927年フランスに留学、パリ音楽院でP.フォシェやH.ビュッセルのもとに作曲法と音楽理論を学んだ。 帰国後37年から日本大学芸術科、46年から東京音楽学校で教鞭をとる。
戦後は、作曲活動を続けながら、東京芸術大学作曲科教授として後進の育成にあたり、その門下からは、池辺晋一郎、黛敏郎、矢代秋雄、松村禎三、三善晃など多くの作曲家が輩出した。
パリ音楽院でフランスの伝統的な作曲法を身につけた池内は、ダンディやビュッセルの多くの音楽理論書を翻訳して日本に紹介した。
ページトップへ
Copyright (C) OTSUMANAKANO Junior & Senior High School.