学校長メッセージ

21世紀の大妻コタカ教育

大妻中野中学校・高等学校 校長 宮澤雅子
大妻中野中学校・高等学校
校長 宮澤雅子

 学祖大妻コタカ先生の教育理念は「女性の自立」です。自立とは、自分の意思で自らの生きる道を選択していくということです。本校の建学の精神は、学ぶ意味と目指す人間像を明示しています。夢と希望を持って学び、自己を鍛えて社会的自立・精神的自立・人格的自立を目指します。自分の成長が、家庭・地域社会・日本国・地域社会に貢献し、人類のために役立つ女性につながります。


 本校には元気で明るい笑顔とあいさつがあふれています。その土台は、大妻コタカ先生の校訓「恥を知れ」にあります。毎日自分を振り返り、不完全な自分を自覚し、こうありたいと思う自分を目指して向上することを大切にしています。


 大妻コタカ先生は、「良妻賢母」「らしくあれ」と教えました。それは、時、場所、場合に応じて役割を進んで引き受け、まわりの人との関係を正しく読み取って常に調和を心掛け、自分と相手を共に生かすことです。21世紀においても、それは人との絆の構築に生かされています。


 自立の土台のひとつに経済的自立があります。コタカ先生は、裁縫・手芸を学ぶことを通して課題を見つけ、創意工夫し、協働する「生きる力」を養ったのです。21世紀では、裁縫・手芸に代わって実践的英語力を身につけ、世界の最前線でも活躍できる「地球市民」としての生き方を目指します。


 誰でも夢と希望は持てるものですが、その扉を開ける鍵は知性と人間力が必要です。大妻中野は一人ひとりをしっかりと支えていく学校です。

 



大妻中野中学校・高等学校 校長 宮澤雅子

 

ページトップへ
Copyright (C) OTSUMANAKANO Junior & Senior High School.